野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 千葉ロッテマリーンズ


    ドラフト会議ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う会議のことである。本項では新人選手獲得のための会議について記述する。新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。
    13キロバイト (1,983 語) - 2018年10月26日 (金) 14:59



    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    身体能力の高さはやはり佐々木朗希でしょうね。

    また今後の伸びしろも凄くありそうなので、数年間育成してすさまじい大投手を作り上げるという事になるでしょう。

    ただその過程で大きな故障が発生してしまう可能性もあるので、当然リスクもあるでしょうが、

    こんなに魅力的な素材はいませんからね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    ロッテは15日、ZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を行い、大船渡高の佐々木朗希投手を1位指名すると公表した。

     約4時間のスカウト会議を終えて井口監督は「決まりました。(1位指名は)佐々木投手でいこうと決めました」と第一声。井口監督は佐々木について「球が速くて将来性のある投手ということで、スカウト陣とも一致しました。うちのチームは一番の選手を指名するのが、ここ何年か続いている」と評価。

     松本球団本部長は「僕も長くスカウトの仕事をしていましたので、その中で大谷くん以来の衝撃を受けたというか、モノが違うなという印象を受けていた」と度肝を抜かれたようだ。

     ドラフト会議当日は他球団との競合が予想されるが、くじ引きとなった場合、井口監督がくじを引くことを示唆。3球団が競合した昨年のドラフトでは、井口監督が藤原恭大の交渉権を引き当てた。

     今年のドラフト会議でも、井口監督のガッツポーズを見ることができるだろうか――。注目の『ドラフト会議』は17日に行われる。

    3 風吹けば名無し :2019/10/15(火) 17:40:37.65

    絶対奥川行くべきやと思うけどロッテファン的にはどうなん?


    【【野球】ロッテ・佐々木朗希を獲る!井口監督も公言 ポテンシャルが違う!くじ引き望むところ】の続きを読む


    鳥谷 敬(とりたに たかし、1981年6月26日 - )は、阪神タイガースに所属する東京都東村山市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。 日本野球機構(NPB)の一軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試合出場(いずれも歴代2位)、史上50人目の公式戦2000本安打および、史上15人目の
    105キロバイト (14,649 語) - 2019年10月13日 (日) 03:53



    (出典 dot.asahi.com)


    ここにきて、一気にロッテの名前があがっています。
    今岡も最後は阪神を出てロッテに行きました。
    大活躍とはいきませんでしたが、代打として、また若手の指南役として重宝されました。

    まだ正式にロッテと決まった訳ではありませんが、
    どこかしらのチームへの移籍はほぼ間違いなさそうですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2019/10/01(火) 16:48:40.80

    「今年ショートで挑戦させてもらったという感じがない。まだやれると自分では思うし、実際やって、守ってみてどうなのか批評してほしい。ダメならドンドン批判してもらっても構わない」
    などと親しい球団関係者やOBに再三話していたという。

     確かに今季の鳥谷は代打起用が大半で、守備固めも含め遊撃手としての出場機会はほとんどなかった。しかし、他球団の鳥谷に対する関心度は決して低くない。
    新天地として有力視されているのが、親交ある井口監督率いるロッテで「野手陣の若返りを図る中、福浦が今季限りで引退した。
    模範となるような選手が必要ということで白羽の矢が立ったようだ」(球界関係者)と、ささやかれている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000039-tospoweb-base


    【【野球】ロッテ・鳥谷を獲る!経験のある内野手はチーム全体の力となる 今岡と同じルート】の続きを読む


    大嶺 祐太(おおみね ゆうた、1988年6月16日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。愛称は「ゆうた」。血液型はA型。2018年まで千葉ロッテマリーンズに所属していた大嶺翔太は実弟。 石垣島(沖縄県石垣市)生まれ。小学2年時に「八島マリンズ」で三塁手として野球を始める。
    18キロバイト (2,498 語) - 2019年8月25日 (日) 02:01



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    入団した時は輝かしい未来を想像した大嶺投手と伊志嶺選手ですが、ここで戦力外となってしまいました。

    ともにまだ31歳で、脂ののり切っている時期なだけにね、
    ちょっと残念です。。

    毎年、素晴らしい選手たちがドラフト上位で入ってきており、めちゃくちゃ期待していますが、本当に数年後は輝かしい未来だけでは無いんですよね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/03(木) 14:02:12.60

    ロッテは3日、伊志嶺翔大外野手(31)、李杜軒内野手(31)大木貴将内野手(27)、
    阿部和成投手(30)、関谷亮太投手(27)、高浜卓也内野手(30)、大嶺祐太投手(31)、島孝明投手(21)の8選手に対し、さいたま市内の球団施設で来季の契約を結ばないと通達した。

     伊志嶺は現役引退の見通しで、李杜軒と阿部は現役続行希望、大木、関谷は未定。高浜、大嶺、島には育成契約を打診している。

     2010年ドラフト1位で入団した伊志嶺は1年目の11年に32盗塁を記録したが、故障もあり、2年目以降はレギュラーをつかめなかった。
    「トライアウトは受けません。現役は高い確率で引退すると思う。
    ここ数年はケガも多く、1軍の戦力になれなかったけど、やってきたことに後悔はないです」と現役引退を示唆した。

     「12年間、お世話になったありがたい気持ちが大きい。
    もう1年でも2年でも最後まで現役にこだわってみようかなと思います」と阿部はトライアウト挑戦の意向。
    同じく李杜軒も「やりきったと思えてから、野球を終わりたい」と日本球界を軸に母国・台湾なども視野に入れ、現役続行の可能性を探る。

     2006年高校生ドラフト1巡目の大嶺は今年1月に右肘内側側副靭帯再建術および鏡視下滑膜切除術を受け、全治12カ月のリハビリ中。
    07年高校生ドラフト1巡目で阪神入りし、10年にFA移籍した小林宏之の人的補償でロッテへ移籍した高浜は慢性的な腰痛を抱えている。
    島は最速153キロの直球を買われ東海大望洋から16年ドラフト3位入団。今季は2軍で20試合に登板したが、制球に苦んでいた。

     ▼ロッテ・関谷 (現役を)続けるかどうかも含め、決めていません。いろんな方と相談したい。

     ▼ロッテ・大木 トライアウトを受けるかどうかも考えていません。続けたいと思ったら練習を始めます。

    10/3(木) 13:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000153-spnannex-base


    【【野球】ロッテ ばっさり!大嶺、伊志嶺を戦力外通告!06年、10年ドラ1「厳しい世界・・・」】の続きを読む


    福浦 和也(ふくうら かずや、1975年12月14日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属する千葉県習志野市出身のプロ野球選手(内野手)。左投左打。 地元出身のフランチャイズ・プレイヤーであり、球団史上3人目の2000本安打達成者。「幕張の安打製造機」の異名を持つ。
    67キロバイト (9,300 語) - 2019年9月23日 (月) 13:10



    (出典 www.nikkansports.com)


    いやぁ最後の守備はね、まさに鳥肌がたちました!!
    やっぱりスターなんだね☆

    福浦が出てきた時、まさに芸術的なバッティングセンス!という印象でした。

    当時、イチローも凄かったけど、
    福浦も勝るとも劣らない能力を持っていると思ったものだ。

    また応援歌もすごく印象的でね。
    マリンの熱いファンの声が凄く響くんだよね。
    福浦の応援歌がね。

    今日のマリンも凄かったよ!熱かった☆

    福浦選手、本当にお疲れさまでした!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/23(月) 19:37:02.01

    ◆ロッテ6―1日本ハム(23日、ZOZOマリンスタジアム)

    今季限りで現役引退を表明しているロッテ・福浦和也内野手兼2軍打撃コーチ(43)が23日、引退試合となった日本ハム戦に「7番・指名打者」でスタメン出場。
    今季初の1軍の舞台では遊ゴロ、投ゴロ、右飛、捕飛の4打数無安打に終わったが、9回に一塁の守備につくと、2死から平沼のライナーを好捕して、ウィニングボールをつかみ笑顔を見せた。

    試合終了後には勝利の儀式で右翼スタンドのファンに「今日は本当に、試合にも出させてもらっていい時間をありがとうございました。
    本当に力になれず、ちょっと今日は足ばかり引っ張ってしまいましたが、
    ここにいるすばらしい選手たちが勝ってくれました。
    あしたも勝って、クライマックスに行くと思うので、どうかファンの皆様、あしたも応援よろしくお願いします」とあいさつ。
    その後の引退セレモニーでは同学年の西武・松井稼頭央2軍監督、元巨人の高橋由伸氏、上原浩治氏や、元チームメートの里崎氏、サブロー氏らの惜別コメントも寄せられた。

    福浦からのあいさつでは「ありがとう」の言葉を約5分間で8度使用。これまでの野球人生をサポートしてもらった多くの人に感謝の言葉を伝えた。

    セレモニーでの全文は以下の通り。

    「まずはじめにこのようなセレモニーを用意していただいた千葉ロッテマリーンズ球団関係者の皆様、スタッフの皆様、
    そして井口監督、コーチ、選手、裏方さん、千葉ロッテマリーンズのファンの皆様、日本ハムファイターズの球団関係者の皆様、そして日本ハムファイターズファンの皆様、本当に心から感謝申し上げます。
    本当にありがとうございます。
    千葉ロッテマリーンズに入団し、26年たちました。本当に自分の力ではここまで出来ませんでした。
    今日までご指導いただきました井口監督、今岡(2軍)監督、コーチ、ともに戦った選手、そして、これまでご指導いただきました歴代の監督、コーチ、先輩方、同期、後輩たち。たくさんの人と出会い、たくさんのことを学び、たくさんの経験をさせていただき、自分はきょうまで成長することが出来ました。
    本当にありがとうございました。
    そして、1、2軍マネジャー、広報、スタッフの皆様、たくさんのサポートをしていただきました。
    1、2軍用具担当、裏方さん、たくさんのサポートをしていただき、毎日練習をサポートしていただきました。
    そして1、2軍のトレーナーの先生方、毎日体のサポートをしていただきました。本当に皆さんの支えがあり、ここまでやってこられた野球人生でした。
    本当にありがとうございます。
    そして、千葉ロッテマリーンズのファンの皆様。いつも温かいご声援、本当にありがとうございました。
    ファンの声援が、力となり、勇気をもらい、そして今日まで僕の体を動かしてもらいました。
    本当にありがとうございます。
    そして小学校1年から野球を始め、好きな野球を続けさせていただき、今日まで野球を出来た丈夫な体に育てていただいた両親にこの場を借りてあいさつさせてください。
    お父さん、天国で見守ってくれたお母さん、本当にありがとうございました。
    そして、26年間ずっとそばで支えてくれた妻、いつもどんなどきでも笑顔にしてくれた…すみません間違えました。
    いつもどんなときでも明るく応援してくれた子供たち、本当に感謝しています、ありがとう。
    最後になりますが、自分のかなえられなかったリーグ優勝、そして井口監督の胴上げ。
    ここにいる1軍選手、そして2軍で必死に頑張っている選手たちが必ずかなえてくれると思います。
    そのためにも、ファンの皆様、これかえらも熱いご声援、どうかよろしくお願いします。
    本当に今日、たくさんの人に、見送っていただき、幸せな野球人生でした。本当にありがとうございます。ファンの皆様、26年間本当にありがとうございました」

    9/23(月) 19:19配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00000170-sph-base


    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】ファン感涙!ロッテ・福浦 超ファインプレーで有終の美!引退試合は大観衆の福浦コールに包まれた!】の続きを読む


    【ロッテ】井口監督「ミスした方が負ける」痛恨の失策で2戦連続サヨナラ負け…西武に8連敗 - スポーツ報知
    ロッテは2試合連続のサヨナラ負け。西武戦は8連敗となった。井口資仁監督(44)は「ミスをした方が負ける。やるべきことをやらないとこういう(競った)ゲームは負ける」と ...
    (出典:スポーツ報知)


    加藤 翔平(かとう しょうへい、1991年3月28日 - )は、埼玉県加須市出身のプロ野球選手(外野手)。右投両打。千葉ロッテマリーンズに所属。 野球を始めたのは小学校2年から。加須市立三俣小学校時代は陸上競技やサッカーなども同時にやっていたが、父からの「陸上より野球の方が面白い」という言葉で野球
    22キロバイト (2,684 語) - 2019年7月13日 (土) 00:43



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    長く野球を観ていますが・・・
    このプレーはすごいですね、ある意味。

    ランナー無しでレフトフライを落球して
    バッターランナーがホームインですから。

    それもサヨナラですから。。

    ロッテの熱いファンは・・・がっかりですよ。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    今季初登板の大谷智久投手(34)までつぎ込み、4時間30分の死闘は痛恨の失策で3連敗となり、同カード8連敗。リーグVも完全消滅した。

    延長11回2死、西武・木村文紀外野手(31)の飛球を途中出場の左翼・加藤翔平(28)、中堅・荻野貴司(34)か交錯した末、加藤が落球。2人とも転倒の間にカバーが遅れ、生還を許した。

     「必死にやったけど…。ボクのグラブに当たったと思う」と加藤。4安打1打点と奮闘した荻野も「声の連係がなかった」と絞り出した。

     8回1死満塁から源田壮亮内野手(26)の浅い飛球を適時打にした右翼のレオネスマーティン(31)の消極的守備もあり、井口監督資仁監督(44)は「難しい?普通の打球でしょ。ミスしたら負け。(8回の)ライトの打球もそう。もう一度引き締めて頑張っていくしかない」と前を向いた。

    1 風吹けば名無し :2019/09/15(日) 22:33:34.30

    もしかしたら夢を見ていたのかもしれないので検証します


    【【野球】ロッテ・恥!前代未聞のサヨナラ負け!! ランナー無しから外野手 激突落球幕切れw】の続きを読む

    このページのトップヘ