野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。


    オリックス・バファローズ(英語: ORIX Buffaloes)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 大阪府をフランチャイズとし、大阪市西区にある京セラドーム大阪を本拠地、兵庫県神戸市須磨区にあるほっともっとフィールド神戸を準本拠地としている。また、二軍はウエスタン・リーグに
    261キロバイト (40,189 語) - 2020年1月18日 (土) 13:47



    (出典 www.buffaloes.co.jp)


    イチローが大活躍して優勝した1996年以降も良い選手は出てきているのですが、優勝には手が届いていませんね。

    確かに23年はながい・・・

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 17:56:29.57

    プロ野球のオリックスが暗く、長いトンネルの中でもがき続けている。昨季も最下位に沈み、2000年以降でAクラス(3位以上)はわずか2度だけ。
    1996年にイチローを擁してパ・リーグ優勝、日本一に輝いたが、翌年から23年連続で優勝を逃しており、12球団で最長だ。
    なぜ、勝てないのか。近鉄と合併した04年の球界再編問題の影響は? 当事者の証言からその要因を探る。【伝田賢史】

     ◇実らぬ補強策

    オリックスは14年、ソフトバンクに次いで2位となり、96年の優勝の後では最もリーグ制覇に近づいた。
    その年のオフ、球団本部長の瀬戸山隆三(66)はオーナーの宮内義彦(84)の「来季こそは」の号令の下、内野手の中島裕之(宏之)=現巨人=らを獲得。総額30億円の大型補強を行った。
    しかし、15年、新戦力は結果を残せず、チームは開幕当初から最下位。6月に監督の森脇浩司(59)が事実上の退任となる休養を申し出た。

    ダイエー(現ソフトバンク)球団代表、ロッテ球団社長などを務め、「優勝請負人」と期待されてオリックス入りした瀬戸山は今でも悔いる。「オーナーが『来年は絶対に勝ちたい』と、取れる選手は全部取ろうとなった。
    新戦力の故障多発はチェックが甘かった僕の責任。自分が辞めるべきだった」

     ◇合併の「副作用」

    一方で、瀬戸山は合併球団ならではの「不協和音」を感じていた。旧オリックス出身の球団幹部から「合併してからチームがおかしくなった。勝てなくなった」という言葉を聞いた時には驚きを隠せなかった。

    本拠地・京セラドーム大阪での試合中の光景も印象に残っている。オリックスが好機を作り、相手投手コーチがマウンドに向かった時のこと。
    近鉄の流れをくむ応援団が「はーよーやーれ」と大合唱。これにオリックス生え抜きの職員が「品のないヤジ」と露骨に顔をしかめたのだ。

    オリックスは阪急の流れをくんで神戸市や兵庫県西宮市に根付き、近鉄の本拠地は長年、大阪・南河内の藤井寺球場。
    瀬戸山は「ファンにも職員にも土地柄の違いがあった。神戸と大阪が一丸になるのは簡単ではなかった」と振り返る。

     ◇オーナー忖度の影響も?

    瀬戸山は別の難題にも直面した。ある選手の起用法に宮内から疑問を寄せられ、監督の森脇と一晩中、話し合ったこともあった。「宮内さんは野球がとても好きで、詳しい。
    僕はある程度受け流した部分もあったけれど、球団上層部が意向を忖度(そんたく)すれば、選手の萎縮、反発にもつながる」

     ◇若手育成にかじ

    オリックスは大阪・舞洲に約30億円をかけて球場や寮など2軍施設を新設。17年に神戸から移転した。京セラと2軍施設は車で約20分。1軍で出番の少ない選手が舞洲で昼間の2軍戦に出場し、経験を積むのも容易になった。
    1軍選手の練習から若手が学ぶ機会も増えた。

    イチローがオリックスにいた92~00年、本拠地はグリーンスタジアム神戸(現ほっともっとフィールド神戸)で、寮や室内練習場が徒歩約10分の場所にあった。当時、イチローが深夜まで打撃練習で汗を流していたのは有名な話。
    現球団本部長の森川秀樹(59)は「今、かつてのイチローが育った土壌ができつつある」とみている。

    実際、昨季は21歳の右腕・山本が1・95で最優秀防御率のタイトルを手にした。ただ、得点は544点でリーグ最少。課題を解消するため、米大リーグで通算282本塁打のジョーンズを獲得した。
    「今季こそは」との思いは選手や球団職員、ファンも同じ。長い冬から今季、目覚めることができるか。(敬称略)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00000002-mai-base
    1/19(日) 8:00配信


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)
    :large

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 nanj-short.up.seesaa.net)

    h
    (出典 rr.img.naver.jp)
    %2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【野球】悲痛!オリックス・もう23年も優勝していない 近鉄と合併から16年、12球団で最もVから遠いワケ】の続きを読む


    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。主に投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた
    83キロバイト (11,745 語) - 2019年12月11日 (水) 22:07



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    この時期から飛ばしている藤浪さん。

    覚悟の1年、大変だけど頑張っていただきたいですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/01/18(土) 07:02:43

    さあ、ギアチェンジだ。阪神藤浪晋太郎投手(25)が17日、鳴尾浜球場で熱投した。
    寒空の下、この時期では珍しい3日連続ブルペン入り。

    一気に球数を増やし、年明け最多となる71球を投じた。
    昨季はプロ初の未勝利に終わり、背水の覚悟で臨む20年。まずは1軍沖縄キャンプに向けて、状態を上げていく。

       ◇   ◇   ◇

    時にはほえた。投球の軌道がイメージからズレると、「うわ~違うっ!」と自らに活を入れた。
    まだ1月中旬だというのに、藤浪は早くもギアを入れ替え始めた。

    「去年あったような、なかったような…」と記憶が定かでないほど珍しい、この時期の3日連続ブルペン入り。
    舞台が連日気温10度を下回る鳴尾浜だから驚きは増す。背水-。
    言葉に出すまでもなく、誰もが25歳の覚悟を感じ取れた。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001170000811.html


    【【野球】悲鳴!阪神・藤浪「うわ〜違うっ!」覚悟の1年も自らの投球がそれて叫び声!】の続きを読む


    長嶋 一茂(ながしま かずしげ、1966年1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)、元読売ジャイアンツ野球振興アドバイザー、タレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優、空手家。血液型はB型。カトリック教徒で、洗礼名は「パウロ」。 東京都大田区田園調布出身(生まれは世田谷区)。ナガシ
    55キロバイト (6,201 語) - 2020年1月18日 (土) 11:48



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    一時期、水泳でもこういう問題がありましたよね。

    速くなる水着で泳げばタイムが伸びるのは当たり前みたいなね。

    道具の進化とどう向き合っていくのか。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 幻の右 ★ :2020/01/17(金) 15:45:01

    元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(53)が17日、テレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。ナイキ製の厚底シューズが、世界陸連の新規則によって禁止される可能性が出てきたことについて言及した。

     陸上長距離で最近数シーズン、好記録を連発しているナイキ製の厚底シューズが世界陸連の新規則によって禁止されることになると15日、複数の英紙が一斉に報道。世界陸連はソールの厚さを制限する方向だとしている。

     一茂は「(国際陸連が指摘する)“不公平をサポートするようなことはいけない”とは機能的なものと金銭的なものがあると思う。これ(価格は)3万円ちょいくらいで」と、購入できる人と購入できない人がいると説明。「所得差によってスポーツの条件が変わるのは良くないんだけど、ただ一方でマテリアルの進化、道具の進化によってスポーツ選手が育成されてきてるって一面もある。野球でいうと圧縮バットや飛ぶボールがはやって、これ飛び過ぎじゃねえかということで球場も広くなっていった、飛ぶボールと圧縮バットを禁止しようって禁止して、飛ばないボールと飛ばないバットでやろうっていったんだけど、結局本塁打は出ているんですよ。それはマテリアルの進化をいったんストップしても選手はそれに合わせスキルを上げてきていることがいえる」と指摘。

     その上で「今回の問題は不公平性をなくすっていうのであれば2つしかない。1つは極論だけど全員裸足で全裸で走ればいい。それは現実的に無理なんでナイキがすべて道具提供すればいい。そうすればこのシューズは全員履ける。そこまでやるんだったらいいと思う」と話した。

    スポニチ
    1/17(金) 9:22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000142-spnannex-ent


    【【スポーツ】長嶋一茂「不公平さをなくすなら全員裸足と全裸で!」厚底スニーカー問題に言及!】の続きを読む

    このページのトップヘ