野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:高校野球 > 高校生注目選手


    ドラフト会議ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う会議のことである。本項では新人選手獲得のための会議について記述する。新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。
    13キロバイト (1,983 語) - 2018年10月26日 (金) 14:59



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    日本代表から外れましたが、履正社の井上広大も間違いなく指名はあるでしょうね。

    夏の甲子園で大きくアピール出来たので、指名が出た瞬間、会場が「おぉ!」って湧くのが楽しみ☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/11(金) 08:01:54.56

    ドラフトまで残り1週間と差し迫った10月10日。運命の日を心待ちにしているスラッガーが大阪にいる。
    その男こそ、甲子園優勝校・履正社の4番・井上 広大だ。

    「楽しみでもありますが、ドキドキもあります」と語る井上。鋭く真っすぐな眼差しで答えるが、
    その理由は、「安田 尚憲みたいにきちんと答えられるか。そっちの方が心配です」と少し意外な答えを出してくれた。

    履正社での3年間で多くのことを学び続けた井上。プロの世界に向けて技術面の方はどう感じているのか聞いてみると、
    「プロに入っても最低でも3年は2軍で力を付けられればと思います。まずは基礎を2軍でやっていければと思います」

    特にキレの良い変化球をいかに見極められるか。そしてプロレベルのスピードに慣れることができるか。この2つがポイントを井上は考える。

    今後のビジョンについて「自分は一発を打って点数を取るタイプなので、目指すは岡本 和真のような選手ですね」とハッキリ語る井上。
    来る17日に井上のところに吉報は届くのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00010002-hbnippon-base
    10/11(金) 7:50配信


    (出典 spnavi.c.yimg.jp)


    【【野球】ドラフト・履正社が誇るスラッガー井上広大「楽しみでもありドキドキもある」高校通算49本塁打】の続きを読む


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身の高校野球選手。奥川恭伸投手、西純矢投手、及川雅貴投手とともに『高校BIG4』と呼ばれている。 2019年4月に「高校日本代表候補による研修合宿の紅白戦」が行われ、球速が163キロを記録したが、これは、大谷翔平が花巻東
    4キロバイト (363 語) - 2019年10月4日 (金) 23:29



    (出典 static.blogos.com)


    ドラフトまで1週間を切りました!

    今年のドラフトはまず、
    佐々木、奥川、森下の取り合いですよね。

    甲子園とU18で奥川がすごく評価を伸ばしましたが、
    将来性を考えてポテンシャルNo1の佐々木朗希にいく球団も間違いなく複数あるでしょう。

    どこの球団が満面の笑みで、佐々木朗希のくじを引き当てるのでしょうか!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    最速163キロを誇る大船渡・佐々木朗希投手(3年)は10日、西武、ソフトバンクとの面談を行い、面談を行う予定のない日本ハムを除く11球団との面談を終えた。面談を行わない日本ハムはすでに1位入札を明言しており、何球団の競合となるか、17日のドラフト本番が注目される。

     この日、面談したソフトバンクの福山アマスカウトチーフは、世界一を目指すチームづくりや、充実した施設、環境面について説明。「もの静かというか、練習も視察しているので話した感じはイメージ通り。練習から自分で考えてやる選手なので、しっかり人の目を見てうなずきながら話を聞いていた。印象はすごくよかった」と語った。

     改めて評価を聞かれると「最上位候補の1人。スカウト人生の中で、彼ほどの素材感は見たことがない。成長した最終地点は想像もつかない。面談して方向性をお話しできてよかったです」と話していた。

    【【野球】ドラフト・高校史上最速の佐々木朗希 日ハムを以外の全球団と面談! ここに来て人気が再浮上☆】の続きを読む


    ドラフト会議ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う会議のことである。本項では新人選手獲得のための会議について記述する。新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。
    13キロバイト (1,983 語) - 2018年10月26日 (金) 14:59



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    さぁ満を持して佐々木朗希がプロ志望届け提出です☆☆

    先日のU18で負傷があったことなどで、現時点では星稜の奥川投手の方が重複が多いのでは?と言われておりますが、これは蓋を開けるまでわかりませんからね!

    ドラフト、楽しみですね☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 THE FURYφ ★ :2019/10/02(水) 11:02:06.95

    岩手県高校野球連盟は2日、高校生史上最速の163キロを記録した大船渡の佐々木朗希(ろうき)投手(3年)が
    プロ志望届を提出したと発表した。1日付。2日夕、進路表明の記者会見を開く。

    佐々木は、4月にあった高校日本代表候補による研修合宿の紅白戦で、球速163キロをマークした。大谷翔平
    (大リーグ・エンゼルス)が岩手・花巻東高時代に記録した高校生史上最速の160キロを上回った。

    今夏の全国高校野球選手権岩手大会では、エース右腕として決勝進出に貢献。しかし、花巻東との決勝では
    国保陽平監督の「故障予防のため」という判断から登板しないまま敗退した。

    8月末から韓国で開かれたU18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)に高校日本代表として出場。大会前に
    右手中指にできたマメの影響で、登板は韓国戦の1イニングのみだった。

    進路については、夏前に国内プロに進む意向を示唆していたが、U18W杯後に改めて問われた際には、
    「帰ってから決めたい」と話すにとどめていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000012-asahi-spo


    【【野球】高校最速、大船渡・佐々木朗希がプロ志望届!NPBで163キロ超える!】の続きを読む


    履正社・関本、元阪神の父の前で初4番…来秋ドラフト候補へ2球団が視察 - スポーツ報知
    履正社の新主将を務める関本勇輔捕手(2年)が、来秋のドラフト候補に挙がっていることが16日、分かった。元阪神内野手・関本賢太郎氏(41)の長男はこの日、明星との ...
    (出典:スポーツ報知)


    関本 賢太郎(せきもと けんたろう、本名および旧登録名:関本太郎(読み同じ)、1978年8月26日 - )は奈良県橿原市出身の元プロ野球選手(内野手)、野球解説者 、タレント。1997年に天理高校から阪神タイガースに入団して以降19年間在籍。この年数は、藤田平・川藤幸三に並ぶ球団歴代3位の長さである。
    41キロバイト (5,510 語) - 2019年9月7日 (土) 05:07



    (出典 hochi.news)


    今年の王者、履正社で井上君のあとを継いで4番を打ち、
    キャッチャーとしても、かなり能力が高いようですからね。

    これは本当にプロ入りあるかもしれませんね☆

    それにしても・・・、
    関本の息子が履正社の4番を打ち
    来年ドラフトにかかるかもしれないっていうのだからさ、、
    時代の流れを感じますねw

    ついこの間まで、短くバットを持った関本賢太郎を応援していたはずなんですがねw

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2019/09/07(土) 12:35:52.62

    https://www.daily.co.jp/baseball/2019/09/07/0012678229.shtml

     「大阪秋季大会・1回戦、履正社30-0八尾北」(7日、豊中ローズ球場)

     今夏の甲子園王者に輝いた履正社が大会後初の公式戦に出場し、圧倒的な力の差を見せつけた。

     新チームの主将を任された元阪神・関本賢太郎氏の長男、関本勇輔捕手(2年)が、2本塁打を含む4安打11打点の大活躍で勝利に貢献。

     初回無死一、二塁の場面であいさつ代わりの3ランを放つと、再び巡ってきた2死満塁のチャンスで、走者一掃の右越え三塁打を浴びせ、
    この回一挙12得点。さらに、二回にも2ラン。四回にも走者一掃の左線二塁打を放つなど、最後まで攻撃の手を緩めなかった。

     「日本一のプレッシャーは覚悟しています。自分たちの野球ができるように、1人も違う方向を向かないように、
    しっかり引っ張っていきたい」と意気込んだ新主将。偉大な先輩たちの思いを背負って、この秋大きく成長してみせる。


    【【野球】履正社・関本勇輔が4番捕手で大活躍☆ 元阪神、関本賢太郎も観戦! 来秋ドラフト候補へ☆】の続きを読む


    ドラフト会議ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う会議のことである。本項では新人選手獲得のための会議について記述する。新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。
    13キロバイト (1,983 語) - 2018年10月26日 (金) 14:59



    (出典 www.asahicom.jp)


    佐々木朗希は確かに難しいですよね。

    過去にも高校生で凄く速い球を投げていて、プロでほぼ投げないままユニフォームを脱ぐ選手が何人もいましたからね。

    もちろん野球ファンとして、佐々木朗希には凄く期待していますが、、、さて来月のドラフトはどうなるでしょう。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2019/09/10(火) 13:34:25.25

    日本代表の永田裕治監督(55)によれば、「なかなか自己主張しないのに、自己主張してきた」という。6日の韓国戦に先発した佐々木朗希(大船渡)のことだ。

     マメができていたことを隠して先発マウンドへ。様子を見に来た永田監督に、この回は投げ切ると主張したばかりか、ベンチに戻ると続く二回も投げられると申告したという。岩手大会決勝に投げられず不完全燃焼。今回のU18W杯が高校生活最後の桧舞台だったことを考えれば、投げたいと自己主張した気持ちは理解できても、今大会を境にプロ側の評価が落ちたのは間違いない。

    「そもそもこの時期にマメができるなんて、あり得ません」と、セ・リーグのさるスカウトがこう続ける。

    「プロを目指す高校生であれば、日頃からコンスタントに投げ込みもするし、3年の夏の大会前には指先もガチガチに硬くなっています。ところが佐々木は、まだ160キロに耐えられる体ではないと連投を避けてきたばかりか、投げ込んでもいない。仮にプロに入ったとしても、鍛え方が難しいのですよ。しばらくはボールを握らないトレーニングに軸足を置くことになるでしょうけど、場合によっては下半身ができあがっていないと、ランニングすら制限される可能性もある。投げることに関して言えば、まさにゼロからのスタートになるわけで、このくらい経てば一軍で投げられるようになるという計算が立たないのです。佐々木の評価は、かなり難しくなりましたね」

     4月の代表合宿では163キロをマーク。先の大学日本代表との壮行試合でも、速球と落差の大きなフォークで年上の大学生たちをキリキリ舞いさせた。おまけに、コントロールも良い。ケタ外れの素質があるのは誰もが認めるところでも、それがいつ開花するか分からない。プロ側がクビをひねるのも、当然といえば当然だ。

    ■40人で150人前の焼き肉を平らげた

    「初めての外食でしたから、メチャクチャおいしかったです。10人前は食べました」

     選手のひとりがうれしそうにこう言った。

     決勝ラウンドのカナダ戦を控えた4日夜、U18日本代表は渡韓後、初めて夜の街へ繰り出した。

     釜山広域市にある宿舎からほど近い焼き肉店。この界隈では超がつく有名店で、グルメサイトの評価も高く、旅行客にも人気だ。店内には韓国著名人のサインがズラリ。テーブル席に加えてオープンテラス席も備えたその店で、選手、首脳陣、スタッフを合わせた総勢40人が焼き肉を胃袋に詰め込んだ。代表スタッフの話。

    「佐々木と奥川(星稜)は4人席に、飯塚(習志野)、宮城(興南)とともに座った。宿舎の食事が口に合わないせいか、選手はとにかく肉を食べ続けた。七輪で焼いた肉をサンチュで巻いたり、ご飯と一緒に食べたり。牛と豚を含めて肉だけで約150人前ほど平らげ、キッチンには空の皿が山積みになっていた。大人たちはビールも解禁。打撃部門を担当した小針コーチ(作新学院監督)が、締めの挨拶で『一丸になってやろう』と何度も連呼。予選ラウンドは4勝1敗だったものの、ダブルエースの佐々木と奥川を欠く中で苦戦が続き、それぞれがストレスをため込んでいたのかもしれません」

     決起集会は1時間45分ほどでお開きに。この店の肉は一番高い牛カルビで1人前1万1000ウオン(約1000円)。飯や酒を含めると、ざっと見積もって総額200万ウオン(約18万円)の宴だった。

    9/10(火) 9:26配信 日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000010-nkgendai-base

    写真


    【【野球】大船渡・佐々木朗希 プロ評価急落で、奥川、西、森下が競合へ】の続きを読む

    このページのトップヘ