野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    2020年09月


    西 勇輝(にし ゆうき、1990年11月10日 - )は、三重県三重郡菰野町出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。 日本プロ野球(NPB)では、オリックス・バファローズを経て、2019年から阪神タイガースに所属。2020年に阪神へ入団した西純矢とは、遠縁の親戚(父方の曽祖父同士が兄弟)に当たる。オリ
    47キロバイト (6,284 語) - 2020年8月20日 (木) 07:37



    (出典 www.nikkansports.com)


    わずか107球、無四球の完封勝利。

    本当に頼りになる男ですね!!

    めちゃくちゃ苦しい状況ではありますが、まだあきらめたらいけないんだよね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    4 風吹けば名無し :2020/09/17(木) 21:45:38.89

    地味に坂本3打数3安打やんけw


    【やっと勝った!阪神・やっぱり西勇輝!!2試合連続完封勝利、東京ドームの連敗を止めた!!】の続きを読む


    阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース 阪神タイガース(はんしんタイガース、英語: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。日本に現存するプロ野球12球団の中では読
    209キロバイト (31,813 語) - 2020年9月15日 (火) 18:06



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/09/16(水) 22:19:40.99

    【阪神】東京ドームは開幕から8戦全敗 伝統の犬戦は13年連続勝ち越しなしが決定
    https://hochi.news/articles/20200916-OHT1T50279.html


    【阪神ファン「もう巨人戦は観たくない」「勝てるわけがない」】の続きを読む


    高津 臣吾(たかつ しんご、1968年11月25日 - )は、広島県広島市南区段原中町出身 の元プロ野球選手(投手)・監督・野球解説者・評論家。2020年シーズンから東京ヤクルトスワローズの第22代一軍監督を務める。 主に抑え投手として、日本プロ野球(以下:NPB)・メジャーリーグベースボール(以
    35キロバイト (4,036 語) - 2020年9月13日 (日) 09:08



    (出典 www.nikkansports.com)



    3 風吹けば名無し :2020/09/15(火) 20:56:40.73

    所属球団に違和感


    【【悲報】6連敗のヤクルト、マジで逝く・・・高津「もっと練習して」】の続きを読む


    日刊スポーツ 2018年1月25日 ^ 阪神2位高橋遥人が一軍合流「4番目の男」に名乗り 日刊スポーツ 2018年3月1日 ^ 阪神ドラフト2位高橋遥「100点」デビュー ネガティブ男がセ界新人一番星 Sponichi Annex 2018年4月12日 ^ 阪神 高橋遥人 100万円アップも来季リベンジ
    17キロバイト (2,028 語) - 2020年8月19日 (水) 17:41



    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/09/15(火) 21:01:47.65

    矢野はさすがに今年で終わるよな


    【オワタ・阪神、高橋遥人で惨敗!近本2打席連発も・・・終戦か】の続きを読む


    中嶋 聡(なかじま さとし、1969年3月27日 - )は、秋田県北秋田市出身の元プロ野球選手(捕手)。右投右打。2019年よりオリックス・バファローズの二軍監督。2020年8月21日より西村徳文の辞任に伴い一軍監督代行に就く。 1987年(昭和62年)に阪急ブレーブスへ入団してから、西武ライオンズ
    36キロバイト (4,206 語) - 2020年9月5日 (土) 02:51



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    2 風吹けば名無し :2020/09/14(月) 20:56:56.05

    まあ今日のはそれなりくらいだな


    【さすがに泣く!オリックス・またまた完封負け。中嶋監督「こんな試合をして申し訳ない」】の続きを読む

    このページのトップヘ