野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > プロ野球全般


    12球団合同トライアウト(12きゅうだんごうどうトライアウト)は、2001年より日本野球機構に属するプロ野球球団全12球団が合同で行う自由契約選手を対象としたトライアウトのことである。 日本においては球団が保有する選手との契約を次年度も希望する場合、11月末日までに日本野球機構に契約保留選手として
    28キロバイト (3,972 語) - 2019年10月28日 (月) 13:43



    (出典 www.nikkansports.com)


    今年も、かつて1軍の舞台で大いに輝いた選手たちが最後の力を振り絞って、トライアウトに挑みました。

    頑張って欲しいですね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    3 風吹けば名無し :2019/11/12(火) 11:41:53.64

    350打ってんのにそんなもんか


    【【野球】豪華なトライアウト!西岡、亀澤、森福、村中、高木勇らが崖っぷちで躍動!】の続きを読む


    フリーエージェント (プロスポーツ) > フリーエージェント (日本プロ野球) フリーエージェント(free agent, FA)とは、NPBにおける国内FA及び海外FAの総称である。 国内FAとは、NPBが定める国内FA資格条件を満たし、この組織のいずれの球団とも選手契約を締結する権利を有する選
    55キロバイト (6,128 語) - 2019年11月10日 (日) 02:11



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    今年の特徴としては、誰もが知っているスター選手というよりは、チームの1ピースとして欲しい!と思われる選手のFA。

    派手さは無いけど、確実に戦力になるという評価ですね☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/07(Thu) 12:34:29

    セ・リーグのある編成担当者に言わせると、今年のFA市場は「不作を通り越して凶作」だそうだ。

     移籍を視野にFA権を行使したのは4人。メジャー移籍を目指して海外FA権を行使した西武の秋山翔吾外野手(31=年俸2億3490万円)はともかく、国内球団への移籍が濃厚なロッテの鈴木大地内野手(30=同1億円)、楽天の美馬学投手(33=同6500万円)、ソフトバンクの福田秀平外野手(30=同3600万円)に関してだ。

     広島から巨人に移籍した丸、西武から楽天の浅村、オリックスから阪神の西ら、各球団のエースや中軸打者がいた昨オフと比べると、かなり小粒なのは間違いない。

    「鈴木は内外野を守れるオールラウンドプレーヤーだけど、過去8年間で一度も3割を打った経験がない。といってパワーがあるわけでもない。今年、自己最多の15本塁打をマークしたのも、本拠地に設置したラッキーゾーンのおかげですよ。美馬は過去9年間で2ケタ勝利を挙げたのが2017年の一度だけ(11勝8敗)。右肘に5回もメスを入れているし、33歳という年齢もネックになる。福田は走攻守と三拍子そろった選手ですが、レギュラーを張った経験が一度もない。ソフトバンクの層の厚さを考慮しても、粒は小さいですね」とは前出の編成担当者だ。

    ■明らかな過大評価「FAバブル」

     にもかかわらず、この3人をめぐって、すでに争奪戦に発展。鈴木に対しては楽天、巨人、中日、美馬にはロッテ、巨人、ヤクルト、福田には西武、ロッテ、中日、ヤクルトが獲得に乗り出しているという。巨人は5日、鈴木と交渉。3日には美馬と交渉したことも明かした。しかも鈴木には楽天が「4年7億円」、福田には西武が「4年5億円」、美馬にはこの日交渉したヤクルトが「3年3億円」を超す条件を提示したといわれている。

    「各球団とも選手の価値を正当に評価しているとは思えません。明らかな過大評価、FAバブルですよ」と、スポーツライターの工藤健策氏がこう続ける。

    「エースや4番打者が争奪戦になり、結果としてマネーゲームになるというならまだしも、鈴木も美馬も福田もそこまでの選手ではない。なのに相場以上のカネを積んで争奪戦を展開している現状はバカげているとしか言いようがありません。その選手の価値を純粋に評価するのではなく、獲得することに目の色を変えている。だから法外なカネを積むのです。しかも鈴木と美馬はBランクの選手ですから、人的補償が発生する。プロテクトし切れない若手成長株を1人失ううえ、彼らを獲得することで若手が1人出番を失う。つまりFAで鈴木や美馬を獲得すれば、2人分のマイナスが生じる計算になるのです。エースや4番ならメリットもあるかもしれませんけど、そうでない選手に相場以上のカネを払って獲得することは、むしろダメージになりかねません」

     それでもFA選手にカネを積むのは、実際に取りにいく球団だ。“体力”のある金満チームはどんなカネの使い方をしようと構わないのか。

    ■ファンも見放す

    「それは違う。プロ球団の最も大きな収入は入場料です。ファンが支払っている入場料収入を抜きにプロ野球は成り立ちません。ファンだってFA選手を過大評価して法外なカネを使うなら、活躍した選手の給料をもっと上げてやるとか、選手のトレーニング施設をより充実させる方がよほど効果的だと思っているに違いありません。球団がいい加減なカネの使い方をすれば、ファンも声を上げる権利があるし、上げてもムダだと思えば離れていくだけです。こういうカネの使い方が当たり前になるようだと、いよいよファンは見放すでしょうし、プロ野球界は先細りだと思いますね」とは前出の工藤氏だ。

    11/7(木) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000011-nkgendai-base


    【【野球】FA鈴木大地・美馬・福田、複数球団の争奪戦に金額も跳ね上がる!!】の続きを読む


    西岡 (にしおか つよし、1984年7月27日 - )は、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)の栃木ゴールデンブレーブスに所属する大阪府大東市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投両打。 NPBの内野手およびスイッチヒッターとしてのシーズン最多安打記録保持者で、2010年のシーズン6
    81キロバイト (10,427 語) - 2019年10月27日 (日) 10:52



    (出典 baseballking.jp)


    さぁ西岡さんがNPBを目指してトライアウト受験です!!

    西岡が出場すると、トライアウトも派手な舞台に変わります。

    本当にスター性が凄いと思います☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2019/10/31(木) 10:36:20.36

    昨季限りで阪神を退団し、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレー*の西岡剛内野手が自身のインスタグラムを更新。昨年に引き続き「プロ野球12球団合同トライアウト」を受けることを明かした。

    【動画】「野球に携われることに本当に感謝」―ワールドトライアウトで現場監督を務める清原和博氏が登場した記者会見の実際の映像

     西岡は今季、BC栃木をリーグ初優勝に導くなど攻守でチームを牽引。59試合出場し、打率.335、7本塁打、41打点、7盗塁をマークするなど高い数字を残している。

     自身のインスタでは「11月12日! NPBトライアウトに挑戦します」と参加を表明。今年は7月末までの移籍期間中にNPB復帰が叶わなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00590930-fullcount-base


    【【野球】元ロッテ・阪神、西岡剛が執念のトライアウト参加へ!!NPB復帰へラストチャンスか☆】の続きを読む


    日本選手権シリーズ(にほんせんしゅけんシリーズ、にっぽんせんしゅけんシリーズ、通称:日本シリーズ)は、日本プロ野球のペナントレース終了後、クライマックスシリーズ優勝チームによって行われる、各年の日本一のプロ野球チームを決める試合である。正式名称はプロ野球日本選手権シリーズ
    117キロバイト (9,117 語) - 2019年10月25日 (金) 12:19



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    日本シリーズの視聴率は難しいですね。

    個人的な見解ですが、
    日本シリーズの前にCS進出争いやCSが盛り上がりすぎちゃうからかなとw

    単純にCSは6チームのファンが盛り上がるけど、日本シリーズは2チームだからね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2019/10/26(土) 16:48:54.63

    プロ野球日本シリーズはパ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(以下、CS)を勝ち上がったソフトバンクがセ・リーグ優勝の巨人を4連勝と圧倒し、3年連続で日本一になった。ソフトバンクの強さと巨人の脆さが目立ったシリーズは視聴率が奮わず、初戦8.4%、2戦目7.3%、3戦目9.7%と低迷し、日本一の決まった第4戦でさえ11.8%しか取れなかった(いずれも、ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。

    「1、2戦の同時間帯の裏番組でラグビーW杯が放送されていた影響はあるでしょう。出鼻を挫かれたため、最後まで伸びなかった印象。ただ、それだけでもないと思います。やはり、CS制度が出来てから、リーグ2位のチームが出場できる違和感に、視聴者が敏感になっている面もあるのではないでしょうか」(以下同)

     パ・リーグは2004年から、セ・リーグは2007年から現在のようなポストシーズン制度が始まった。現行では143試合のシーズンで3位以内に入り、最大9試合のCSを勝ち上がれば、日本シリーズに進出できる。その7試合で4勝すれば日本一になれるのだ。

     2007年以降、シーズンで優勝できなかったチームが日本シリーズに進出したのは2007年、2010年、2014年、2017年、2018年、2019年の6回。実は、これらのシリーズはいずれも視聴率1ケタの試合を記録してしまっている。

    「シーズン2位の中日とシーズン1位の日本ハムが対戦した2007年、日本シリーズのナイター中継が始まった1994年以降で初めて視聴率1ケタを記録してしまった。山井・岩瀬の完全試合リレーで中日が53年ぶりの日本一を達成した最終戦も12.7%と伸びませんでした。当時はまだ“巨人信仰”が残っている時代でしたし、北海道の日本ハムと名古屋の中日だから関東地区で視聴率が伸びなくても仕方ないと思われていた。でも改めて今考えてみると、シーズン2位の中日が日本一になる違和感がどこかにあったのかもしれません。

    10/26(土) 16:00配信 ニュースポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191026-00000015-pseven-spo

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】低視聴率の日本シリーズ、2年連続で下剋上日本一は視聴者離れに繋がるのか】の続きを読む


    日本野球機構 (NPBからのリダイレクト)
    一般社団法人日本野球機構(にほんやきゅうきこう、英語: Nippon Professional Baseball Organization、略称:NPB)は、日本プロ野球のセントラル・リーグ及びパシフィック・リーグを統括する元文部科学省スポーツ・青少年局所管の一般社団法人。日本国内で「プロ野球」と
    18キロバイト (582 語) - 2019年9月9日 (月) 10:17



    (出典 www.link-plus.co.jp)


    数年前までは当日にいっても普通に入ることが出来る球場も多かったのですが、現在は本当に厳しいですよね。。

    観客動員が増えることはとてもいいことですが、
    普通に野球観戦が出来なくなるのはちょっと寂しいかなと思いますね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/10/26(土) 09:10:35.67

    今年のプロ野球(NPB)も、福岡ソフトバンクホークス(ソフトバンク)が読売ジャイアンツ(巨人)に1勝も許すことなく圧勝し日本一となった。
    日本シリーズ3連覇は球団史上初の出来事だ。

    2019年シーズンのセ・パ公式戦入場者数は2653万人を突破し、過去最高を記録した。
    1試合平均入場者数も、3万929人と初めて3万人を超えた。

    人気が加熱するなか、観たい試合のチケットが取れないことは日常茶飯事だ。
    そのチケット販売手法に大きな変化が訪れている。

    今年7月16日の京セラドーム。パ・リーグのオリックス・バファローズ(以下オリックス)が、
    一般販売している全席を対象に、ダイナミックプライシング(需給に応じた変動料金制)によるチケット販売の実証実験を行った。

    その結果、ダイナミックプライシングを使わない場合に比べ、チケット収入が14%増加した。
    チケットの平均単価は2%下がったものの、販売数量が17%も伸びたのだ。

    かつて、プロ野球のチケットはどの試合でも同一の席は同一の値段というのが当たり前で、
    集客力が高いセ・リーグの巨人や阪神タイガース(阪神)が対戦相手の日だけ、若干価格を上げるというのがせいぜいだった。

    この慣習に風穴を開けたのが東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天)。
    球団創設から5シーズン目にあたる2009年シーズンに、ゲーム開催時期や対戦カード、
    ユニホームやグッズの無料配布の有無などによって異なる需給をチケット価格に反映させる、フレックスプライス制を導入した。

    繁閑に応じて価格を変えるという手法はホテルやエアラインなどでは古くから導入されているが、
    プロ野球のチケットに導入したのは国内ではこれが初だった。

    その後、フレックスプライス制はパ・リーグを中心に各球団に普及した。
    球団によって設けている価格の段階数は異なり、少ない球団で3段階、多い球団で5段階の価格設定となっている。

    現在導入していないのは巨人、阪神、広島東洋カープ(広島)の3球団だけだ(一覧表参照)。

    ただ、シーズン開始前に価格を決めてしまうフレックスプライスの場合、予測が100%当たるわけではない。
    チームの成績が上向いたり、記録達成がかかった選手が現れるといった、シーズン途中で発生する事象を価格に織り込めないというデメリットがあった。

    さらに、価格は1塁側S席、ライトスタンド指定席といったエリア単位で設定している。
    グラウンドに最も近い1列目でも10列目でも、出入りに便利な通路側でも通路から遠い内側の席でも、同一エリアでは価格差がなく、きめ細かさに欠ける。

    これらの欠点をカバーすべく登場したのが、ダイナミックプライシングなのだ。

    ダイナミックプライシングは、発売からゲーム開催当日までの間、試合日程や座席種、対戦カードや購入者の嗜好などに関する過去データの分析結果をもとに、
    AIを使って試合ごとの需要予測を行い、需要に応じたチケット価格の変更を1席ごとに自動的に行う販売方法である。

    人気席種と不人気席種の販売速度の均等化を図ることで、ゲーム当日時点の完売を目指す。

    アメリカ・メジャーリーグでは2009年にサンフランシスコ・ジャイアンツが導入したのを皮切りに、現在では北米4大プロスポーツすべてで用いられている販売手法だ。
    日本のプロ野球界で先陣を切ったのは福岡ソフトバンクホークス(ソフトバンク)。

    2016年シーズンから実験を開始し、翌2017年シーズンからAIを使った本格的な実証実験を1試合あたり100~200席程度の限定的な範囲で実施してきた。
    2019年シーズンは対象座種を大幅に増やし、対象席数も1試合あたり1500席に拡大した。

    もっとも、本拠地ヤフオク!ドーム全体で4万席あるうちの1500席だけでの実施であるため、
    シーズンシートや招待席を除く一般席の大半はフレックスプライス制での販売だ。
    https://toyokeizai.net/articles/-/309879

    【野球】 広島チケット抽選券配布、5万人を超えるファンが押しかけて大混乱・・・「どうなってるんだ」 途中打ち切り抗議殺到
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1551080993/


    【【野球】ファンの悲鳴、チケットが取れない!観客動員増加、人気沸騰のプロ野球チケット販売に起きる進化】の続きを読む

    このページのトップヘ