野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > 北海道日本ハムファイターズ


    梨田 昌孝(なしだ まさたか、本名:梨田 昌崇(読み同じ)、1953年8月4日 - )は、島根県浜田市出身の元プロ野球選手(捕手)、監督、野球解説者、野球評論家。 1984年より登録名を「昌孝」としている。2004年シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズの最後の監督であり、選手・監督両方で同球
    44キロバイト (5,452 語) - 2020年4月7日 (火) 03:54



    (出典 i.daily.jp)


    とにかく我々ファンは祈るしかない。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2020/04/06(月) 09:45:34

    新型コロナウイルスに感染、入院して治療にあたっている元近鉄、日ハム、楽天監督の梨田昌孝氏(66)が、まだ集中治療室を出ることができず、容体が変わっていないことが5日、明らかになった。

    梨田氏の事務所の関係者が「たくさんの激励の言葉をもらっておりますが、まだ容体変化の連絡は入っていません」と明かしたもの。現在、関係者は梨田氏との接触を禁じられており、病状に何らかの変化があれば病院側から梨田氏の家族へ連絡が入ることになっているが、5日の時点で連絡はなく、依然、新型コロナとの厳しい“闘い“が続いている。

     梨田氏は、3月25日から倦怠感の症状を訴えて自宅で静養していたが、28日に突然、発熱、30日には呼吸困難の症状が出たため、病院で受診し、総合病院での受診の紹介を受け、31日に重度の肺炎と診断された。すぐさま大阪府内の別の病院に搬送されて入院。PCR検査を受けて4月1日に陽性反応が確定した。以降、集中治療室に入り、人工呼吸器をつけて治療を受けている状況が続いている。

     事務所関係者は、「2日前に、主治医と面会しましたが、集中治療室で治療を続けている状況です。意識? 治療のために薬で眠らせている状態との説明を受けました。容体に変化はありませんが、元々、大きな持病もなく、体も強く元気な人ですから。回復できると信じています」と説明した。
     人工呼吸器を装着しての治療には苦痛を伴うため、鎮痛剤が使用されているものと推測されるが、タレントの志村けんさんの命さえ奪った新型コロナの感染力は脅威で未知数だ。

     ただ梨田氏は新型コロナが重症化する原因とされる糖尿病や高血圧などの持病はなく、喫煙の習慣もない。病状の度合いは、まったく違うが、同じく陽性反応の出た日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、入院治療を続けて回復、2度の陰性反応を得て退院した。新型コロナ特有の症状が、ほとんど見られなかった阪神の伊藤隼太も、陽性反応後に入院して、静養に努め、2度の陰性反応後、5日に退院した。
     国内の感染者数は5日の時点で3800人(ダイヤモンドプリンセス号関連を除く)を超えているが、一方で回復者も600人に迫る勢いで増えている。
    「梨田さん!負けずに頑張って下さい」
    「頑張って下さい。もう一度ユニフォーム姿見せて下さい!」
    「まだお若いし、プロとしてスポーツをやられていた方なので、回復して希望を見せて欲しいです」
     ネット上でも数多くの応援メッセージが見られる。“容体に回復の兆しが出てきました“…との事務所からの発表を待ちたい。

    4/6(月) 5:55配信


    【【プロ野球】<新型コロナ感染の梨田昌孝氏>まだ人工呼吸器を外せず...関係者「まだ容体変化の連絡は入っていません」】の続きを読む


    北海道日本ハムファイターズ(ほっかいどうにっぽんハムファイターズ、英語: Hokkaido Nippon-Ham Fighters)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 北海道をフランチャイズとし、本拠地は札幌ドームとしている。旭川スタルヒン球場や、函館オーシャンスタジアム、
    253キロバイト (38,375 語) - 2020年3月28日 (土) 07:34



    (出典 pbs.twimg.com)


    何をどのようにしたら、球団のアカウントでそんな投稿をしてしまったのでしょうか。。。

    そっこうで削除していなければ、大変なことになっていたかもね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ばーど ★ :2020/04/06(月) 14:08:59

    プロ野球・北海道日本ハムファイターズは公式ツイッターアカウントで2020年4月5日夜に「不適切な投稿」があったとして、同日に謝罪した。

    問題のツイートが投稿された直後には、日本ハム所属の若手2選手とみられるアカウントが、球団のピンチをフォローする「ファインプレー」を見せた。

    「びっくりした」「日ハムのTwitterなにがあった」

    日本ハムの球団公式アカウントは5日19時16分に、「このアプリ超おすすめ笑」との文言とともに、スマホ向けの出会い系アプリを勧めるような内容のツイートを投稿。突然の出来事に、「びっくりした」「日ハムのTwitterなにがあった」とツイッター上の野球ファンたちが一時騒然となった。

    問題の投稿からおよそ10分後、高卒5年目・平沼翔太選手が球団アカウントにツイートを返信した上で、「ちゃんと伝えました」と報告。また高卒4年目・今井順之助選手も平沼選手に続き「みなさんなにも無かったとこにしようじゃないか。それが1番だ」とツイートし、ざわつくファンを落ち着かせた。いずれのアカウントも認証済みアカウント(バッジ付き)ではないが、球団公式アカウントからフォローされている。

    球団アカウントは問題のツイートを削除後、20時55分に「お詫び」と題したツイートを投稿。「先ほど当アカウントより不適切な投稿が行われました件、投稿の削除の後、セキュリティ管理上の対処をいたしました。改めてセキュリティ対策を徹底し、再発防止に取り組んでまいります」と対応を説明し、

    「フォロワーの皆様に、ご心配ならびにご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます」

    とした。

    球団のピンチをフォローした若手2選手に対し、日本ハムファンからは、

    「平沼・今井の若手組の働きかけによりハムの未来は明るいことが立証された」
    「平沼の年俸にTwitter手当付けよう」

    と賞賛の声があがっている。

    2020/4/ 6 13:38
    https://www.j-cast.com/2020/04/06383756.html

    (出典 www.j-cast.com)


    【【野球】悲痛!日本ハム・球団のツイッターが不適切投稿!出会い系アプリ勧誘、削除→謝罪】の続きを読む


    梨田 昌孝(なしだ まさたか、本名:梨田 昌崇(読み同じ)、1953年8月4日 - )は、島根県浜田市出身の元プロ野球選手(捕手)、監督、野球解説者、野球評論家。 1984年より登録名を「昌孝」としている。2004年シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズの最後の監督であり、選手、監督両方で同球
    44キロバイト (5,452 語) - 2020年4月2日 (木) 12:32



    (出典 pbs.twimg.com)


    梨田さんはまだお若いです。
    もちろん年齢だけで判断は出来ませんが、
    絶対に助かってくれると信じていますし、心の底から応援したく思います。

    回復して、復帰して、もう一度優しい笑顔を見せてください。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 1号 ★ :2020/04/02(Thu) 12:31:00

     近鉄OBで同球団最後の監督として知られる梨田昌孝氏(66=野球評論家)が、新型コロナウイルスに感染しICU(集中治療室)で治療を受けていることが1日にわかった。関係者によると「予断を許さない状況」だという。

     梨田さんは3月25日に倦怠感を覚え静養していたが、28日になって発熱。30日に呼吸困難の状態となり病院を受診。31日に救急搬送され大阪市内の病院に入院。重度の肺炎と診断され、PCR検査の結果、1日に陽性と判定された。

     2018年に楽天監督を退任後は野球評論家として活動。しばしば球場に足を運んでいた。年末に行われた近鉄関係者との会合では「ユニホームを*重圧から解放されたのか、合うズボンがないほど太ってしまったよ」と話すなど、健康に問題はなかった。

     ただ、現在はやめているが、以前はたばこを吸っていた時代もあった。呼吸器系の病気も経験していたという。先日、亡くなったお笑い芸人の志村けんさんの状況と似ているところもあり、周囲には心配する声が広がっている。

     当時、近鉄で球団代表を務め、梨田氏と同い年の足高圭亮氏は「あのナシがそんなことになるとは…」。主力選手だった中村紀洋氏はツイッターで「僕の大先輩、近鉄時代の監督、梨田さんもコロナに感染してしまったみたいです。心配です」とコメントした。

     ここ最近はプロ野球の開幕が延期となり、予定されていた講演などもほぼ中止。自宅で静養する日が続いていたという。

     梨田氏は1972年から近鉄で17年間プレー。正捕手として活躍し、引退後は監督として01年に近鉄を、09年は日本ハムをリーグ優勝に導いた。

    2020年04月02日 11時30分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/1801440/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    【【野球】悲痛、梨田昌孝さん「予断を許さない状況」志村けんさんの状況と酷似、新型コロナに感染、ICUで治療中】の続きを読む


    梨田 昌孝(なしだ まさたか、本名:梨田 昌崇(読み同じ)、1953年8月4日 - )は、島根県浜田市出身の元プロ野球選手(捕手)、監督、野球解説者、野球評論家。 1984年より登録名を「昌孝」としている。2004年シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズの最後の監督であり、選手・監督両方で同球
    43キロバイト (5,323 語) - 2020年3月17日 (火) 13:13



    (出典 www.ad-vank.com)


    新型コロナ
    マジふざけんなよ。

    梨田さん、助かってくれ。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 名無し募集中。。。 :2020/04/01(水) 15:31:33

    プロ野球の近鉄、日本ハム、楽天で監督を務めた梨田昌孝氏(66=日刊スポーツ評論家)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たことが4月1日、所属事務所から発表された。
    本人が異常を訴えて前日(3月31日)に大阪府内の病院に入院し、この日検査の結果が出た。


    同氏は3月25日に倦怠感を覚えて静養していた。28日に発熱し、30日に呼吸困難となり病院で受診。
    翌31日に重度の肺炎にかかっていることが判明した。
    そのまま別病院でPCR検査を受け、この日、同ウイルス感染が判明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-24010302-nksports-base


    【【野球/コロナ】速報、梨田昌孝が新型コロナで呼吸困難と重度の肺炎、近鉄で活躍後、日本ハムと楽天で監督】の続きを読む


    斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
    61キロバイト (8,907 語) - 2020年3月14日 (土) 12:30



    (出典 yancane-shukatsu.com)


    開幕までの時間をどのように過ごすか・・・
    重要ですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/30(月) 16:54:29

    昨シーズンは5位とBクラスに低迷した日本ハムだが、ダークホースとしてパ・リーグをかき回す力は十分ある。

    その強みはチーム一丸となって戦う勝負強さであり、粘り強い姿勢も持ち味。様々なアイデアを駆使して相手チームを揺さぶる戦い方は実におもしろい。
    リリーフ投手を短いイニング限定で先発させる『オープナー』や、相手打者に合わせた極端な守備シフト、選手の価値を数値化で測る『B.O.S(ベースボール・オペレーション・システム)』も話題となった。

    もっとも、日本ハムはあえて奇をてらう戦い方をしているわけではない。その実は投手陣を中心とした守備ベースでオーソドックスな野球とも言える。

    先発には昨年15勝で最多勝を獲得した有原航平という太い幹ができた。
    また左膝骨折から復活のめどが立った上沢直之、
    どのような役割もこなせるベテランの金子弌大、『オープナー』の申し子・加藤貴之、新外国人のドリュー・バーヘイゲンなど心強い顔ぶれが並ぶ。そしてドラフトでも即戦力投手を獲得するなど着々と投手整備は進んでいる。

    その中でさらなる投手力アップのキーマンとなるのが、ニック・マルティネス、吉川光夫、斎藤佑樹の3人だと見る。

    マルティネスは1年目の2018年に10勝を挙げたが、昨年は故障で1軍登板はなかった。しかし150キロを超える真っ直ぐとカットボール、鋭く曲がるカーブが持ち味。制球が非常に良く、「今メジャーへ凱旋しても活躍できる」と関係者の評価も高い。

    キャンプ中からマルティネス本人が重視していたのは、高い集中力の維持。「パワーを効率的に使えれば、腕はしっかり振れているので力のある球を投げられる。強く腕を振る中で、ロケーションを大事にしてしっかり投げ切ることを考えたい。
    そのためには正しいメカニズムとともに、集中することが大事。アドレナリンが出た状態でも、平静を保つことができるメンタルも大事にしたい」と力を込める。

    メンタルが安定することでロケーションを有効活用できる。ロケーションとは左右高低のストライクゾーンだけでなく、打者のタイミングを狂わす奥行きなども含まれる。それこそがピッチングの生命線であり、実戦登板では常に大事にしているという。

    サウスポーの吉川は12年に14勝(リーグ2位)を挙げ、最優秀防御率(1.71)とリーグMVP獲得など大活躍。しかし、その後はエースとして期待されるなかで思ったように結果が出せず、16年オフに巨人に移籍したのち、2019年6月26日に日本ハムに復帰した。

    先発陣に左腕の吉川が加わると、バリエーションが一気に広がる。「辞める覚悟で、その気持ちでやりたい」と吉川本人は悲壮な覚悟も口にするが、周囲の期待はそれ以上に大きい。ある解説者は「打ちにくい投手という印象。真っ直ぐは速くないけど、打者はうまく捉えられない。力で抑え込むというタイプではないから復活は十二分に可能。ストライクゾーンの中で勝負できればそうそう打たれないと思う」と評価する。

    そして、忘れてならないのが斎藤だ。かつて甲子園を沸かせた『ハンカチ王子』も31歳とベテランの域に入ってきた。2年連続1軍無勝利だが、今オフには新たな練習方法を取り入れるなど、現状打破に向けて必死に取り組んでいる。

    日ハムOBの一人は「球速や球威はあまりないが、斎藤の武器は制球力と、試合を作る能力があること。これはアマチュア時代から一貫している。打者との駆け引き、緩急、捨て球、ボール球の使い方をうまく活*ことができれば、戦力になれる。昨年、オープナーでの登板があったのも短い回なら試合を作れるから。首脳陣がしっかり適材適所を見つけてうまく活用して欲しい」と戦力としての斎藤に大きく期待している。

    他にも注目の2年目、吉田輝星も虎視眈々と登板機会を伺っている。ブルペン陣には球史に残るリリーフ左腕・宮西尚生や計算の立つ石川直也がいて、ブライアン・ロドリゲスの評価も高い。そして、抑えには経験豊富な秋吉亮が控える。量・質を兼備する投手陣はリーグトップクラスと言っても過言ではない。

    2010年代の日本ハムはAクラスが6度、Bクラスが4度。そのうちリーグ優勝は2回、16年には日本一にも輝いた。その間、ダルビッシュ有(11年オフ)、大谷翔平(17年オフ)のメジャー挑戦を容認するなど、チーム編成激動の時代の中で奮闘してきた。

    それでも、毎年入れ替わりのようにニューカマーが出現し、戦い方に工夫を凝らすことで結果も出してきた。イレギュラーな日程になる今シーズン、状況を的確につかんだ対応力を強みとしてきた日ハムが、パ・リーグを盛り上げてくれることを期待したい。(文・山岡則夫)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00000014-sasahi-base
    3/30(月) 16:00配信


    【【野球】日本ハムのキーマンは斎藤佑樹!!パ・リーグをかき回す】の続きを読む

    このページのトップヘ