野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:山口俊


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。 レギュラーシーズンにおける平成最後のノーヒットノーランを達成している。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に、第85回
    51キロバイト (6,842 語) - 2020年2月18日 (火) 10:37



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    山口は現在メジャーで活躍している田中将大、ダルビッシュ、前田健太らとはタイプがかなり違いますからね。

    少し長い目で見ていただきたいところですね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/02/25(火) 17:09:00.85

     ブルージェイズの山口俊投手が24日(日本時間25日)、本拠地でのブレー*とのオープン戦でメジャー初登板。先発するも2/3イニングで3安打3失点1四球のホロ苦スタートとなった。
    地元スポーツ局「スポーツネット・カナダ」は、チャーリー・モントーヨ監督の今後への期待のコメントを伝えた上で、順応の厳しさを報じている。

     山口は昨季巨人で15勝(4敗)をマークして最多勝を獲得。最多奪三振(188奪三振)、最高勝率(.789)とリーグ3冠の活躍だった。
    しかし、同局はこの日の投球を酷評。「ヤマグチは月曜日のブルージェイズデビューで、日本最高の投手の1人のようには見えなかった」と断じた。

     この日の山口は変化球がうまく変化せず、直球の制球も定まらなかった。記事によると、モントーヨ監督はこれを認めた上で「適応しているんだ。良くなるよ」と今後への期待を口にしている。
    しかし、一方で記事は「メジャーは開幕までの準備期間が短く、適応にさほど多くの時間をかけることはできない」とも指摘している。

     この状態のままでは先発ローテーション入りは厳しくなってくるが、山口は横浜(現DeNA)時代に救援の経験もあり、ブルペンでの役割も受け入れると以前に語っていたという。
    しかし先発を望むのであれば、「直球の制球、カーブを磨き、アウトを取らなければならない。月曜日に彼はそのどれもできていなかった」と厳しい現実を突きつけた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00700572-fullcount-base


    【【野球・MLB】悲惨!山口俊、1回もたずにKO!地元メディアから酷評「日本最高の投手の1人には見えなかった」】の続きを読む


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。 平成最後のノーヒットノーラン達成者。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に、第85回全国高等学校野球選手権大会へ出場したが、初戦で常総学院高等学校に敗れた。
    51キロバイト (6,771 語) - 2020年1月16日 (木) 02:00



    (出典 goodtime0909.com)


    最後までメジャーを貫くのもいいですし、日本に帰ってもう一花咲かせるのも良いと思います。

    その為にはまずメジャーで活躍しないとね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2020/01/24(金) 07:07:24

     米大リーグ・ブルージェイズでプレーする山口俊投手(32)が23日、巨人への恩返しを約束した。球団初となるポスティングシステムで、
    夢を後押ししてくれた古巣への感謝は深まるばかり。メジャーで成功することを大前提に、黒田博樹氏(44)のような“男気復帰”が将来的な希望に
    あることを打ち明けた。

     「一番は米国で成功すること。米国で成功した状態で戻ってきたい。最高の形でね。最後はいい形でジャイアンツに恩返しがしたいですね」。
    新たな挑戦へ向けた高揚感とともに、強くなっていく巨人への愛着。「背番号11を空けて残してくださった。うれしかったし、ありがたかったですから…」
    と原監督らの温かい配慮も心に響いたからだ。

     16年オフにDeNAからFAで加入。昨年は最多勝と最高勝率、最多奪三振の投手3冠とフル回転し、5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。
    「僕が一番、憧れる形。そういう選手生活を送りたい」と重ね合わせたのは同じ右腕のレジェンド・黒田だった。メジャーの巨額オファーを受けながら、
    愛する広島復帰を決断したのは選手生活の晩年。「100%、戦力として見てもらえる状態で恩返しをしたい」と志を高くした。

     この日から鳥取市内のトレーニング施設「ワールドウィング」で練習を開始。先発枠を勝ち取るため、新たな球種を習得中だ。右打者へのツーシーム、
    左打者にはカットボール。「内角のベルトあたりに食い込ませることができれば、かなり楽になるかな」とイメージを膨らませ、初めて捕手を座らせて
    11球を投げた。「今やるのは一年一年、勝負していくこと。その先に結果として、そういう理想像になるように…」。いつも心にジャイアンツ愛。
    実直な本格派は真っすぐに突き進む。(長田 亨)

     ◆広島・黒田の“男気復帰” 07年オフにFAでメジャー挑戦を決断し、ドジャースへ入団。ヤンキースとの2球団で計79勝をマークした。
    14年オフには約20億円ともいわれた巨額オファーを断り、約5分の1の条件で広島復帰。16年7月に史上2人目の日米通算200勝を達成するなど、
    25年ぶりの優勝に貢献した。同年10月に現役引退を表明。背番号「15」は永久欠番となった。

    報知新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-01230275-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球・MLB】山口俊、カープ黒田の“男気復帰”に憧れ!「米国で成功」し「最後は巨人に恩返し」】の続きを読む


    山口 (やまぐち しゅん、1987年7月11日 - )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。 平成最後のノーヒットノーラン達成者。 父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久。 柳ヶ浦高等学校1年時の2003年に、第85回全国高等学校野球選手権大会へ出場したが、初戦で常総学院高等学校に敗れた。
    51キロバイト (6,771 語) - 2020年1月16日 (木) 02:00



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    まさに山口節ですねwww

    これから活躍したら、もっともっと楽しい会見が期待出来ますね!

    ガンバレ「どすこい」さん☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2020/01/16(木) 10:39:37.20

     巨人からポスティングシステム(入札制度)で米大リーグのトロント・ブルージェイズへの入団が決まった山口俊投手(32)が15日(日本時間16日)、本拠地のロジャーズセンターで入団会見を行った。日本人メジャーリーガーの投手では初めての1ケタとなる背番号「1」のユニホームに袖を通し、笑顔を見せた。

     カナダでは英語と並んでフランス語も公用語とあって、「ハロー、ボンジュール、コンニチハ」とあいさつをしてスピーチを始めた山口。「My dream is to play MLB. I’m very glad to play Blue Jays.」などと英語のスピーチも披露した。

     会見の中では「僕は大和魂、根性でやってきたので、そこだけは負けないです」と力強く語って、強気な一面をアピール。さらにはメジャーで対戦したい打者を問われて「僕の中ではマーク・マグワイアで止まっている」と話して現地メディアの笑いを誘うと、父が力士だったことに触れられると「大人になるにつれて、失礼になるのかもしれないけどおしりを出すのが恥ずかしくなって野球の方がかっこいいと思って野球の世界に入りました」と話して、爆笑となった。

     背番号「1」を選んだ理由については「僕自身がずっと背負っていた11番と、1という番号を大事にしたかった。日本の場合、高校野球までは『1』がピッチャーのエース番号だったので選ばせていただきました」と説明した。

     11月のプレミア12終了後にメジャー挑戦を表明。複数球団が獲得に興味を示した中で、ブルージェイズと2年635万ドル(約7億円)+投球回などに応じた各年最高140万ドル(約1億5400万円)の出来高がつく契約を結んだ。先発には強いこだわりを見せているが、今オフに昨季14勝で最優秀防御率(2・32)の左腕・柳賢振をドジャースからFAで獲得。ブルワーズから昨季8勝のC・アンダーソン、レッズから10勝のT・ロアークらも加入して先発ローテ争いは激しくなっている。

     ◆山口 俊(やまぐち・しゅん)1987年7月11日、大分県生まれ。32歳。柳ケ浦から05年高校生ドラフト1巡目で横浜(現DeNA)入団。16年オフ、巨人にFA移籍。18年にノーヒットノーラン達成。19年は15勝4敗、防御率2・91で最多勝、最高勝率、最多奪三振などタイトルなどのタイトルを手にしてリーグVに大きく貢献。世界一に輝いたプレミア12にも出場。父は元幕内力士の谷嵐。これまでの通算成績は427登板、64勝58敗112セーブ、25ホールドで防御率は3・35。187センチ、98キロ。右投右打。

     ◆トロント・ブルージェイズ 1977年創立。モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)に次いで、カナダでは2つ目の大リーグチーム。89年に史上初の開閉式屋根を持つスカイドーム(現ロジャーズセンター)完成後に強化され、92、93年にワールドシリーズ連覇。2015年に22年ぶりに地区優勝を飾った。昨季は3年連続地区4位で67勝95敗は1980年以来の敗戦数だった。日本人在籍選手は大家友和投手、五十嵐亮太投手、川崎宗則内野手。監督は今季2年目となるC・モントーヨ。

    報知新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-01160055-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】ブルージェイズ・山口俊が大爆笑会見!「相撲はお尻を出すのが恥ずかしくなってやめた」】の続きを読む

    このページのトップヘ