野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ: プロ野球


    エルネスト・アントニオ・メヒア・アルバラード(Ernesto Antonio Mejía Alvarado , 1985年12月2日 - )は、ベネズエラ・ポルトゥゲサ州グアナレ出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。「アーネスト・メヒア」と表記されることもある。
    16キロバイト (1,773 語) - 2019年8月26日 (月) 02:01



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    マジック3とはいえ、
    この試合を落としていたら、ソフトバンクとひっくり返っていました。

    そう、崖っぷちだったんですよね、実は。。

    ここで反則の代打w メヒア様が先日の試合に続き、
    最高の仕事をしてくれました!!

    年俸は鬼のように高いけど、コストは高いけど・・・
    やっぱりいるといないとでは違うんだよな。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    山賊がV2に王手だ! 西武が楽天との接戦をモノにして、優勝マジックを2にした。

    辻発彦監督(60)は、同点で迎えた8回満塁の場面で送った代打メヒアが、勝ち越し3点適時打。終盤は平井、増田の必勝継投で逃げ切り勝利。投打でズバリ采配的中し、連敗を2でストップした。24日ロッテ戦(ZOZOマリン)で勝って、2位ソフトバンクが負ければパ・リーグ2連覇が決まる。

    静かに腰を上げ、ねぎらいの握手をかわした。マジック2をともす勝利。リーグ連覇に王手をかけた。辻監督は表情を緩めることはない。ペナントをかけた勝負はまだついていない。すぐ後ろにタカが迫っている。戦況を見極め、勝負どころで采配を振った。

    8回2死から3者連続四球で満塁のチャンス。代打メヒアを送る。追い込まれてからボールを1球見送ると、内角への153キロの直球を左中間に落とす走者一掃の勝ち越し3点打。20日の本拠地最終戦でも、代打サヨナラアーチを描いた救世主に「今日もメヒアさまさま。いいところに飛んでくれて、助けてくれた」。ベネズエラ出身の大砲に感謝した。

    序盤、主導権の取り合いを制した。3回無死三塁のピンチ。内野は前進守備で構えた。先制されれば流れを渡しかねない。すると先発の本田が、三直と盗塁死、二塁ゴロで無失点に封じ「点を与えず、こっちに流れがきた」と直後の攻撃で2点先制した。7回に追いつかれても直後に勝ち越し。1度もリードを許すことなく、勝ちきった。

    試合前は少し迷っていた。「サンペー(中村)が疲れているし、栗山もDHで使いたい。そうするとサンペーが三塁に入ってもらうしかない」。8回に勝ち越した場面は、その中村が四球を選んで始まった。

    前日の練習では、あえて白い歯を見せた。21日に5失点と打たれた平井に「お前、どんな顔してんだよ。しょぼくれた顔してんじゃないよ」。指揮官が笑っていれば、選手も自然と顔を上げる。すると8回3者凡退でピシャリと期待に応えた。「平井もよく抑えてくれた。みんな成長している」とうなずいた。

    2連覇にまた1つ近づくマジック2。残り2試合。「だから、試合数とマジックが一緒ならマジックじゃないんだって」。はなから全部勝つつもり。最短優勝は24日。他力に頼らず、無欲で臨む。

    14 代打名無し@実況は野球ch板で :2019/09/23(月) 19:12:55.39

    >>1
    今日勝てて良かったなあ


    【【野球】救世主メヒア☆西武・代打の切り札がチームを救った!マジック2、一気に優勝決める☆】の続きを読む


    永川 勝浩(ながかわ かつひろ、1980年12月14日 - )は、広島県三次市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 三次市立三次中学校時代はバスケットボール部に所属していた。3年間のブランクがあったが高校で再び野球を始める。 広島県新庄高校(同級生にMEG)から亜細亜大学を経て
    21キロバイト (2,867 語) - 2019年9月23日 (月) 08:16



    (出典 portal.st-img.jp)


    強い時代の選手はもちろん思い出に残りますが、
    勝てなくて、もがいて苦しんだ時代の選手というのもファンの心にはしっかりと残るものです。

    永川投手がクローザーをしている時はまさにそんな時でしたね。
    今日のマツダは長年カープを愛しているファンが多く訪れ、そして涙を流していたと思います。。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    球団最多の通算165セーブを挙げ、今季限りでの現役引退を6日に表明した広島の元守護神・永川勝浩投手(38)が23日の中日戦(マツダ)で先発登板。大島をオール直球勝負で一ゴロに打ち取って降板し、17年間の現役生活に別れを告げた。

    延長10回に選手会長を務める会沢の今季3度目となるサヨナラ打で劇的な勝利を飾った試合後には引退セレモニーが行われ、「本日はクライマックスシリーズ(出場権)を争う大事な時期にこのような試合を用意していただき、誠にありがとうございます」と一言ひとこと噛み締めるように挨拶。

     「17年間という長い間、広島東洋カープ、歴代の監督さん、コーチたち、トレーナーの方々にお世話になりました。僕に関わっていただいたすべての皆さまに感謝します。ありがとうございます」と話した後で「そして僕を生んでくれた両親、ずっと一緒にいてくれた家族…」と家族について触れると言葉に詰まって男泣きし、スタンドのファンからの声援に励まされて何とか涙声で「ありがとうございます…」と必死に言葉をつないだ。

     「最後に最高の広島ファンと一緒に17年間やれたことを誇りに思い、現役生活を終えようと思います。いろいろありがとございます」。そう話して短めの引退スピーチを締めくくった永川はスタンドの四方に頭を下げて感謝。長年バッテリーを組み、決め球のフォークを体を張って止め続けた石原、そして妻と2人の愛娘から花束が贈られるとようやく笑みが浮かんだ。

     その後チームメート、家族とともに記念撮影し、仲間たちの手で5度宙に舞うと、場内一周。ベンチに戻ると裏方さんら一人ひとりと惜別の握手をかわしてからグラウンドを去った。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/09/23(月) 17:44:03.78

    中日 0 0 0  0 0 1  0 0 2  0 .  3
    広島 1 0 0  0 0 0  0 2 0  1x  4

    バッテリー
    広島:永川、大瀬良、菊池保、フランスア、ヘルウェグ- 會澤
    中日:大野雄、福、岡田、R.マルティネス- 加藤、大野奨

    本塁打
    中日:ビシエド 9回表 18号2ラン
    広島:

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019092302.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019092302/score

    明日の予告先発:
       中日 - DeNA
      ロメロ   大貫晋一
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【野球】マツダが泣いた!広島・永川の引退試合 苦しい時代のリリーフエース 涙のスピーチは「全ての皆さまに感謝」】の続きを読む


    福浦 和也(ふくうら かずや、1975年12月14日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属する千葉県習志野市出身のプロ野球選手(内野手)。左投左打。 地元出身のフランチャイズ・プレイヤーであり、球団史上3人目の2000本安打達成者。「幕張の安打製造機」の異名を持つ。
    67キロバイト (9,300 語) - 2019年9月23日 (月) 13:10



    (出典 www.nikkansports.com)


    いやぁ最後の守備はね、まさに鳥肌がたちました!!
    やっぱりスターなんだね☆

    福浦が出てきた時、まさに芸術的なバッティングセンス!という印象でした。

    当時、イチローも凄かったけど、
    福浦も勝るとも劣らない能力を持っていると思ったものだ。

    また応援歌もすごく印象的でね。
    マリンの熱いファンの声が凄く響くんだよね。
    福浦の応援歌がね。

    今日のマリンも凄かったよ!熱かった☆

    福浦選手、本当にお疲れさまでした!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/23(月) 19:37:02.01

    ◆ロッテ6―1日本ハム(23日、ZOZOマリンスタジアム)

    今季限りで現役引退を表明しているロッテ・福浦和也内野手兼2軍打撃コーチ(43)が23日、引退試合となった日本ハム戦に「7番・指名打者」でスタメン出場。
    今季初の1軍の舞台では遊ゴロ、投ゴロ、右飛、捕飛の4打数無安打に終わったが、9回に一塁の守備につくと、2死から平沼のライナーを好捕して、ウィニングボールをつかみ笑顔を見せた。

    試合終了後には勝利の儀式で右翼スタンドのファンに「今日は本当に、試合にも出させてもらっていい時間をありがとうございました。
    本当に力になれず、ちょっと今日は足ばかり引っ張ってしまいましたが、
    ここにいるすばらしい選手たちが勝ってくれました。
    あしたも勝って、クライマックスに行くと思うので、どうかファンの皆様、あしたも応援よろしくお願いします」とあいさつ。
    その後の引退セレモニーでは同学年の西武・松井稼頭央2軍監督、元巨人の高橋由伸氏、上原浩治氏や、元チームメートの里崎氏、サブロー氏らの惜別コメントも寄せられた。

    福浦からのあいさつでは「ありがとう」の言葉を約5分間で8度使用。これまでの野球人生をサポートしてもらった多くの人に感謝の言葉を伝えた。

    セレモニーでの全文は以下の通り。

    「まずはじめにこのようなセレモニーを用意していただいた千葉ロッテマリーンズ球団関係者の皆様、スタッフの皆様、
    そして井口監督、コーチ、選手、裏方さん、千葉ロッテマリーンズのファンの皆様、日本ハムファイターズの球団関係者の皆様、そして日本ハムファイターズファンの皆様、本当に心から感謝申し上げます。
    本当にありがとうございます。
    千葉ロッテマリーンズに入団し、26年たちました。本当に自分の力ではここまで出来ませんでした。
    今日までご指導いただきました井口監督、今岡(2軍)監督、コーチ、ともに戦った選手、そして、これまでご指導いただきました歴代の監督、コーチ、先輩方、同期、後輩たち。たくさんの人と出会い、たくさんのことを学び、たくさんの経験をさせていただき、自分はきょうまで成長することが出来ました。
    本当にありがとうございました。
    そして、1、2軍マネジャー、広報、スタッフの皆様、たくさんのサポートをしていただきました。
    1、2軍用具担当、裏方さん、たくさんのサポートをしていただき、毎日練習をサポートしていただきました。
    そして1、2軍のトレーナーの先生方、毎日体のサポートをしていただきました。本当に皆さんの支えがあり、ここまでやってこられた野球人生でした。
    本当にありがとうございます。
    そして、千葉ロッテマリーンズのファンの皆様。いつも温かいご声援、本当にありがとうございました。
    ファンの声援が、力となり、勇気をもらい、そして今日まで僕の体を動かしてもらいました。
    本当にありがとうございます。
    そして小学校1年から野球を始め、好きな野球を続けさせていただき、今日まで野球を出来た丈夫な体に育てていただいた両親にこの場を借りてあいさつさせてください。
    お父さん、天国で見守ってくれたお母さん、本当にありがとうございました。
    そして、26年間ずっとそばで支えてくれた妻、いつもどんなどきでも笑顔にしてくれた…すみません間違えました。
    いつもどんなときでも明るく応援してくれた子供たち、本当に感謝しています、ありがとう。
    最後になりますが、自分のかなえられなかったリーグ優勝、そして井口監督の胴上げ。
    ここにいる1軍選手、そして2軍で必死に頑張っている選手たちが必ずかなえてくれると思います。
    そのためにも、ファンの皆様、これかえらも熱いご声援、どうかよろしくお願いします。
    本当に今日、たくさんの人に、見送っていただき、幸せな野球人生でした。本当にありがとうございます。ファンの皆様、26年間本当にありがとうございました」

    9/23(月) 19:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000170-sph-base


    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】ファン感涙!ロッテ・福浦 超ファインプレーで有終の美!引退試合は大観衆の福浦コールに包まれた!】の続きを読む


    読売ジャイアンツ (読売巨人からのリダイレクト)
    読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍、よみうりきょじんぐん)は、日本のプロ野球球団である。セントラル・リーグに所属する。日本で4番目に成立したプロ野球球団であり、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの12球団の中で最も歴史が長い。現在の監督は原辰徳(第
    235キロバイト (36,195 語) - 2019年9月21日 (土) 15:31



    (出典 haisenshori.cocolog-nifty.com)


    巨人 新人テスト2018

    (出典 Youtube)


    なかなかね、、、
    プロ野球選手の壁は厚いですわ。。

    1次テストの50m走と遠投だけでもそうとう厳しいらしいですね。
    というかそこをクリアしないと、バッティングもピッチングもさせてもらえないらしいね!

    山川穂高とかが受験しても落ちそうだな・・・w

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2019/09/22(日) 15:07:55.35

     巨人は22日、ジャイアンツ球場で新人入団テストを実施した。年齢制限など条件を満たした64人(投手・32人、捕手・4人、内野手・11人、
    外野手・17人)が参加し、1次テストで遠投や50メートル走などをこなした。

     1次テストを通過した人は実技の2次テストを行った。視察した長谷川スカウト部長は「合格者はいませんでした。現在いる3軍含めて2軍の選手であったり、
    今我々が視察途中であるドラフト候補であったり、ドラフトで育成候補かなっていう選手たちと比較してもね、各担当がランクとして一番低く評価してる選手たちよりも
    ちょっと力が落ちるんじゃないかってことでしたので。見合わせていただくということで。結果も本人たちに伝えさせていただきました」と説明した。 

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00000120-sph-base


    【【野球】全員不合格!!巨人の入団テストが22日に実施 64人受験するも・・・】の続きを読む


    唯斗(もり ゆいと、1992年1月8日 - )は、徳島県海部郡海陽町(旧・海南町)出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 浅川小学校1年生の時に外野手として野球を始め、4年生の時に投手になった。 6年生の時には徳島県の少年野球の王者を決めるこども野球のつどいで優勝。
    30キロバイト (3,851 語) - 2019年9月20日 (金) 14:51



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    セ・リーグはジャイアンツで決まりましたが、
    パ・リーグはまだ揉めそうですw

    ライオンズが一気にいくかと思いきや、
    ここに来て連敗。
    ソフトバンクが1ゲーム差に詰め寄り、今日もしかすると、再度マジック点灯か?という状況・・・w

    もう読めません!!

    とりあえず、両チームの熱いデッドヒートを楽しむわ。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    リーグ優勝への希望をつなぐ1点を守護神が死守した。ソフトバンク・森が今季初のイニングをまたいでの起用に応え、首位西武に大きなプレッシャーをかけた。

     「(回またぎは)気にならない。どんな状況でも勝てるように投げるだけ。残り4試合、いつでもいく準備をします」

     一打同点の八回2死三塁で登板。前の打席で2点二塁打を放った宗を遊ゴロに打ち取った。続投した九回は1死から吉田正に四球も、本塁打が出ればサヨナラの場面でロメロと中川を抑えた。

     35セーブのクローザーはセーブ機会は24度続けて成功だ。初めて“禁”を破っても、安定感は健在。工藤監督は「改めて最敬礼」と脱帽した。試合前に投手コーチと数パターンの試合展開を予測し、起用法を準備しておくのが日課。“リミット”を数日前に解除した。指揮官は「モイネロも含めて。これまでそういう状況がなかったけど、きょうは」と迷わずベンチを出た。本来は八回を任せるモイネロも七回途中から投入した。

     先に西武が敗れていた中、好投手の山本を攻略して一時は4点差とした試合を落とすことはできない。5日ぶりに1ゲーム差に戻し、22日は優勝へのマジックナンバーを奪い返す好機。勝てば、西武の引き分けか敗戦で、自軍が引き分けても、相手が負ければM「3」が点灯する。

     20日に第3子が誕生した守護神は、テレビ電話で徳島の実家の妻子を気にかけながら「時間をみつけて会いにいきます」と、まずは大仕事に備える。チームの思いを代弁してバスに乗った。

     「他(西武)は気にせず、自分たちができることをやって、結果は後でついてくる。まずあした、絶対に勝ちます」

     前夜の敗戦で絶望的にみえた優勝への道が、ライバルの連敗で再び開けた。パ・リーグの灯は最後まで消さない。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/09/22(日) 17:55:18.46

    ソフトバンク. 2 0 0  0 0 2  2 0 0  6
    オリックス   2 0 0  0 0 0  3 0 0  5

    バッテリー
    ソフトバンク.:和田、嘉弥真、甲斐野、高橋純、モイネロ、武田、森- 甲斐、高谷
    オリックス  :山本、山田、吉田一、澤田- 若月、山崎勝

    本塁打
    オリックス  :吉田正 1回裏 27号2ラン
    ソフトバンク.:明石 1回表 5号ソロ、グラシアル 7回表 27号2ラン

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/pl2019092206.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019092206/score

    明日の予告先発:
     オリックス - ソフトバンク
    アルバース   高橋礼
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【野球】ソフトバンク・守護神 森が吠えた!今日にも再マジック点灯!! 明石先制弾!柳田決勝打グラシ1発!7投手継投森回跨ぎ逃げ切る】の続きを読む

    このページのトップヘ