野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:ジェット風船


    ジェット風船ジェットふうせん)とは、飛ばすことを目的に開発されたゴム風船のことを言う。 ゴム風船は、風船を構成するゴムの収縮時よりも大量の空気が入っている場合、ゴムが伸張され、ゴムの収縮作用により中の体積を圧縮しようとする働きを起こす。この時、風船内部の気圧と外部の大気圧に大きな差が生じ、風船
    23キロバイト (3,448 語) - 2020年5月1日 (金) 03:20



    (出典 hochi.news)


    あのラッキーセブンの1発で、どれぐらいのお金が宙に舞っているのだろうかと多くの人が思ったでしょう。

    でも、このコロナ騒ぎで、
    ジェット風船は感染症のイメージが強くついてしまいました。。

    どうなんでしょうか、、
    終息後はやるんでしょうかね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ニーニーφ ★ :2020/05/13(水) 21:20:21.51

     東京商工リサーチによれば、東京都内の新型コロナウイルス関連での倒産6社目になったのは、玩具メーカーなどを通して、コンビニ、スーパー、大手量販店などに子供向け玩具用ゴム風船や宣伝用風船などを販売していた「マルサ斎藤ゴム」(東京・墨田区)だった。
    新型コロナウイルスの影響で、中国や東南アジアからの材料仕入れが困難となっていたうえ、国内でのイベント自粛の影響で、業況が悪化。4月6日に東京地裁に破産を申請した。負債総額は2億円だという。

     同様に、全国でゴム風船メーカーが苦境に立たされている。ジェット風船はプロ野球の定番応援グッズだが、新型コロナウイルスの感染拡大により、今季はまだ開幕日程の見通しが立たず、その影響を大きく受けている。

     日本のプロ野球ではラッキーセブン(7回)の攻防でジェット風船を飛ばすことが広く知られている。

    「最初に飛ばしたのは広島ファンとされるが、応援として定着させたのは日本一になった1985年の阪神ファンです。2000年頃には他球団も飛ばすようになり、阪神以外でも球団の正式な応援グッズとしてジェット風船(阪神は4本220円)が販売されるようになった」(スポーツ紙デスク)

     現在、ジェット風船が球団の公認応援グッズとなっているのはパ・リーグの6球団と阪神、広島、DeNAの9球団。在京・在阪のゴム風船メーカーが製造に携わっている。

    「一番の消費量となるのは甲子園での阪神タイガース戦。5万人のファンが両手に持って7回裏の攻撃で飛ばし、勝利すればゲームセットのあとにも飛ばすため、1試合で1000万円の売り上げが見込める計算になる」(広告代理店関係者)

     ところが、今季はいまだに開幕の見通しが立たず、2月に開催されたオープン戦や練習試合でもジェット風船を使った応援が禁止されていた。

    「風船に含まれた唾液が頭上から降ってくるため“飛沫感染”の恐れがあるという考え方です。当然の策だと思いますが、そもそも甲子園球場のようにネット裏に記者席がある球場では7回のジェット風船が飛ばされる時間になると記者たちは飲み物を持って軒下に避難するのが恒例となっていた。
    新型コロナで改めて注目されたわけだが、これまでも不快に思っていたファンは少なくない。多くの人がウイルスに敏感になり、プロ野球が再開されても人の唾液を天高く飛ばして上空から振りまくジェット風船は、今シーズンはもちろんのこと、恒久的に使われなくなる可能性がある」(前出のスポーツ紙デスク)

     今後、どういった扱いになるかで、メーカーの命運が左右されるとともに、球場の風物詩がひとつ消えてしまうかもしれない状況なのである。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200513-00000014-pseven-spo


    【【野球】「ジェット風船応援」が消滅の危機!!コロナ終息後も感染症のイメージが強く・・・】の続きを読む


    ジェット風船ジェットふうせん)とは、飛ばすことを目的に開発されたゴム風船のことを言う。 ゴム風船は、風船を構成するゴムの収縮時よりも大量の空気が入っている場合、ゴムが伸張され、ゴムの収縮作用により中の体積を圧縮しようとする働きを起こす。この時、風船内部の気圧と外部の大気圧に大きな差が生じ、風船
    23キロバイト (3,448 語) - 2020年2月21日 (金) 23:31



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    甲子園球場の360度、
    大観衆が放つジェット風船の美しさはスタンドから観ていて、すごいよね。

    ただ・・・・・、
    冷静に考えると衛生的とは言えないわな。。。

    タオルになるかはわからないけど、変化の時期が来ているのかもしれません。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/02(月) 16:55:09

    新型コロナウイルスの流行は阪神名物「ラッキー7」の風景も大きく変えることになるかもしれない。

    これ以上の感染拡大を食い止めるためオープン戦全試合を無観客で開催することにしたNPBの決断は、各球団に甚大な“営業的損害”をもたらすことになった。
    主催5試合の興行収益が消えた阪神もその例外ではなく、同時に“ドル箱”の一つでもあったジェット風船も販売自体を自粛する事態となった。

    シーズン中は常時4万人を超えるファンが詰めかける甲子園球場で、一斉に乱舞するラッキー7のジェット風船は虎の名物。
    だが、風船とともに唾液等も飛散することからウイルス拡散の危険性も危惧され、阪神も他球団と歩調を合わせる形で当面は7回のジェット風船を使用しての応援を自粛するようファンに要請している。

    同球団の公式ストアでは4個入りのジェット風船を220円で販売してきた。仮に今季主催の全72試合で同商品の販売ができないとなると、単純計算で1億円を優に超える売り上げが消えてしまう。

    ただ、阪神の営業部門も苦境を前に手をこまねいているだけではない。グッズ担当者は「ジェット風船による応援がいつから再開できるか状況が全く不透明な今、
    同商品の代替となるグッズの開発、販売を検討しています。現時点で有力な案としては、ラッキー7の応援時に掲げる『専用タオル』が挙がっています」と明*。
    選手名などが刺しゅうされた既製の応援タオルとは別商品を販売するプランで、ジェット風船の形状を模したデザインなどを考えているという。

    4個220円の風船と違い、応援タオルなら1000円前後の単価設定が見込めるため、場合によっては新たな“ドル箱商品”に化ける可能性すらある。
    ジェット風船に代わる新商品で沈滞ムードを吹き飛ばしたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00000034-tospoweb-base
    3/2(月) 16:45配信


    (出典 i.ytimg.com)


    (出典 i.ytimg.com)


    【【野球】悲報、阪神・名物の「ラッキー7」ジェット風船がタオルに変わってしまう可能性】の続きを読む


    ジェット風船ジェットふうせん)とは、飛ばすことを目的に開発されたゴム風船のことを言う。 ゴム風船は、風船を構成するゴムの収縮時よりも大量の空気が入っている場合、ゴムが伸張され、ゴムの収縮作用により中の体積を圧縮しようとする働きを起こす。この時、風船内部の気圧と外部の大気圧に大きな差が生じ、風船
    23キロバイト (3,448 語) - 2020年2月21日 (金) 23:31



    (出典 mop-upguy.cocolog-nifty.com)


    ファンからすれば楽しく野球が観られれば、ジェット風船が自粛でも、そうたいした問題でも無いのですが、売上としてはかなりの損失になるでしょうね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2020/02/21(金) 18:56:04.01

    新型コロナウイルスの脅威はとどまることを知らない。中国の湖北省武漢市で発生したとされる未知の疫病は中国内だけですでに2000人を超える死者を出し、感染者は3万人以上を記録しているという。

     その流行が世界に与えた衝撃は大きく、水際対策として少しでも感染の可能性がある者の渡航を禁止する国も出ていて、各スポーツのカレンダーにも影響を与えるなど大混乱をもたらしている。

     日本野球が生み出した最大の産物とも言える、『ジェット風船』も新型コロナウイルスの脅威にさらされている。ジェット風船とは、“ラッキーセブン”と呼ばれる7回の攻撃前に各球団のファンがそれぞれの応援歌に合わせて打ち上げる細長いゴム風船のことだ。

     そのルーツには諸説あり、1970年代の広島ファンが始めたとする説が有力だが、1985年の日本一フィーバーを境に阪神の代名詞的アイテムとなり、現在ではソフトバンク、DeNA、楽天など多くの球団で採用されている。7回のみでなく、勝利時の儀式として風船打ち上げを行う球団もあり、近年は近隣住民や球場施設等に配慮して飛距離が出ない工夫がなされ、球団ロゴなどの入ったものが販売されている。

     そのジェット風船は人が口をつけて空気を吹き込んで空に飛ばすため、感染拡大している新型コロナウイルスをまき散らす元になる恐れがあるとして、各球団が使用の自粛・禁止を発表する事態となっている。

     事情を考えればやむを得ない措置だが、各球団にとっては実に頭の痛い話となっている。

    「球団としては大打撃です。ジェット風船は球場の販売物としては1番のドル箱商品だからです」と某球団グッズ担当者は想定していなかった緊急事態に頭を抱える。

    「一部球場を除き、ホーム、ロードの両チームともにジェット風船を上げる光景が当たり前になりました。ジェット風船は使い捨てなので、その都度、購入する必要があります。ビールなどの飲食物のように天気などに左右されることもない、あらかじめ売上金額が想定できるありがたい商品なんです」

    2/21(金) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200220-00000088-sasahi-base

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】コロナウイルス被害!ジェット風船が飛ばないと億単位の「大赤字」!「球団としては大打撃」】の続きを読む

    このページのトップヘ