野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 福岡ソフトバンクホークス


    ソフトバンク、接戦制し西武とのゲーム差6に/詳細 - プロ野球 - 日刊スポーツ
    ソフトバンクが接戦を制した。0-1の3回にグラシアルの犠飛で追い付き、4回2死三塁から暴投で勝ち越した。2番手で3回を無安打に封じた椎野が4勝目、森が26セー…
    (出典:日刊スポーツ)


    椎野 新(しいの あらた、1995年10月10日 - )は、新潟県胎内市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 黒川サンダースで野球を始め、胎内市立黒川中学校では軟式野球部に所属した。新潟県立村上桜ヶ丘高等学校では2年春から公式戦に登板。2年秋の3回戦・新潟県立長岡大
    12キロバイト (1,404 語) - 2019年8月8日 (木) 12:53



    (出典 www.nikkansports.com)


    今日は椎野くんに尽きると思います!!
    あの場面で出てきて、西武打線を完璧に抑えました☆

    この勝利でかなりソフトバンクが有利になったのではないでしょうか!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    ソフトバンクが優勝へのマジックナンバー点灯に王手をかけた。19日、京セラドームでの「鷹の祭典2019」 最終戦の西武戦。相手のバッテリーミスで奪った1点のリードを継投で守り抜き、2位との直接対決に2勝1敗と勝ち越した。これにより、試合のない20日に西武が日本ハムに引き分けるか、敗れると、優勝へのマジックナンバー「24」が点灯する。

    「この1勝は大きいんですけど、我々は常に勝ち越しを目指している。また1つそれをクリアできたと思う。今日は椎野くんが3イニングを投げてくれたことが大きかった」。試合後、工藤公康監督はこう1点差の勝利を振り返った。先発の松本裕が3回を投げ終えたところで腰の痛みを訴えた。2番手でスクランブル登板したのが、椎野だった。

     その椎野、4回を栗山、外崎、山川と3者凡退に封じると、5回、6回と3人斬り。3イニングをパーフェクトリリーフで封じ、勝利の方程式へと繋いだ。この日は甲斐野、モイネロ、森の3人で繋ぎ、高橋純を休ませた。指揮官は「純平くんはずっと頑張ってくれている、休ませてあげられるなら、というのはあった。それも椎野くんが3イニングいってくれたから休ませることができた」と好リリーフの右腕を称賛した。

    打線は1点ビハインドの3回、先頭の中村晃が二塁への内野安打で出塁すると、内川の中前安打で一、三塁にチャンスを拡大。ここでグラシアルが右犠飛を放って同点に追いついた。さらに4回、先頭の明石が中前安打で出塁し、甲斐の犠打などで三塁に進むと、福田の打席で松本航が暴投。ボールが一塁側に溢れる間に決勝のホームを踏んだ。「あれは判断は難しい」と、一瞬のスキを逃さなかった明石の走塁を褒めた。

     この日の勝利で優勝へのマジックナンバー点灯に王手をかけた。試合のない20日に西武が日本ハムに引き分けるか、負けると、マジック「24」が点く。「それは皆さんで楽しんでいただいて。我々は1つ1つ、目の前の試合を戦っていかないといけないので」と工藤監督。直接対決で大きな勝ち越しを掴んだソフトバンクが、優勝へスパートをかける。

    818 風吹けば名無し :2019/08/19(月) 21:22:07.81

    マジック点灯目前ってマ?
    そんな離れてるんか今


    【【野球】ソフトバンク・椎野がスクランブル登板で完ぺき投球☆首位決戦に勝ち越しマジック王手!! 工藤監督「この1勝は大きい」】の続きを読む


    オスカー・ルイス・コラス・レオン(Oscar Luis Colas Leon、1998年9月17日 - )は、キューバ共和国サンティアーゴ・デ・クーバ州出身のプロ野球選手(投手兼外野手)。左投左打。 アビスパス・デ・サンティアーゴ・デ・クーバに所属。NPBの福岡ソフトバンクホークスに派遣選手として所属している。
    9キロバイト (947 語) - 2019年8月18日 (日) 14:34



    (出典 i.daily.jp)


    やってくれましたね!!

    まったく、ソフトバンクは外国人枠がいくつあっても足りないねww

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
     コラスの初めてのヒーローインタビューは、少しちぐはぐなやりとりでファンを湧かせた。ともにお立ち台に上がったのは来日以来、公私ともにサポート受けてきた元広島投手のゲレーロ通訳。片言気味の日本語で懸命に訳したが、「初めてのお立ち台からの景色は?」と問われ「1軍上がってから、1打席目にホームランを打ちました。とても、うれしい」といきなりかみ合わず、スタンドがざわついた。

     サイレントトリートメントで出迎えられたことについて「ま、最初ちょっとびっくりしてた。みんなそのまま座った。で、いきなり、みんな上げて、立った。本当はその気持ち、めっちゃうれしかったです」と訳すと大きな拍手が送られた。最後に「今の気持ちを誰に伝えたい?」との問いに「今、日本3年目。野球は全然違うけど、だいぶ日本に慣れてきた」と再びかみ合わず、笑いが起こった。

     初めてお立ち台に立ったコラスの感想を「(言いたいことは)結構、言ってました」と訳したゲレーロ通訳は「めっちゃ緊張した」と汗を拭っていた。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/08/18(日) 18:08:29.44

    西武.     0 0 0  2 2 0  0 0 0  4
    ソフトバンク 1 1 1  0 0 0  2 0 x  5

    バッテリー
    ソフトバンク:ミランダ、嘉弥真、松田遼、甲斐野、高橋純、モイネロ、森- 甲斐、高谷
    西武.    :十亀、小川、平井、佐野- 森

    本塁打
    西武.    :
    ソフトバンク:コラス 2回裏 1号ソロ、グラシアル 3回裏 22号ソロ

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/pl2019081806.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019081806/score

    明日の予告先発:
    ソフトバンク - 西武
      松本裕樹   松本航
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【野球】ソフトバンク・コラス!衝撃☆ 初打席初球をいきなりホームラン☆チームを勝利に導く】の続きを読む


    工藤ホークス「ベンチの責任」満塁策でサヨナラ負け - 日刊スポーツ
    ソフトバンクが今季4度目のサヨナラ負けを喫した。連勝は6でストップ。延長11回1死三塁のピンチになると、工藤公康監督(56)は浅村、辰己と連続申告敬遠を指示。
    (出典:日刊スポーツ)


    工藤 公康(くどう きみやす、1963年5月5日 - )は、愛知県豊明市出身の元プロ野球選手(投手)。福岡ソフトバンクホークス第20代監督(現職)。 現役時代は14度の優勝、11度の日本一を経験。西武、ダイエー、巨人の3球団で日本シリーズを制覇し、優勝請負人と呼ばれた。日本シリーズ通算最多奪三振記録を保持する。
    80キロバイト (10,745 語) - 2019年8月15日 (木) 07:15



    (出典 baseballgate.jp)


    銀次はいま楽天打線では一番怖いかもしれませんね。。。

    満塁策をとって、銀次勝負・・・・

    まぁ意見がわかれるところですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    ソフトバンクの救援陣が逆転を許し、今季4度目のサヨナラ負けを喫した。

    延長11回、2人を申告敬遠して1死満塁。この回からマウンドに上がっていた高橋純が、銀次に3ボールからフルカウントまでした後、右前にサヨナラ打を放たれた。高橋純はプロ初黒星。

     試合後、工藤監督は「ピッチャーは指示に従って頑張ってくれた。結果的にはベンチの責任」とかばった。

     逃げ切れなかった。同点だった5回途中から勝ちパターンの投手を次々に投入して7回に1点勝ち越し。8回はモイネロにつないで万全の体制で臨んだが、2死三塁からウィーラーに右前打され同点に追い付かれた。先発二保の後、7人の投手をつぎ込んだが抑えきれず、連勝は6で止まった。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/08/15(木) 22:08:06.22

    ソフトバンク 0 0 1  0 1 0  1 0 0  0 0 .  3
    楽天.     0 0 0  0 2 0  0 1 0  0 1x  4

    バッテリー
    楽天.    :美馬、森原、松井、ブセニッツ- 堀内、太田
    ソフトバンク:二保、松田遼、嘉弥真、甲斐野、モイネロ、椎野、森、高橋純- 甲斐

    本塁打
    ソフトバンク:甲斐 3回表 11号ソロ
    楽天.    :島内 5回裏 8号2ラン

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/pl2019081502.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019081502/score


    【【野球】ソフトバンク・2人を申告敬遠で満塁策、銀次に痛打を浴びてサヨナラ負け 工藤監督「結果的にはベンチの責任」】の続きを読む


    ロ3-5ソ ソフトバンク、連敗3で止める:イザ! - iza(イザ!)
    ソフトバンクが連敗を3で止めた。1-3の七回に代打今宮の12号3ランで逆転し、八回にはデスパイネの27号ソロで突き放した。加治屋が3勝目を挙げ、九回を締めた森 ...
    (出典:iza(イザ!))


    今宮 健太(いまみや けんた、1991年7月15日 - )は、大分県別府市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 明豊中学時代には第23回全日本少年軟式野球大会にエースとして出場。 2007年入学の明豊高等学校では、1学年下に同じ少年野球チームでプレーしていた山野恭介がいた。
    40キロバイト (5,032 語) - 2019年7月12日 (金) 02:55



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    打った瞬間、立ち上がっちゃったわ!

    凄い打球だったよね☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    -------------------------------------
    ソフトバンク工藤公康監督が代打V弾の今宮に感謝した。古傷の左太もも裏の影響もあり、前日はベンチスタートを選択したが「練習では本人も大丈夫と話していた。よく準備してくれた」とここ一番での起用が的中した。

    連敗を3で止めて、ロッテ戦3連敗も阻止。「3つ目、今日はどうしても勝ちたかったゲーム。見事な逆転勝利でした。ナイスゲーム」と笑顔だった。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/08/08(木) 22:05:24.34

    ソフトバンク 0 0 0  0 1 0  3 1 0  5
    ロッテ    0 2 0  0 1 0  0 0 0  3

    バッテリー
    ロッテ    :佐々木、永野、東條、チェン・グァンユウ、酒居、東妻- 田村
    ソフトバンク :松本、加治屋、嘉弥真、高橋純、森- 甲斐、高谷

    本塁打
    ソフトバンク :長谷川勇 5回表 3号ソロ、今宮 7回表 12号3ラン、デスパイネ 8回表 27号ソロ
    ロッテ    :マーティン 5回裏 5号ソロ

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/pl2019080806.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019080806/score


    【【野球動画】ソフトバンク☆今宮 エグイ代打逆転3ラン!!! 撃った瞬間の強烈弾で熱戦を制した☆】の続きを読む


    柳田 悠岐(やなぎた ゆうき、1988年10月9日 - )は、広島県広島市安佐南区出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。ポジションは主に中堅手。愛称は「ギータ」。 2015年度パ・リーグMVP。NPB史上初のトリプルスリーと首位打者の同時達成者。2015年度ユーキャ
    90キロバイト (12,044 語) - 2019年8月2日 (金) 05:27



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    123日ふまり、
    柳田!おかえり~っと言ったとたんのデッドボールって、、、

    まぁでも、無事そうで良かったです☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯
    ソフトバンクの柳田悠岐外野手が8日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグ広島戦で4か月ぶりに実戦復帰した。「4番・DH」に名を連ねると、復帰初打席は死球だった。

    2回の先頭打者として、4か月ぶりの打席に立った柳田。広島先発ケムナの前に初球は空振り。1ボール1ストライクから2球ファウルを放ち、2ボール2ストライクからの6球目、148キロのストレートは柳田の右太ももを直撃。思わず「あぁ!」と絶叫した柳田。復帰初打席はいきなりの死球となり、美間の適時打で先制のホームを踏んだ。

     4月7日のロッテ戦(ヤフオクD)で、左膝裏の「左半膜様筋損傷」を負って離脱。当初は全治3週間と診断されていたものの、想定以上に症状は重く回復に時間を要していた。実戦は負傷した4月7日以来、123日ぶりだった。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/08(木) 14:34:30.58

    ソフトバンクの柳田悠岐外野手が8日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグ広島戦で4か月ぶりに実戦復帰した。

    「4番・DH」に名を連ねると、復帰初打席は死球、2打席目は空振り三振。
    交代後に報道陣に応対すると、4か月間の苦労、不安から感極まって涙を流し、実戦復帰を喜んだ。

    思わず瞳から涙が溢れ出た。
    4か月ぶりに実戦復帰を果たした柳田。交代後に報道陣の取材に対応していた時だった。
    離脱していた4か月間について問われると「治るかどうか分からない部分で不安な気持ちがありました」と語ると、涙が頬を伝った。

    2回の先頭打者として4か月ぶりの打席に立った柳田。
    2ボール2ストライクからの6球目、148キロのストレートは柳田の右太ももを直撃、復帰初打席はまさかの死球。3回1死一、二塁での第2打席では3球三振。復帰戦は2打席無安打と快音は響かなかったが、「まず打席に立てたのが嬉しい気持ちです。4か月間を思い出したというか、よく打席に立てたなと思った」と振り返った。

    4月7日のロッテ戦(ヤフオクD)で、左膝裏の「左半膜様筋損傷」を負って離脱。
    当初は全治3週間と診断されていたものの、想定以上に症状は重く回復に時間を要し、柳田自身も相当の不安、プレッシャーを抱えていた。この日は多くのファンが柳田に声援を送り「ありがたい気持ちしかないです。
    いいプレーを見せたいなと思います」。まずは実戦復帰を果たした柳田。ここから1軍復帰に向けて歩みを進めていく。

    2019.08.08
    https://full-count.jp/2019/08/08/post492548/


    【【野球】ソフトバンク☆柳田、123日ぶり涙の復帰 いきなりデッドボール】の続きを読む

    このページのトップヘ