ロッテのレアード、新天地で本塁打量産=新パフォーマンスも人気-プロ野球 - 時事通信ニュース
プロ野球ロッテのブランドン・レアード内野手(31)が本塁打を量産している。22日時点で両リーグトップの8本塁打をマークし、打率は3割3分3厘。「毎日練習から集中して ...
(出典:時事通信ニュース)


ブランドン・J・レアード(Brandon J. Laird, 1987年9月11日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サイプレス(英語版)出身のプロ野球選手(内野手)。千葉ロッテマリーンズ所属。メキシコ系アメリカ人。 愛称は「スシボーイ」。日本では好物の寿司にちなむ「スシポーズ」や、焼き鳥を裏
28キロバイト (3,132 語) - 2019年4月20日 (土) 10:52



(出典 portal.st-img.jp)


実力があるのはみんなわかっていたけど、
4月からここまで爆発するとは予想できなかったよね!

-----------------------

プロ野球ロッテのブランドン・レアード内野手(31)が本塁打を量産している。22日時点で両リーグトップの8本塁打をマークし、打率は3割3分3厘。「毎日練習から集中して準備ができている」と好調の要因を口にする。

 2015年から日本ハムでプレーし、16年に本塁打王を獲得。18年までの4年間で131本塁打を放ったが、オフに自由契約となり、日本ハムを退団。長打力不足に悩むロッテが獲得した。

新天地でいきなり結果を残した。楽天との開幕戦であいさつ代わりの逆転3ランを放ってお立ち台に上がると、そこから4試合連続本塁打を記録。16日のソフトバンク戦では満塁弾をたたき込み、チームの連敗を4で止めた。井口監督も「1本で流れを変えられる」と頼もしさを感じている。

 新たなパフォーマンスでもファンの心をつかむ。日本ハム時代から見せる、すしを握るポーズを継続しつつ、ロッテのキャラクター「謎の魚」を意識し、すしを握るポーズの前に魚を釣り上げるしぐさを加えた。

 豪快な一発と喜びを表現する姿が印象に残るが、チームの勝利を一番に考えるまじめな性格。開幕から4試合連続アーチを記録した試合ではチームが敗れ、「勝てればこれ以上うれしいことはなかったのに」。4連発の喜びは控えめだった。

 日本で過ごす5年目。投手の特徴をよく知る大砲がロッテ打線を引っ張っている。

1 風吹けば名無し :2019/04/21(日) 08:49:49.67

獲らなかった阪神wwwwwww





5 風吹けば名無し :2019/04/21(日) 08:51:22.88

捨てた日本ハムwwwww


6 風吹けば名無し :2019/04/21(日) 08:51:41.49

見切り力すげえ


7 風吹けば名無し :2019/04/21(日) 08:52:30.60

阪神煽ってる奴に言いたいけどじゃあロッテは何位よって話やで


8 風吹けば名無し :2019/04/21(日) 08:52:54.58

一打席でホームラン3本くらい打ってそう


9 風吹けば名無し :2019/04/21(日) 08:53:21.98

打率は5点だか?


11 風吹けば名無し :2019/04/21(日) 08:55:28.27

太田とレアード捨てたおハム
パリーグ独走してるんやろなぁ