野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:佐々木朗希


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。高校生の日本歴代最速となる163km/hを計測した。 2010年、陸前高田市立高田小学校3年生の時に野球を始めるが、2011年3月11日の東日本大震災の津波で
    19キロバイト (2,501 語) - 2020年2月15日 (土) 03:30



    (出典 hochi.news)


    中日、ソフトバンク、そしてオリックスと、、

    他球団のルーキーにこんなに群がるのはかなり珍しいですよね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ニーニーφ ★ :2020/02/27(Thu) 17:12:50

     ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が27日、宮崎で捕手を座らせた状態での本格ブルペン投球を行った。

     プロ入り後7度目のブルペンでついにベールを脱いだ。
    これまで吉井投手コーチの下、立ち投げやホームベース上に捕手を座らせるなど、着実にステップアップを図ってきた朗希。
    この日は立ち投げで10球を投げた後、捕手を座らせ5分間で21球を投げ込みブルペンに快音を響かせた。

     ブルペンにはテレビカメラ6台と報道陣約40人、さらにオリックスの選手ら約15人が駆けつけた。
    https://hochi.news/articles/20200227-OHT1T50097.html


    【【野球】ロッテ・佐々木朗希が本格投球!捕手を座らせて投球開始!今日はオリックスの選手たち15人が見学に】の続きを読む


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。高校生の日本歴代最速となる163km/hを計測した。 2010年、陸前高田市立高田小学校3年生の時に野球を始めるが、2011年3月11日の東日本大震災の津波で
    19キロバイト (2,501 語) - 2020年2月15日 (土) 03:30



    (出典 www.nikkansports.com)


    ブルペンに観に行った他球団の選手がみんな衝撃を受けてるんですよね!

    高卒ルーキーなんですよねw

    凄いよな。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/02/25(火) 13:42:56

    ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手が25日、「球春みやざきベースボールゲームズ」ソフトバンク戦が行われる
    宮崎市の生目の杜運動公園でブルペン入りした。計44球を投じ「いつも通り投げられたので良かったかなと思います」と振り返った。

    キャンプから通じて6度目となったブルペンでの投球練習。この日は報道陣などにも公開され、
    ソフトバンクの選手たちも佐々木見たさにブルペンに10人以上が足を運んだ。

    多くの人が見守る中で立ち投げで24球、ホームベース上に捕手を座らせて20球、力強いボールを投げ込んだ。

    「自分の感覚を戻せるように、投げている時の指先だったりの感覚を意識して投げました」という佐々木朗。
    ここまで順調に状態を上げてきているようだ。

    この佐々木朗の投球を見たソフトバンクの選手や関係者たちからも驚きの声が上がった。

    ブルペンに足を運んだ面々からは「やっぱり速いですね」 「エグい。ボールが唸ってる」 「フェラーリですね」と、
    ボールの威力を絶賛するコメントが上がっていた。
    https://full-count.jp/2020/02/25/post700302/


    【【野球】 エグイ!ロッテ・佐々木朗希、ブルペンをソフトバンクの選手が見学「ボールが唸ってる」「フェラーリだ」】の続きを読む


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。高校生の日本歴代最速となる163km/hを計測した。 2010年、陸前高田市立高田小学校3年生の時に野球を始めるが、2011年3月11日の東日本大震災の津波で
    19キロバイト (2,501 語) - 2020年2月15日 (土) 03:30



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    さすがの張本さんも佐々木朗希には脱帽という感じですね!

    張本さんだけでなく、
    佐々木を観た解説者やOBがみな驚いています。

    かつての高卒のスーパールーキー、
    松坂、ダルビッシュ、藤浪、大谷など、
    凄い投手はいましたが、
    どのタイプともまた違った魅力があるのかもしれませんね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 かばほ~るφ ★ :2020/02/19(水) 14:41:05

    張本勲氏 ロッテ・朗希は噂以上!“千賀超え”の久しぶり正統派
    [ 2020年2月19日 08:15 ]

    【張本勲 CHECK!】
    やっぱり一級品。噂以上だね。ダルビッシュ(カ*)や田中マー君(ヤンキース)は
    右腕が耳から離れているのに対し、耳すれすれを通るくらい真上から投げ下ろす。
    久方ぶりに見る正統派のオーバースロー。ロッテのかつてのエース、木樽正明を思い出すが、
    佐々木朗の方が身長(1メートル90)が高い分、角度がある。これだけ角度のある投手とは対戦したことがない。
     
    初めて見たブルペン投球。ちょっとバラツキがあったが、指にしっかり掛かったボールはさすが。
    千賀(ソフトバンク)より速い。おまけに腕がいったん下に落ちて上から出てくるから、打者は非常にタイミングが取りにくい。
    変化球はスライダーとフォークがあるという。打者が一番嫌がるのは空振り。
    意識すれば力みが入り、変化球が生きてくる。

    下半身ができてくれば、真っすぐはもっと速くなる。プロらしい下半身になるのは夏すぎか。
    「あっぱれ!」はその日まで取っておきたい。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/02/19/kiji/20200218s00001173465000c.html


    【【野球】アッパレ!張本勲、ロッテ・佐々木朗希に脱帽!“千賀超え”の久しぶり正統派!!】の続きを読む


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。高校生の日本歴代最速となる163km/hを計測した。 2010年、陸前高田市立高田小学校3年生の時に野球を始めるが、2011年3月11日の東日本大震災の津波で
    19キロバイト (2,501 語) - 2020年2月15日 (土) 03:30



    (出典 www.nikkansports.com)


    視界に入らなかったのは、まだギャラリーを気にする余裕も無いのかなとは思いますね。

    今は自分自身の球を先輩捕手に投げ込むことにのみ集中しているのかなと思います。

    それにしても佐々木君の投球を観た中日投手陣の野次馬的な反応が面白かったですww

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/02/15(土) 20:16:32.20

    中日投手陣がロッテ・佐々木朗希のブルペンをひと目見ようと異例の集結…当の佐々木朗は「視界に入らなったので大丈夫でした」と平然
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00010041-chuspo-base
    佐々木朗のブルペンを見ようと集結した中日投手陣

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】注目!ロッテ・佐々木朗希、2度目のプルペンに中日投手陣が集結!佐々木「視界に入らなかった」】の続きを読む


    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。高校生の日本歴代最速となる163km/hを計測した。 2010年、陸前高田市立高田小学校3年生の時に野球を始めるが、2011年3月11日の東日本大震災の津波で
    19キロバイト (2,501 語) - 2020年2月15日 (土) 03:30



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    確かに大物ルーキーのフィーバーはどうかな、と思う時はありますけどね。

    もちろん佐々木くんだけでなく、過去何十年も続いていることですけど。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/16(日) 10:15:00

    野球評論家の張本勲氏が16日、TBS系「サンデーモーニング」に生出演した。

    11日に急逝した野村克也氏について「残念」「さみしい」などと追悼した張本氏だったが、話の途中で“脱線”。
    「ID野球というのはあまりない。マスコミが作った言葉だから。先行した言葉が多いのよ。なになにの怪物。
    『令和の怪物』って、まだ一球も投げてない。まだ一試合も投げてない。
    野球界は誰も認めてない」と、ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手に対する報道について苦言を呈した。

    その後、佐々木については共演した野球評論家・川上憲伸氏があらためて解説。
    実際にキャンプ地でその球を見た川上氏は「佐々木投手は同じ投手としてキャッチボールだけだったですが、その球が本当に衝撃的。
    キャッチボールを見ただけで160出るなと。ワクワクした。あまり人のキャッチボールを見てワクワクすることはないが、
    初めて野球を引退してから憧れた。夢がある投手。日本の宝にあることは間違いない」と大絶賛した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00000037-dal-base
    2/16(日) 9:42配信


    【【野球】張本勲、佐々木朗希フィーバーに喝!「令和の怪物って、野球界は誰も認めてない」先行報道に苦言】の続きを読む

    このページのトップヘ