野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:原監督


    元木 大介(もとき だいすけ、1971年12月30日 - )は、大阪府豊中市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。野球指導者。 幼少時代は南海ホークスファンで、たびたび大阪スタジアムに足を運び、ホークス友の会に入会していた他、南海OBによって運営されていた少年野球チーム・ジュニアホークス
    28キロバイト (2,962 語) - 2020年5月25日 (月) 00:08



    (出典 i.daily.jp)


    2軍監督とヘッドコーチ!
    どちらも監督候補といえますよね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/02(火) 17:19:56.45

    巨人に「元木監督」は誕生するのか。昨季、5年ぶりのリーグ優勝に導いた原辰徳監督(61)が、まさかの“後継者問題”に自ら切り込んだ。任期は2021年シーズンまでで「ポスト原」の大本命は阿部慎之助二軍監督(41)ながら、元木大介ヘッドコーチ(48)の名前も浮上中。原監督、元木ヘッドが本紙に明かしたそれぞれの胸中は――。

    1日で最終回となった球団公式のインスタライブは、豪華ツートップの共演となった。撮影はめったに公開されない東京ドームの監督室で行われ、原監督と元木ヘッドが登場。指揮官は壁にズラリと額に収められた歴代監督の格言やサインを紹介しながら、不意にドッキリ発言を放った。

    「何か…ヘッドが次(の監督)を狙ってるって?」。ニヤリと笑った指揮官に対し、元木ヘッドは「いやいや…。(自分の額は)どこに張ればいいですかね?」と絶妙な切り返しを見せる場面もあった。

    本紙では今春キャンプ中に次期監督候補について阿部二軍監督を軸としながら元木ヘッドも急浮上と報じたが、これには後日談もあった。当の元木ヘッドは「東スポの記事で(自分が)監督どうのこうのって、バカか!」と笑顔で“ツッコミ”。本紙記者が「それだけ評価が高いんです」と返すと「高くねえわ!」と一笑に付した。

    しかし、実は原監督の考えはまるで異なるものだった。元木ヘッドは巨人一筋を貫いて現役を引退。長らくタレント活動も行ったが、指導者としての手腕だけでなく「生え抜き」という巨人軍監督としての“条件”も満たしている。今季からヘッドに抜てきした理由を原監督に直撃すると「私自身も1年間、彼に伝えて教育もしたつもりだから。信頼というものはお互いにあると思う」と説明。そして「元木ヘッドが監督候補になる可能性は?」との直球質問に対しては「十分あるでしょう。十分あるでしょう」と、うなずきながら2度繰り返した。

    そんな指揮官の意向を元木ヘッドに伝えたところ「東スポだから『あるよ』って言っただけだろ!?」とやはり意に介さなかったが、原監督の評価と信頼は絶大なものなのだ。

    この日のトークの終盤で、原監督はここまで元木ヘッドに采配を託していたことを初めて明言しつつ「練習試合、オープン戦、紅白戦。ヘッドが指揮を執った時はいつも負けてる感じがするよ。いつも阿部(二軍)監督の方が強いんだよな。練習等々は任せられても試合を任せるのはまだ早いかな。オープン戦はほとんどあなた。だから勝率が悪い(笑い)。よし、明日からは自分でやる。分からないことがあったら相談する。サポーターとしては最高!」と爆笑を誘ったが…。現状では阿部二軍監督がリードということなのか。今後も目が離せない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3290caad6e29ede01a2f54c4d2679e83db309a2f
    6/2(火) 16:30配信


    【【野球】巨人・原監督の後釜争い 阿部vs元木で一歩リードするのは・・・】の続きを読む


    com/article/detail/12973812/ ^ 巨人坂本「思い切って」2戦またぎ3打数連続本塁打日刊スポーツ 2016年11月2日閲覧。 ^ 【巨人】代打・坂本、値千金の逆転3ラン「内海さんに勝ちをつけたかった」スポーツ報知 2016年11月2日閲覧。 ^ 【巨人坂本、菅野ら4選手の個人タイトル獲得記念グッズ、5日から発売スポーツ報知
    74キロバイト (8,936 語) - 2020年5月11日 (月) 02:32



    (出典 baseballking.jp)


    まぁ・・・2番に坂本とかが入る打線だったら、
    初回にバントは無いですよね・・・w

    とにかく他球団にとっては脅威ですよね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 征夷大将軍 ★ :2020/05/14(木) 12:32:15.76

     巨人の原辰徳監督(61)は、今季も2番・坂本、3番丸、4番・岡本という打順の並びを「鉄板」と表現して絶大な信頼を寄せる。

     昨年は「初回に2点を取りにいく。初回にバントでアウト1個あげたら相手も楽でしょ。1死二塁でいいじゃない、となる」と超攻撃野球を掲げた。その象徴が2番・坂本だった。

     無死一塁、無死二塁で送りバントでなく、2番バッターの強打者が強振。投手の誰もが難しいと言われる立ち上がりで、相手バッテリーに重圧をかけた。

     その結果、昨年の巨人は総得点663点中、イニング別では初回が96点で最多だった。初回に犠打が記録されたのは、山本が2番スタメンの試合で記録した2度だけ。初回の得点は53試合あったが、うち27試合が原監督が掲げた「初回2得点以上」の複数得点。主に2番に入った坂本が40本塁打した打線は脅威だった。

     もちろん、原監督は送りバントを全くしない訳ではない。「1点を取にいく野球は(接戦の)終盤ならある」とチーム全員にその意識が浸透。1点の重みが増す試合終盤では主軸でも関係なく、送りバントのサインを出す。日ごろから主力選手もその時に備えてバント練習も丁寧に行っているため、いざ試合でバントのサインが出た時には坂本や丸はしっかりと決めて対応する。

     球界全体でも、2番に強打者が入ることが増え、初回無死一塁で2番打者が送りバントという野球は減りつつある。今年も原監督の柔軟な采配で巨人がリーグ連覇、日本一を目指す。

    スポーツ報知 2020.5.14
    https://hochi.news/articles/20200514-OHT1T50076.html


    【【野球】巨人・原監督は今年も初回に送りバントしない野球!昨季は1回に最多得点、2番は坂本が濃厚!】の続きを読む


    2014年12月9日閲覧。  ^ 「関知していない」と清武氏=原監督メッセージに反論-プロ野球 - 『時事ドットコム』2012年6月20日 [リンク切れ] ^ 原監督1億円問題、巨人軍の請求を棄却 東京地裁判決 朝日新聞2015年7月15日 ^ 巨人辰徳前監督の女性問題報道、文春の勝訴確定 産経新聞 2016年6月29日
    97キロバイト (12,963 語) - 2020年4月13日 (月) 08:54



    (出典 www.sankei.com)


    まぁスカウトは本当に大変だと思うよ。
    それで飯を食っているとはいえ、誰が活躍するなんて、ドラフトの時点では本当にわからないもんね・・・・。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/14(火) 13:13:03.55

    巨人が4月1日付で行った“異例の時期”の人事異動に、チーム内は震え上がっているという。

    「スカウト部長の長谷川国利氏(57)が、編成本部付部長へと配置換えになりました。事実上の更迭です」(スポーツ紙記者)

    長谷川氏は東海大相模―東海大卒業で、原辰徳監督(61)の直系の後輩。2018年オフの原監督の現場復帰に伴い、査定担当からスカウト部長に昇進していた。

    「原監督の甥っ子でもある菅野智之投手が、11年のドラフトで日本ハム入りを拒否して東海大で浪人していた時も、当時スカウト課長の長谷川さんが世話を焼いていた。
    今の巨人コーチの後藤孝志さんを東海大野球部に臨時コーチの肩書で送り込んだりしてね。アマチュア球界の裏も表も知り尽くした人物です」(同前)

    そんな“腹心”がなぜ、更迭の憂き目となったのか。

    「近年のドラフト上位が、ことごとくケガで戦力になっていない状況に、原監督がいら立ちを爆発させたともっぱらです」とはスポーツ紙デスク。

    「特に昨年のドラフトでは、即戦力の投手を1人も獲れなかった。ドラフト2位の太田龍投手(JR東日本)は右肩を痛めていたのが分かっていながら、原監督了解のもと、素質込みで指名したんですが……」(同前)

    案の定、太田は1月の自主トレ期間中から右肩の不調を訴え、実戦デビューは3月中旬まで遅れた。

    「原監督は投球を見て『社会人(出身)なんだから、あれくらいは2月1日に投げていてくれよ』と失望交じりに冷たく言い放っていた」(前出・スポーツ紙記者)

    原監督の「堪忍袋の緒が切れた」理由

    将来性を買って青森山田高から1位指名した堀田賢慎投手も右肘の故障が判明。靱帯再建手術を受けることになり、「監督の堪忍袋の緒が切れた」(同前)。

    前政権時代のドラ1指名は12年の菅野、13年の小林誠司捕手、14年の岡本和真内野手と主戦力として成長。だが、自身の降板以降は桜井俊貴投手、吉川尚輝内野手、鍬原拓也投手とみんな伸び悩んでいる。

    「他球団のルーキーの明るい話題を聞くたび、原さんは『ウチのスカウトは何をやってんだよ』と、ため息交じりに周囲にこぼすのがお決まりになっていました」(前出・スポーツ紙デスク)

    だが、巨人関係者はドラフトの舞台裏をこう明かす。

    「昨年は次期監督候補の阿部慎之助二軍監督のために、“素材型中心”で行こうと6人中5人を高校生で固めました。
    原監督も承知の上だったはずですが、国内FAで楽天の美馬学やロッテの鈴木大地など、即戦力の選手が思うように獲れなかったのが計算外でしたね」

    開幕が延びた分、若手の成長に期待したいところだ。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年4月16日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200414-00037142-bunshun-spo
    4/14(火) 11:00配信


    【【野球】激怒!巨人のスカウト部長を更迭!原辰徳監督の「堪忍袋の緒が切れた」理由】の続きを読む


    梨田 昌孝(なしだ まさたか、本名:梨田 昌崇(読み同じ)、1953年8月4日 - )は、島根県浜田市出身の元プロ野球選手(捕手)、監督、野球解説者、野球評論家。 1984年より登録名を「昌孝」としている。2004年シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズの最後の監督であり、選手、監督両方で同球
    44キロバイト (5,452 語) - 2020年4月2日 (木) 12:32



    (出典 www.nikkansports.com)


    野球界の多くの方が梨田さんへエールを送っています。
    梨田さんが元気に戻ってきてくれることを信じています。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 1号 ★ :2020/04/04(土) 12:57:38

     新型コロナウイルスに感染し、重度の肺炎で大阪府内の病院に入院している野球評論家の梨田昌孝氏(66)について3日、マネジメント会社の関係者は「(親族から)連絡があったが、状況はこれまでと変わっていません」と明かした。

     梨田氏は1日に新型コロナウイルスの感染が判明。集中治療室(ICU)に入り、自力で呼吸ができないために人工呼吸器を付けて治療を受けているという。巨人の原監督は「僕の大事な先輩の一人。大変心配しております。何と*べての力を集結して、早く元気になることを祈ります。本当に早く元気になっていただきたい」と話した。

    2020年04月04日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/04/04/kiji/20200404s00001173065000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【野球/コロナ】巨人・原監督、コロナ感染の梨田氏へ「何とかすべての力を集結して早く元気に」】の続きを読む


    2014年12月9日閲覧。  ^ 「関知していない」と清武氏=原監督メッセージに反論-プロ野球 - 『時事ドットコム』2012年6月20日 [リンク切れ] ^ 原監督1億円問題、巨人軍の請求を棄却 東京地裁判決 朝日新聞2015年7月15日 ^ 巨人辰徳前監督の女性問題報道、文春の勝訴確定 産経新聞 2016年6月29日
    97キロバイト (12,963 語) - 2020年3月18日 (水) 08:32



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    やっぱり子供たちに夢を与える仕事として、
    クリーンなイメージの仕事もしていかなきゃね!

    最近、野球選手があまりクリーンに見られないことが多いから・・・
    いや、昔からか。。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/03/18(水) 20:28:34

    巨人・原監督「特殊詐欺をシャットアウト!」兵庫県警がポスターに起用

     巨人は18日、兵庫県警が作製した特殊詐欺被害防止を目的とした広報啓発用ポスターに原辰徳監督が起用されたことを発表した。

     兵庫県警察本部生活安全企画課は、目的について「家族の絆の重要性を訴えて、特殊詐欺被害防止を図るため、
    あらゆる世代から認識されている著名人である読売巨人軍監督原辰徳氏を起用した広報啓発用ポスターを兵庫県防犯協会連合会と協働で作製し、
    県民の被害防止の意識を高めようとするもの」と説明。原監督、球団ともに社会貢献活動の一環として協力した。

     期間は「同日から当分の間」とされ、各警察署や公共施設、大型商業施設、スポーツ店などに掲示される。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-00000121-dal-base


    【【野球】反社ダメ!巨人・原監督が「特殊詐欺をシャットアウト!」詐欺被害を防ぐポスターに起用される】の続きを読む

    このページのトップヘ