野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 横浜DeNAベイスターズ


    大洋ホエールズスカウトの牛込惟浩に口説かれ、入団を決めて来日。口ひげを生やしており、その容姿が当時人気だったゲームソフト『スーパーマリオブラザーズ』のマリオに似ていたため、「マリオ」、あるいは「ポンちゃん」と呼ばれた。 来日した1986年には、俊足選手を好んだ当時の大洋
    13キロバイト (1,215 語) - 2020年3月18日 (水) 08:50



    (出典 pbs.twimg.com)


    大洋ホエールズの超優良外国人のカルロス・ポンセ。

    世界中が大変な状況の中で、日本にエールを送ってくれて嬉しいですね。

    ポンセさんも60歳を過ぎていらっしゃるので、
    お身体にはお気を付けください!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/04(土) 13:13:25

    https://twitter.com/OB_Foreign9/status/1246210341006008320

    スーパーマリオの愛称でファンに愛されたポンセ氏が動画を公開

    口髭を蓄え、その容姿から「スーパーマリオ」の愛称でファンに愛された元横浜大洋のカルロス・ポンセ氏が日本プロ野球外国人OB選手会(JRFPA)のツイッターに登場。新型コロナウイルス感染拡大が世界中で進む中、日本に激励メッセージを送った。

    ポンセ氏は1986念に来日すると1987年に打点王(98打点)、翌88年には本塁打(33本)、打点(102打点)の2冠に輝くなど活躍。NPB通算では533試合に出場し打率.296、119本塁打、389打点の成績を残した。

    同ツイッターではWのマークが入った赤い帽子を被り口髭を蓄え“マリオ”に扮したポンセ氏が登場し「こんな大変な時だからこそ、心を1つに、頼むから外出を控え、手洗いをしよう。
    すぐではないかもしれないけど、いつか終わる時が来るから力を合わせよう。大好きな日本に近い台湾からメッセージを送ります」と日本にエールを送っていた。

    日本プロ野球外国人OB選手会(JRFPA)のツイッターではこれまで、ヤクルトで活躍したドゥエイン・ホージー氏や、パ4球団を渡り歩いたホセ・オーティズ氏、阪神と巨人でプレーしたジョージ・アリアス氏らが日本に向けエールを送っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00741273-fullcount-base
    4/4(土) 13:05配信


    (出典 image.middle-edge.jp)

    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php?

    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 Youtube)

    ポンセ

    (出典 Youtube)

    ポンセ 応援歌 横浜大洋ホエールズ
    (deleted an unsolicited ad)


    【【野球/コロナ】元大洋・ポンセが日本にエール!口髭&赤帽子の“マリオ姿”で「心を1つに」】の続きを読む


    アレキサンダー・モン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez, 1974年10月3日 - )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)、横浜DeNAベイスターズ監督(第30代)。就任時点で外国籍を有する監督としてはNPB史上9人目で、NPB史上
    89キロバイト (11,671 語) - 2020年3月16日 (月) 12:35



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    0819 ラミレス18号ソロ

    (出典 Youtube)


    そうでしたね。
    ラミレスも現役時代、ホームランを打った後のパフォーマンスは「ゲッツ、アイーン」でしたよね。

    本当に偉大なコメディアンでしたね。。
    寂しすぎるわ。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/30(月) 18:47:28

    DeNAのアレックス・ラミレス監督が30日、自身のツイッターを更新。
    新型コロナウイルス肺炎のため29日に亡くなった志村けんさんに哀悼の意を示した。

    ラミレス監督はヤクルトの選手時代、志村さんの「アイーン」のギャグをパフォーマンスに取り入れ、一躍人気者になった。

    「亡くなった志村けんさんを偲んで! 志村けんさんの“アイーン”をパフォーマンスを取り入れることで、選手としてのキャリアの中で多くの人々を楽しませることができたことに本当に感謝しています! 
    彼に会って彼のエンターテインメントグループの一員になれたことは、私にとって名誉なことです。ありがとう、安らかに眠って下さい“アイーン”」とつづった。

    ヤクルトのユニホーム姿で“アイーン”のパフォーマンスをする写真を添付している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000134-dal-base
    3/30(月) 18:32配信


    (出典 www.sanspo.com)


    【【野球/追悼】志村けんをDeNAラミレス監督が追悼「本当に感謝」“アイーン”パフォで人気 新型コロナウイルス】の続きを読む


    古木 克明(ふるき かつあき、1980年11月10日 - )は、三重県松阪市出身の元プロ野球選手(外野手・内野手、右投左打)、元総合格闘家、一般社団法人スポーツFプロジェクト代表理事。事業構想大学院大学修了。 豊田大谷高校2年時の第79回全国高等学校野球選手権大会、1回戦の長崎南山高校(長崎)戦で2
    26キロバイト (3,231 語) - 2020年2月23日 (日) 14:28



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    具体的にどのようなサービスになるのでしょうかね。
    続報に期待したいです。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/02(月) 13:35:40

    株式会社Viibar(ビーバー)は2日、元横浜(現DeNA)の古木克明氏、元ヤクルトの米野智人氏ら12人が、株式会社ディー・エヌ・エーが運営するライブコミュニケーションアプリ「Pococha(ポコチャ)」で活動を開始すると発表した。

    NPB出身者の「ライバー」とコメント交流や、アイテムで応援できるなど、野球界にとっては新たなサービスとなる。
    元ソフトバンクで琉球ブルーオーシャンズの吉村裕基も含めた12人の「ライバー」が、2日の午後0時より順次配信を開始する予定。

    古木氏は「ライバーの多くは若い方々だと思いますが、『おじさん』なりの見せ方ができればと思っています。
    「ライブ配信」を通じて、野球ファン以外の全然違った分野の方々と、コメントを通じて関わりを持てるようになればうれしいです」とコメントした。

    現在、ライバーは元横浜の古木克明氏、元ヤクルトの米野智人氏、元ヤクルトの川本良平氏、元ヤクルトの坂元弥太郎氏、
    元ヤクルトの梶本勇介氏、元西武の原拓也氏、元オリックスの梶本達哉氏、元巨人の江柄子裕樹氏、元広島の斉藤悠葵氏、元西武の斉藤彰吾氏、元中日の友永翔太氏。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-23020257-nksports-base
    3/2(月) 12:41配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    http://npb.jp/bis/players/01003888.html
    成績



    (出典 Youtube)

    古木あーっと Furuki Special


    (出典 Youtube)

    古木エラー


    (出典 Youtube)

    古木克明 ランニングHR 2006.06.13


    【【野球】元横浜・古木克明らプロ野球選手12人が新サービス開始「古木、あーっと!」】の続きを読む


    クリストファー・タイラー・オースティン(Christopher Tyler Austin, 1991年9月6日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州ロックデール郡コンヤーズ(英語版)出身のプロ野球選手(一塁手、外野手)。右投右打。NPBの横浜DeNAベイスターズ所属。
    19キロバイト (1,661 語) - 2020年2月24日 (月) 06:36



    (出典 portal.st-img.jp)


    ベイスターズのオースティン選手、大爆発ですね!!

    まぁまだオープン戦が始まったところなので、
    シーズンで打つかはわかりませんが、期待は高まるばかり。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2020/02/24(月) 15:40:16.13

     DeNAの新外国人選手、タイラー・オースティン内野手(28)=前ブルワーズ=のバットがまた火を噴いた。日本ハム戦の「2番・指名打者」で先発出場。
    5回に3番手の斎藤佑樹投手(31)から左中間席へソロ本塁打を放った。

     オースティンは1回の第1打席は日本ハムの先発左腕・ロドリゲスの前に遊ゴロに倒れたが、3回の第2打席で四球を選ぶと、5回の第3打席で斎藤が
    フルカウントから高めに投じた6球目を強振。打球はライナーのまま左中間のフェンスを越えていき、タピックスタジアム名護につめかけたファンからは
    大きなどよめきと拍手が起こった。

     オースティンのオープン戦での本塁打は2発を放った16日の巨人戦(那覇)以来3本目で、またしても持ち前の打力を発揮した形となった。この日は
    2打数1安打でお役御免。オープン戦通算7打数6安打(3本塁打)3打点の打率8割5分7厘となった。

    中日スポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00010023-chuspo-base


    【【野球】大当たり!DeNA・新外国人オースティン、打率.857! 斎藤佑からオープン戦3号!!】の続きを読む


    高木 (たかぎ ゆたか、1958年10月22日 - )は、山口県山口市生まれ、同県防府市育ちの元プロ野球選手(内野手・外野手、右投左打)・コーチ、野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuber。 山口県山口市で生まれる。父親の仕事の都合で転居が多く、福岡県→鹿児島県→愛媛県→福岡県→北海道帯広
    26キロバイト (2,826 語) - 2020年2月13日 (木) 02:32



    (出典 i.pinimg.com)


    なんか、怖いことになってますね。。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/02/20(Thu) 06:34:14

     いよいよ球春到来だが、グラウンドを去ったOBの中には“野球ユーチューバー”としてひと稼ぎしている者もいる。その草分けと評されるのが元大洋の高木豊(61)。聞けば恩人に不義理を働き、「カネ返せ!」と憤慨させているという。

     ***

     高木といえば大洋時代、俊足の3選手“スーパーカートリオ”の一角として鳴らした。1994年に引退後は野球解説者や横浜のコーチなどをつとめ、4年前に突然、札幌はススキノでガールズバーを開業。だが、

    「1年くらいでやめちゃいましてね」

     とは、さる知人。

    「女性関係が原因で奥さんとも別れ、随分落ち込んでましたよ。でも2年前に始めたYouTubeがブレイクして大復活。いまは元気に六本木で飲み歩いてます」

     高木のYouTubeとは、彼が球界からゲストを招き、気ままによもやま話を語るというもの。原辰徳、掛布雅之、谷繁元信といった大物が出演する動画を500本以上も並べ、20万人のチャンネル登録者がいるが、

    「金銭面で世話になったA氏を切り捨て、訴えられそうになっています」(同)

     一体、何があったのか。映像関連の会社を営むA氏を訪ねると、怒りに震えながら語り始めた。

    「昨年7月ころ、高木さんがYouTubeを始めた際のパートナーだった人物から、『法人化して事業を拡大したいので協力を』と誘いを受けました。高木さんも積極的で『いずれは2億円貯めてマレーシアに移住したい』などと夢を語る。ならばと昨年10月、私が出資し、高木さんにも株を持ってもらって会社を立ち上げたんです。高木さんは元ロッテの里崎智也さんと元阪神の片岡篤史さんも仲間に引き入れました。里崎さんのチャンネルは一気に登録者数が増え、出だしは順風満帆でした」

    ■キャバクラ代まで

     ところが1カ月後の11月初旬、A氏は高木からこう切り出されたという。

    「『一緒にやってて楽しくないからやめたい』って。そりゃ唖然としましたよ。そしてチャンネルの管理権限を勝手に持ち出し、里崎さんらとともに去ってしまったのです。彼と一緒だった3カ月間のキャバクラ代などの飲食費も、すべて私が支払っています。頭にきて、過去に負担した経費約450万円を請求しました。でも、年末に75万円が振り込まれただけです」

     さらにA氏を怒らせたのは、次なる事実だった。

    「高木さんは私にやめると通告する前日、別のパートナーと新たにY社を立ち上げていたことが最近になってわかりました。私からスタートアップ時の経費をせしめて騙した詐欺も同然。おなじ目に遭った被害者は他に何人もいる。刑事告訴も視野に入れています」

     高木は月収300万円に達するYouTube長者だというから、これはA氏が息巻くのも当然である。

     高木を直撃すると、

    「会社に聞いて」

     と言うばかり。そこでY社の社長に質すと、

    「Aさんによるビジネスの構想は素人っぽく、資本金も満足でなくて実現可能性に乏しいと映りました。Aさんとは契約書も交わしておらず、瑕疵はないと考えます。ご請求の金額については話し合いに応じるつもりですが、先方が連絡に応じてくれず困っています」

     よもや現役時代に見せた俊足で逃げきるつもりではあるまい。

    「週刊新潮」2020年2月20日号 掲載


    2/20(木) 5:57配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200220-00608917-shincho-ent

    (出典 www.dailyshincho.com)


    【【野球】怒りの告訴!元大洋・高木豊のYouTubeチャンネルめぐり恩人が怒りの告発!刑事告訴も検討】の続きを読む

    このページのトップヘ