野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ: メジャーリーグ


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。「翔平」という名前は、父が奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大会に出場。
    135キロバイト (18,935 語) - 2020年7月24日 (金) 08:03



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2020/07/22(水) 13:56:28

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    エンゼルスの大谷翔平選手(26)が21日(日本時間22日)、敵地ドジャースタジアムで行われたドジャースとのオープン戦に「3番・指名打者」で出場し、3打数無安打。八回の打席で代打を送られ、ベンチに下がった。

     大谷にとっては新型コロナウイルスの影響でキャンプが中断される前の3月10日のマリナーズ戦以来、約4カ月ぶりの対外試合。初回の打席は右腕グレイに対し、カウント2-2から外角153キロを打って中飛。中堅手がアンツーカーで捕球した飛距離114メートルの打球だった。

     三回はグレイのカットボールに見逃し三振。フルカウントから自信をもって見送った外角高めのコースをストライクと判定された。

     六回は先頭で3番手右腕サンタナに見逃し三振。カウント2-1から外角153キロツーシームを空振りして追い込まれた後、外からストライクゾーンに入ってくるバックドア・スライダーに手が出なかった。

     大谷は3日に再開された夏季キャンプで打者として紅白戦4試合に出場。打率・308(13打数4安打)、1本塁打、3打点を残し、手応えを口にしていた。一方、オープン戦の成績は中断前のアリゾナでの9試合と合わせて打率・091(22打数2安打、13三振5四死球)となった。

    7/22(水) 13:50 ディリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b909e115eeb16fa1f905aaf45a3f585d6b2155cd


    【【野球/MLB】大谷翔平、打率.091 4カ月ぶり対外試合は3打数無安打】の続きを読む


    田澤 純一(たざわ じゅんいち、1986年6月6日 - )は、神奈川県横浜市神奈川区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。愛称はタズ。 2013年のボストン・レッドソックス時代にワールドシリーズ制覇を経験している。 小学3年から少年野球チーム「三ツ沢ライオンズ」で野球を始め、横浜市立松本中学校の軟
    36キロバイト (4,815 語) - 2020年7月13日 (月) 12:25



    (出典 portal.st-img.jp)


    いろんな立場からいろんな意見が出る問題ですね。

    難しいですね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/13(月) 18:21:59.92

    7/13(月) 11:36配信 スポーツ報知
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ce05f133bfe4dd983a13df8aca255d5b3e5395ed

     独立リーグ「ルートイン BCリーグ」の埼玉武蔵ヒートベアーズと契約した田沢純一投手(34)が13日、埼玉・熊谷市内で入団会見を行った。

     田沢は、08年に日本プロ野球(NPB)を経ずに、新日本石油ENEOSから米大リーグのレッドソックスと契約。NPBドラフト1位指名が確実視されていた中で、米国行きを決断したことが大きな波紋を呼んだ。「渡米するアマ選手がドラフト指名を拒否、もしくはNPB入り拒否の意思を示した上で海外球団と契約した際は、帰国後に高卒なら3年間、大卒と社会人選手なら2年間はNPB球団と契約できない」という申し合わせ、通称“田沢ルール”も作られた。

     田沢は会見で「2年間のルールには従わないといけない。少しでもそういうルールがなくなってくれればという気持ちは個人的にはあります」と本音を口にしていた。

     ◆田沢 純一(たざわ・じゅんいち)1986年6月6日、横浜市生まれ。34歳。小学3年から三ツ沢ライオンズで野球を始める。横浜商大高では1年夏からベンチ入りも甲子園出場はなし。新日本石油ENEOSに進み、08年都市対抗では全5戦に登板して4勝を挙げて優勝に貢献してMVPにあたる「橋戸賞」を受賞。同年秋のドラフト1巡目が確実視されていたが、12月にRソックスと3年契約。17年からマーリンズに移籍。タイガースマイナー契約を経て、18年途中にエンゼルス入り。その後はカ*、レッズとマイナー契約を結んだ。180センチ、90キロ。


    【【野球】田澤純一が“田澤ルール”に「そういうルールがなくなってくれればという気持ちは…」BC埼玉武蔵入団会見】の続きを読む


    2018年7月10日閲覧。  ^ “田沢、エンゼルスとマイナー契約 メジャー昇格で大谷と同僚”. デイリースポーツ. (2018年7月14日). https://www.daily.co.jp/mlb/2018/07/14/0011444483.shtml  ^ “田沢純一カブスとマイナー契約 メジャー10年目へ”
    35キロバイト (4,719 語) - 2020年7月11日 (土) 23:44



    (出典 wedge.ismedia.jp)


    NPBで観たい気もしますが、
    独立リーグの若い選手たちにすごく刺激になると思いますね。
    メジャーで活躍した田沢投手と一緒に出来るわけですから。

    個人的には独立リーグが盛り上がってくれることを望んでいます。

    新庄も・・・独立リーグ行かないかなw?

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/12(日) 06:08:15

    2020年07月12日 05:31野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/07/12/kiji/20200712s00001000188000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     今年3月にレッズを自由契約となった田沢純一投手(34)が、ルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズに入団することが11日、分かった。近日中に正式発表される。メジャー通算388試合登板を誇る右腕は米球界でのプレーを模索していたが、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、一時断念。現行ルールではNPB球団と契約できないため、日本の独立リーグを新天地に選んだ。

     アマチュアから直接海を渡ってから12年が経過した。34歳となった田沢が再出発の地に選んだ場所はBC埼玉だった。3月7日にレッズを自由契約になった後、アリゾナ州の公園などで練習していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で米球界の動きが止まったために、4月に帰国。神奈川県内でトレーニングを続ける中で、埼玉からオファーが届いた。

     13年にはレッドソックスのセットアッパーとして、世界一にも貢献した右腕が、日本の独立リーグ入りを決断した理由は、登板機会だ。代理人サイドは、MLB球団とのマイナー契約を模索していたが、今月1日にマイナーリーグのシーズン中止が決定。米国の独立リーグからメジャー復帰を目指す道もあるが、ビザ発給の問題など、コロナ禍の現状ではリスクは高かった。「野球ができる場所」を最優先した結果が、埼玉でのプレーだった。

     田沢は帰国後の本紙インタビューで「コロナの影響は仕方ない。これで引退する選手も出てくると思う。僕は声がかかることを信じて、今できることをやっていくだけ」と話していた。昨季は右肘手術を受けた10年を除けば、初めてメジャーでの登板がなかったが、オフには筑波大に投球フォームの動作解析を依頼し、肉体改造にも着手。今季はオープン戦で1試合(1回無失点)しか登板機会が与えられなかったが、手応えはつかんでいた。

     新日本石油ENEOS(現ENEOS)に在籍した08年、ドラフト1位が確実視される中で、メジャー挑戦を表明し、12月にレッドソックスと電撃契約を結んだ。これを契機にできたルールにより、田沢は帰国後、2年間はNPB球団と契約できないが、日本の独立リーグなら支障はない。

     メジャー通算388試合登板は、日本投手歴代3位。前例のない挑戦から地位を築き、10年以上、メジャーの強打者たちと戦ってきた。「少しでも野球がうまくなりたいという気持ちでやっている」と話す田沢。その雄姿が日本で見られる。

     ◆田沢 純一(たざわ・じゅんいち)1986年(昭61)6月6日生まれ、神奈川県出身の34歳。横浜商大高から新日本石油ENEOS(現ENEOS)を経て、08年にレッドソックスと契約。17年からはマーリンズ、エンゼルスなどでプレー。昨年8月にレッズとマイナー契約を結んだが、今年3月に自由契約となった。メジャー通算388試合で21勝26敗4セーブ89ホールド、防御率4.12。右投げ右打ち。

     ▼ルートインBCリーグ 07年に北信越BC(ベースボール・チャレンジ)リーグとして4球団でスタートし、14年目の今季は12球団で実施。新たに神奈川が加わった。今季はコロナ禍により年間60試合制。13年連続でNPBに選手を出しており、昨秋は埼玉から松岡がドラフト3位で西武入りした。15年に加盟した埼玉は元ロッテの角晃多氏が監督、元楽天の片山、宮川が兼任コーチとして在籍。また、ロッテなどで活躍した成瀬は今季から栃木に兼任コーチとして所属している。


    【元MLB、田沢純一がBCリーグ埼玉入団、NPBへの入団には高い壁が!「野球できる場所」】の続きを読む


    サンフランシスコジャイアンツ(英語: San Francisco Giants、略称:SF)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州サンフランシスコにあるオラクル・パーク。 MLB屈指の名門球団であり、20世紀初頭のジョン・
    46キロバイト (5,332 語) - 2020年2月20日 (木) 03:47



    (出典 ctz.jp)



    1 Time Traveler ★ :2020/07/07(火) 11:57:58

    ジャイアンツは6日、新たに2選手が新型コロナウイルスに陽性反応を示したと明かした。NBCスポーツ・ベイエリアが報じている。名前は公表されていない。

    この2選手はMLBのガイドラインに従い、自主隔離に入ったという。
    ジャイアンツでは計4選手が新型コロナウイルスに陽性反応を示している。

    https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202007070000230.html


    【【悲報】ジャイアンツ、新たに2選手が新型コロナ陽性反応】の続きを読む


    田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのニューヨーク・ヤンキース所属。 2014年からはMLB移籍に伴い活動拠点を北米に移し、現地の代理人はエクセル・スポーツ・マネージメント社となっている。
    125キロバイト (16,562 語) - 2020年7月4日 (土) 12:47



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    無事、とのことですが、
    心配ですね。。。

    デッドボールの何倍も恐ろしいと聞きますからね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ヒョウ(東京都) [JP] :2020/07/05(日) 07:48:29 BE:416336462-PLT

    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    ヤ軍広報部「彼は注意が必要な状態だが、返事はでき、自力で歩けている」
    ヤンキースの田中将大投手が4日(日本時間5日)、本拠地ヤンキー・スタジアムで再開されたキャンプに参加。
    実戦形式の投球練習でジャンカルロ・スタントン外野手の打った打球が頭付近に直撃するアクシデントがあったと大リーグ公式サイトなど米複数メディアが伝えた。

    この日はヤンキースのキャンプ再開初日だった。地元メディアによると、田中はスタントンらに対してマウンドから投球。スタントンの強烈なピッチャー返しが直撃したようだ。
    地元メディア「Nj.com」は「ヤンキースのマサヒロ・タナカが負傷、スタントンのラインドライブが直撃」と衝撃的な見出しで、詳細を伝えた。

    「ヤンキースの先発投手、マサヒロ・タナカはジャンカルロ・スタントンの打球が直撃した後、数分間動けなくなった。タナカの頭付近にボールが当たったように見えた。
    最終的にチームトレーナーらの助けを借りてマウンドから歩いて降りた。
    スタントンはボールが直撃すると、恐怖のあまりすぐに身をかがめた。打球直撃後にヤンキー・スタジアムの音楽は途絶えた」

    大リーグ公式サイトは「タナカはラインドライブの打球が頭に直撃した」とのタイトルで伝えた。

    「タナカが実戦形式の投球練習で防護用ネットがないマウンドから投球したところに、スタントンがオフスピードピッチを捉え、ピッチャー返しとなった。
    ボールはタナカの頭の右側に当たったように見え、すぐにマウンドに倒れた。スタッフがタナカの元に駆け付け、数分後に2人のチームトレーナーの助けを借りてフィールドから降りた」

    田中の降板後にマウンドには防護用のネットが設置。実戦形式練習は左腕モンゴメリーが投球した。

    ヤンキース広報部は公式ツイッターで「マサヒロ・タナカは実戦形式の打撃/投球練習の最中に頭に打球が直撃した。
    彼は注意が必要な状態だが、返事はでき、自力で歩けている。さらなる診断と検査のためにニューヨーク市内の病院へ向かっている」と伝えた。今後の状態が心配される。(Full-Count編集部)

    https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-821634/


    【騒然!ヤンキース田中将大、ピッチャーライナー頭部直撃で救急搬送!!】の続きを読む

    このページのトップヘ