野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:大学野球 > 大学生注目選手


    獨協大学(どっきょうだいがく、英語: Dokkyo University)は、埼玉県草加市学園町1番1号に本部を置く日本の私立大学である。1964年に設置された。大学の略称は獨協(どっきょう)、獨協大(どっきょうだい)獨大(どくだい)。 埼玉県草加市に所在し、語学・経済学・法学・リベラルアーツの4学
    168キロバイト (8,361 語) - 2020年4月15日 (水) 12:55



    (出典 number.ismcdn.jp)


    「〇〇より速い!」
    「〇〇に勝った男!」
    とかけっこう出ますよねw
    とくに陸上競技の。

    まぁサニブラウン選手よりも速いかどうかはともかく、
    とんでもなく瞬足なのは確かだと思います。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/07(木) 20:29:18.40

    電話口のNPBスカウト幹部は、興奮気味に話した。ゴールデンウイーク中も在宅勤務。

    例年ならば、1日に複数の現場をハシゴしている時期だが……。

    大学生野手のドラフト候補について聞くと、真っ先に「この選手、面白いですよ」と、獨協大・並木秀尊(4年・市立川口高)の名前をリストアップしてきた。

    声のトーンは、さらに上がる。

    「昨年12月の大学日本代表候補合宿(愛媛・松山)を視察したんですが、あの足には、衝撃を受けました。

    何しろ、50メートル走で中大・五十幡(五十幡亮汰、4年・佐野日大高)のタイムを上回ったんですから」

    手動で一歩目を着地したところから計測するため、非公式であるとはいえ、五十幡の5秒42に対し、並木は5秒32をマークしている(写真)。

    五十幡は「サニブラウンに勝った男」として知られている。埼玉・長野中学時代に全国大会に出場。

    100メートルと200メートルで、現在の100メートルの日本歴代1位(9秒97)であるサニブラウン・アブデル・ハキーム(当時・城西大城西中、現フロリダ大)を制して優勝したのだ。

    並木の脚力に、前出のスカウト幹部は「ロッテ・荻野貴司になれる素材」と注目する。並木は170センチ70キロ。
    確かに体格も似ており(荻野は172センチ75キロ)、右投げ右打ちの外野手という共通点もある。鍛えがいのあるタイプであり、スピードを重視する野球には適合するだろう。

    獨協大は首都大学二部リーグに所属している。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リーグ運営が変更。
    一部最下位と二部優勝による入れ替え戦が開催されないこととなった。つまり、獨協大の今春の一部昇格は消滅したのである。
    並木は今秋、一部での活躍を期していただけに、無念に違いない。
    秋の通常開催も不透明であるが「二部優勝→一部昇格」を遂げた上で、プロ入りが最高のシナリオだ。

    「足で客を呼べる」可能性を秘めた並木。NPBスカウトの目をクギ付けにした、その俊足から目が離せない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/45e47fbc4303df3ccabbf6fb7a3ca2af672789f3
    5/7(木) 11:02配信


    (出典 number.ismcdn.jp)


    (出典 number.ismcdn.jp)


    【【野球】今秋ドラフト候補!「サニブラウンよりも速い男!」獨協大・並木秀尊、驚異の快速は50m5秒32】の続きを読む


    應義塾体育会野球部(けいおうぎじゅくたいいくかいやきゅうぶ、Keio University Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。應義塾大学の学生によって構成されている。球界に幾多の人材を送り出し、早稲田大学野球部とともに日本の野球
    28キロバイト (4,467 語) - 2019年12月27日 (金) 02:33



    (出典 i.daily.jp)


    野球を続けるも、他の道に進むも本人の選択なので、
    とてもいいですよね!

    150キロを投げるパイロットってかっこいいねw

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/28(土) 08:11:08.88

    東京六大学野球リーグの4年生の進路がほぼ出そろった。4年春に最速153キロをマークし、六大学通算42試合で6勝を挙げた慶大・高橋亮吾投手は、自社養成パイロットとして全日空に進む。
    野球を続ける選択もある中で「4年間と決めていたからやりきれた」と未練はない。まずは副操縦士として、その先には機長として、大空を飛ぶ新たな目標に挑戦していく。

    野球より新たな挑戦を選んだ。高橋亮はリーグ戦通算42試合に登板し、6勝4敗、防御率2・59の好成績を残した。
    3年春には開幕投手も務めた最速153キロ右腕は、「大学4年間で野球はやりきって、やめようと思っていた」と、晴れやかに話した。

    子供の頃から憧れていたパイロット。1学年先輩で同部屋だった田中裕貴さんが全日空に進んだことで、職業として意識した。

    「子供の頃、空港で見る姿が格好いいと思っていた。選考が進む中で、よりやりたいと思うようになりました」。
    入社から2年程度は地上研修で、本格的な訓練は3年目から。そこから2年を超える訓練を受け、まずは副操縦士として搭乗することが当面の目標だ。

    慶応湘南藤沢高で3年夏は神奈川大会4回戦敗退。投手だったが球速も計ったことはなく、大学入学時は外野手としてプレーした。
    チーム事情から、1年夏に試しにブルペンで投げると146キロを計測。「投手の方が早く試合に出られるかも」と、投手再挑戦を決意した。フォームなど初めて本格的な指導を受けると急成長。
    2年春からは主力としてマウンドに上がるようになった。

    最後は腰痛でベンチ入りできなかったが、明治神宮大会では人生初の日本一も経験した。「漠然と過ごしても成長はない。社会人になっても一日一日、一つ一つできるようになれば。
    4年間やってきた。それは生きるんじゃないかと思っています」。ひたむきに目標へ向かう日々の大切さを、新たなフィールドでも体現していく。(山口 泰史)

    ◆高橋 亮吾(たかはし・りょうご)1997年9月19日、横浜市生まれ。22歳。久木小1年から野球を始め、慶応湘南藤沢中では軟式で捕手。
    慶応湘南藤沢高では1年春からベンチ入り。2年春から投手を始め、3年春には神奈川県大会16強まで進んだ。慶大では1年秋に公式戦デビュー。座右の銘は「目標がその日その日を支配する」。
    180センチ、92キロ。右投右打。O型。家族は両親と兄姉。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-12270237-sph-base
    12/28(土) 8:07配信


    【【野球】野球卒業!慶大の快速球153キロ右腕・高橋亮吾、パイロット挑戦「4年間やりきれた」計42戦6勝】の続きを読む


    ドラフト会議ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う会議のことである。本項では新人選手獲得のための会議について記述する。新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。
    13キロバイト (1,983 語) - 2018年10月26日 (金) 14:59



    (出典 i.daily.jp)


    明大の森下暢仁投手は
    大船渡高校 佐々木朗希、
    星稜高校 奥川恭伸とならぶ
    ドラフトの目玉ですからね。

    ただ逆にいえば、
    この3人以外は確実にドラ1で!といえる選手がいないというのも事実で。

    ちょっと今年のドラフトの指名は読めないですね。
    とくにハズレ1位が。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯¯
    全日本大学野球連盟は17日、公式サイトで2019年度の「プロ野球志望届」提出者一覧を更新。明大の森下暢仁投手ら12人が新たに公示された。

    大分商時代からプロから注目を集めた森下は明大で最速154キロ右腕に成長。東京六大学では通算36試合登板、14勝6敗、防御率2.71。今春はリーグ優勝、全日本大学野球選手では38年ぶりの優勝へ導いた。奥川、佐々木と共にドラフト1位候補として名前が挙がっている。

    1 風吹けば名無し :2019/09/17(火) 17:21:27.51

    青 森 八戸学院光星 伊藤 大将 9月14日
    青 森 八戸学院光星 武岡 龍世 9月14日

    山 形 酒 田 南 伊藤 海斗 9月14日
    山 形 酒 田 南 渡邉 拓海 9月14日

    群 馬 前 橋 商 井上 温人 9月17日
    東 京 日大鶴ヶ丘 松田 賢大 9月17日
    神奈川 藤沢清流 三浦 柚恵 9月17日

    大 阪 明  星 清水 聖也 9月17日

    島 根 島根中央 山口 翔大 9月17日
    香 川 高 松 南 天野 龍人 9月16日

    福 岡 三  井 多田 拓人 9月17日
    熊 本 秀 岳 館 中ノ原 悠成 9月16日
    沖 縄 興  南 宮城 大弥 9月17日

    http://www.jhbf.or.jp/pro-aspiring/2019.html


    【【野球】大学No.1投手 明大・森下がプロ志望届提出 ドラ1確実】の続きを読む


    明治大学硬式野球部(めいじだいがくこうしきやきゅうぶ、Meiji University Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。明治大学の学生によって構成されている。OB組織の名称は駿台倶楽部。 1910年(明治43年)。岸本辰雄校長が理事会側の猛反対を押し切って創部の決断を下したという。
    25キロバイト (3,210 語) - 2019年6月1日 (土) 08:59



    (出典 img.sportsbull.jp)


    今回の決勝の投球で、また一気に評価が上がりましたね。

    150キロを超えてくるストレートだけでなく、変化球の切れ味も抜群で、どちらかといえば決め球はチェンジアップ・スライダーが多かったですかね。

    我々ファンにとっては
    まだ先の話だが、各球団のスカウトはもう大忙しですね!
    (あたりまえだけど)

    奥川くんや佐々木くんら高校生が夏に向けてどれぐらい上げてくるか。

    今年のドラフトもめちゃくちゃ楽しみですね☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2019/06/18(火) 05:49:34.32

    明大・森下に7球団熱視線!オリ「今すぐに欲しい」 西武「全て能力が高い」 De「即戦力投手No.1」

     ネット裏では7球団のスカウトが視察し、森下に熱視線を送った

     。オリックス・古屋英夫編成副部長は「今すぐにでも欲しいくらい」と即戦力として高く評価。
    西武・潮崎哲也編成Gディレクターも「決勝で力むかなと思って見ていたがそれがない。全てにおいて能力が高い」と絶賛し、
    DeNA・吉田孝司スカウト部長も「即戦力投手の中ではNo.1」と賛辞が相次いだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00000003-spnannex-base

    最速155km/h、試合中でもバシバシ150出るフォーシーム
    カットボールでも140キロ
    180cm73kgと伸び代十分
    安定したコントロール
    明治を日本一に導いたスター性

    これもう目玉やん…


    【【大学野球】明大☆森下 最速155キロ右腕に7球団スカウトが殺到! 一気にドラフトの本命へ☆】の続きを読む


    明治大学硬式野球部(めいじだいがくこうしきやきゅうぶ、Meiji University Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。明治大学の学生によって構成されている。OB組織の名称は駿台倶楽部。 1910年(明治43年)。岸本辰雄校長が理事会側の猛反対を押し切って創部の決断を下したという。
    25キロバイト (3,210 語) - 2019年6月1日 (土) 08:59



    (出典 www.asahicom.jp)


    全日本大学野球選手権大会、
    今年のドラフトで1位指名が確実視されている最速155キロ右腕、森下が10奪三振完投で明大が38年ぶりの優勝を飾りました!!

    ストレートの勢いがちょっと普通じゃなくて、キレがあるのに重いという、、、まぁよほどの事が無い限り、即戦力としてドラ1指名でしょうね☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 THE FURYφ ★ :2019/06/17(月) 15:52:03.32

    <全日本大学野球選手権:明大6-1佛教大>◇17日◇決勝◇神宮

    明大(東京6大学)が6-1で佛教大(京滋)を破り1981年(昭56)以来、38年ぶり6度目の優勝を果たした。

    ドラフト1位候補の森下暢仁投手(4年=大分商)が快投。3回までパーフェクトに抑えるなど素晴らしい立ち上がり。
    4回に初安打を許し、6回には1死二塁のピンチを迎えたが威力のある直球で連続三振に仕留めた。最速152キロの直球、
    カットボール、カーブ、チェンジアップで的を絞らせない。9回に1点を失い準々決勝に続く2試合連続完封こそ逃したが
    10三振を奪い1失点完投。胴上げ投手となった。

    打線は3回に敵失、ボークで3点。その後沈黙していたが9回2死満塁から5番喜多の走者一掃の適時二塁打で
    3点を奪いダメを押した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-06170403-nksports-base


    【【大学野球】明大☆優勝!エース 森下暢仁 9回1失点10奪三振 最速155キロ右腕が躍動!!】の続きを読む

    このページのトップヘ