野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ: 女子プロ野球


    日本女子プロ野球機構(にほんじょしプロやきゅうきこう、通称:JWBL)は、2009年8月17日に日本における女子プロ野球リーグ創設の為、わかさ生活を株主として設立されたプロ野球リーグ運営法人。商号は一般社団法人日本女子プロ野球機構。本部は京都府京都市。 8月17日 「株式会社日本女子プロ野球機構(Girls
    67キロバイト (10,078 語) - 2020年2月11日 (火) 00:23



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    選手が大量離脱して、迎えるシーズン。
    規模の縮小はやむを得ないとは思います。

    ただ、女子野球の火を消さないために、今後どのような活動をしていくのか、注目をしていきたいと思います。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 muffin ★ :2020/02/11(火) 14:29:12

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/02/11/kiji/20200211s00001000098000c.html
    2020年2月11日 05:30

    日本女子プロ野球機構は10日、都内ホテルで今季の日本女子プロ野球リーグの体制などについて会見を行い、全チームの拠点を京都に集約すると発表した。昨季までは京都、愛知、埼玉に拠点を置き、活動していた。チーム数や名称に変更はないが、関西を中心に試合を実施する。

    同リーグは昨年約8億円の赤字など運営資金面の問題を抱えており、昨オフには雇用形態変更などで全71人のうち、36選手が退団した。彦惣高広代表理事は「昨年までのやり方は費用的に困難。手段として一度、拠点を京都に置き、もう一度、飛躍して戻っていければ」と説明。今季は全43選手を京都、愛知、埼玉の3球団に振り分け名称も存続させ、若手選手は育成チームのレイアに兼任で所属する。

    3期制だった試合も前後期制に変更。前期45試合、後期33試合を予定し、3月28日に開幕する。スーパーバイザーの太田幸司氏は「今は歯を食いしばって続けていくのが我々の使命」と話した。また、交代した選手が再度、試合出場できる「リエントリー制」の採用を決め、今後、詳細を詰めていくことも発表された。(春川 英樹)


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    <女子野球 2020シーズンチーム体制発表>今季のチーム体制を発表した(左から)京都フローラの川口知哉監督、三浦伊織、愛知ディオーネの厚ヶ瀬美姫監督、植村美奈子、埼玉アストライアの新原千惠監督、岩谷美里(撮影・西川祐介)


    【【野球】女子プロ野球が規模縮小、全チーム拠点を京都に集約、昨年赤字8億円、運営費用節約へ】の続きを読む


    加藤優 加藤優 (女子野球選手)(かとうゆう) - 日本の女子プロ野球選手。 加藤優(かとうまさる) - TBSドラマ「3年B組金八先生」の第2シリーズで直江喜一が演じた役名。3年B組金八先生#第2シリーズを参照。
    378バイト (50 語) - 2019年3月9日 (土) 04:16



    (出典 www.sankeibiz.jp)


    監督は西武の元エース、新谷さんらしいですね。

    NPBのチームが女子チームを作るのは安心感もあるし、凄く良いと感じますね!

    注目していきたいです。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/01/09(木) 02:57:50.43

    今朝の報知

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】速報!西武が『ライオンズレディース』を発足!プロ退団の加藤優らが入団か?!】の続きを読む


    日本女子プロ野球機構(にほんじょしプロやきゅうきこう、通称:JWBL)は、2009年8月17日に日本における女子プロ野球リーグ創設の為、わかさ生活を株主として設立されたプロ野球リーグ運営法人。商号は一般社団法人日本女子プロ野球機構。本部は京都府京都市。 8月17日 「株式会社日本女子プロ野球機構(Girls
    67キロバイト (10,010 語) - 2019年11月10日 (日) 05:36



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    結局これなんですよね。
    選手は純粋に野球がやりたい。
    運営側はお客さんを呼ぶために選手をアイドル化して踊らせたり、コスプレさせたり。

    でも、運営側も経営を成り立たせる為に必死だったと思うよ。。
    どちらが悪いとかは言えないよな。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/22(金) 18:32:38.70

    「本当は現役を辞めたくありません。続けたいと球団や会社に伝えましたが、『契約しない』と戦力外通告され、クビを切られました」

    「週刊文春」にそう訴えた元女子プロ野球のA選手は、暗い表情で肩を落とした――。

     11月1日、日本女子プロ野球リーグは、所属選手71人の半数にあたる36人の退団を発表した。

    ◆◆◆ 中略 ◆◆◆

    ■こんな事態が起きた原因は“首領さま”

     こんな事態が起きた原因は――。リーグ関係者は「日本女子プロ野球機構の名誉理事を務める、わかさ生活の⻆谷建耀知(けんいち)社長です」と吐き捨てる。

    「典型的なワンマンタイプで、周囲が意見するとすぐキレる気分屋なのです」

     今季では、フローラとディオーネが対戦する予定だったが、試合開始の2時間前に社長の意向で、フローラとアストライアの対戦に急遽変更されたという。

    「そのくせ、報道を人一倍気にする。以前、スポーツ紙で女子プロ野球選手の年俸が『200万円』と書かれたとき、『誰が言っているんだ! そんなこと言うなら本当にそうするぞ』と激怒していた。今回の更改で月給20万円になったのは、あれが原因じゃないかと選手たちは噂していました」(同前)

     ⻆谷社長の傍若無人ぶりには、前出のスポーツライターもため息をつく。

    「選手の移籍も思いのまま。⻆谷社長の意向を受けたスタッフが、突然、理由も説明せずに『あのチームへ移籍してください』と伝えるだけ。⻆谷社長にとって、彼女たちの移籍は、わかさ生活の人事異動に過ぎず、選手や監督、コーチ陣の意向は無視。ファンや選手たちは⻆谷社長を、北朝鮮の独裁体制になぞらえて『首領さま』とあだ名をつけていた」

    “首領さま”が、リーグ発足当初から推し進めたのは選手のアイドル路線だった。

    「発足3年目の12年に女子プロ野球のアイドルグループ『GPB45』を結成しました。当時はチームが3球団に増えたタイミングで、各球団から15人ずつ選抜され、試合の前後に踊らされていました。グループに所属した全選手にスタイリストやヘアメイクを付けていたが、選手やコーチらスタッフは、野球をしたいのに練習時間を奪われて猛反発。結局、1年で活動は終わりました」(同前)

     こうした路線に拍車をかけたのが、2016年、加藤優の入団だった。

    ■人気選手が女子高生の制服姿になる“撮影会”も

    「加藤自身も入団前から『広告塔として使われることは分かっています』と覚悟していた。18年、19年にツイッターで実施したファン投票『美女9総選挙』は2連覇していますが、内心は『これでいいのか』と苦しんでいたのです」(前出・スポーツ紙記者)

     加藤が所属していた埼玉アストライアの関係者も、こう証言する。

    「女子プロ野球の宣伝になればと、選手たちは広報活動やイベントにも参加していた。特に加藤は野球以外で全国を飛び回って練習できず、一番野球をする環境を奪われていた。彼女はバッティングセンターへ通って、バットを振っていた」

     選手たちの思いとは裏腹に野球以外の活動はエスカレート。今年2月のバレンタインには、選手たちが、新聞社の記者にチョコを渡すなど、過剰とも言えるサービスが横行していた。

    「9月末に江戸川区球場で行われた『女子プロ野球学園』というイベントでは、試合後に、加藤をはじめ、みなみ選手など人気の6選手が女子高生の制服姿になり、『制服写真撮影会』が行われました。結局、加藤も野球ができない環境を抜け出すために辞めたのです」(別のスポーツ紙記者)

    >>2以降に続きます

    11/22(金) 18:00配信 文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00015573-bunshun-spo

    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    【【野球】女子プロ野球を壊滅に導いた独裁運営、選手のアイドル化、コスプレ撮影会!】の続きを読む


    日本女子プロ野球機構(にほんじょしプロやきゅうきこう、通称:JWBL)は、2009年8月17日に日本における女子プロ野球リーグ創設の為、わかさ生活を株主として設立されたプロ野球リーグ運営法人。商号は一般社団法人日本女子プロ野球機構。本部は京都府京都市。 8月17日 「株式会社日本女子プロ野球機構(Girls
    67キロバイト (10,006 語) - 2019年11月1日 (金) 09:31



    (出典 i.ytimg.com)


    大量離脱につながる原因など、あまり報道がされていないので、憶測ばかり飛び交っています。

    まぁ理由は何であれ、
    女子野球がこのまま衰退し、野球を志す女性が減少していくのは悲しいですよね。

    もともと競技人口が多い訳では無いので、きっかけがあればこれから成長していく期待もあると思いますから。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/08(金) 21:35:36.96


    (出典 image.news.livedoor.com)


    ◇女子プロ野球リーグ 退団試合 89ERS 5―0 39ERS(2019年11月8日 わかさスタジアム京都)

    1日に4球団71人中、半数以上の大量36選手が退団することが発表された女子プロ野球の退団者による退団試合が8日、
    京都市のわかさスタジアム京都で1200人の観客を集めて行われた。

    試合後の会見では彦惣高広代表理事が「来年に向けて野球だけの契約という道をつくった」と説明。
    現在は運営元のわかさ生活の野球事業部の正社員としてそれぞれのチームに所属する選手たちに、来季はNPBなどと同様の個人事業主としてのプロ契約を提示した。

    だが、W杯で3大会連続MVPの里綾実、設立時からのメンバーである今季最多勝の小西美加らにはオファーせず。
    「雇用を第一にするということが大前提」と正社員として社業に専念させることは保障したが、
    里は「まだまだ現役がやりたい」、小西は「契約させてくださいと言いましたが、来季の構想にはいないと言われました」と事実上の“戦力外通告”がされた。
    一方で、自らの意思で退団を選択した選手もいるもよう。
    “美しすぎる女子野球選手”として話題を集める加藤優(24)は「はっきり言えない部分もありますが、プレーヤーを続けながら女子野球の普及活動もやっていきたい」と話した。

    「このリーグを存続させるには想像を絶する時間と労力が必要」と運営の窮状を口にした彦惣代表理事。
    開始から10年、女子プロ野球が岐路に立たされている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17353621/
    2019年11月8日 21時7分 スポニチアネックス


    【【野球】悲哀、女子プロ野球、大量離脱に伴う『退団試合』加藤優選手「選手を続けながら女子野球の普及活動を」】の続きを読む


    日本女子プロ野球機構(にほんじょしプロやきゅうきこう、通称:JWBL)は、2009年8月17日に日本における女子プロ野球リーグ創設の為、わかさ生活を株主として設立されたプロ野球リーグ運営法人。商号は一般社団法人日本女子プロ野球機構。本部は京都府京都市。 8月17日 「株式会社日本女子プロ野球機構(Girls
    67キロバイト (10,006 語) - 2019年11月1日 (金) 09:31



    (出典 spread-sports.jp)


    残ったメンバーで頑張っていくしか・・・
    というにはあまりにも多すぎる退団!

    なぜ選手たちがこのような行動に出てしまったのか。

    明確な理由があまり出ていません。。

    どうなってしまうのか・・・。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2019/11/01(金) 17:50:29.16

    日本女子プロ野球機構は1日、リーグ所属選手71人の約半数にあたる36人が今季限りで退団すると発表した。“美しすぎる女子野球選手”として話題の加藤優(24)や、女子野球W杯で史上初の3大会連続MVPを受賞した里綾実(29)も含まれている。同機構は8月に今後のリーグ運営が困難として新規参入を呼びかけていたが、創設10年目で最大の存続危機を迎えた。

    【写真】“美しすぎる女子野球選手”として話題の加藤優


     9日から京都で開催されるプロアマ含めた日本一を決める主催大会「第9回女子野球ジャパンカップ」には、女子プロ野球から2チームを参加させる予定だったが、大量退団で急きょ、残った選手で2チームを編成することになった。

     女子プロ野球リーグはサプリメント販売のわかさ生活(京都)によって、2010年に2チームで発足。現在は4チームに計71人が所属しており、既に来年の新規入団予定選手8人(高校生7人、大学生1人)も発表している。一方で8月26日の緊急会見では、その時点での総動員数が前年同時期に比べて半減の4万781人。1球団当たり年間2億以上の経費に対し売り上げは5000万円前後(昨年実績)と赤字が続いていると窮状を訴えて、新たな参入を呼びかけたが、その後も毎試合1000人を割る観客数が続いていた。すでに今年のレギュラーシーズンは終了している。

    11/1(金) 17:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000168-sph-base


    【【野球】女子プロ野球が崩壊!全体の半数の選手が突如退団・・・創設10年目で最大の存続危機】の続きを読む

    このページのトップヘ