野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:全国高等学校野球選手権大会


    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。NPBサヨナラ安打(20本)、サヨナラ本塁打(12本)、オールスター戦通算打点(36点)の最多記録保持者。
    142キロバイト (22,857 語) - 2020年6月1日 (月) 12:03



    (出典 dot.asahi.com)


    もともと涙もろい人ですからね、清原さん。

    ただ球界OBとして、なにかしら行動を起こしてくれると良いのでは?と思います。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/02(火) 21:02:35.75

    「夏の甲子園、中止――」

    5月20日、清原和博はこのニュースを自宅のテレビで見た。そして泣いたという。

    「なんというか……、言葉にならなかったです。その後、高校球児たちが泣いているところが映されて、それを見てたら、涙が出てきました。自分が甲子園に出たとか、ホームラン記録をつくったとか、そういうものさえ無くしてしまいたい。彼らに申し訳なさすぎて……。そんな気持ちになりました」

    清原が涙したのは、その喪失の大きさが想像できるからだという。

    「世の中の人たちは、高校3年間の集大成が失われたと思うかもしれませんが、ぼくはどうしても自分が甲子園に辿り着いた道のりを思い浮かべてしまうんです。9歳からリトルリーグで野球を始めて、夏休みにブラウン管の中に映る甲子園に憧れて、あそこに行きたいという夢を抱きました。野球少年にとっては人生最初の夢なんです。そのために監督、コーチに殴られて、お母さんには朝早くから弁当を作ってもらって、暑い日も寒い日も雨の日も甲子園を夢見てやってきたんです。その間に、どれだけの汗を流して、どれだけの涙を流してきたか。最後の夏というのは決して高校3年間だけのものではなくて、球児やお母さん、家族にとっても少年時代の集大成なんです」

    「どこにもぶつけられない涙だと思う」
    1980年代から時代は流れた。ただ、甲子園と野球少年の関係はほとんど変わっていないと、清原は考えている。

    「今の時代はぼくらの頃とは違って娯楽がたくさんあります。高校生は野球をやらなくたって、部活に入らなくたって、他に楽しいことがたくさんあります。でも、その中でも甲子園に行きたいからと親元や地元を離れて見知らぬ土地に越境入学して、おしゃれもできない坊主頭にして、泥にまみれて、そうまでして甲子園の土を踏みたいと思っている子供たちがいまだにたくさんいるんです。

     その中でも野球で大学に入ったり、プロに入ったりする子は一握りで、高校3年で野球をやめていくという子が圧倒的に多いと思うんです。

     そうした時に最後の夏というのは負けて泣いて、人生のひと区切りをつける場だと思うんです。でも今年はその場すら無くなった。彼らの涙というのは、うれし涙でも悔し涙でもなく、どこにもぶつけられない涙だと思うんです。それを思うと……」

    6/2(火) 20:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200602-00843724-number-base


    【【高校野球】悲痛!清原和博「一緒に泣くことしかできない……」、甲子園中止への思いを語る。】の続きを読む


    長嶋 一茂(ながしま かずしげ、1966年(昭和41年)1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)、元読売ジャイアンツ野球振興アドバイザー。引退後はタレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優、空手家として活動している。血液型はB型。カトリック教徒で、洗礼名は「パウロ」。
    42キロバイト (5,965 語) - 2020年5月26日 (火) 13:37



    (出典 img.sirabee.com)


    まぁ・・・
    プロ野球は始まるからな。。

    ただ、学生は授業をする必要がありますからね。。

    厳しいところです。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/06/01(月) 19:18:29.64

    2020年06月01日 13:54芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/01/kiji/20200601s00041000215000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)が5月31日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。プロ野球の開幕日が6月19日に決まったことを受け、「あんなに早く決断しなくても」と夏の甲子園大会が中止決定のタイミングに不満を述べた。

     プロ野球の開幕が決まる一方、甲子園大会が中止となったことには「整合性はないと思いますよ。同じ野球だし」とバッサリ。そのうえで「甲子園の中止の決定は絶対に早すぎたと思う、決断が」と日本高等学校野球連盟の大会中止判断のタイミングに触れた

     「インターハイの予選とか、いろいろな種目があって、アマチュアスポーツなので、公平性が保てなくなるので、高体連のインターハイできないという判断は正しかったと思う。物理的にできないです」と全国高等学校体育連盟が決定したインターハイの中止には理解を示しつつ、「甲子園は高野連が決める。夏の予選で一番最初にやるのが沖縄。沖縄の予選も甲子園に合わせて7月にやろうかって各都道府県で進んでいたわけ。(甲子園は)紫外線もあり、屋外、高温多湿という環境もある。チームで動く3密が避けられない、同道府県の往来がどうなるかわからないというリスクはわかるが、あんなに早く決断しなくても。都道府県の勝者は決めておいてから、そこから甲子園をやるか、やらないかという判断でも遅くなかったと思う」と訴えた。

     「甲子園ができないと、他の競技、インドアのスポーツはできなくなっちゃう。甲子園はコロナ対策としては一番リスクが少ない競技。甲子園がダメだと、全部ダメになっちゃう」と他のスポーツのへの影響も考えて、やるべきだったと主張。「甲子園って2020年の夏の1ページの思い出じゃなくて、彼らは4歳、5歳から甲子園を夢見てずっとやってきているので、そこへの判断が高野連が早かったのが高体連が先にインターハイをやめようと言っちゃったから、右へならえでやめちゃった」と判断への不満をもらした。

     インターハイが中止になった状況で、野球部だけやるとなると、不公平との声もある。これに対しても「そうだんだけど…他の部活もこれからのなるべくやってほしいと思う。甲子園っていうのはコロナ禍の中、好条件がそろっているにもかかわらず、(中止にするのは)他のスポーツへの影響、波及はひどいんじゃないかと申し上げたい」と熱弁を振るった。


    【【野球/コロナ】怒り!長嶋一茂、甲子園中止の判断に不満「甲子園は好条件がそろっている」】の続きを読む


    甲子園球場にて毎年8月に主催している日本高校野球大会。40回大会以来、下1桁が0と5回は記念大会として実施されている。大会旗および優勝旗色は赤。優勝旗は深紅色ため「深紅大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」または「甲子園」 「
    100キロバイト (13,694 語) - 2020年5月21日 (木) 07:25



    (出典 www.sankeibiz.jp)


    もし8月にコロナが完全に終息し、多くのスポーツが通常に開催されていたら。。
    うれしいことだけど、、高校球児にとっては複雑な思いでしょうね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 muffin ★ :2020/05/21(木) 12:30:53.76

    5/21(木) 6:00配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200521-05210052-sph-base

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で、センバツに続いて夏の甲子園も中止が決まったことに関して、スポーツ報知ではホームページ(HP)などで緊急アンケートを行った。

     20日午後10時時点で935件の回答があり、中止に賛成が42%(395)、反対が58%(540)と中止に反対する声が、中止賛成の声を上回った。さまざまな意見が寄せられており、詳細は22日の紙面、HPなどで紹介する。

    ★1が立った日時:2020/05/21(木) 06:31:16.27
    前スレ
    【高校野球】夏の甲子園中止「反対」が58%賛成上回る…スポーツ報知緊急アンケート [鉄チーズ烏★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1590010276/


    【【高校野球】夏の甲子園中止「反対」が58%賛成上回る!スポーツ報知緊急アンケート】の続きを読む


    2019新型コロナウイルス > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) > 新型コロナウイルス感染症の世界的流行 新型コロナウイルス感染症の流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのりゅうこう)では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染症による急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行について説明する。
    257キロバイト (27,927 語) - 2020年5月21日 (木) 11:21



    (出典 d17vjxfu0igzun.cloudfront.net)


    終息に向かっているコロナですが、
    また寒い季節になると、また流行するとも言われています。

    そうなると・・・来年の選抜も・・・・

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2020/05/21(木) 18:11:17.84

    球児たちの“夏”も消えてしまった。日本高校野球連盟と朝日新聞社は20日、新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕・甲子園)と代表49校を決める地方大会の戦後初となる中止を発表した。

     今春のセンバツに続き、夏の甲子園・全国大会が中止となるのは史上初。Web上でもリアルタイムで一般公開されたオンライン会見に臨んだ大会会長の渡辺雅隆・朝日新聞社社長は「本当に悔しい思いだ」と述べ、日本高野連の八田英二会長も「断腸の思い」であることを強調した。

    ギリギリまで開催の方向を模索していたが

     会見でも明かされたように主催者側はどうにかして大会を開催する方向で模索していた。しかし前回の記事でも触れたように、現実的には大会開催を強行すれば数々の問題に直面することも浮かび上がり、大きなネックになった。

    (参考記事)夏の甲子園、開催阻む「コロナ」と「猛暑」「妬み」
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60523

     急展開の末に先週半ば過ぎにはほぼ中止として意見がまとまりつつあったとみられ、その流れを確実に固めたい一部の慎重派勢力が今大会主催者側の朝日新聞社、センバツを主催する毎日新聞社に反旗を翻す意味で両社のグループではないメディアにあえて情報をリークし、正式発表前となる15日早朝3時の時点で世に出させたとの怪情報もある。真相はどうあれ、正式発表の5日前に早々と「中止の方向で最終調整に入っている」と突発的に報じられた“奇妙なスクープ”は結果として、その通りになった。

     ただ、いずれにしても当初は夏の甲子園の開催に何が何でも漕ぎ着けたいという姿勢だったはずの高野連幹部がここにきて考えを大きく180度切り替えたのは事実。この日のオンライン会見でも八田会長が新型コロナウイルスの感染リスクに今まで以上に神経を尖らせながら「医学の専門家からも第2波、第3波が来るのは確実と言われている。完全に終息する見込みが立たない限り、私どもも(全国大会開催の)見通しが立たない」と及び腰になるように話していたのは、その慎重な姿勢の表れとみていいかもしれない。

    すでに一部に「2021年の春」を心配する声

     この発言からも察せられるのは、今年の春夏に続いて来年の甲子園・全国大会も開催が危ういのではないかという懸念だ。実際に高野連関係者の中には「少なくとも来年のセンバツ開催に関する100%の保証はとてもできない」と言い切る人物も多数存在する。

     八田会長が懸念していたように新型コロナウイルスによる「第2、3波」の感染拡大は、この先も警戒し続けていかなければならない。そして少なくとも今年と同じような時期に来年もまた感染拡大が起こり得ると想定すれば、2021年春のセンバツはまたしても2年連続で開催中止に追い込まれる危険性が避けられないだろう。

     これはもし*ると高校球界が、とんでもない“負のスパイラル”にハマってしまったのかもしれない。

     今年の夏の甲子園が中止決定となったことを受け、3年生球児たちの間からは「自分たちは一体、ここまで何のために練習を続けて来たのか。正直分からなくなってしまいました」などと絶望感を漂わせるような本音が数多く飛び出していた。自分たちの代で引っ張って来たチームは、とうとう春も夏も全国大会出場のチャンスがないまま幕引きだ。しかもそれだけにとどまらない可能性がある。1つ上の3年生がこんな切ない終わり方を強いられ、それを目の当たりにした2年生たちも来年、同じような境遇に追いやられてしまうかもしれないというのだ。夏の甲子園が中止になり、肩を落とす球児たちをなだめながら全国の指導者たちは先々がまったく見えない絶望感にもさいなまれているようである。

    2020年5月21日 12時0分 全文
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18293079/

    【高校野球】<大阪府の吉村洋文知事>甲子園中止に「考え直してもらいたい」「リスクを高野連がとってやるべきなんじゃないのか」★2 [Egg★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589977658/

    【速報!】<戦後初>「夏の甲子園」中止を決定!高野連会長、球児の健康第一に「苦渋の決断」★4 [Egg★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1590009527/


    【【高校野球/コロナ】<夏の甲子園中止>「来年の春夏も危うい!」コロナ終息への道筋が見通せない限り、甲子園の開催は難しい】の続きを読む


    関本太郎(せきもと けんたろう、本名および旧登録名:関本 健太郎(読み同じ)、1978年8月26日 - )は奈良県橿原市出身の元プロ野球選手(内野手)、野球解説者 、タレント。1997年に天理高校から阪神タイガースに入団して以降19年間在籍。この年数は、藤田平・川藤幸三に並ぶ球団歴代3位の長さである。
    43キロバイト (5,786 語) - 2020年5月12日 (火) 15:08



    (出典 pbs.twimg.com)




    優勝候補、履正社高校のキャプテン関本勇輔選手。

    今年活躍することでお父さんと同じくプロ入りの道が大きく開かれたと思います。

    観たかったな、関本が甲子園で躍動する姿・・・・。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/21(木) 21:50:00.40

    元阪神・関本賢太郎氏が20日、ラジオ番組『ラジオで虎バン』(ABCラジオ)に生出演。

    同日に発表された第102回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の中止について言及した。

    日本高校野球連盟(高野連)は同日、新型コロナウイルスの影響により夏の甲子園と地方大会の中止を決定したと発表。
    関本氏の長男で、昨年大会で優勝した履正社高校の3年生で、主将も務める関本勇輔さんも最後の夏を戦えない形になった

    西武・山川「俺が高校生ならやる気はでない」 OBからも続々反応、夏の甲子園の中止決定に賛否 吉村知事からは撤回要求も

    関本氏は「高校球児の父兄として話をさせてもらうと、いろんなことがあるのは百も承知ですけど本音は『やってほしい』。
    もうその一言に尽きます」と悲痛な心境を吐露。

    続けて、「春(の大会)がなくなって、なんとか夏に向けて気持ちを切り替えてやってる中で夏(の大会)も無くなると、
    (これから球児は)何を目標にして頑張っていけばいいのかなと思う」と球児の心情を察した。

    また、関本氏は中止決定直後の勇輔さんとのやりとりについても言及。
    関本氏は自身の口で直接勇輔さんに中止を伝えることはとてもできなかったというが、勇輔さんの方から「中止発表されてたなあ」と言われたという。

    しかし、関本氏によると勇輔さんはその後「自分の部屋に入っていって、そこから(しばらく)出てこなかった」とのこと。この光景に関本氏は「かける言葉がない。『切り替えて頑張れ』なんて軽々しく言えない」と非常に心を痛めたと語っていた。

    今回の放送を受け、ネット上には「部屋の中でずっと泣いてたのかなって考えると本当に辛い」、「球児はもちろんだけど、ずっと応援してきた親からしても相当ショックだよな」、
    「関本も球場でよく長男の試合を応援してたしやりきれないだろうなあ」といった反応が多数寄せられている。

    夏の甲子園の中止が発表された後、各高校では監督が直接選手に中止を伝えている。一部の高校では取材に入ったメディアによってその様子が伝えられているが、
    どの高校でも目に涙を浮かべ監督の話を聞く選手や、涙をこらえきれず手で顔を覆って泣く選手の姿が見受けられた。

    今回の中止を受け、20日に「考え直してもらいたい」、「高野連はリスクをとってやるべきではないか」とコメントした大阪・吉村洋文知事をはじめ、高野連に再考を求める声も挙がっている。
    果たしてこうした世論を受けて、高野連が中止を撤回することはあるのだろうか。


    http://dailynewsonline.jp/article/2348625/
    2020.05.21 19:50 リアルライブ



    (出典 Youtube)

    阪神タイガース 関本 賢太郎 応援歌


    (出典 hochi.news)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【高校野球】「部屋に入って出てこなかった」 元阪神・関本氏、夏の甲子園中止を受けた長男・関本勇輔(履正社)の様子に沈痛】の続きを読む

    このページのトップヘ