野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ: ドラフト


    プロ野球ドラフト会議(プロやきゅうドラフトかいぎ)は、日本野球機構が開催する、新人選手獲得のために行われる会議である。正式名称は新人選手選択会議。 この会議は、毎年10月に一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催し、新人選手選択会議規約に定められた手順に基づいて、新人選手との契約交渉権をプロ野球に属
    50キロバイト (7,620 語) - 2019年10月16日 (水) 14:01



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    前評判通り上位指名を受ける選手。
    意外な順位で指名される選手。

    そして、指名を噂されながら漏れる選手。。

    ここにも、ドラフトのドラマがありますよね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2019/10/17(木) 21:06:27.09

    ◆2019年 プロ野球ドラフト会議supported by リポビタンD(17日・グランドプリンスホテル新高輪)

     和歌山東の最速148キロ右腕・落合秀市投手(18)は残念ながら指名漏れとなった。和歌山市内の同校でドラフトの行方を見守ったが、希望していた支配下での指名は
    かなわなかった。取材に応じた米原寿秀監督(44)は「野球を辞めて就職します」と明かし「あっさりした子なので『もういいです』と言っていました。
    ちょっとすねていましたけど、大化けするかダメになるか、環境で変わる子なので、結果的に彼にとってはこれが良かったのかもしれません」と高校に入ってから
    急成長を遂げた教え子を思いやった。

     中学時代に所属したチームではレギュラーではなく、高校で野球部に入ったのも「説明会に行って(野球を)やってみようかな」という軽い気持ちからだった。
    しかし指揮官らから熱心な指導を受け、才能が開花。最後の夏にはドラフト上位候補まで成長し、今年の和歌山大会1回戦には日米合わせて10球団のスカウトが
    視察に訪れるなど、注目を集めていた。

     米原監督によると、支配下での指名があった場合には入団する意思を示していたというが「育成からはい上がる根性はない」という理由で、育成での入団は
    考えていなかったという。会場にはテレビカメラ4台を含む約20人の報道陣が詰めかけたが、吉報を伝えることはできなかった。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000185-sph-base
    校長室でドラフト会議を見守った和歌山東の(左から)落合と米原監督

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】指名漏れに「もういいです」和歌山東・落合秀市、148キロ右腕 野球は引退し就職へ】の続きを読む


    西 純矢(にし じゅんや、2001年9月13日 - )は、広島県廿日市市出身の野球選手。 広島市立鈴が峰小学校2年時に「鈴が峰レッズ」に入団し野球を始め、廿日市市立阿品台中学時代は「ヤングひろしま」に所属。3年時には「NOMOジャパン」に選出された。 創志学園高校では1年春からベンチ入り。エースとし
    5キロバイト (526 語) - 2019年10月17日 (木) 09:46



    (出典 pbs.twimg.com)


    まず、外れ1位で西純矢を1本釣り出来たのは凄いよね!
    能力的には2・3球団重複もあり得ました。

    そこからが怒涛の高校生スター選手のラッシュw

    奥川から夏の甲子園決勝戦で決勝アーチを叩き込んだ、履正社の井上広大!
    そして、伸び悩みがありましたが、ポテンシャルではすさまじいものをもっている高校Big4の一人、横浜高校の及川投手☆

    ヤバいねw
    これはミーハーと叩かれるかもw

    でも嬉しいね、ファンも☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    阪神が甲子園のスター組を続々と指名した。

     星稜・奥川恭伸投手は抽選で外したが、外れ1位で高校ビッグ4のひとり創志学園・西純矢投手の交渉権を獲得。さらに2位では、夏の甲子園で優勝した履正社の4番・井上広大外野手を指名した。1位、2位が高校生になるのは藤浪、北條を獲得した12年以来、7年ぶり。

     3位ではまたも高校ビッグ4と呼ばれていた速球派左腕の横浜・及川雅貴投手を指名した。西は2年夏の甲子園で奪三振ショーを演じ、及川も2年、3年に甲子園に出場。矢野監督は西について「タイガースファンの大好きそうな選手が取れた」と満足げ。将来性も含めた楽しみな上位指名となった。

    1 風吹けば名無し (8級) (ワッチョイWW 5fbe-c2bD) :2019/10/17(Thu) 18:10:24

    【ドラフト】阪神ファン集合★8【スカイA】西確定
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1571302678/ VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:: EXT was configured


    【【野球】阪神のドラフト!西純矢、井上広大、及川雅貴を連続指名☆高校生スターの祭典☆】の続きを読む


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身の高校野球選手(投手)。高校生歴代最速の時速163キロを計測し注目される。 2010年、陸前高田市立高田小学校3年生の時に野球を始めるが、2011年3月11日の東日本大震災の津波で父と祖父母を亡くし、4年生時に大船渡市
    15キロバイト (1,905 語) - 2019年10月17日 (木) 08:44



    (出典 dot.asahi.com)


    井口監督の腕が大きく上がりました!!!

    今回のドラフト最高の注目と言われた大船渡高校の佐々木朗希を引き当てましたね☆

    昨年の藤原君に続き、すごいくじ運☆

    やりましたねー!!!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    今ドラフト最大の目玉で163キロ右腕の大船渡高・佐々木朗希投手(17)は、1位で日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が競合し、ロッテが「交渉権獲得」のくじを引いた。

     恵まれた体にしなやかなフォームで剛速球を繰り出し、「令和の怪物」との異名も持つ佐々木。2001年、岩手・陸前高田市で生まれた。11年の東日本大震災で被災し、大船渡に移住。高校進学時には強豪校からの誘いがあったが、大船渡一中とオール気仙のチームメートからの「みんなで大船渡に行こう」という声に気持ちは決まり、地元で高校3年間を過ごす決意をした。

     入学時は全国的にはほぼ無名。だが2年生だった昨年6月には実績がほぼない状態で高校日本代表候補にも選ばれた。早くも日米のスカウトが注目する存在となりつつあった。昨年7月の岩手大会初戦では自己最速を1キロ更新する154キロを計測。大谷翔平(現エンゼルス)の花巻東2年時の最速151キロを上回って一気に注目を浴び始めた。一部スカウトからは2年生ながら「今年でもドラフト1位候補」と言うほどだった。

     そして今年4月に行われたU―18ワールドカップ(W杯)の高校日本代表1次候補による国際大会対策研修合宿で実戦形式の中で日本の高校生史上最速の163キロをマーク。大谷が記録した160キロを一気に3キロも更新して、衝撃を与えた。

     初の甲子園出場を目指して臨んだ最後の夏。岩手大会準決勝までに4試合29イニングを投げ毎回51奪三振。被安打9、失点2と圧倒的な投球を見せて決勝に進出し、甲子園出場に王手をかけた。だが、9回129球を投げた準決勝翌日の決勝・花巻東戦では出場なし。将来を見据えて起用せず、2―12で大敗して、指揮官の起用法が社会問題にまで発展する騒ぎにもなった。

     U―18日本代表に選出されて挑んだU―18W杯では、大会前の右手中指のマメの影響で登板は1イングのみ。1回わずか19球の投球に終わった。それでもその圧倒的な素質は誰もが認めるところで、日本ハムは6月に1位指名を公言。異例の早さだったが、評価が変わることはなかった。

     今月2日にはプロ志望届を提出。「高校野球をやる中で、レベルの高いところでやりたいと思いプロを志望しました。子供たちに夢と希望を与える選手になりたいです。12球団どこでも頑張りたいと思っています」と12球団OKの姿勢を示し、日本ハムをのぞく11球団と面接を行ってきた。

     ドラフト会議前日の16日までに、さらに西武とロッテも1位指名を公表。競合が確実とあっても、指名に乗り出す球団が出る人気ぶりだった。

     井口監督は「去年のことがあったのですごく期待されていたんですけれど、何とか引き当てて良かったです。ケタ外れにすごい選手なので、日本で一番、世界で一番になる。早く一緒にプレーしたいです。ぜひ、千葉を一緒に盛り上げていきましょう」とメッセージを送った。

    1 風吹けば名無し :2019/10/17(Thu) 17:27:17

    ワロタ


    【【野球】井口やった!4球団競合、佐々木朗希はロッテが引き当てた!!!163キロ右腕が千葉で日本最速を魅せる☆】の続きを読む


    プロ野球ドラフト会議(プロやきゅうドラフトかいぎ)は、日本野球機構が開催する、新人選手獲得のために行われる会議である。正式名称は新人選手選択会議。 この会議は、毎年10月に一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催し、新人選手選択会議規約に定められた手順に基づいて、新人選手との契約交渉権をプロ野球に属
    50キロバイト (7,620 語) - 2019年9月20日 (金) 02:06



    (出典 the-ans.info)


    さぁパ・リーグだけでもすでに4球団が大船渡高校の最速163キロ右腕、佐々木朗希投手のドラフト1位指名を公言しました!

    甲子園の出場を逃し、国際大会で1回で負傷降板と・・・いろいろと苦い経験をしましたが、やはりプロのスカウトはポテンシャルNo1の佐々木朗希を何としてでも欲しいということなんですね!

    すでに4球団確定ということは、実際はどれぐらい指名重複するんでしょうね。。

    わくわくします☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    【【野球】ドラフト・佐々木朗希 争奪戦!すでに4球団以上が公言、西武、ロッテ、日本ハム、ソフトバンク】の続きを読む


    ドラフト会議ドラフトかいぎ)とは、プロスポーツリーグにおいて、選手を各チームに振り分けるために行う会議のことである。本項では新人選手獲得のための会議について記述する。新人獲得以外にもルール・ファイブ・ドラフトやエクスパンション・ドラフトなどとして採用されることもある。
    14キロバイト (1,983 語) - 2019年10月16日 (水) 04:15



    (出典 baseballgate.jp)


    おぉと思いましたね!
    まずは佐々木、奥川、森下の3投手の獲り合いになると予想されていましたが、ここに来て中日が高校生No1スラッガーの指名を公言ですね。

    前日の公言ですからまず間違いはないでしょう!
    石川くんも嬉しいのではないでしょうか☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2019/10/16(水) 17:58:13.00

     中日の与田監督は16日、都内のホテルでスカウト会議後、取材に応じ、あす17日のドラフト会議で東邦・石川昂弥内野手を1位指名することを明言した。

     「決まりました。石川で行きます」

     約2時間半の会議を終えた指揮官は、澱みのない目ではっきりと石川の名前を口にした。

     星陵・奥川や大船渡・佐々木ら将来性豊かな投手もいる中、野手の1位指名に踏み切った理由について
    「右の長打力あるバッター。将来、根尾と石川で中軸を打てるように。そういう期待を込めていきました」と説明した。

     高校日本代表などの試合を映像チェックした与田監督は「金属バットから木製バットに対応できていて、動きもそう。素晴らしい」と石川を評価。

     前日に公言した理由について「黙っていられないから。皆で決めたこと。ごまかしたりする必要がない。球団の総意」ときっぱりと語った。

     松永編成部長も「将来的に3番・根尾、4番・石川として骨格ができる可能性がある選手に行った方がいい」と昨季、ドラフト1位で獲得した根尾と中軸で
    活躍できる逸材とした。

     ▼石川 昂弥(いしかわ・たかや)2001年(平13)6月22日生まれ、愛知県半田市出身の18歳。有脇小2年から野球を始め6年時にドラゴンズJr.に選出。
    亀崎中では知多ボーイズに所属し投手兼内野手。3年時にNOMOジャパンに選ばれ米国遠征に参加。東邦では1年春からベンチ入りし2年秋から3年春の選抜で
    背番号1。2、3年春に甲子園出場。1メートル85、87キロ。右投げ右打ち。

    スポニチ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000204-spnannex-base


    【【野球】中日の1位は石川昂弥!与田監督 東邦の石川1位を指名!「将来、根尾と石川で中軸を」】の続きを読む

    このページのトップヘ