野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ: 高校野球


    桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。プロゴルファーの桑田泉は実弟。独立リーグ選手の桑田真樹、ブライダルモデルのMattは実子。血液型はAB型。 PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビで一世を風靡し、
    107キロバイト (16,020 語) - 2019年5月11日 (土) 06:18



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    まず体型がほとんど現役から変わらないし、フォームもとてもキレイです。

    おそらくトレーニングや健康にも気を使っているのでしょう。

    母校のためにもまだまだ精力的に頑張っていただきたいですね!

    ーーーーーーーーーーー

    「緊張もしました。でも昔の仲間や先輩、後輩と一緒にPLのユニホームを着て戦えた、野球ができたというのは非常にうれしかったです」

     一回はいきなり先頭打者に四球で出塁を許したが、「勝手に反応した」とすぐさまけん制で刺すさすがのプレーで魅せた。プロのように完ぺきに整備されているわけではないマウンドには苦しみながらも、得意のカーブやスライダーも駆使して先発の役目を全う。二回からは遊撃も守るなどして集まった数百人のファンを沸かせた。

    1 名無しさん@実況は実況板で :2019/05/09(木) 18:17:16.81 .net

    “PLの桑田”が帰ってきた。
    マスターズ甲子園2019大阪府予選に出場するPL学園高OBチームが13日、
    大阪・大東市で関西*高と練習試合を行い、
    OB会長の桑田真澄氏(51)が「PL GAKUEN」のユニホーム姿で登板した。
    1回を1点に抑え、打っても適時打をマーク。高校時代を彷彿させるはつらつとしたプレーで、
    23-10の勝利に貢献した。

    この男には、やはり胸に「PL GAKUEN」の文字のユニホームがよく似合う。
    かつて清原和博氏との「KKコンビ」で甲子園を沸かせた桑田が、
    グラウンドに帰ってきた。
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190414/ama19041405040001-n1.html VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:----: EXT was configured


    【【野球】PL学園☆桑田真澄 4番投手で出場! 現役時代と変わらぬ体型とフォームで登板!】の続きを読む


    岩手県立大船渡高等学校(いわてけんりつ おおふなと こうとうがっこう)は岩手県大船渡市猪川町に所在する公立の高等学校。通称「大高(だいこう)」。岩手県立大船渡農業高等学校の前身でかつて農業科が設置されていた。 全日制課程 普通科 定時制課程 普通科 1920年(大正9年) 前身の岩手県気仙農学校開校
    5キロバイト (407 語) - 2019年4月18日 (木) 00:26



    (出典 news.nifty.com)


    佐々木投手の判断の難しいところは、学校自体は強いチームでは無いので、
    大きな舞台や全国の強豪相手に投げることがほとんどないんだよね。。

    もちろんポテンシャルは凄いんだろうけど、
    どうしても紙面や写真のみの情報が多く、甲子園組に対してはなかなか話題になりにくかったりする。

    まぁとはいえ、泣く子も黙る163キロだからな・・・w
    怪我さえしなければ、まず間違いなくドラ1だろうけどね。

    ---------------------------------------------

     今秋ドラフトの超目玉、大船渡・佐々木朗希投手(3年)が11日、岩手県内のグラウンドで行われた紫波総合との練習試合に先発。7回を毎回の16三振と快投をみせた。

    DH制の試合で打席には立たずに投球に集中。最速163キロの剛球は封印し、カーブやスライダー、チェンジアップ、フォークの制球を試しながら95球を投じた。圧巻だったのは初回の相手5番から、3回の同9番まで。5者連続三振に仕留めた。

     実戦での投球は、17―2で住田に勝った3日の春季岩手大会沿岸南地区予選(釜石市・平田運動公園)以来。本来の球速に対して「5割程度」と話しており、この日も夏の大会に向けて同じ程度に、抑え気味に調整。それでも打者25人に対して2安打3四死球。順調な仕上がりを印象付けた。

    391 名無しさん@実況は実況板で :2019/05/11(土) 14:10:14.18 .net

    大船渡・佐々木 7回を毎回16奪三振! 剛球封印も練習試合で快投
    5/11(土) 13:43配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000170-spnannex-base

    7回投げたか
    段々とスイッチ入れ始めてる感じ?


    【【高校野球】大船渡☆佐々木朗希 7回無失点 16奪三振の快投 県内の練習試合 「5割程度で投げた」】の続きを読む


    大阪桐蔭中学校・高等学校(おおさかとういんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、大阪府大東市中垣内三丁目にある男女共学の私立中学校・高等学校である。中学からの中高一貫コースと高校からのコースがある。設置者は学校法人大阪産業大学である。 高校生急増期の生徒受け入れを目的として、大阪
    32キロバイト (3,969 語) - 2019年5月1日 (水) 14:42



    (出典 portal.st-img.jp)


    弱くはない。。
    凄いバッターがいるのもわかっている。

    けど、レベルの高い大阪で勝ち抜けないのが現実・・・

    まぁプロでも通用する選手が何人もいた昨年と比べるのは厳しいですよね。

    夏の大会まで、どれだけ上げれますでしょうか。。

    ーーーーーーーーーーーー

    大阪桐蔭が近大付に1ー6で敗れる波乱が起こった。

    春の16強止まりは03年以来16年ぶり。公式戦で近大付に敗れるのは92年夏の大阪大会準決勝以来27年ぶりで、大阪桐蔭・西谷浩一監督(49)は危機感を口にした。

     「(課題は)全ての面です。日本一どころか、大阪でも勝てるかどうか」

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/03(金) 16:54:01.47

    <高校野球春季大阪大会:近大付6-1大阪桐蔭>◇5回戦◇3日◇大阪シティ信用金庫スタジアム

    大阪桐蔭がベスト16で姿を消した。

    先発の藤江星河投手(2年)が、5回まで1安打無失点と好投したが、6回につかまった。6回表、1死一塁から、暴投や失策が絡んで1点を失った。なお、2死一、三塁から、近大付の5番朝原成貴(せいき)捕手(3年)に左越え3ランを許し、この回4失点。7回裏にも2死二塁から、2番阿田木健介内野手(3年)の左前適時打など2連打が重なり、2点を献上した。

    打線は8回表に四死球などで1死満塁とし、3番西野力矢内野手(2年)の右犠飛で1点を返したのみ。

    西谷浩一監督(49)は「(藤江は)前半しっかり投げてくれた。1つのところで粘りきれず、大量失点になって良い勉強になったと思います。(打線は)満塁のチャンスもたたみ込めなかったのは力不足を感じています。全ての面でまだまだ。大阪で勝つ力もない」と冷静に振り返った。

    近大付先発の梅元直哉投手(3年)は9回を4安打完投勝利。昨秋の大阪大会4回戦で大阪桐蔭に4-7で敗れており、そのリベンジを果たした。「桐蔭戦は試す気持ちでいった。気持ちの切り替えを大切にして投げた結果です」と話した。


    5/3(金) 12:55配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-05030331-nksports-base


    【【高校野球~】王者★大阪桐蔭が近大付属に完敗・・・8強に入れない現実】の続きを読む


    163キロ大船渡・佐々木 打で魅せた先制3ラン - 日刊スポーツ
    今秋ドラフト1位候補、大船渡(岩手)の最速163キロ右腕佐々木朗希投手(3年)が「4番投手」で先発出場した。宮城・多賀城市にある仙台育英グラウンドには、試合開…
    (出典:日刊スポーツ)


    岩手県立大船渡高等学校(いわてけんりつ おおふなと こうとうがっこう)は岩手県大船渡市猪川町に所在する公立の高等学校。通称「大高(だいこう)」。岩手県立大船渡農業高等学校の前身でかつて農業科が設置されていた。 全日制課程 普通科 定時制課程 普通科 1920年(大正9年) 前身の岩手県気仙農学校開校
    5キロバイト (407 語) - 2019年4月18日 (木) 00:26



    (出典 www.nikkansports.com)


    多くの野球ファンが投手一本を望んでいるようだが、隠しきれない野手としての能力。

    ーーーーーーーーーーー

    今秋ドラフト1位候補、大船渡(岩手)の最速163キロ右腕佐々木朗希投手(3年)が「4番投手」で先発出場した。

    宮城・多賀城市にある仙台育英グラウンドには、試合開始3時間前からスカウト陣が訪れ、30人を超えた。

    テレビ局も東京キー局を含めた5局が取材に訪れるなど「令和の怪物」フィーバーが過熱している。

    1回、佐々木がいきなりバックスクリーン直撃の先制3ランを放った。推定飛距離は130メートル。

    1回の投球は変化球主体で最速は145キロ。2安打を許したが2三振を奪い、無失点で乗りきった。

    1 風吹けば名無し :2019/04/20(土) 13:14:01.59

    <高校野球練習試合:仙台育英-大船渡>◇20日◇仙台育英グラウンド

    今秋ドラフト1位候補、大船渡(岩手)の最速163キロ右腕佐々木朗希投手(3年)が「4番投手」で先発出場した。
    宮城・多賀城市にある仙台育英グラウンドには、試合開始3時間前からスカウト陣が訪れ、30人を超えた。

    テレビ局も東京キー局を含めた5局が取材に訪れるなど「令和の怪物」フィーバーが過熱している。

    1回、佐々木がいきなりバックスクリーン直撃の先制3ランを放った。推定飛距離は130メートル。

    1回の投球は変化球主体で最速は145キロ。2安打を許したが2三振を奪い、無失点で乗りきった。


    【【野球】大船渡・佐々木朗希 163キロ右腕が仙台育英戦で特大3ラン】の続きを読む


    教育方針-星稜中学校の「教育目標」のうち「学習進路指導(知育)」による。 ^ 『平成11年度版 全国注目の中高一貫校』(学習研究社、1998年8月発行)でも星稜高等学校が星稜中学校とともに「難関大学に近い学校」の中で紹介されている。 ^ 星稜高等学校 ^ 「延長戦を制し、星稜が初優勝 第93回全国高校
    26キロバイト (3,227 語) - 2019年3月24日 (日) 04:27



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ことし春のセンバツ高校野球に出場した石川の星稜高校の林和成監督がサインを盗まれたとして試合後に対戦チームに抗議するなどした言動について、学校側はフェアプレーの精神に反したなどとして林監督を懲戒処分にするとともに春の北信越大会が終わるまで部活動の指導禁止を言い渡しました。

    星稜高校の林監督は、先月行われたセンバツ高校野球の2回戦で千葉の習志野高校と対戦した際、ランナーにキャッチャーのサインを盗まれたとして、習志野の控え室を訪れ、直接抗議しました。

    学校側は林監督の言動について調査委員会を設置して調べたところ、相手チームの控え室に2度にわたって出向き抗議したことや、単独で取材に応じることを禁止した学校の指示に従わず週刊誌の取材に応じるなど一連の言動がフェアプレーの精神に反し、高校野球ファンの期待と信頼を傷つけたなどと結論づけました。

    1 次郎丸 ★ :2019/04/15(月) 18:14:45.93

    “サイン盗まれた”と抗議 星稜の監督を懲戒処分と指導禁止
    2019年4月15日 17時33分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190415/k10011884751000.html

    ことし春のセンバツ高校野球に出場した石川の星稜高校の林和成監督がサインを盗まれたとして試合後に対戦チームに抗議するなどした言動について、学校側はフェアプレーの精神に反したなどとして林監督を懲戒処分にするとともに春の北信越大会が終わるまで部活動の指導禁止を言い渡しました。

    星稜高校の林監督は、先月行われたセンバツ高校野球の2回戦で千葉の習志野高校と対戦した際、ランナーにキャッチャーのサインを盗まれたとして、習志野の控え室を訪れ、直接抗議しました。

    学校側は林監督の言動について調査委員会を設置して調べたところ、相手チームの控え室に2度にわたって出向き抗議したことや、単独で取材に応じることを禁止した学校の指示に従わず週刊誌の取材に応じるなど一連の言動がフェアプレーの精神に反し、高校野球ファンの期待と信頼を傷つけたなどと結論づけました。

    その結果、学校側は今月12日、部活動の責任者となっている林監督と山下智将部長に懲戒処分を決定し、15日2人に伝えました。
    学校側は具体的な懲戒処分の内容を明らかにしていません。

    また、学校側はこれまでに林監督に春の北信越大会が終わるまでは部活動の指導禁止を言い渡しました。

    林監督の指導禁止の期間中、山下部長が監督を代行するということですが、甲子園につながる夏の大会の指導体制については未定だということです。

    また習志野高校に対しては、星稜高校の鍋谷正二校長が、試合後の先月29日と今月5日の2回、電話で謝罪したということです。

    一連の林監督の言動について星稜高校には、これまでに批判的な意見の電話がおよそ200件入っているということです。


    【【高校野球】星稜・林監督を懲戒処分 “サイン盗まれた”と対戦チームに2度直接抗議 指導禁止】の続きを読む

    このページのトップヘ