野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:高校野球 > 全国高等学校野球選手権大会


    星稜・奥川「明日までは何とかなる」体調の良さ強調 - 日刊スポーツ
    石川県勢初優勝を狙う星稜の奥川恭伸投手(3年)が準決勝、決勝ともにスタンバイする。17日の3回戦で延長14回165球の熱投。19日は西宮市内でキャッチボールを…
    (出典:日刊スポーツ)


    教育方針-星稜中学校の「教育目標」のうち「学習進路指導(知育)」による。 ^ 『平成11年度版 全国注目の中高一貫校』(学習研究社、1998年8月発行)でも星稜高等学校が星稜中学校とともに「難関大学に近い学校」の中で紹介されている。 ^ 星稜高等学校 ^ 「延長戦を制し、星稜が初優勝 第93回全国高校
    27キロバイト (3,331 語) - 2019年8月19日 (月) 06:25



    (出典 portal.st-img.jp)


    本当のは準決勝も休んで決勝1本の方がいいのかもしれない。

    でも中京学院大中京はかなり強いので、
    やはり悔いを残さないためにも、準決勝・決勝は奥川連投が濃厚ですね!

    注目しましょう☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    星稜(石川)は大会休養日の19日、兵庫県西宮市内で約2時間の練習。中京学院大中京(岐阜)との準決勝に向けて調整した。

     今秋ドラフト候補右腕の奥川恭伸投手(3年)は、ブルペンには入らず。キャッチボールや打撃練習で汗を流した。

     奥川は17日の3回戦では延長十四回で165球を投じ、23奪三振で完投。18日の準々決勝には出場しなかった。「多少は疲れが残っているけど、昨日休ませてもらったし、明日までには何とかなるかな」とコンディションに言及。「まずは明日の試合にしっかり勝つことだけ目標にして戦っていく」と気合を入れた。

    1 渋柿の木 ★ :2019/08/19(月) 20:06:48.93

    今秋ドラフト1位候補右腕の星稜(石川)・奥川恭伸投手(3年)が大会休養日の19日、
    キャッチボールや打撃練習、外野ノックを受けるなどしたが、ブルペン入りはせず、軽めの調整で汗を流した。

    チームは兵庫・西宮市内で、中京学院大中京戦(岐阜)との準決勝に備えて約2時間の練習を行った。
    17日の3回戦で延長14回までもつれた智弁和歌山(和歌山)戦を一人で165球投げ抜き、翌18日の仙台育英(宮城)との準々決勝は出場しなかった奥川。
    「多少の疲れは残っているけど、昨日、十分に休ませてもらったし、今日も休養日ということで、明日までには何とかなるんじゃないかな。
    他のチームよりもアドバンテージというか、昨日1試合完全にオフだったので、それは大きいと思う」と登板に向けて意気込んだ。

    気になるのは奥川が先発かリリーフか、それとも登板回避となるかについてだが、
    林和成監督は「彼と相談しながら(明日の)キャッチボール、ブルペンの様子を見ながら判断を誤らないようにしたい。
    3年間一緒に過ごしてきて、彼は正直になんでも言うので、いけないのに『いけます!』という子ではないので、彼に聞くということは一番大事」と、
    奥川本人の意志を尊重しながら決断することになりそうだ。

    石川県勢初の全国制覇にあと2勝。奥川は「まずは明日の試合にしっかり勝つことだけを目標にして、一戦一戦を戦っていくしかない」と気を引き締めつつも
    「楽しいワクワクの気持ちをしっかり持ちながら、最後まで全力でやり切りたい」と笑みをのぞかせた。

    東スポweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000040-tospoweb-base


    【【甲子園】星稜・奥川 準決勝は投げるぞ! 監督は本人の意思を尊重☆ 奥川「明日までには何とかなる」】の続きを読む


    履正社学園豊中中学校・履正社高等学校(りせいしゃがくえんとよなかちゅうがっこう・りせいしゃこうとうがっこう)は、大阪府豊中市長興寺南四丁目に所在する、私立中学校・高等学校。中学校においては、他の高校への進学を目指すコース(「3ヵ年独立コース」)と、中高一貫教育を提供するコース(「6ヵ年特進コース」
    31キロバイト (4,311 語) - 2019年8月18日 (日) 10:00



    (出典 www.sankei.com)


    さぁ後2つ!!
    主砲、井上広大のバットにかかっています☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    大阪王者の貫禄を見せた。履正社(大阪)が関東第一(東東京)に4戦連続2桁安打の強打で逆転勝利した。夏初の4強で、明石商との近畿対決に臨む。

    3点のビハインドをものともしなかった。3ランで先制された直後の1回裏2死三塁。4番井上広大(3年)が中前適時打で反撃のノロシを上げた。「焦りはなかった。自分たちの野球をしていれば大丈夫だと思った」。5回に勝ち越しに成功すると、主砲が試合を決定づける一打を放った。6回2死満塁で走者一掃の適時二塁打。「初球から振っていけば、結果が出ると思った」。2安打4打点と勝負強さを発揮した。

    間近に見てきた背中がある。ロッテ安田は2学年上の先輩。「必ずランナーをかえしていましたし、毎試合ホームランを打っていたイメージがあります」。安田の言葉は今も胸に刻んでいる。「ホームランバッターになりたいなら、逆方向に打てるようになれ」。井上は中堅から右への打球にこだわって練習を重ねてきた。バットを振るだけではない。入学時から両手の親指を立て、縦横上下に約6分間動かすビジョントレーニングで動体視力などを向上してきた。甲子園での試合前も時間があれば積極的に取り組む。入念な準備が活躍の下地になっている。

    井上は今大会4戦で計11打点。中村奨成(現広島)が17年に記録した個人最多17打点まで、あと6。「チームが勝ってくれればそれでいいです」と個人のことは頭にない。準決勝はセンバツ4強の明石商(兵庫)が相手。「細かなバントを決めて点を取る。中森君は2年生。負けたら情けないので、打ち崩せたら」と好投手攻略に意気込んだ。昨年は大阪桐蔭の春夏連覇で沸いた。令和元年は履正社が頂点を狙う。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/18(日) 19:14:46.10

    ▼準々決勝 2019/08/18(日) 関東第一(東東京)-履正社(大阪)

    関東第一 3 0 0 0 0 0 0 0 0|3
    履正社  1 1 0 0 2 3 0 0 0|7
     
    【投手】
    (関)谷、土屋、市川-野口
    (履)清水-野口

    【本塁打】
    (関)平泉2号3ラン(1回、清水)
    (履)

    https://vk.sportsbull.jp/koshien/text_sokuhou/2019081864.html


    初回に3点先制されるも5回に逆転 6回に井上が走者一掃二塁打

     第101回全国高校野球選手権大会第12日が18日、甲子園球場で行われ、準々決勝第4試合は履正社(大阪)が7-3で関東一(東東京)を破り、夏の大会初の4強進出を果たした。20日の準決勝第1試合で明石商(兵庫)と対戦する。

     エース清水が初回につかまった。1死一、二塁で平泉に先制3ランを許した。それでも好調の打線はすぐに反撃。1回にプロ注目のスラッガー、井上の中前適時打で1点を返し、2回には池田が中前適時打を放って1点差に迫った。そして5回に1死満塁で内倉が右前適時打を放って同点に。続く西川の中犠飛で勝ち越しに成功した。

     攻撃の手を緩めない履正社は6回2死満塁で井上が走者一掃の左翼線適時二塁打。リードを4点に広げて逃げ切った。

     関東一は3点を先制したものの、履正社の攻撃力に屈して2015年以来の4強進出はならなかった。


    8/18(日) 19:11配信 Full-Count
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00505871-fullcount-base


    【【甲子園】履正社・ベスト4進出!主砲、井上広大が2安打4打点の活躍で関東一高に逆転勝利!!】の続きを読む


    甲子園球場にて毎年8月に主催している日本高校野球大会。40回大会以来、下1桁が0と5回は記念大会として実施されている。大会旗および優勝旗色は赤。優勝旗は深紅色ため「深紅大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」または「甲子園
    97キロバイト (13,210 語) - 2019年8月18日 (日) 09:02



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    本命、星稜!!

    強打の履正社!!

    ミラクルの明石商!!

    逆転の中京学院大中京!!

    今年も素晴らしい4校が、準決勝に残りましたね☆
    明日は身体の調整に努めて、20日また熱い戦いを魅せてくれ!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/08/18(日) 19:28:41.18

     「全国高校野球選手権・準々決勝」(18日、甲子園球場)

     準々決勝4試合が終了。明石商(兵庫)、中京学院大中京(岐阜)、星稜(石川)、履正社(大阪)がそれぞれ勝ち、4強が出そろった。4校全て春夏通じて優勝は未経験。星稜を除く3校は夏初のベスト4となった。

     19日の休養日を挟んで行われる準決勝は第1試合で履正社-明石商、第2試合で中京学院大中京-星稜の2カードが行われる。

     この日は第1試合では明石商が八戸学院光星(青森)に7-6で勝ち、昨夏初戦で敗れたリベンジ。第2試合では中京学院大中京が16年覇者の作新学院(栃木)に6-3で逆転勝ちした。

     第3試合ではエース奥川を温存した星稜が17-1で仙台育英(宮城)に大勝。第4試合は履正社が関東第一(東東京)に7-3で逆転勝ちした。関東勢は姿を消した。

    8/18(日) 19:15配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000136-dal-base


    【【甲子園】ベスト4出揃う!20日に準決勝☆履正社vs明石商、中京学院大中京vs星稜】の続きを読む


    これに対し、星稜高等学校の生徒は約1600人、教職員は100人超がそれぞれ在籍しており、職員室も3つ設置されている。 高等学校と同じ校舎内の1階に中学校の職員室・教室がすべて入っている。教員は中学校及び高等学校の授業を併せて担当していることが多い。 校名が、東京都の私立青
    27キロバイト (3,315 語) - 2019年8月17日 (土) 11:31



    (出典 www.nikkansports.com)


    奥川が投げない今日が最大の山場だと思われていました。

    星稜は奥川のチーム。
    打線は弱いから・・・・

    いやいや、恐れ入りました!!
    奥川がいなくても強い、というところを見せつけてくれました。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯
    第101回全国高校野球選手権大会第12日第3試合(星稜17-1仙台育英、18日、甲子園)星稜(石川)は22安打17点と打線が爆発し仙台育英(宮城)に大勝。24年ぶりに準決勝へ進出した。前日に165球を投げて14回を完投した奥川恭伸(3年)は試合に出場せず、六回に伝令でマウンドに走った。先発の荻原吟哉(2年)は7回5安打1失点の好投を見せた。

    1 THE FURYφ ★ :2019/08/18(日) 16:38:45.93

    8月18日(日)第12日 準々決勝

    星稜(石川) 17-1 仙台育英(宮城)

     星稜   0530000144-17
    仙台育英 0001000000- 1

    【投手】
    星稜:荻原→寺沢
    仙台育英:伊藤→大栄→笹倉→鈴木

    【本塁打】
    星稜:今井、内山、内山、大高
    仙台育英:小濃

    https://vk.sportsbull.jp/koshien/text_sokuhou/2019081863.html


    【【甲子園】星稜・奥川ぬきで仙台育英に圧勝!22安打17得点☆今井が満塁本塁打含む7打点の大暴れ!準決勝進出☆】の続きを読む


    中京学院大中京 満塁弾で逆転 | 2019/8/18(日) 13:51 - Yahoo!ニュース
    甲子園準々決勝、中京学院大中京(岐阜)が作新学院(栃木)に逆転勝利し、初の準決勝進出を果たした。8回に元が逆転満塁弾。
    (出典:Yahoo!ニュース)


    中京学院大学附属中京高等学校(ちゅうきょうがくいんだいがくふぞくちゅうきょうこうとうがっこう)は、岐阜県瑞浪市に所在する私立高等学校。 通称は「中京学院大中京」(ちゅうきょうがくいんだいちゅうきょう)、「中京中京」(ちゅうきょういんちゅうきょう)。 設置者は学校法人安達学園。建学の精神は「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」。
    10キロバイト (1,142 語) - 2019年8月16日 (金) 04:35



    (出典 portal.st-img.jp)


    毎試合、終盤の集中打!
    今日の作新戦も7回・8回でまさに一気にたたみかけましたね。

    相手チームにかけるプレッシャーがハンパじゃないんだよな☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
     中京学院大中京(岐阜)が3試合連続の逆転勝ち。春夏通じて初の4強入りを果たした。

     まさに“逆転の中京”だ。1点を追う八回、無死満塁。の元謙太外野手(2年)が逆転満塁本塁打。内角直球を振り抜いた打球は左翼ポール際へ。大歓声とともにスタンドへ吸い込まれ、元は右手を突き上げダイヤモンドを一周した。

     投手陣は先発の不後祐将投手(3年)から4投手の継投。最後は満塁弾の元が2回を無失点に抑え、締めくくった。

     初戦の2回戦・北照(南北海道)、3回戦の東海大相模(神奈川)にも逆転勝ち。これで3試合連続の逆転勝ちで、4強に進出となった。

     作新学院(栃木)は初回に石井の3ランで先制したが、終盤に中京学院大中京の圧力に屈した。3年ぶりの4強はならなかった。

    1 THE FURYφ ★ :2019/08/18(日) 13:29:33.87

    8月18日(日)第12日 準々決勝

    中京学院大中京(岐阜) 6-3 作新学院(栃木)

      作新学院    300000000-3
    中京学院大中京 00000024X-6

    【投手】
    作新学院:林→三宅→坂主
    中京学院大中京:不後→元→赤塚→元

    【本塁打】
    作新学院:石井
    中京学院大中京:元

    https://vk.sportsbull.jp/koshien/text_sokuhou/2019081862.html


    【【甲子園】中京学院大中京・怒涛の逆転劇で作新を撃破! 8回に逆転満塁ホームラン☆】の続きを読む

    このページのトップヘ