野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 埼玉西武ライオンズ


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、ワールド・ベー
    128キロバイト (16,440 語) - 2020年2月7日 (金) 13:18



    (出典 moment.nikkan-gendai.com)


    マイペース調整があっているのかもしれないですね。
    ここ数年は、何とかアピールをしないと、という気持ちが強すぎてオーバーワークになっていたのかもしれないですね。

    表情もすごく明るく感じます☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/07(金) 15:09:28

    松坂が6日、今キャンプ2度目のブルペンに入った。まずは立ち投げで31球。捕手が片ヒザをついた状態で16球、計47球を投げ込んだ。
    球が暴れるたびに「あー!」と悔しそうに叫んでいたことに、「無駄な力が入るくらい元気だってことで」と笑った松坂。「あとちょっと取り入れたい練習がある。そのイメージはできてきた。
    次回からは(捕手を)座らせて投げられるようにする」と話した。

    やっていることは立ち投げに毛の生えた程度。西口投手コーチは、「自分の中でしっかり段階を踏んでいるということ。いつまでに合わせてくれという期限はない」と話す。
    いくらマイペース調整が認められているとはいえ、他の選手に比べると明らかに調整は遅い。これで、3月20日の開幕に間に合うのか。
    難しいだろう、という声が出始めているが、映像を見た中日関係者は「驚きました」とこう続ける。

    「まだ太り気味なんて言われていますが、ウチにいた頃よりシェイプアップしている。動きにキレがあります。投球フォームを見る限り、肩回りと股関節の可動域も大きくなっている。
    ちょっと驚くくらい。これは案外、やるかもしれませんよ」

    2度目のブルペン投球をしたこの日は、テレビや新聞など報道陣の囲み取材を拒否。「そんな大層なことはしていないから」というのが理由だという。周囲の喧騒などどこ吹く風といったアンバイ。
    気負いもなければ焦りもない。これが自信の表れだとすれば、チームにとっては頼もしいが。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000026-nkgendai-base
    2/7(金) 12:00配信


    【【野球】西武・松坂大輔、ノロノロ調整なのに体調万全!変貌ぶりに中日関係者もビックリ】の続きを読む


    山川 穂高(やまかわ ほたか、1991年11月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。 那覇市立城北小学校の時に野球を始め、「首里マリナーズ」に所属。那覇市立城北中学校時代は、大矢明彦が名誉監督を務める硬式の「チームSOLA沖縄」(現・大矢ベース
    28キロバイト (3,291 語) - 2020年1月23日 (木) 15:52



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    昨年もホームランを量産して、いっぱいドスコイしてくれましたが、
    当初の目的の50本は打てなかったし、4番も外れたし、本当の意味では納得していないですよね。

    その悔しさを本塁打日本記録を塗り替えることで晴らして欲しいですよね!!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/06(木) 09:36:21.24

    危機感も吐露「せっかくここまで来たのに、他人に取って代わられるのはイヤ」

    2年連続パ・リーグ本塁打王の西武・山川穂高内野手が、シーズン本塁打の日本記録更新の野望をFull-Countに明かした。

    「今年は飛距離とか、柵越え何発とかではない。(意識を)もっと高いところに置いてます。
    もし『柵越え何発』という原稿を書きたいときは、言ってください。練習の球なら、いつでも打てますから」

    宮崎・南郷キャンプ中の練習の合間、山川はそう言って、いたずらっぽく笑った。

    このオフからバットコントロールを向上させるため、通常のものより長いノック用のバットで打つことを取り入れている。
    昨季は、一昨年の自己最多47本塁打には届かなかったものの、43発を量産し2年連続タイトルを獲得。
    打点も同僚の中村剛也内野手の123に次ぐ、リーグ2位の120をマークした。一方で、打率は.256。
    本塁打、打点は球界トップクラスだけに、残る打率アップを目論んでいるのか。

    「もちろん、打率も高いに越したことないですが、僕は今年が終わった時に、みんなが驚くような数字を出していたい。
    一番は、さらにホームランを打つために確実性を上げる。確実性が上がり、幅が広がって逆方向へも飛ぶようになれば、ホームランももっと出ると思ってやっている。その練習です」と力説した。

    「日本記録の数字は低いと思います」「現役でチャンスがある以上狙います」

    2年連続40発以上でのタイトル獲得も十分すごいが、さらに「みんなが驚くような数字」となると、2013年にバレンティン(当時ヤクルト、現ソフトバンク)が樹立した日本記録のシーズン60本塁打の更新?

    「まぁ、それは、自分が思い描く打撃ができれば、可能性はゼロではないと思います。日本記録の数字は低いと思います」

    えっ、60本塁打は低い!? 確かに、バリー・ボンズが保持するメジャー記録の73本塁打に比べれば少ないが……。

    「もちろん、60本どころか、50本打つのも相当なことですが、打率で日本記録というのはもっての他(シーズン打率の日本記録は1986年の阪神・バースの.389)ですし、
    (60本塁打は)射程圏内ではないですが、現役でチャンスがある以上狙います」と言い切った。

    これだけだと、自信家でビッグマウスのようにも聞こえるが、一方で心配性の一面ものぞかせる。
    プロ7年目だが、プロ入り当初からガンガン打てた選手ではない。
    「プロの世界ですから、一瞬にしてすべてを奪われるかもしれない。イヤですよ、せっかくここまできたのに、他人に取って代わられるのは。めちゃめちゃ恐怖です。正直言って、誰も来ないでほしい」と本音を明*。

    不安だからこそ、人一倍練習する。このキャンプでも、早出、通常練習をこなした後、さらに特打や体幹トレーニングに取り組むのが日課になっている。
    通算本塁打の世界記録保持者で、現役時代に人並外れた練習量でも知られた現ソフトバンクの王貞治球団会長が、「練習しないと不安でしかたがない」と語っていた姿をほうふつとさせる。

    「不安がない人は、あまり練習しないんじゃないですか? わかんないですけど」と山川。成功しても満足せず、さらなる高みを目指せる才能が、この男にはある

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00679674-fullcount-base
    2/6(木) 7:10配信


    (出典 hominis.media)


    http://npb.jp/bis/players/21425139.html
    成績


    【【野球】西武・山川穂高が激白!本塁打記録更新の“野望”「日本記録の数字は低いと思います」】の続きを読む


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、ワールド・ベー
    128キロバイト (16,440 語) - 2020年2月5日 (水) 12:47



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    松坂大輔が、良い意味で「頭が上がらない」人がたくさんいるのがすごくいい!

    潮崎もそうだが、コーチに西口や豊田ら、
    松坂が若手だった頃の先輩選手たちがぞろぞろいますからね。。

    かなり気合が入る環境ではないでしょうかねw
    (さぼれなそうww)

    平成の怪物・松坂大輔、本当に復活するかも・・・!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/05(水) 16:46:52

    14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔投手(39)は早くも古巣を潤している。

    西武復帰に関してはファン、メディア増による南郷キャンプへの注目度アップ、それに伴うナインへの刺激等、有形無形の効果が当初から期待されていた。
    第1クールが終了した4日の総括では辻監督が「レジェンドだから投内(連係)でも野手が変な球を投げられないとか、緊張感の中に笑いが出たり雰囲気的にはいいかなと思う」と想定通りのプラス効果を語った。

    そんな松坂に胸を熱くしているのが復帰に尽力した実働部隊の一人・潮崎哲也編成ディレクター(51)だ。「キャッチボールの初めの方を見たらちょっと不安だったけど、ブルペンに立ったあの姿を見たら大丈夫だなという感じ。
    近年では(体の状態が)一番いいんじゃない。あれなら自分ではなく相手を見て投げられる」と3日のブルペン調整を見てひと安心。
    投手出身の目線から、懸念されていた肩、ヒジに不安がないことはもちろん、マウンドでの雰囲気、集中力、周囲を見る余裕等から十分に先発ローテーション争いに加われる手応えを語った。

    同氏は今のチームメート情報に疎い松坂の指南役も務め、連日のブルペンで個々の特徴を細かくレクチャーしている一方、14年の歳月の経過も実感。
    「昔は体が元気だった。投げ過ぎたら故障するという概念も希薄な時代でアホみたいに投げていた。
    今は壊れたら、というのがあるからね」と自制し球数を放らない今の姿に感慨深げだ。

    「肩やヒジにモーラス(湿布)を貼ってるの。『お前、若いころにそんな治療なんか一度もしたことがなかったのに。
    ええオッサンになったんやな』と」と弟キャラからチーム最年長へと立場を変えた松坂に兄貴流のエールを送った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-01723065-tospoweb-base
    2/5(水) 16:30配信


    【【野球】西武・サボれない!「松坂は近年で一番状態が良い!」兄貴分の潮崎哲也編成ディレクターが太鼓判】の続きを読む


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、ワールド・ベー
    128キロバイト (16,440 語) - 2020年2月3日 (月) 04:02



    (出典 www.nikkansports.com)


    森友哉がかなり緊張したらしいですね!

    まぁ子供の頃からのスーパースターですからねw

    なんか凄く楽しみになってきました。
    何事もなく、順調に開幕を迎えて欲しいです!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/02/03(月) 17:28:48

     西武・松坂大輔投手(39)が3日、宮崎・南郷で行われている春季キャンプで
    西武復帰後初めてブルペン入りした。

     辻監督や高橋由伸氏(スポーツ報知評論家)が見守る中、森を相手に
    立ち投げで自身の背番号と同じ16球。全て直球を投げ込んだ。

     約80メートルの遠投などを行った前日はブルペン入りについて
    「いつでも入っていいと思っているけれど、焦ることない」と話していた。
    14年ぶりの西武のユニホームで、注目の初ブルペンを終えた。


    【【野球】絶好調!西武・松坂大輔、早くもブルペン入り、森友哉を相手に強烈なストレート!】の続きを読む


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。埼玉西武ライオンズ所属。右投右打。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、ワールド・ベー
    128キロバイト (16,440 語) - 2020年1月31日 (金) 13:33



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    確かに松坂の16番は、我々ファンもまだ慣れていないですね!

    16番の姿がしっくりいくぐらい復活してもらいたいです。

    あと、今年は変な負傷が無いように気を付けましょうねw

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ニーニーφ ★ :2020/02/02(日) 21:40:14.46

     ◆西武春季キャンプ(2日、宮崎・南郷)

     14年ぶりに古巣復帰した松坂大輔投手(39)がサイン会を開き、長蛇の列ができた。

     練習後、メインスタジアムの前で30分以上にわたり、ペンを走らせた。
    色紙の他にも日本代表や中日時代のユニホームを持参したファンも集まり「うれしいですけど、何回か間違えて(背番号)18と書いてしまった。
    16は書き慣れていないんで」と頭をかいた。

     練習では約80メートルの遠投を行うなど順調な調整ぶりを見せている。
    「自主トレでもそれなりに投げてきた。昨日(キャンプ初日)はあえて抑え気味にやったので。順調ですね。(ブルペンに)いつでも入っていいと思うけど、慌てる必要もないので」と説明した。
    https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/580777/


    【【野球】西武・松坂大輔、安全なサイン会実施!「ファンに引っ張られないように」※背番号18と書いてしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ