野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 広島東洋カープ


    西川 龍馬(にしかわ りょうま、1994年12月10日 - )は、島根県出雲市生まれ、大阪府大阪市港区育ちのプロ野球選手(内野手、外野手)。右投左打。広島東洋カープ所属。 歴史好きの父親に坂本龍馬にちなみ「龍馬」と名付けられた。 小学校1年から軟式野球の大阪市港区にある福崎ヤンチャーズで野球を始め
    14キロバイト (1,554 語) - 2019年9月11日 (水) 04:49



    (出典 www.chugoku-np.co.jp)


    いえいえ、見事な活躍でしたよ☆
    今年の広島は上がったり下がったりですが、西川の頑張りでAクラスはほぼ確定したのではないでしょうか。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/11(水) 16:30:50.42

    残り試合「全部勝つつもりで」

    日本野球機構(NPB)は11日、8月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表し、広島の西川龍馬外野手(24)が野手部門で初受賞した。
    広島選手の打者部門での受賞は2017年9・10月度受賞の松山竜平外野手以来2年ぶり。

    西川は8月の全27試合に1番打者として出場し、ともにリーグトップの42安打&22得点をマーク。
    22試合で安打を放ち、マルチ安打13度(うち猛打賞5度)、リーグ2位の打率.365、リーグ4位の出塁率.421という数字を残した。
    月間42安打は1978年水谷実雄、2004年嶋重宣に並ぶ球団タイ記録。
    今季は5月から6月にかけて球団2位記録となる27試合連続安打、7月には球団新記録となる月間4本の先頭打者本塁打を放つなど大きく飛躍し、初の規定打席にも到達。
    現在、打率・305、64打点、16本塁打と自身の目標値達成にも近づいている。

    西川は「ほんまに僕でいいんかなっていう…」と笑わせつつ、「自分の中であんまりそんなに打った印象はないんですけど、数字だけ見ればなかなかヒットを重ねてたんだなっていうのは思います。
    ヒットというより、まずは塁に出ることを最優先に考えてやっていましたね」と8月を回想。

    現在も22試合連続出塁中と、後半戦から定着した斬り込み隊長として抜群の存在感を放っている。コンディション維持については「あまり意識はしてないですけど、よく食べてよく寝ることくらいじゃないですかね」とし、
    残り10試合に向け「全部勝つつもりで最後まで頑張りたいなと思います」と頼もしかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000133-spnannex-base
    9/11(水) 15:15配信



    (出典 number.ismcdn.jp)


    http://npb.jp/bis/players/71475132.html
    成績


    【【野球】広島・西川、月間安打数球団タイ記録で月間MVP初受賞!「ほんまに僕でいいんかな」】の続きを読む


    小園 海斗(こぞの かいと、2000年6月7日 - )は、広島東洋カープに所属する兵庫県宝塚市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。 逆瀬台小1年時に宝塚リトルで野球を始め、光ガ丘中では枚方ボーイズでプレー、3年時に全国優勝を経験。同期には藤原恭大がいた。侍ジャパンU-15に選ばれ、松山で行われ
    9キロバイト (956 語) - 2019年9月10日 (火) 11:54



    (出典 image.news.livedoor.com)


    シーズン途中から1軍に定着し、今や欠かせない戦力になりつつあります!

    最後まで躍動して欲しいし、来年もめちゃくちゃ楽しみですね☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯
    広島小園海斗内野手が7回に2試合連続の4号2ラン。広島の高卒ルーキーで4本塁打は、50年紺田の3本を抜いて球団最多を更新した。

    また2試合以上続けて本塁打を打った高卒新人は、18年8月21、22日ソフトバンク戦の清宮(日本ハム)以来14人目。セ・リーグでは17年10月3、4日中日戦の細川(DeNA)以来5人目で、広島では初めて。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/10(火) 22:45:53.28

    <広島3-0中日>◇10日◇マツダスタジアム

    広島の新人小園海斗内野手が中日新人の連勝を止めた。
    1点リードの7回1死二塁で梅津の浮いたフォークボールをすくい上げ、右翼ポール際に放り込んだ。
    3点差に広げる2ランは球団の高卒新人では50年紺田を抜いて最多の4号、かつ初の2試合連発。新人対決を制し、チームに勝利をもたらした。

    それまでの2打席は三振、一ゴロ。ともにフォークにやられていた。
    「悔しかったので何とか絶対打ってやろうと思っていた。しっかり甘い球は打っていこうと。変化球を絞っていった」。
    狙ったフォークが浮いたところを逃さなかった。

    小園は梅津よりも1カ月早い、7月中旬から1軍に定着。先発でコンスタントに出場しながら、広島流の英才教育を受ける。
    本拠地試合では先発選手のメニューが終わっても、グラウンドに最後まで残って練習。
    「僕は出させてもらっている立場なので当然」。プロとして取り組む姿勢などは、主砲鈴木から指導を受ける。

    7連戦を白星発進し、2位DeNAにゲーム差なしとした。はつらつとした新人のプレーに、
    緒方監督は「苦しい7回のところでたまにああやってびっくりさせてくれる。経験していく中で勝負どころで力を発揮してくれ
    のは、こちらとしてもうれしい」と目を細めた。【前原淳】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-09101078-nksports-base
    9/10(火) 21:56配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)




    9/10 小園海斗選手 4号ツーランホームラン??


    9月10日 広島対中日 小園海斗選手第4号ホームランシーン

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019091003.html
    試合スコア


    【【野球】広島・小園が躍動☆ 球団初の新人2戦連発!「絶対打ってやろう」】の続きを読む


    サビエル・アレクサンデル・バティスタ(Xavier Alexander Batista、1992年1月18日 - )は、広島東洋カープに所属するドミニカ共和国出身のプロ野球選手(一塁手、外野手)。 2009年にシカゴ・カブスと契約してからマイナーリーグでプレー。しかし、最高でA-級までしか昇格でき
    15キロバイト (1,738 語) - 2019年9月4日 (水) 09:37



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    そうですよね、すんなり契約更新とはならないですよね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2019/09/10(火) 22:31:52.77

    広島のサビエル・バティスタ外野手(27)の来季契約が白紙であることが10日、分かった。
    球団はこの日、アンチ・ドーピング規定違反に対する制裁として来年3月2日まで6か月間の出場停止処分を受けた同選手が、ドミニカ共和国へ帰国の途に就いたと発表。
    来季の契約について鈴木清明球団本部長(65)は「するかしないか分からないと本人に伝えている」と説明し、契約延長が既定路線ではないことを強調した。
    バティスタは制裁が解除される1か月半前の来年1月中旬まで、同国の「カープアカデミー」を含めた国内外の球団施設を利用できない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000143-sph-base


    【【野球】広島・ドーピング違反のバティスタと、来季契約を白紙へ「するかしないかわからない」】の続きを読む


    薮田 和樹(やぶた かずき、1992年8月7日 - )は、広島広島市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。広島東洋カープ所属。 妻は、モデル、タレントのkaruna。 広島市立矢賀小学校・広島市立二葉中学校卒。中学時代は広島安芸リトルシニアでプレイ。岡山理科大学附属高校では、1学年上の九里亜蓮に
    14キロバイト (1,567 語) - 2019年7月28日 (日) 13:15



    (出典 portal.st-img.jp)


    もう順位が確定しているのであればいいけど、
    熾烈な上位争いの真っただ中のカープ。

    まぁ負けられない試合の中で、
    1・2回のあたりで今日はかなり厳しいのがわかったと思います。

    どうしても勝ちをとりにいくというのであれば、
    早々に薮田はあきらめた方が良かったかもしれませんね。。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    広島・薮田和樹投手が先発し、2回1/3を6安打6失点で2敗目。試合後に2軍再調整が決まった。

    初回は亜大の後輩・木浪に先頭で粘られた末、14球目に中前打を許した。その後1死一塁から福留に右越えの先制適時二塁打を献上。二回も1点を失い、三回1死一、三塁では高山に3ランを被弾した。

     試合後は「力不足です。真っすぐの精度と勢いがなかった」と反省。佐々岡投手コーチは「前回(6回3失点だった1日・DeNA戦)はスピードもあってカットボールやカーブをうまく使いながら抑えていたけど、今日は真っすぐの力がないと感じた」と話した。

    1 風吹けば名無し :2019/09/07(土) 17:24:42.54

    あるなこれ


    【【野球】広島・薮田が滅多打ち2回2/1、5失点の大炎上! 4位阪神と2.5差・・・】の続きを読む


    赤松 真人(あかまつ まさと、1982年9月6日 - )は、広島東洋カープに所属する京都府京都市伏見区出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。 幼稚園児だった頃、地元の少年野球チームに参加していた兄の影響で野球を始める。小学校時代は一塁手以外全てのポジションを守っていた。京都市立藤森中学校時代は歌手
    30キロバイト (3,969 語) - 2019年9月7日 (土) 04:05



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    胃がん手術からの選手復帰は、多くの人に感動と勇気を与えました。

    がんになっても、プロの選手に復帰できる!というのを証明してくれましたよね。

    これからは守備・走塁のエキスパートとして、
    後進を育てていただきたいです☆

    お疲れさまでした!!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    広島は7日、赤松真人外野手(37)が今季限りで現役を引退すると発表した。前日6日には永川勝浩投手も引退を決めており、2人のベテランがユニホームを脱ぐことになる。

    赤松は阪神にFA移籍した新井の人的補償で08年に広島に入団。広い守備範囲を生かしたプレーでチームのピンチを何度も救った。10年8月4日の横浜(DeNA)戦では、村田が放った左中間へ放った本塁打性の打球をフェンスによじ登り捕球する超ファインプレーを見せた。

     16年のシーズンオフに人間ドックを受診し胃がんが発覚。17年1月に胃の半分を摘出した。その後の検査でがん細胞の一部が、リンパ節へ転移していることがわかった。抗がん剤治療などを続けて7月にリハビリ組の3軍に復帰した。18年3月のウエスタン・リーグで実戦復帰した。

     今年1月の自主トレでは、引き際について「戦力になれないのであれば、コンディションが良くても覚悟はある」と話していた。チームの戦力になると誓った今季は、ここまで1軍出場はなかった。胃がんの手術を受け、1軍復帰こそを果たせなかったが、赤松が歩んできた過程は、チームやファンなどさまざまな人に勇気を与えた。

     通算867試合、403安打、21本塁打、144打点、136盗塁、打率・249

    7 風吹けば名無し :2019/09/07(土) 13:06:57.87

    赤松はコーチやろな


    【【野球】広島・赤松が引退 18年に胃がんから復活 スーパーキャッチの印象鮮烈!】の続きを読む

    このページのトップヘ