野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ: メジャーリーグ


    前田 健太(まえだ けんた、1988年4月11日 - )は、大阪府泉北郡忠岡町出身のプロ野球選手(投手)、YouTuber。右投右打。MLBのミネソタ・ツインズに所属。代理人はワッサーマン・メディア・グループ。メディア方面のマネジメント契約はアワーソングスクリエイティブ。愛称はマエケン。
    81キロバイト (10,615 語) - 2020年2月26日 (水) 21:39



    (出典 image.news.livedoor.com)


    マエケンはどんな言葉を発信するのでしょうかね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/02/27(木) 06:58:18.39

    前田健太(Kenta Maeda)マエケン
    @maeken1988

    ありがとうございます!
    ダルビッシュさんに勧めて頂き
    Twitterを始めました!
    前田健太です!
    みなさんよろしくお願いします目が笑っている笑顔
    初心者なので頑張って使い方覚えます。笑
    是非フォローを!

    午前3:43 · 2020年2月27日·Twitter for iPhone
    https://twitter.com/maeken1988/status/1232738017623912449?s=20
    (deleted an unsolicited ad)


    【【MLB】前田健太「ダルビッシュさんに勧めて頂き Twitterを始めました!初心者なので頑張って使い方覚えます。」】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
    132キロバイト (18,630 語) - 2020年2月23日 (日) 02:34



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/24(月) 09:17:31

    右肘のリハビリを終え、今季から二刀流復活が期待されるエンゼルスの大谷翔平(25)がムキムキの肉体でスプリングトレーニングに登場していることがファンの間で話題になっているが、
    球界の大御所、張本勲氏がTBS系列の「サンデーモーニング」内で、「あんな体を作っちゃダメ。プロレスじゃないんだから。ケガする」と発言。
    ウエートトレに批判的立場だったイチローの例も出てきて、その肉体改造を巡ってネット上でも賛否両論が巻き起こっている。

    張本勲氏の問題の発言は、大谷がノースリーブのシャツを着て、まるでポパイのようにムキムキになった肩、腕の筋肉を披露した映像を見たところで生まれた。
    「あんな体を作ってはダメ。プロレスじゃないんだから。野球に必要な体だけでいいんですよ」

    さらに張本氏は、「ケガしますよ。体の大きい人は膝に負担がかかるから。まして人工芝。ケガが非常に多くなる。やってもそれ以上に走ればいいですよ。逆だもん。
    上半身ばっかり鍛えてもダメ」と、マッチョ化を断罪した理由を説明していた。

    ファンからの“ヤフコメ”での意見を見ていると、「すべて本人次第」「選手それぞれによって違う」「勝手な思い込みで決め付けてしまわない様に」
    「張さんの主張は大谷選手も十分分かってるだろう。
    今年は、この体づくりでチャレンジするって決めたのだから、その大谷選手を応援してあげましょう」
    といった批判的な声だけでなく「これだけは張本の言うことが正しいと思う」「ピッチャーでこの体では無理」という賛同の意見もあった。

    では、大谷の方向性は本当に間違っているのだろうか。

    スポーツ・ニュートリションの第一人者で、フィジカルトレーナーとしてもプロレスラーの武藤敬司の指導から、
    今春キャンプでは阪神タイガースの特別講師も務めた「桑原塾」主宰者の桑原弘樹さんは、こんな指摘をした。

    「大谷選手の実際の体もトレーニングも見ていないので詳しいコメントはできませんが、映像で見る限り、あれくらいでマッチョというのかなという疑問が浮かびます。
    偶然ですが、数年前に大阪のゴールドジムで日ハム時代の大谷選手がトレーニングをしている風景を見かけたことがあります。
    体は大きいが、まだ肉体的にはノビシロがあるなという印象を受けました。
    段階的にトレーニングをされているようですが、映像だけで正確な判断はできませんが、ようやく体が出来上がってきたなあという感想を抱きました。
    誤解を恐れずに言うと、三頭筋がムキっと出ただけで、マッチョだ、筋肉マンだと大騒ぎするほどではありません」

    専門家から見ると無謀な肉体改造には見えなかったようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00010002-wordleafs-base
    2/24(月) 7:12配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球・MJR】大谷翔平の”キン肉マン化”は本当に間違っているのか?】の続きを読む


    筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBのタンパベイ・レイズ所属。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。 中学では堺ビッグボーイズ
    46キロバイト (5,761 語) - 2020年2月22日 (土) 03:00



    (出典 portal.st-img.jp)


    「通用しないのでは?」

    と言われていた声を跳ね返して欲しいですね!!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/02/25(火) 05:36:26

    ttps://twitter.com/i/status/1232023378598326273
    (deleted an unsolicited ad)


    【【野球・MLB】レイズ・筒香、メジャー初ホームランに地元ファンも絶賛!「彼は本物だ」】の続きを読む


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。 レギュラーシーズンにおける平成最後のノーヒットノーランを達成している。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に、第85回
    51キロバイト (6,842 語) - 2020年2月18日 (火) 10:37



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    山口は現在メジャーで活躍している田中将大、ダルビッシュ、前田健太らとはタイプがかなり違いますからね。

    少し長い目で見ていただきたいところですね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/02/25(火) 17:09:00.85

     ブルージェイズの山口俊投手が24日(日本時間25日)、本拠地でのブレー*とのオープン戦でメジャー初登板。先発するも2/3イニングで3安打3失点1四球のホロ苦スタートとなった。
    地元スポーツ局「スポーツネット・カナダ」は、チャーリー・モントーヨ監督の今後への期待のコメントを伝えた上で、順応の厳しさを報じている。

     山口は昨季巨人で15勝(4敗)をマークして最多勝を獲得。最多奪三振(188奪三振)、最高勝率(.789)とリーグ3冠の活躍だった。
    しかし、同局はこの日の投球を酷評。「ヤマグチは月曜日のブルージェイズデビューで、日本最高の投手の1人のようには見えなかった」と断じた。

     この日の山口は変化球がうまく変化せず、直球の制球も定まらなかった。記事によると、モントーヨ監督はこれを認めた上で「適応しているんだ。良くなるよ」と今後への期待を口にしている。
    しかし、一方で記事は「メジャーは開幕までの準備期間が短く、適応にさほど多くの時間をかけることはできない」とも指摘している。

     この状態のままでは先発ローテーション入りは厳しくなってくるが、山口は横浜(現DeNA)時代に救援の経験もあり、ブルペンでの役割も受け入れると以前に語っていたという。
    しかし先発を望むのであれば、「直球の制球、カーブを磨き、アウトを取らなければならない。月曜日に彼はそのどれもできていなかった」と厳しい現実を突きつけた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00700572-fullcount-base


    【【野球・MLB】悲惨!山口俊、1回もたずにKO!地元メディアから酷評「日本最高の投手の1人には見えなかった」】の続きを読む


    張本 (はりもと いさお、1940年6月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家、日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会(KBO)コミッショナー特別補佐官。在日韓国人二世であり、本名は (読みがな:チャン・フン、ハングル:장훈)。
    123キロバイト (18,988 語) - 2020年2月22日 (土) 11:22



    (出典 www.nikkansports.com)


    野球選手の筋肉の付け方にはいろいろ意見がありますよね。

    金本や糸井のような超人のような身体もあれば、イチロー選手のような身体もあります。

    一概に正解は無いのだとは思いますがね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2020/02/23(日) 11:37:08

    野球評論家の張本勲氏が23日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演した。

     番組ではエンゼルス・大谷翔平投手(25)のオープン戦初出場が25日(日本時間26日)のレッズ戦になることを伝えた。その中でもノースリーブのアンダーシャツ姿で、発達した上腕二頭筋、三頭筋や三角筋があらわになった写真を紹介した。

     この姿に張本氏は「ダメだね。大谷は。あんな体作っちゃダメだよ。プロレスじゃないんだから。野球に必要な体だけでいいんですよ」と指摘した。

     その上で「ケガします。体の大きな人は膝に負担がかかりますから。まして人工芝だからケガが非常に多くなります」と解説し、筋力トレーニングについて「やってもいいけど、それ以上に走ればいい。逆だもん」と指摘していた。

    2/23(日) 9:54配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-02230046-sph-base

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】喝!張本勲、大谷翔平のマッスルボディーに苦言「ダメだね。プロレスじゃないんだから。野球に必要な体だけでいい」「ケガします」】の続きを読む

    このページのトップヘ