野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:プロ野球


    元木 大介(もとき だいすけ、1971年12月30日 - )は、大阪府豊中市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。野球指導者。 幼少時代は南海ホークスファンで、たびたび大阪スタジアムに足を運び、ホークス友の会に入会していた他、南海OBによって運営されていた少年野球チーム・ジュニアホークス
    28キロバイト (2,962 語) - 2020年5月25日 (月) 00:08



    (出典 i.daily.jp)


    2軍監督とヘッドコーチ!
    どちらも監督候補といえますよね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/02(火) 17:19:56.45

    巨人に「元木監督」は誕生するのか。昨季、5年ぶりのリーグ優勝に導いた原辰徳監督(61)が、まさかの“後継者問題”に自ら切り込んだ。任期は2021年シーズンまでで「ポスト原」の大本命は阿部慎之助二軍監督(41)ながら、元木大介ヘッドコーチ(48)の名前も浮上中。原監督、元木ヘッドが本紙に明かしたそれぞれの胸中は――。

    1日で最終回となった球団公式のインスタライブは、豪華ツートップの共演となった。撮影はめったに公開されない東京ドームの監督室で行われ、原監督と元木ヘッドが登場。指揮官は壁にズラリと額に収められた歴代監督の格言やサインを紹介しながら、不意にドッキリ発言を放った。

    「何か…ヘッドが次(の監督)を狙ってるって?」。ニヤリと笑った指揮官に対し、元木ヘッドは「いやいや…。(自分の額は)どこに張ればいいですかね?」と絶妙な切り返しを見せる場面もあった。

    本紙では今春キャンプ中に次期監督候補について阿部二軍監督を軸としながら元木ヘッドも急浮上と報じたが、これには後日談もあった。当の元木ヘッドは「東スポの記事で(自分が)監督どうのこうのって、バカか!」と笑顔で“ツッコミ”。本紙記者が「それだけ評価が高いんです」と返すと「高くねえわ!」と一笑に付した。

    しかし、実は原監督の考えはまるで異なるものだった。元木ヘッドは巨人一筋を貫いて現役を引退。長らくタレント活動も行ったが、指導者としての手腕だけでなく「生え抜き」という巨人軍監督としての“条件”も満たしている。今季からヘッドに抜てきした理由を原監督に直撃すると「私自身も1年間、彼に伝えて教育もしたつもりだから。信頼というものはお互いにあると思う」と説明。そして「元木ヘッドが監督候補になる可能性は?」との直球質問に対しては「十分あるでしょう。十分あるでしょう」と、うなずきながら2度繰り返した。

    そんな指揮官の意向を元木ヘッドに伝えたところ「東スポだから『あるよ』って言っただけだろ!?」とやはり意に介さなかったが、原監督の評価と信頼は絶大なものなのだ。

    この日のトークの終盤で、原監督はここまで元木ヘッドに采配を託していたことを初めて明言しつつ「練習試合、オープン戦、紅白戦。ヘッドが指揮を執った時はいつも負けてる感じがするよ。いつも阿部(二軍)監督の方が強いんだよな。練習等々は任せられても試合を任せるのはまだ早いかな。オープン戦はほとんどあなた。だから勝率が悪い(笑い)。よし、明日からは自分でやる。分からないことがあったら相談する。サポーターとしては最高!」と爆笑を誘ったが…。現状では阿部二軍監督がリードということなのか。今後も目が離せない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3290caad6e29ede01a2f54c4d2679e83db309a2f
    6/2(火) 16:30配信


    【【野球】巨人・原監督の後釜争い 阿部vs元木で一歩リードするのは・・・】の続きを読む


    日本野球機構 (NPBからのリダイレクト)
    一般社団法人日本野球機構(にほんやきゅうきこう、英語: Nippon Professional Baseball Organization、略称:NPB)は、日本プロ野球のセントラル・リーグ及びパシフィック・リーグを統括する元文部科学省スポーツ・青少年局所管の一般社団法人。日本国内で「プロ野球」と
    19キロバイト (652 語) - 2020年5月24日 (日) 08:21



    (出典 i.ytimg.com)


    始まりますね!ようやく、本当に。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/01(月) 16:56:04.06

    プロ野球のセ、パ両リーグは1日、開幕から約1カ月分の公式戦日程を発表した。

    19日の開幕カードは巨人-阪神(東京ドーム)、ヤクルト-中日(神宮)、DeNA-広島(横浜)、西武-日本ハム(メットライフ)、オリックス-楽天(京セラ)、ソフトバンク-ロッテ(ペイペイドーム)で、いずれも午後6時開始のナイターで行われる。

    両リーグともに新型コロナウイルス感染防止のため、移動リスクや移動の回数を軽減するために当初の予定を再編した。セは開幕から7月23日までの日程が発表され、
    同5日まで5カードは首都圏中心で、同7日以降の5カードはすべて名古屋以西。同10-12日の巨人-ヤクルトはほっと神戸で開催される。

    パは同19日までの日程が発表され、開幕カードだけが3連戦で、6月23日以降は1カード6連戦となった。ヤクルトと西武は、開幕から15試合連続で本拠地球場での試合となる。

    試合は開幕から無観客で行い、早ければ7月10日に観客を入れた試合が可能になる。クライマックスシリーズの開催可否については、両リーグともに発表を見合わせた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3f4e2c99389262aad356300d77fa55f3beabf75c
    /1(月) 16:09配信


    【【野球】待望!NPB・セ、パ両リーグ、開幕から約1カ月分の日程を発表!6月19日、巨人-阪神、西武-日本ハムなど】の続きを読む


    鵜久森 淳志(うぐもり あつし、1987年2月1日 - )は、愛媛県松山市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。 中学生時代に、ボーイズリーグの松山クラブへ所属。当時は投手だったが、済美高校への進学後に外野手へ転向した。 高校3年時の2004年には、「4番・左翼手」として春夏連続で阪神甲
    25キロバイト (3,282 語) - 2020年4月27日 (月) 10:25



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    済美高校出身の甲子園のスター選手ですね!

    日本ハム、ヤクルトでプレーをして、現在は第二の人生をスタートしています。

    まだ33歳!これからを頑張っていただきたいですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/31(日) 13:58:13.88

    新型コロナウイルスの感染拡大予防に最大限の配慮をしながら、6月19日の開幕を予定している日本球界。かつて同じ舞台で汗を流した者たちも、同じように新型コロナウイルスの影響を受けながら仕事に邁進している。
    日本ハムとヤクルトでプレーし、昨年1月からは「ソニー生命保険株式会社」のライフプランナーとなった鵜久森淳志さん(33)に、電話で話を聞いた。

    ――新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークも増えた。現在の就業状況を教えてください。

    「3月後半くらいから在宅勤務になりました。まだ就職して2年目の僕の場合、まだまだお客様は少ないですが、今は担当させて頂いているお客様のケアが主な業務となっています」

    ――具体的には?

    「電話での現状確認がメインの仕事になります。『体調はいかがですか? 体調に関わらず生活面でコロナは大丈夫ですか? マスクはありますか? 私たち保険会社といたしましては、今こういうことができます』といった感じで、ご連絡を入れさせて頂いています」

    ――顧客の反応は?

    「何のために保険に加入をして頂いているかといえば、何かあったときのため、になります。ですから、例えば、入院が必要にもかかわらず、医師の指示により自宅にて療養をした場合も入院給付金のお支払対象になります。
    そういったお話をさせて頂くと『それは忘れていた。ありがとう』と言ってくださるお客様もいます。そういった意味も含め、もう一度、確認をさせて頂いています」

    ――その他の時間は?

    「通常業務が再開したときに備え、資料の作成や勉強をしています。ありがたいことに、お客様やこの仕事を通じて知り合った方々から逆にお電話を頂くこともありました。先日も『マスクは大丈夫?』」と心配をしてご連絡をくれた方がいました。
    これは、本当にありがたいことです。人と人とのつながり、助け合いというものをあらためて感じました」

    ――少し前の話ですが、なぜソニー生命に入社を?

    「15年に日本ハムを戦力外になったときにトライアウトを受けました。その会場にソニー生命柏支社の落合現支社長がいらしていて、僕に声をかけてくれました。
    野球しか知らないでずっとやってきて、トライアウト会場には一般の会社の方もいるんだなということに驚きました。もちろん会社の名前は以前から知っていましたが、ちゃんとというか、詳しく会社を知ったのはそのときですね。
    当時は結果的にヤクルトに拾ってもらうことができたので野球を続けることになりましたが、落合支社長はその後も定期的に連絡をくださっていました」

    ――その後、18年オフにヤクルトを戦力外。

    「あのときもトライアウトを受けましたが、ダメでした。落合支社長との定期的な連絡は続けさせて頂いていたので、現役引退を決めた後には相談に乗ってもらいました。
    何度かお話をさせてもらいましたが、『ウチに入れよ』とか『ウチはどうだ?』とかは一度も言われませんでした」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c9c9a9f6805a5016ca2e57369d2f9cba2000478
    5/31(日) 10:00配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/61165110.html
    成績


    (出典 Youtube)

    ヤクルト・鵜久森淳志 代打満塁サヨナラホームラン!(2017.4.2 ヤvsDe)


    (出典 Youtube)

    鵜久森が2打席連続アーチ 第2号2ランで突き放す 2012.07.26 H-F


    【【野球】元日ハムヤクルト・鵜久森淳志 ソニー生命に就職し、ライフプランナーとして第2の人生 256試合 .231 11本 47打点】の続きを読む


    沼田 翔平(ぬまた しょうへい、2000年6月24日 - )は、北海道旭川市出身のプロ野球選手(投手・育成選手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 旭川市立神居小学校では4年生に野球を始めるも、シラカバアレルギーを発症し、バレーボールに転向。6年生に永山ウィングのスパイカーとして全道優勝を経験。旭
    4キロバイト (312 語) - 2020年5月31日 (日) 10:20



    (出典 www.jiji.com)


    オープン戦とはいえ、かなり良かったですからね!
    おめでとうございます。

    もう育成にならないように頑張って!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/31(日) 19:42:38.64

    北海道・旭川大高から育成ドラフト3位で2019年に入団

    巨人は31日、育成の沼田翔平投手と支配下選手契約を結んだことを発表した。背番号は「016」から「92」に変更される。

    沼田は北海道・旭川大高から育成ドラフト3位で昨年入団。同年はイースタン・リーグで3試合に登板し、9回を投げ2失点、防御率2.00の成績をマーク。

    今季は春季キャンプの途中から1軍に昇格し、オープン戦では6試合に登板し6回1/3を投げ4安打1失点、防御率1.42の好成績を残していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0d8f344a86b0dc43743085443a0a04ab951bd759
    5/31(日) 18:55配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】祝!巨人、高卒2年目右腕・沼田翔平を支配下登録 OP戦では6試合に登板し防御率1.42 北海道・旭川大高から育成ドラフト3位】の続きを読む


    江本 孟紀(えもと たけのり、1947年7月22日 - )は、高知県香美郡土佐山田町(現:香美市)出身で、高知県高知市育ちの元プロ野球選手(投手)、元政治家、野球解説者。 愛称は「エモやん」。現役時代の通算24ボークは日本記録。 現役引退後は野球解説者、野球評論家、政治家、タレント、俳優、実業家として活動している。
    73キロバイト (10,533 語) - 2020年5月27日 (水) 06:59



    (出典 wpb.shueisha.co.jp)


    野球人生を変えた移籍

    (出典 Youtube)


    2軍降格は時代錯誤。
    罰金処分かトレード!

    なるほど、江本さんらしい考え方ですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ニーニーφ ★ :2020/05/30(土) 17:22:18.89

     阪神の藤浪晋太郎投手(26)が5月29日、遅刻を理由に2軍降格となった。
    3月26日に、“球界第1号”という嬉しくない形で新型コロナウイルス感染が判明。
    決して褒められない会食に参加したうえでの感染だけに「軽率だった」と反省の弁を述べていた。
    野球で失地回復を期していたところに再びの“ガッカリ”事案。昨年未勝利の右腕の無期限2軍行きが決まったが、評論家からは、「その処分は間違い」といった指摘の声があがっている。

     ***

     阪神の矢野監督は今回の処分について、こう明かしたという。

    「練習に遅刻してきたんで、昨日。新たにみんな頑張ろうという中で練習に遅れてくるというのはこっちとしてもすごく残念やし、全体の信頼を失うようなことだった。
    ここ(1軍)にいてみんな同じ気持ちでやっていくのが難しいという判断。人なんでミスもあるけど、これが初めてじゃないので」

    「初めてじゃないので」の言葉がなんとも痛く響くのだ。
     藤浪はコロナ禍の3月14日、大阪市内の知人宅での会食に参加。21日に「匂いを感じにくい」と自覚症状を訴え出た。そして26日、PCR検査を受けた結果、陽性判定。
    入院→自宅待機を経て4月24日に2軍自主練習に合流し、再起を誓っていた矢先だった。

     そもそも、7年目だった2019年シーズンは初の勝利ゼロ。それだけに期するものが大きかったはずだが、遅刻は空回りというよりは自己管理の甘さそのもの。矢野監督も堪忍袋の緒が切れた格好のようだ。

     これについて、阪神OBで評論家の江本孟紀氏はこんな評価をする。
    「練習に遅れるとか門限に間に合わないとか無断外泊とか、そういった違反にたいするペナルティは、我々の時代、罰金でした。
    2軍に行かせるっていうのは正直どうなの? って感じがしますね。教育的指導の観点からそうするわけですが、果たして今どきその効果があるのか、疑問を感じますね」

    「プロはカネを稼いでなんぼという*べてはカネで評価される世界ですから、罰も罰金が適当だと思うんです。僕らの頃はたとえば1度やると3万円、2度目は6万円、さらに重なると10万円とどんどんあがっていって、これは結構キツいんですよ(笑)」
     
     真綿で首を締めるような苦しさに耐えかねて、自己管理を徹底することになるのだという。

     また、あるプロ野球関係者によると、
    「藤浪はイップス、つまり精神的な原因により平常の動作に支障を来たす症状に罹患しているのではという指摘もあります。実はイチローも高校時代にイップスに苦しんだと明かしているんです。
    仮にイップスが事実だとして、この2軍落ちでさらにプレッシャーを感じるようなことになれば、見せしめ効果と本人の猛省を促そうという球団の狙いがお門違いということになりかねないですね」

     「確かにミスというかチョンボというか、ホメられないことが続いているけれど、あんまり感情的になるのはよくないですよ」
     と、再び江本氏。

    「あれだけの素質があって、素晴らしいボールを放れるピッチャーです。それを阪神は生かし切れていないように映りますね。ケチをつけすぎるというのかなぁ。
    そろそろ環境を変えるタイミングが来たのかもしれません。水が合う合わないというのはどうしてもあります。僕の場合はすぐにどんどんトレードに出されましたからね、よくわかるんです(笑)」

     確かに江本氏は、東映フライヤーズ(1971)→南海ホークス(1972~1975)→阪神タイガース(1976~1981)といった具合だ。加えて、“再生工場”にふさわしい移籍先について聞くと、

    「パ・リーグで言うと、日ハムはいいかもしれません。栗山監督は人の使い方がうまいですよね。彼なら例えばですが、藤浪をリリーフに回すとかそういう発想をするかも。
    ソフトバンクも選手層が充実していますから、毎年働き続けてほしいというよりは、“この期間だけでも力を発揮してくれれば”というような余裕がある。選手としてはのびのびできますよ」

    「セ・リーグだと巨人はやめといた方がいいです。阪神と同じくベンチからの圧(力)が結構強いですから(笑)。それとは対照的にヤクルトはゆるい感じでね、牧歌的ですから、あんまり細かいことにはくよくよするなよって空気があって、それまでの緊張感から解き放たれて大活躍につながる可能性もありますよ」

     トレードは球団同士が勝手にまとめるもので、藤浪の希望が通るわけではないが、これだけ評価される選手が2軍で油を売り続けるのも芳しくないだろう。
    コミッショナー自身、シーズン再開を宣言した折に、「プロ野球は夢を売る商売」と語っていたのだから。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/05301101/


    【【野球】エモやん江本孟紀・阪神、藤浪晋太郎の「遅刻で無期限2軍降格」は時代遅れで意味なし! 罰金処分とトレードを提案!】の続きを読む

    このページのトップヘ