プロ野球ドラフト会議(プロやきゅうドラフトかいぎ)は、日本野球機構が開催する、新人選手獲得のために行われる会議である。正式名称は新人選手選択会議。 この会議は、毎年10月に一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催し、新人選手選択会議規約に定められた手順に基づいて、新人選手との契約交渉権をプロ野球
48キロバイト (7,452 語) - 2019年4月6日 (土) 12:29



(出典 number.ismcdn.jp)


ウェーバー的な考えでいけば、
勝ったリーグから指名するのは、確かに変かもしれませんね。

ただドラフトに関しては、まだまだ変更の余地はあるかもです。

人それぞれ理想のルールがちがいますからね。

完全ウェーバーを望む声もけっこう多いですしね。

1 鉄チーズ烏 ★ :2019/05/28(火) 06:28:44.26

 日本野球機構(NPB)は、プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議について、今秋から2位以下の指名方式を変更することに決めた。27日、関係者が明かした。昨年までセ、パ交流戦で勝ち越したリーグに指名の優先権が与えられていたが、交流戦の成績に関わらず、今年はセ、来年はパと1年おきに優先権を得られる方式に変わる。

 関係者によると、一部の球団から、戦力均衡が趣旨のドラフトで、交流戦で勝ち越したリーグに指名の優先権があるのはおかしいとの意見が出され、変更を検討していたという。

 優先権を与えられたリーグは従来通り、最下位球団から2位の指名を始め、今年の場合、セの最下位、パの最下位、次にセの5位の順で指名する。3位はその逆で上位球団からの指名となり、以後、折り返しが続く。1位指名は入札方式のまま変更はなく、指名が重複した場合、抽選で交渉権を獲得する。【中村有花】


5/28(火) 0:52配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000003-mai-base


【【野球】☆ドラフト指名制度変更! 2位以下の指名方式の変更 セ・パ 1年おきに優先権】の続きを読む