プロ野球ドラフト会議(プロやきゅうドラフトかいぎ)は、日本野球機構が開催する、新人選手獲得のために行われる会議である。正式名称は新人選手選択会議。 この会議は、毎年10月に一般社団法人日本野球機構(NPB)が主催し、新人選手選択会議規約に定められた手順に基づいて、新人選手との契約交渉権をプロ野球
50キロバイト (7,676 語) - 2019年10月29日 (火) 21:35



(出典 www.jiji.com)


毎年中京地区からも素晴らしい選手が出ていますが、
個人的にはドラゴンズに必要な人材を広い範囲で探して良いのでは?と思いますね。

野球の道は虹色に輝く
管理人:kanpabelle

1 ひかり ★ :2020/01/14(火) 20:21:22

中日の今年1回目のスカウト会議が14日、ナゴヤ球場で行われた。高校生、大学、社会人など245人をリストアップした。米村アマチーフスカウトは「(1位候補は)地元優先は変わらない。
地元出身の能力の高い選手を大切にしたい」と、18年ドラフト1位根尾、昨年同1位石川昂弥内野手(18=東邦)に続き地元出身者を中心に1位候補を絞っていく。

12人のドラフト1位候補の名前が挙がったが、地元出身者への注目は高い。高橋宏斗投手(中京大中京)、高田琢登投手(静岡商)、森博人投手(日体大)、栗林良吏投手(トヨタ自動車)らは
東海地区出身でドラフト1位有力候補。今後各カテゴリーの試合を視察しながら状態を精査していく。

また、スカウト陣も東海地区に重点配置する。今年から東海地区担当の中原スカウトが独身寮「昇竜館」寮長に転身。1人減のサポートに松永編成部長、米村チーフを東海地区に投入、さらに
関東地区大学生担当を兼任していた近藤スカウトを東海地区専任にして、スカウト網を厚くする。

「中日は3拍子そろった選手が多い。一芸に秀でた選手も注目したい」と米村チーフ。走攻守に特化したスペシャリストも獲得する意向も見せた。

日刊スポーツ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-01140646-nksports-base


【【野球】大丈夫?中日・スカウト会議「とにかく地元優先で!」1位候補も地元枠で!】の続きを読む