野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    2020年02月


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。高校生の日本歴代最速となる163km/hを計測した。 2010年、陸前高田市立高田小学校3年生の時に野球を始めるが、2011年3月11日の東日本大震災の津波で
    19キロバイト (2,501 語) - 2020年2月15日 (土) 03:30



    (出典 hochi.news)


    中日、ソフトバンク、そしてオリックスと、、

    他球団のルーキーにこんなに群がるのはかなり珍しいですよね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ニーニーφ ★ :2020/02/27(Thu) 17:12:50

     ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が27日、宮崎で捕手を座らせた状態での本格ブルペン投球を行った。

     プロ入り後7度目のブルペンでついにベールを脱いだ。
    これまで吉井投手コーチの下、立ち投げやホームベース上に捕手を座らせるなど、着実にステップアップを図ってきた朗希。
    この日は立ち投げで10球を投げた後、捕手を座らせ5分間で21球を投げ込みブルペンに快音を響かせた。

     ブルペンにはテレビカメラ6台と報道陣約40人、さらにオリックスの選手ら約15人が駆けつけた。
    https://hochi.news/articles/20200227-OHT1T50097.html


    【【野球】ロッテ・佐々木朗希が本格投球!捕手を座らせて投球開始!今日はオリックスの選手たち15人が見学に】の続きを読む


    前田 健太(まえだ けんた、1988年4月11日 - )は、大阪府泉北郡忠岡町出身のプロ野球選手(投手)、YouTuber。右投右打。MLBのミネソタ・ツインズに所属。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。メディア方面のマネジメント契約はアワーソングスクリエイティブ。愛称はマエケン。
    81キロバイト (10,615 語) - 2020年2月26日 (水) 21:39



    (出典 image.news.livedoor.com)


    マエケンはどんな言葉を発信するのでしょうかね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/02/27(木) 06:58:18.39

    前田健太(Kenta Maeda)マエケン
    @maeken1988

    ありがとうございます!
    ダルビッシュさんに勧めて頂き
    Twitterを始めました!
    前田健太です!
    みなさんよろしくお願いします目が笑っている笑顔
    初心者なので頑張って使い方覚えます。笑
    是非フォローを!

    午前3:43 · 2020年2月27日·Twitter for iPhone
    https://twitter.com/maeken1988/status/1232738017623912449?s=20
    (deleted an unsolicited ad)


    【【MLB】前田健太「ダルビッシュさんに勧めて頂き Twitterを始めました!初心者なので頑張って使い方覚えます。」】の続きを読む


    カープファンの増加」「可愛いグッズ」「記念Tシャツ」「若い生え抜き選手」「分かりやすく楽しい応援」などが紹介された。特に読売新聞のグループで巨人のお膝元である日本テレビが情報番組で連日広島東洋カープに関するニュースを放送するのは極めて異例であった。 なお、このようにカープ女子
    291キロバイト (43,590 語) - 2020年2月23日 (日) 14:10



    (出典 image.jimcdn.com)


    カープだけじゃないですけどね。
    強い時は男女ともにファンは激増するし、成績が悪くなれば球場に足を運ぶファンは確実に減ります。

    カープ女子も例外では無いということだね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2020/02/27(Thu) 06:38:36

    ブームもようやく落ち着きを見せ始めた、といったところか。広島カープの春季キャンプの観客数が減少の傾向を見せている。
    カープの日南春季キャンプは、25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年頃から観客数が激増。

    そこからチームは球団史上初となるリーグ3連覇を達成し、キャンプが行われる宮崎市日南市の天福球場のスタンドには人があふれた。
    昨年は巨人のスター選手だった長野久義の移籍もあり、キャンプ最初の土日で2日合わせて1万2500人の観衆が集まった。

    今年はキャンプ初日が土曜日で天候にも恵まれたが、観客数は4000人と予想されたほどではなかった。
    気温も上がり、晴れ間が広がった日曜日も5500人で、2日間の合計は前年と比べると3000人の減少になった。18年最初の土曜日の4500人から見ても、今年は微減ということになる。

    毎年、キャンプ取材に訪れるという地元マスコミ関係者が、昨年までとの違いを話す。

    「練習中にシート打撃などの時は、報道陣もスタンドから見ることがあるのですが、昨年までは週末ともなると、席を確保するのが大変でした。
    今年はそんなこともなく、空席もけっこうあったように思います。客層で言うと、ユニフォームを着ている人が極端に減ったような気がします。あとはいわゆる“カープ女子”と呼ばれる若い女性のグループをあまり見かけなくなりましたね」

    18年には最寄り駅であるJR九州日南線・油津駅の駅舎が赤く塗られ、セレモニーには大勢の人が集まった。球場の近くにある油津・岩崎商店街では、新設のカフェやカープの資料館が設置するなど、球団が町おこしにもひと役買っていた。
    しかし、今年は球場から商店街までの“カープVロード”を歩く人はまばらで、商店街を訪れる人も、前年に比べると明らかに減っていた。

    それでも第1クール最終日の2月5日には6500人の観衆が集まった。平日にもかかわらず、なぜ急に客が増えたのは疑問にも思えたが、そのカラクリをスポーツ紙担当記者が教えてくれた。

    「この日はカープ以外の宮崎でキャンプを行っている球団が、全て休日だったからです。今年、宮崎では巨人、ソフトバンク、西武、オリックスが春季キャンプを行いましたが、
    だいたい4勤1休のサイクルで、この日に練習を行っているのはカープだけでした。だから関係者のエリアには他球団の人が多く来ていたし、解説者なんかもそうでしたね。
    スタンドはほぼ満員の状態でしたが、他のチームの帽子をかぶっているファンも、ちらほら見かけましたよ」

    昨年まで、二軍の宿舎として使用されていた「かんぽの宿」が閉鎖になった影響で、今年からキャンプのスタートが一軍は日南、二軍が沖縄と完全に分離してしまった影響もある、と前出の関係者は続ける。

    「昨年まで二軍が使用していた東光寺球場(宮崎県日南市)は、天福球場から車で10分程度と、気軽に行き来ができる距離です。
    “カープ女子”のお目当ては、まだブレイクしていない若手選手だったりもするので、その影響もあるのかもしれません。
    また、故障や調整遅れなどで、スター選手が二軍で調整するケースも多く、その場合はサイン目当てのファンなどが、一軍のキャンプ地よりもさらにファンに近い二軍練習を狙うこともあったはずです」

    今季は菊池涼介と長野が二軍スタートとなり、その影響もあったのではという声も聞かれる。しかし、二軍のキャンプ地である沖縄市のコザしんきんスタジアムのスタンドは閑散としていた、と言わざるを得ない状態だった。
    ほんの1年前に“長野フィーバー”を巻き起こした本人と、メジャー移籍を断念したスター選手の参加も、集客にはつながらなかった。

    日南の一軍キャンプ最後の週末は、月曜日を挟んで最終日が祝日だったこともあり、まずまずの盛況を取り戻した。だが、一軍と二軍が入れ替わった2月13日の沖縄一軍キャンプ初日のセレモニーでは、
    長野、菊池涼も合流して役者が揃ったにも関わらず、歓迎セレモニーの際のスタンドはまばらな状況だった。

    昨年はリーグ4連覇を逃し、4位に終わったチーム状況や、新型コロナウイルスの影響などが原因として考えられるが、そればかりでもなさそうだ。


    2/27(木) 5:59配信 ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00610773-shincho-base

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【野球】悲報、「カープ女子」が激減!人気に陰りか?春季キャンプの観客数が減少!ブームの終息は着実に】の続きを読む


    桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。弟はプロゴルファーの桑田泉。長男は桑田真樹。次男はタレントのMatt。 PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引した。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた。
    107キロバイト (16,014 語) - 2020年2月24日 (月) 08:39



    (出典 sun-tv.co.jp)


    片岡さんのチャンネル、何気に凄いですね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/26(水) 09:08:53


    (出典 Youtube)

    桑田真澄の裏金事情はいかに!?巨人の1軍で登板までのエピソードを聞いてみたよ!

    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php
    https://cdn.findfriends.jp/img.sp.baseball/show_img.php

    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 Youtube)

    ジャイアンツ 桑田選手 応援歌


    (出典 Youtube)
    &t=63s
    1992 桑田真澄 8 完封&自らホームラン打つ


    【【野球】桑田真澄の裏金事情はいかに!?巨人の1軍で登板までのエピソードを聞いてみたよ!※片岡篤史チャンネル】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
    132キロバイト (18,630 語) - 2020年2月23日 (日) 02:34



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/24(月) 09:17:31

    右肘のリハビリを終え、今季から二刀流復活が期待されるエンゼルスの大谷翔平(25)がムキムキの肉体でスプリングトレーニングに登場していることがファンの間で話題になっているが、
    球界の大御所、張本勲氏がTBS系列の「サンデーモーニング」内で、「あんな体を作っちゃダメ。プロレスじゃないんだから。ケガする」と発言。
    ウエートトレに批判的立場だったイチローの例も出てきて、その肉体改造を巡ってネット上でも賛否両論が巻き起こっている。

    張本勲氏の問題の発言は、大谷がノースリーブのシャツを着て、まるでポパイのようにムキムキになった肩、腕の筋肉を披露した映像を見たところで生まれた。
    「あんな体を作ってはダメ。プロレスじゃないんだから。野球に必要な体だけでいいんですよ」

    さらに張本氏は、「ケガしますよ。体の大きい人は膝に負担がかかるから。まして人工芝。ケガが非常に多くなる。やってもそれ以上に走ればいいですよ。逆だもん。
    上半身ばっかり鍛えてもダメ」と、マッチョ化を断罪した理由を説明していた。

    ファンからの“ヤフコメ”での意見を見ていると、「すべて本人次第」「選手それぞれによって違う」「勝手な思い込みで決め付けてしまわない様に」
    「張さんの主張は大谷選手も十分分かってるだろう。
    今年は、この体づくりでチャレンジするって決めたのだから、その大谷選手を応援してあげましょう」
    といった批判的な声だけでなく「これだけは張本の言うことが正しいと思う」「ピッチャーでこの体では無理」という賛同の意見もあった。

    では、大谷の方向性は本当に間違っているのだろうか。

    スポーツ・ニュートリションの第一人者で、フィジカルトレーナーとしてもプロレスラーの武藤敬司の指導から、
    今春キャンプでは阪神タイガースの特別講師も務めた「桑原塾」主宰者の桑原弘樹さんは、こんな指摘をした。

    「大谷選手の実際の体もトレーニングも見ていないので詳しいコメントはできませんが、映像で見る限り、あれくらいでマッチョというのかなという疑問が浮かびます。
    偶然ですが、数年前に大阪のゴールドジムで日ハム時代の大谷選手がトレーニングをしている風景を見かけたことがあります。
    体は大きいが、まだ肉体的にはノビシロがあるなという印象を受けました。
    段階的にトレーニングをされているようですが、映像だけで正確な判断はできませんが、ようやく体が出来上がってきたなあという感想を抱きました。
    誤解を恐れずに言うと、三頭筋がムキっと出ただけで、マッチョだ、筋肉マンだと大騒ぎするほどではありません」

    専門家から見ると無謀な肉体改造には見えなかったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00010002-wordleafs-base
    2/24(月) 7:12配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球・MJR】大谷翔平の”キン肉マン化”は本当に間違っているのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ