野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ: ドラフト


    プロ野球ドラフト会議(プロやきゅうドラフトかいぎ)は、日本野球機構が開催する、新人選手獲得のために行われる会議である。正式名称は新人選手選択会議。 この会議は、毎年10月に一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催し、新人選手選択会議規約に定められた手順に基づいて、新人選手との契約交渉権をプロ野球
    48キロバイト (7,452 語) - 2019年4月6日 (土) 12:29



    (出典 number.ismcdn.jp)


    ウェーバー的な考えでいけば、
    勝ったリーグから指名するのは、確かに変かもしれませんね。

    ただドラフトに関しては、まだまだ変更の余地はあるかもです。

    人それぞれ理想のルールがちがいますからね。

    完全ウェーバーを望む声もけっこう多いですしね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/28(火) 06:28:44.26

     日本野球機構(NPB)は、プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議について、今秋から2位以下の指名方式を変更することに決めた。27日、関係者が明かした。昨年までセ、パ交流戦で勝ち越したリーグに指名の優先権が与えられていたが、交流戦の成績に関わらず、今年はセ、来年はパと1年おきに優先権を得られる方式に変わる。

     関係者によると、一部の球団から、戦力均衡が趣旨のドラフトで、交流戦で勝ち越したリーグに指名の優先権があるのはおかしいとの意見が出され、変更を検討していたという。

     優先権を与えられたリーグは従来通り、最下位球団から2位の指名を始め、今年の場合、セの最下位、パの最下位、次にセの5位の順で指名する。3位はその逆で上位球団からの指名となり、以後、折り返しが続く。1位指名は入札方式のまま変更はなく、指名が重複した場合、抽選で交渉権を獲得する。【中村有花】


    5/28(火) 0:52配信 毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000003-mai-base


    【【野球】☆ドラフト指名制度変更! 2位以下の指名方式の変更 セ・パ 1年おきに優先権】の続きを読む


    プロ注目の明大・森下、リーグ通算10勝目 1失点完投10K - デイリースポーツ
    東京六大学野球、明大4-1立大」(22日、神宮球場). 今秋ドラフト上位候補の明大・森下暢仁(まさと)投手(4年・大分商)が今季初勝利でリーグ通算10勝目を挙げ ...
    (出典:デイリースポーツ)


    明治大学硬式野球部(めいじだいがくこうしきやきゅうぶ、Meiji University Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。明治大学の学生によって構成されている。OB組織の名称は駿台倶楽部。 1910年(明治43年)。岸本辰雄校長が理事会側の猛反対を押し切って創部の決断を下したという。
    25キロバイト (3,197 語) - 2019年3月11日 (月) 02:42



    (出典 www.sankei.com)


    昨年からも注目されてますが、
    今秋のドラ1候補ですね!

    また春から秋にかけてドラフト候補の様子が楽しみです☆

    ーーーーーーーーーーー

    東京六大学野球春季リーグ第2週第3日(22日、神宮)3回戦1試合が行われ、明大が4-1で立大を下し、2勝1敗で勝ち点1とした。

    今秋のドラフト候補で、最速154キロ右腕の森下暢仁(まさと)投手(4年)が4安打1失点、10奪三振で完投し、今季初勝利(リーグ戦通算10勝目)を挙げた。

    9球団のスカウトが視察。
    自身が持つスピードガンで151キロを計測した右腕に、ロッテ・下敷領スカウトは「体が開かないように修正し、低めに集めてもいた。1位候補の一人」と評価した。

    6 風吹けば名無し :2018/11/16(金) 04:15:30.93

    ようやっとる


    【【大学野球】明大・森下暢仁 154キロ右腕 10奪三振を奪い完投! 立大戦 ドラフト1位候補】の続きを読む


    2日 労働組合日本プロ野球選手会は、日本野球機構(NPB)との事務折衝で、出場機会の少ない選手の移籍活性化を目指す「現役ドラフト制度」の協議を最優先で行いたい旨を伝え、NPB側も調査と議論の継続を約束。 4日 広島東洋カープ一軍監督の緒方孝市が監督通算300勝。球団史上最速。
    235キロバイト (31,959 語) - 2019年1月17日 (木) 11:44



    (出典 www.giants.jp)


    選手会は出場機会の少ない選手を対象とした「現役ドラフト」の導入を改めて訴えた。

     丸は広島在籍時に現役ドラフトについて2軍選手と意見交換した事実を明かし、
    「チーム事情でなかなかチャンスをもらえないこともある。他のチームでチャンスをもらえるなら、モチベーションが上がると言っていた」
    と現場の声を届けた。

    1 風吹けば名無し :2019/01/23(水) 07:14:39.41

    現役ドラフト導入して!巨人・丸、西武・秋山が異例の訴え
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20190123/npb19012305060002-n1.html


    【【速報・野球】プロ野球選手会、『現役ドラフト制度』の導入を熱望! 埋もれた選手にチャンスを】の続きを読む

    このページのトップヘ