野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:ヤクルトスワローズ


    鵜久森 淳志(うぐもり あつし、1987年2月1日 - )は、愛媛県松山市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。 中学生時代に、ボーイズリーグの松山クラブへ所属。当時は投手だったが、済美高校への進学後に外野手へ転向した。 高校3年時の2004年には、「4番・左翼手」として春夏連続で阪神甲
    25キロバイト (3,282 語) - 2020年4月27日 (月) 10:25



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    済美高校出身の甲子園のスター選手ですね!

    日本ハム、ヤクルトでプレーをして、現在は第二の人生をスタートしています。

    まだ33歳!これからを頑張っていただきたいですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/31(日) 13:58:13.88

    新型コロナウイルスの感染拡大予防に最大限の配慮をしながら、6月19日の開幕を予定している日本球界。かつて同じ舞台で汗を流した者たちも、同じように新型コロナウイルスの影響を受けながら仕事に邁進している。
    日本ハムとヤクルトでプレーし、昨年1月からは「ソニー生命保険株式会社」のライフプランナーとなった鵜久森淳志さん(33)に、電話で話を聞いた。

    ――新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークも増えた。現在の就業状況を教えてください。

    「3月後半くらいから在宅勤務になりました。まだ就職して2年目の僕の場合、まだまだお客様は少ないですが、今は担当させて頂いているお客様のケアが主な業務となっています」

    ――具体的には?

    「電話での現状確認がメインの仕事になります。『体調はいかがですか? 体調に関わらず生活面でコロナは大丈夫ですか? マスクはありますか? 私たち保険会社といたしましては、今こういうことができます』といった感じで、ご連絡を入れさせて頂いています」

    ――顧客の反応は?

    「何のために保険に加入をして頂いているかといえば、何かあったときのため、になります。ですから、例えば、入院が必要にもかかわらず、医師の指示により自宅にて療養をした場合も入院給付金のお支払対象になります。
    そういったお話をさせて頂くと『それは忘れていた。ありがとう』と言ってくださるお客様もいます。そういった意味も含め、もう一度、確認をさせて頂いています」

    ――その他の時間は?

    「通常業務が再開したときに備え、資料の作成や勉強をしています。ありがたいことに、お客様やこの仕事を通じて知り合った方々から逆にお電話を頂くこともありました。先日も『マスクは大丈夫?』」と心配をしてご連絡をくれた方がいました。
    これは、本当にありがたいことです。人と人とのつながり、助け合いというものをあらためて感じました」

    ――少し前の話ですが、なぜソニー生命に入社を?

    「15年に日本ハムを戦力外になったときにトライアウトを受けました。その会場にソニー生命柏支社の落合現支社長がいらしていて、僕に声をかけてくれました。
    野球しか知らないでずっとやってきて、トライアウト会場には一般の会社の方もいるんだなということに驚きました。もちろん会社の名前は以前から知っていましたが、ちゃんとというか、詳しく会社を知ったのはそのときですね。
    当時は結果的にヤクルトに拾ってもらうことができたので野球を続けることになりましたが、落合支社長はその後も定期的に連絡をくださっていました」

    ――その後、18年オフにヤクルトを戦力外。

    「あのときもトライアウトを受けましたが、ダメでした。落合支社長との定期的な連絡は続けさせて頂いていたので、現役引退を決めた後には相談に乗ってもらいました。
    何度かお話をさせてもらいましたが、『ウチに入れよ』とか『ウチはどうだ?』とかは一度も言われませんでした」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c9c9a9f6805a5016ca2e57369d2f9cba2000478
    5/31(日) 10:00配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/61165110.html
    成績


    (出典 Youtube)

    ヤクルト・鵜久森淳志 代打満塁サヨナラホームラン!(2017.4.2 ヤvsDe)


    (出典 Youtube)

    鵜久森が2打席連続アーチ 第2号2ランで突き放す 2012.07.26 H-F


    【【野球】元日ハムヤクルト・鵜久森淳志 ソニー生命に就職し、ライフプランナーとして第2の人生 256試合 .231 11本 47打点】の続きを読む


    関根 潤三(せきね じゅんぞう、1927年3月15日 - 2020年4月9日)は、東京府(現:東京都)出身のプロ野球選手(投手、外野手)・コーチ・監督、解説者。生まれは東京府北豊島郡巣鴨(現:東京都豊島区巣鴨)。戸籍上の生年月日は1927年3月15日だが、実際の生年月日は1926年12月25日。
    37キロバイト (4,795 語) - 2020年4月17日 (金) 17:28



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    そう、これなんだよねw

    関根さんいつもニコニコと愛らしい笑顔で、
    けっこう厳しいんだよねw

    そんな関根さんが好きだったな。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/19(日) 07:37:17

    4月9日、野球解説者の関根潤三さんが老衰でこの世を去った。享年93。

    現役時代は近鉄、巨人で投手と野手の“元祖二刀流”として活躍。その後は指導者、解説者の道を歩み、常に柔和な表情を絶やさぬ“好々爺”のイメージで野球ファンに親しまれた。

    だが、実は“強面(こわもて)”の一面もあったという。

    「記者の間では『怒ると怖い人』と評判でした。彼を語るとき、日大三中から法政大、近鉄とバッテリーを組んだ“球界の寝業師”根本陸夫さん(元ダイエー球団社長)との交流を忘れてはならない。
    2人はかなりヤンチャで、大学時代は渋谷の街で暴れ回っていたそうです」(ベテラン記者)

    大学の仲間には、伝説の愚連隊をもとに安藤組を興すことになる安藤昇もいた。

    「根本さんが当時のことを、『よく3人でつるんでいたけど、一番怖かったのは関根』と振り返ると、当の関根さんは『それは嘘、根本の方が怖い』と互いに懐かしがっていた。
    そんな2人だけど酒は飲めず、関根さんは甘党でしたね」(同前)

    2人の絆は、指導者となってからも続いていた。

    「68年に広島の監督になった根本さんは70年に関根さんを打撃コーチとして招聘。
    同年輩の元プロは、『2人とも強者(つわもの)だったのは間違いない。でなきゃ、あの頃の広島には怖くて行けませんよ』と話していた。
    確かに時代は映画にもなった広島ヤクザ抗争のすぐあと。根本さんは外様にもかかわらず広島のヤクザたちから一目置かれていたそうで、乗り込んでいった関根さんも腹が据わっていましたね」(元プロ野球選手)

    「怒鳴ったりせずとも凄みがあった」

    広島時代には山本浩二と衣笠祥雄を熱心に教え、根本監督からは特に「キヌを頼む」と言われていた。

    「広島弁が飛び交う中で選手のことを『君は~』なんて呼び、『だってさ』と関東弁で喋るんです。
    そこに“べらんめえ口調”の『てめえ』なんて言葉も入り、怒鳴ったりせずとも凄みがあった。
    選手にもインパクトがあったようで、関西人の衣笠が『君は何言ってんだ』とか言うようになって(笑)」(別のベテラン記者)

    影響を受けたのが言葉だけではないことは、連続試合出場記録を作った「鉄人」の活躍を見れば明らかだ。

    その後は長嶋茂雄監督に請われて巨人のヘッドコーチに就任し、大洋とヤクルトの監督も務めた。

    「投手が打たれたりすると、マウンドに行ってニコニコ顔で『大丈夫』とか『ちゃんと投げろよ』と言いながら足を踏んでいた(笑)。
    でも、球界で彼を悪く言う人はいません。義理人情に厚く、面倒見が良い人でしたから」(前出・元選手)

    天国で根本氏と思う存分、野球談義をしてほしい。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月23日号)


    https://news.livedoor.com/article/detail/18142017/
    2020年4月19日 6時0分 文春オンライン


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【野球】追悼、“怒ると怖い”関根潤三さん、打たれた投手にはニコニコ顔で足を踏んでいた】の続きを読む


    ヤクルトは中嶋の指名を予定していたが、阪急が3位で中嶋を指名したため直後に4位で飯田を指名し、ヤクルトへの入団が決まった。身体能力の高さと器用な点を評価していたという。契約金は2,800万円、年俸は320万円(金額はいずれも推定)だった。 入団当初は八重樫幸雄が正捕手だったため、飯田
    33キロバイト (4,520 語) - 2020年4月4日 (土) 02:49



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ノムさんが、器用な飯田なら出来ると思って指名したんでしょうね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/14(火) 17:28:42.41

    飯田哲也【すべては野村ヤクルトが教えてくれた】#1

     今でも本当のことなのか、信じられない思いでいます。

     今年2月11日、恩師の野村克也さん(享年84)が永眠されました。突然の訃報に「まさか」と、頭の中が真っ白になったのを覚えています。だって、僕はその2週間前にヤクルトのOB会でご本人と会ったばかり。腰が悪く車イスにこそ乗っておられましたが、まだまだ元気そうでした。「頑張ってるか」と声をかけてくれて、僕も「元気でいてくださいね」と話してから、そう時間は経っていませんでしたから。

     翌12日、先輩の荒井幸雄さんと一緒に野村監督の自宅に行き、最後のお別れをしました。ヤクルトのユニホーム姿でリビングに横たわり、両目を閉じる監督の姿。手を合わせて焼香をしても、亡くなられたという事実を自分に納得させるのは難しかった。安らかに眠るお顔を見た時、「いまにも僕を怒ってきそうだ」と思ったのは、現役時代の思い出があるからでしょうね。僕は野村監督に怒られたり、注意されてばかり。それでも試合で使ってくれたことへの感謝しかありません。だから、亡くなられた今も、まだ信じられないでいる自分がいます。本当に寂しいという言葉しかありません。

     野村監督がヤクルトの指揮を執るようになったのは、僕がプロ入り4年目の1990年から。この年に僕はいきなり捕手から二塁手にコンバートされました。これは野村監督も著書で書いていますが、春季キャンプで僕のキャッチャーミットを取り上げたという話があります。本の中には、ミットをいくらで下取りに出したとか書かれていますが……。もはや伝説のように語られている話ですけど、実はこれ、本当のことではありません。キャンプ中は捕手としてのメニューをこなしていましたし、下取りと言われてもお金ももらってませんから。

     おそらく、監督なりのジョークでしょう。話を大げさにすることも、たまにありましたからね。

     ただ、キャンプ中に僕の走力を評価してくれたのか、「なんでおまえキャッチャーやってんだ」と言われたことはあります。「キャッチャーやってたら、足遅くなるぞ」とも言われました。

    ■「何で飯田を?」

     90年、僕は代走兼第3捕手というような形で、開幕一軍。代走としての出番が多かったですね。二塁を守るきっかけになったのは、4月21日の広島戦です。二塁のレギュラー、笘篠賢治さんがバッティングで調子を崩していたので、僕が代打で出場。ホームランを打ちました。

     すると、野村監督はイニング交代の時、「そのままセカンドに入れ」です。アマチュア時代に三塁や遊撃の経験はありますが、二塁はやったことがない。それでも「僕でいいんですか?」なんて聞けません。野村監督には威厳というか、何か迫力のあるオーラのようなものがあり、「はい」と返事をするしかない。その日のことはあまり記憶にありませんが、二塁手として打球を処理し、アウトにしたような覚えはあります。

     その翌日から、シーズン最後までずっと二塁手。コンバートというよりも、何でかわからないけどやらされた、という感じですね。それでも見よう見まね、先輩に聞く、他球団の二塁手の動きを真似する……など工夫して何とか乗り切った。捕手をやっていたので、多少は内野の動きがわかっていたのもあると思います。

     ただ、最後まで野村監督の意図を聞けずじまいだったのが、後悔と言えば後悔です。当時は二塁の控えの選手もベンチにいましたから。僕も含めて、監督以外は「なんで飯田を?」と不思議に思ったはず。翌91年には中堅に再コンバートされますが、最初の二塁がなければ、僕の野球人生はどうなっていたのか……。

    「なんであの時、僕にそのまま二塁を守らせたんですか?」

     ずっと聞きたくて、それでも聞けずじまいになってしまった言葉です。

    4/14(火) 9:26 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00000008-nkgendai-base

    http://npb.jp/bis/players/15213868.html
    成績


    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】ヤクルト・飯田哲也 未経験なのに、野村監督の突然の二塁起用に「はい」としか言えず】の続きを読む


    関根 潤三(せきね じゅんぞう、1927年3月15日 - 2020年4月9日)は、東京府(現:東京都)出身の元プロ野球選手(投手、外野手)・コーチ・監督、解説者。生まれは東京府北豊島郡巣鴨(現:東京都豊島区巣鴨)。戸籍上の生年月日は1927年3月15日だが、実際の生年月日は1926年12月25日。
    34キロバイト (4,327 語) - 2020年4月9日 (木) 07:42



    (出典 www.nikkansports.com)


    関根潤三 若松勉

    (出典 Youtube)


    関根さん、
    最近プロ野球ニュースなどでお見掛けしていなかったので、どうされているかと思っていましたが、、、

    いつも優しい笑顔で、厳しいご意見。。

    私の世代ではヤクルトの監督時代を思い出します。

    さみしいです。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/04/09(Thu) 15:53:57

    お悔やみ申し上げます。


    【【野球】訃報、関根潤三さん死去93歳、ヤクルト・大洋で監督、野球界のご意見番】の続きを読む


    ヤクルトは中嶋の指名を予定していたが、阪急が3位で中嶋を指名したため直後に4位で飯田を指名し、ヤクルトへの入団が決まった。身体能力の高さと器用な点を評価していたという。契約金は2,800万円、年俸は320万円(金額はいずれも推定)だった。 入団当初は八重樫幸雄が正捕手だったため、飯田
    33キロバイト (4,508 語) - 2020年3月14日 (土) 12:36



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    打って良し、走って尚良し、守ってさらに良し!の、
    めちゃくちゃいい選手でしたね。

    何をやらせても1流の選手だったので、ぜひ素晴らしい選手を育てていただきたいですね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/25(水) 16:41:00

    元ヤクルトで、昨季までソフトバンクの3軍外野守備走塁コーチを務めていた飯田哲也氏(51)が、母校・拓大紅陵(千葉)のコーチに就任した。

    昨年資格回復研修を受講し、資格を回復。04年春以来遠ざかる甲子園出場へ白羽の矢が立った。同校は昨夏から元ロッテでOBの和田孝志監督が指揮。
    秋には関東大会出場を果たすなど復活の兆しを見せており、飯田氏のさらなる強力サポートで押し上げる。

    この日から同校で本格的に指導を開始。野手を担当して守備や走塁などを伝授していく予定で、解説の仕事と両立しながら定期的に指導する。
    「母校を強くしたいという思いが強い。和田監督をしっかり助けたい。プロではこういう野球をしているよということを伝えて、それが選手の心に刺さってくれたら」と抱負を語った

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000163-spnannex-base
    3/25(水) 14:09配信


    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/15213868.html
    成績


    (出典 Youtube)

    超ジャンプ!飯田哲也 & 超スロー!井口資仁


    (出典 Youtube)

    飯田


    【【野球】元ヤクルトの飯田哲也が母校・拓大紅陵でコーチ就任!プロ通算1505試合 .273 48本 363打点 234盗塁 1248安打】の続きを読む

    このページのトップヘ