野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。


    井端 弘和(いばた ひろかず、1975年5月12日 - )は、神奈川県川崎市川崎区出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ、野球解説者、野球評論家、YouTuber。中日ドラゴンズ時代は同僚の荒木雅博と共に「アライバコンビ」の愛称で親しまれた。妻は元テレビ朝日アナウンサーの河野明子。
    42キロバイト (4,297 語) - 2020年1月7日 (火) 17:35



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    大暴れして、その後監督に謝りに行った井端に対して、

    『オレなんか試合途中に帰ったこともあるんだから、いちいち気にするな』

    って。
    高木守道さんの言葉がいいよね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 THE FURYφ ★ :2020/01/18(土) 19:10:51

    中日、巨人で活躍した井端弘和氏(44)が18日、急性心不全で死去した高木守道さんをしのび、思い出を語った。
    井端氏が忘れられない出来事は、高木第2次政権だった2013年5月15日の日本ハム戦。7回2死二塁、稲葉の中前への
    同点打の処理に関して、高木監督は中継に入らなかった井端の守備に激高。本来は一塁手のクラークが入ることに
    なっており、井端もこれに反発した。帽子を脱ぎ捨てベンチ裏で消えると、壁を蹴り上げて大騒動となり、この模様が
    テレビ中継でも流された事件だ。

    井端氏は「プレーに関しては、今も自分の判断に自信を持っている」と前置きしながらも「ボクも冷静さを欠いたので
    監督に謝りにいったら、高木さんは『オレなんか試合途中に帰ったこともあるんだから、いちいち気にするな』と…。
    本当に心の広い方だなと実感しました」と振り返った。

    2012年に監督に復帰した高木さんは、その井端氏を二塁から遊撃へ再コンバートすることを決断。井端氏は「ボクはもう一度、
    ショートをやりたいという気持ちがあったので察知してくれたのではないかなと…。気持ちを奮い立たせてくれたことに
    感謝しかないです」と感慨深げに語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00010042-chuspo-base


    【【野球】中日・井端弘和が大暴れ!高木守道監督との一触即発事件を振り返る「ベンチで帽子を投げ捨て、壁を蹴りあげる大騒動!」】の続きを読む


    山本 浩二(やまもと こうじ、1946年10月25日 - )は、広島県広島市佐伯区出身の元プロ野球選手(外野手)・監督。本名および旧登録名は「山本 浩司」(1974年まで)。現在日本プロ野球名球会理事長。野球解説者。タレント。血液型はB型。 現役時代は広島東洋カープにおいて長きに渡って活躍した。「
    46キロバイト (5,960 語) - 2020年1月18日 (土) 13:19



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    日本の野球史を代表する「ミスター赤ヘル」、山本浩二。
    まだまだお元気な姿を見たいです。

    無理をせずゆっくり回復に努められて、
    また解説を聞かせて下さい。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2020/01/18(土) 21:54:26

     法大OB会が18日、都内ホテルで行われ、田淵幸一氏や侍ジャパン・稲葉篤紀監督らが出席した。

     田淵氏は盟友で病気療養中の元広島監督・山本浩二氏(73)の近況について、4月にも解説者として復帰する見通しであることを明かした。この日朝、
    電話で話した際に打ち明けられたといい「体重は少し減ったが、30~40分ぐらい散歩している」と、体調が回復途上にあることを喜んでいた。

     山本氏は昨年4月に巨人戦の中継で解説を務めた後、公の場に姿を見せず。昨年7月に東京ドームで行われた「サントリー・ドリームマッチ」も、
    体調不良のため不参加が発表された。

    デイリースポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000106-dal-base


    【【野球】ミスター赤ヘル、山本浩二が「30分ぐらいの散歩が可能なくらい」に体調回復!】の続きを読む


    源田 壮亮(げんだ そうすけ、1993年2月16日 - )は、大分県大分市出身 のプロ野球選手(内野手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。妻は元乃木坂46の衛藤美彩。義弟(衛藤美彩の弟にあたる)は陸上競技選手の木付琳(國學院大学在学中)。 明野西小学校3年生からソフトボールを始める。明野中学校時
    23キロバイト (2,507 語) - 2020年1月8日 (水) 04:24



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    源田選手は野球選手の中でもかなり『あたり』な気がしますけどねw

    まぁかわいい娘が結婚となると親は誰しも良い顔はしないかもね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/18(土) 12:13:39

    昨年3月に乃木坂46を卒業し、10月24日に埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手と結婚をした衛藤美彩がフォトブック『『Decision』を発売した。
    「頑張りすぎて体調を崩したのが契機」となり卒業を決意した衛藤は、昨年プライベートでも大きな決断をした。乃木坂46での活動を振り返り、卒業、結婚、仕事に対する心境の変化について語った。

    ◆一緒に生きていく人と出会えたことに感謝して、笑顔でこの新しいスタートを切っていく

    ──最新フォトブック『Decision』の写真、どれも素敵でした。幸せの最中にいる女性というのはこれほどまでに輝くんだなと。

    【衛藤】 ありがとうございます。自分でも「我ながらいい顔してるな~」という写真がたくさん撮れたと思っています(笑)。

    ──そもそもアイスランドをロケ地に選んだのはなぜだったんですか?

    【衛藤】 『Decision』というタイトルの通り、(撮影をした)2019年は本当にたくさんの“決断”がありました。乃木坂46卒業するタイミングとか、それこそ卒業コンサートのセットリストも自分で考えたり、もちろん結婚もですね。
    とにかく普段以上にエネルギーを使った年だったので、その分を補給しつつ、次のステップに向かうパワーをもらえる土地で撮影したいと。
    そう考えていたところ、アイスランドには“地球の割れ目”をはじめとするパワースポットがたくさんあると知って訪れてみたくなったんです。

    ──実際、訪れてみていかがでしたか?

    【衛藤】 すっごく素敵な国でした。可愛い街並みも自然も。今回はいい意味で何も準備をせずに撮影に臨んだんです。遠い国で事前のロケハンができなかったのと、自分でも「何があるかわからない。
    予定通り行かないかもしれない。それでもすべてを受け入れていこう」という気持ちでいたときだったので。
    それが大正解で、素のままカメラの前に立てていることが自分にとって大きな自信になったんです。なかでもお気に入りは洞窟の中で滝を浴びている写真。
    そこも有名なパワースポットなんですが、水しぶきが「この先も大丈夫だよ」と背中を押してくれたような気がして。人生の分岐点に立った今だからこそ、ここに来れて本当によかったと思いました。

    ──ラストのページを飾るのは純白のウェディングドレス。挙式前に着て、どんな気持ちになりましたか?

    【衛藤】 それこそ“決断”というものが強くなりましたね。この先どんな未来が待ち受けてるかわからないけど、一緒に生きていく人と出会えたことに感謝して、笑顔でこの新しいスタートを切っていこうと。
    今この瞬間にしか切り取れない表情が収められたと思います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000313-oric-ent
    1/18(土) 8:10配信


    【【野球】西武・源田、衛藤美彩の親から結婚を大反対されていた!衛藤「度胸があるところに射抜かれた」】の続きを読む

    このページのトップヘ