野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。


    西武松本航3敗 教育実習指導の明石商後輩に刺激も - 日刊スポーツ
    西武松本航投手が“教え子”たちに負けじと粘りの投球を見せるも3敗目を喫した。3回に犠飛で同点とされ、4回は暴投で勝ち越された。それでも5回2失点で踏ん張った。
    (出典:日刊スポーツ)


    松本 (まつもと わたる、1996年11月28日 - )は、兵庫県朝来市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。 小学2年生から野球を始め、当初は内野手だった。中学校時代に学校の軟式野球部で投手を務める。明石商業高等学校に進み、2年生夏以降は主戦投手となった。
    4キロバイト (346 語) - 2019年7月12日 (金) 03:56



    (出典 i.daily.jp)


    勝てば4ゲーム、負ければ6ゲーム・・・
    この試合は落としたくなかったよな。

    本当に痛恨のワイルドピッチになってしまいましたよね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    -------------------------------------
    ソフトバンクが逆転勝ち。1点を追う三回にグラシアルの犠飛で同点とし、四回に相手の暴投で勝ち越し。早めの継投でかわし、2番手の椎野が4勝目。西武は新人松本航が好投したが、打線が追加点を奪えず、二回以降は無得点に終わった。 

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/08/19(月) 21:03:33.68

    西武.     1 0 0  0 0 0  0 0 0  1
    ソフトバンク 0 0 1  1 0 0  0 0 x  2

    バッテリー
    ソフトバンク:松本、椎野、甲斐野、モイネロ、森- 甲斐
    西武.    :松本航、佐野、大石、平井- 森

    本塁打
    西武.    :
    ソフトバンク:

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/pl2019081901.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019081901/score

    明日の予告先発:
       西武 - 日本ハム
      ニール   ロドリゲス
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【野球】西武・松本航 好投も痛恨の暴投! 首位決戦負け越し・・・明日負ければホークスにマジック点灯】の続きを読む


    ソフトバンク、接戦制し西武とのゲーム差6に/詳細 - プロ野球 - 日刊スポーツ
    ソフトバンクが接戦を制した。0-1の3回にグラシアルの犠飛で追い付き、4回2死三塁から暴投で勝ち越した。2番手で3回を無安打に封じた椎野が4勝目、森が26セー…
    (出典:日刊スポーツ)


    椎野 新(しいの あらた、1995年10月10日 - )は、新潟県胎内市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 黒川サンダースで野球を始め、胎内市立黒川中学校では軟式野球部に所属した。新潟県立村上桜ヶ丘高等学校では2年春から公式戦に登板。2年秋の3回戦・新潟県立長岡大
    12キロバイト (1,404 語) - 2019年8月8日 (木) 12:53



    (出典 www.nikkansports.com)


    今日は椎野くんに尽きると思います!!
    あの場面で出てきて、西武打線を完璧に抑えました☆

    この勝利でかなりソフトバンクが有利になったのではないでしょうか!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    ソフトバンクが優勝へのマジックナンバー点灯に王手をかけた。19日、京セラドームでの「鷹の祭典2019」 最終戦の西武戦。相手のバッテリーミスで奪った1点のリードを継投で守り抜き、2位との直接対決に2勝1敗と勝ち越した。これにより、試合のない20日に西武が日本ハムに引き分けるか、敗れると、優勝へのマジックナンバー「24」が点灯する。

    「この1勝は大きいんですけど、我々は常に勝ち越しを目指している。また1つそれをクリアできたと思う。今日は椎野くんが3イニングを投げてくれたことが大きかった」。試合後、工藤公康監督はこう1点差の勝利を振り返った。先発の松本裕が3回を投げ終えたところで腰の痛みを訴えた。2番手でスクランブル登板したのが、椎野だった。

     その椎野、4回を栗山、外崎、山川と3者凡退に封じると、5回、6回と3人斬り。3イニングをパーフェクトリリーフで封じ、勝利の方程式へと繋いだ。この日は甲斐野、モイネロ、森の3人で繋ぎ、高橋純を休ませた。指揮官は「純平くんはずっと頑張ってくれている、休ませてあげられるなら、というのはあった。それも椎野くんが3イニングいってくれたから休ませることができた」と好リリーフの右腕を称賛した。

    打線は1点ビハインドの3回、先頭の中村晃が二塁への内野安打で出塁すると、内川の中前安打で一、三塁にチャンスを拡大。ここでグラシアルが右犠飛を放って同点に追いついた。さらに4回、先頭の明石が中前安打で出塁し、甲斐の犠打などで三塁に進むと、福田の打席で松本航が暴投。ボールが一塁側に溢れる間に決勝のホームを踏んだ。「あれは判断は難しい」と、一瞬のスキを逃さなかった明石の走塁を褒めた。

     この日の勝利で優勝へのマジックナンバー点灯に王手をかけた。試合のない20日に西武が日本ハムに引き分けるか、負けると、マジック「24」が点く。「それは皆さんで楽しんでいただいて。我々は1つ1つ、目の前の試合を戦っていかないといけないので」と工藤監督。直接対決で大きな勝ち越しを掴んだソフトバンクが、優勝へスパートをかける。

    818 風吹けば名無し :2019/08/19(月) 21:22:07.81

    マジック点灯目前ってマ?
    そんな離れてるんか今


    【【野球】ソフトバンク・椎野がスクランブル登板で完ぺき投球☆首位決戦に勝ち越しマジック王手!! 工藤監督「この1勝は大きい」】の続きを読む


    明石市立明石商業高等学校(あかししりつ あかししょうぎょうこうとうがっこう)は、兵庫県明石市魚住町(うおずみちょう)長坂寺(ちょうはんじ)に所在する市立の商業高等学校である。 明石市が設置する唯一の高等学校で、通称は「明商」(めいしょう)。 商業科 国際会計科 商業
    10キロバイト (1,278 語) - 2019年8月18日 (日) 13:24



    (出典 www.nikkansports.com)


    この4校は、どこがどうぶつかっても、
    めちゃくちゃ面白い試合になると思いますね。

    出来ればリーグ戦にして戦って欲しいくらいww

    履正社打線に中森がどんなピッチングをしてくれるのか・・・・☆

    あぁ楽しみだ。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    -------------------------------------
    第101回全国高校野球選手権で夏初の4強に進出した履正社(大阪)が19日、同校のグラウンドで、守備練習やフリーバッティングなど約1時間半の軽めの調整を行った。

    悲願の初優勝まであと2つ。20日の準決勝の相手は、準々決勝で自己最速151キロを記録した中森俊介(2年)がいる明石商。岡田龍生監督(58)は「中森君は素晴らしいピッチャー。選手には打席を楽しんでほしい」。履正社は春のセンバツ1回戦で、星稜(石川)と対戦し、今大会NO・1投手の奥川恭伸(3年)の前に3安打無得点で敗退した。「奥川君より上のピッチャーはいないと思う。トップのピッチャーと対戦した経験をしたのがよかった。中森君が出てきても、その経験を生かしてほしい」と期待を込めた。主砲の井上広大外野手(3年)は「(中森の)球は速いと思うがスキは出る。スキにつけ込めるようにしたい」と自信を見せた。

    岡田監督は、同じ大阪で春夏通算8回の優勝を誇る大阪桐蔭を引き合いに出し、「甲子園は桐蔭じゃないと勝てないと言われないようにがんばりたい」と悲願の日本一に向け明石商戦に挑む。

    1 :2019/08/18(日) 19:19:33.82


    (出典 img.5ch.net)

    https://baseball.yahoo.co.jp/hsb/

    準々決勝試合終了
    第4試合
    履正社(大阪) 関東一高(東東京)
            7-3


    準決勝 20日(火)組み合わせ

    明石商(兵庫)- 履正社(大阪)

    中京学院中京(岐阜)-星稜(石川)


    【【甲子園】明石商・中森 vs 履正社・井上 関西頂上決戦☆ 関西No1投手・中森を、プロ注目スラッガー井上が打ち砕くか?】の続きを読む

    このページのトップヘ