野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:桑田真澄


    斎藤 雅樹(さいとう まさき、1965年2月18日 - )は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手(投手)、コーチ、監督(二軍)。現在は野球解説者。 サイドスローの投球フォームで1989年から1990年代中盤まで巨人投手陣を支え、2年連続20勝、11連続完投勝利を記録、平成初の沢村栄治賞を受賞し、史上
    32キロバイト (4,273 語) - 2020年5月10日 (日) 11:53



    (出典 i.daily.jp)


    まさにスーパーエース三本柱!!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/28(木) 08:08:51.16

    新型コロナウイルスの感染拡大で、延期になっていたプロ野球の開幕が6月19日に決まった。セ・リーグは連覇を目指す巨人、昨年2位に躍進したDeNA、オープン戦でセ・リーグ1位の阪神、昨年の雪辱を期す広島、高津臣吾新監督を迎えたヤクルト、7年連続Bクラスからの脱出を図る中日が凌ぎを削る。野球担当記者が話す。

    「120試合制で時間制限も検討され、過密日程も予想される今年は、先発の役割が例年以上に重要になるでしょう。昨年は原辰徳監督が上手くやり繰りし、巨人が5年ぶりの優勝をしましたが、戦力的に圧倒しているわけではない。どの球団にもチャンスがあると思います」(以下同)

    巨人は今年のオープン戦16試合でわずか2勝、最下位に終わっている。昨年、2ケタ勝利は15勝の山口俊、11勝の菅野智之の2人だった。勝ち頭の山口が抜けた今季、菅野を刺激するような若手が台頭してくることが、連覇の鍵となるだろう。

    V9時代には堀内恒夫と高橋一三、1980年代には江川卓と西本聖という2枚看板がチームを引っ張っていた。1990年代になると斎藤雅樹、槙原寛己、桑田真澄という“三本柱”が君臨。そのため、チームは安定した成績を残してきた。

    1987年限りで江川が引退し、翌年オフに西本が中日にトレードされ、元号が平成に変わった1989年、斎藤が前年の6勝から20勝と飛躍し、桑田が17勝、槙原が12勝を挙げる。巨人は日本一に輝き、3人は三本柱と呼ばれるようになる。同年からの10年間で、3人は計351勝。このあいだ、巨人は優勝を4回した。

    「実は、3人が揃って1年間、活躍したシーズンはほとんどありません。3人とも2ケタ勝利を挙げたのは1989年、1992年、1994年の3度だけです。このうち、2度は優勝しています。

    ただし、1989年はオールスター直後に槙原がケガで離脱。1992年は桑田がチームの10連勝や7連勝を止めてしまい、連勝ストッパーと呼ばれるほど絶不調に。槙原も優勝争いの9月、10月で1勝もできず、チームは2位に終わりました。1994年は3人ともシーズンを通して働き、中日との最終戦、同率首位決戦で槙原・斎藤・桑田のリレーで勝った。この年、“三本柱”の印象が強くなったのだと思います」

    優勝した1990年は槙原がケガで戦列を離れており、4位に沈んだ1991年は前年まで2年連続20勝の斎藤が9勝に終わった。1993年はリーグ最下位のチーム打率2割3分8厘という打線の不振もあり、斎藤と桑田が1ケタ勝利に。1995年5月には桑田がヒジを痛め、翌シーズンまで棒に振った。

    「広島との11.5ゲーム差をひっくり返した1996年は、桑田だけでなく槙原も夏場に離脱しています。この年は斎藤とガルベスが16勝で最多勝を分け合い、“メークドラマ”を達成した。1997年の開幕戦で、斎藤がヤクルトの小早川毅彦に3連発を打たれ、このシーズンから全盛期ほどの活躍はできなくなります。翌年は斎藤10勝、桑田16勝でしたが、槙原はシーズン途中から抑えに回った。3人が先発ローテーションに入っていたのは、この年の中盤までです」

    3人同時に活躍したシーズンが少なかったとはいえ、1989年から1998年までの11年間で見ると、2ケタ勝利は斎藤が8回、桑田が7回、槙原が6回。3人同時の2ケタ勝利は前述のように3回、2人同時は5回、1人だけは2回。少なくとも三本柱のうち、1人はエースの役割を果たしていたのだ。この10年で、巨人のBクラスは2回のみ。甲乙つけがたい“エース級”が3人いたことで、大崩れしなかった。

    「3人のうち1人ダメでも、2人残っているという安心感が、首脳陣にも本人たちにもファンにもあったのではないでしょうか。その象徴が1994年の10・8決戦。先発の槙原は打たれたが、斎藤と桑田が好投して勝った。日本シリーズでは、槙原が2勝してMVPになって雪辱を晴らした。1人のエースが10年間、ケガなく絶好調を続けられることは、まずない。3人の誰がエースかという議論もありますが、この数字を見ると、お互いがお互いを助け合っており、まさに“三本柱”という表現がピッタリ当てはまるのではないでしょうか」

    これまでの実績を踏まえると、今年の巨人で2ケタ勝利を計算できるのは菅野しかいない。もし菅野が崩れると、ガタガタと大型連敗の可能性すらある。1990年代のように三本柱を形成するのは難しくとも、2年目の高橋優貴や戸郷翔征のような若手の台頭に期待したい。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18323824/
    2020年5月27日 16時5分 NEWSポストセブン


    【【野球】エース3枚!巨人に斎藤、槙原、桑田の“三本柱”が揃っていた時代】の続きを読む


    Matt(マット、1994年7月18日 - )は、日本のミュージシャン、ブライダルモデル、タレントである。東京都世田谷区出身。有限会社Life is Art所属。本名:桑田 将司(くわた まさし)。 父は桑田真澄。兄は桑田真樹。叔父は桑田泉。 7歳の時、父が肘のリハビリのために弾いていたピアノの影響を受け音楽を始める。
    6キロバイト (545 語) - 2020年3月18日 (水) 01:48



    (出典 www.crank-in.net)


    野球の道に進んでいたら、かなり異色な選手になったんでしょうかね・・・w

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 臼羅昆布 ★ :2020/03/20(金) 15:33:36

    2020/3/20 14:42
    https://www.crank-in.net/news/75051/1

    元プロ野球選手・桑田真澄の次男で、タレント・ミュージシャンのMattが20日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系/月曜?金曜12時)に出演。
    小学校の6年間は野球をしていたことを明かし「才能があった」と言い放つ一幕があった。
    番組初登場にして初対面となるMattについて、司会の黒柳徹子は開口一番「いやぁ…ほんとに独特な、お特異な美貌で」と表現。
    番組収録直前には2ショットも撮影したとのことで、Mattと“Matt化”された徹子の姿が写真で公開されるという展開に。
    黒柳の“Matt化”についてMattは「全然、変わらないんです徹子さん!どこを直せばいいんだろうと思って」とコメント。
    さらにMattは「こんな2ショットが撮れると思わなくて、すごく嬉しいです」とその喜びを言葉にした。
    黒柳はMattの父がプロ野球選手として活躍した桑田であることに触れると、Matt自身の野球の経験について質問。
    これにMattは「小学校6年間やりまして」と答えるものの「野球あんまり好きじゃなくて」と振り返った。
    Mattは「同時に音楽もやっていて、ピアノとバイオリンをやっていたので」と語ると「中学に上がる時に、父から“音楽と野球どっちにする?”
     と質問されたので、僕はすぐに“音楽”と答えて、その道に進むことになりました」と語った。
    これに黒柳は「野球をやってみてどうでした?」と質問すると、Mattは「すごい才能があったんですけど」とキッパリ答え、
    「足も速くて、運動神経もいい方だったんですけど、魂的には音楽をやりたいという方が強くて、スポーツにはいかなかったですね」と話した。
    さらにMattは幼い頃から絵が得意でアクリル画を描いていたことも明かし「その筆が今、顔にきた感じで、縁を描いている感じです」と語った。
    芸能活動をスタートさせて3年がたつMattは、これまでは美容の仕事が中心だったが、今後は音楽を中心に活動していきたいと話し、
    さらにピアノとの出会いは、幼少期に父が肘のリハビリでピアノを弾いていたことがきっかけだったことも明かしていた。


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)

    画像


    【【野球/徹子の部屋】桑田真澄の息子Matt「野球の才能はあった」 黒柳徹子とのMatt化ツーショットも公開】の続きを読む


    桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。弟はプロゴルファーの桑田泉。長男は桑田真樹。次男はタレントのMatt。 PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引した。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた。
    107キロバイト (16,014 語) - 2020年2月24日 (月) 08:39



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    あくまでもセンバツはセンバツ、
    夏の大会は全く別のものという考えですかね。

    まぁいろんな考えがあると思います。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/12(Thu) 08:36:29

    19日に開幕予定だった第92回センバツ高校野球大会の臨時運営委員会が11日、
    大阪市の毎日新聞社で開かれ、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、1942~46年の戦争による中断を除き、史上初めて中止になることが決まった。
    4日には無観客で開催する準備を進める方針を示していたが、主催者は選手の健康と安全を第一に考えて1週間で方針を転換。
    PL学園卒・桑田真澄氏は「春と夏は別の大会なので、夏の大会に何かアドバンテージを与えるというのはちょっと違うように感じます」と語った。

     * * *

    努力して秋の大会で好成績を残し、甲子園出場を決めた選手たちにとっては、本当に残念で悲しすぎると思います。
    しかし、今回の決定はコロナウイルスの感染拡大を防ぐための判断です。今の状況を考えると、しょうがないと思います。
    感染者や医療従事者など、当事者の方々を思いやるとともに、スポーツは世の中が平和であってこそできるものだと学んでほしいです。

    選手たちの気持ちを考えると、何か救済してあげたいとは思いますが、いい案が浮かびません。
    ただ、春と夏は別の大会なので、夏の大会に何かアドバンテージを与えるというのはちょっと違うように感じます。
    体調管理に努めながら、さらに実力を伸ばし、夏の甲子園出場を勝ち取ってほしいです。(PL学園で甲子園春夏通算20勝、スポーツ報知評論家)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-03120023-sph-base
    3/12(木) 7:00配信


    【【高校野球】桑田真澄、センバツ中止でも夏の出場権はNG!「救済してあげたいが夏のアドバンテージは違う!」】の続きを読む


    桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。弟はプロゴルファーの桑田泉。長男は桑田真樹。次男はタレントのMatt。 PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引した。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた。
    107キロバイト (16,014 語) - 2020年2月24日 (月) 08:39



    (出典 sun-tv.co.jp)


    片岡さんのチャンネル、何気に凄いですね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/26(水) 09:08:53


    (出典 Youtube)

    桑田真澄の裏金事情はいかに!?巨人の1軍で登板までのエピソードを聞いてみたよ!

    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php
    https://cdn.findfriends.jp/img.sp.baseball/show_img.php

    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 Youtube)

    ジャイアンツ 桑田選手 応援歌


    (出典 Youtube)
    &t=63s
    1992 桑田真澄 8 完封&自らホームラン打つ


    【【野球】桑田真澄の裏金事情はいかに!?巨人の1軍で登板までのエピソードを聞いてみたよ!※片岡篤史チャンネル】の続きを読む


    桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。弟はプロゴルファーの桑田泉。長男は桑田真樹。次男はタレントのMatt。 PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引した。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた。
    106キロバイト (15,985 語) - 2020年1月8日 (水) 04:22



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    親が息子に「きれい」といってあげる感覚、凄いですね。
    そこには強い家族愛があるんだろうなと思います。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/17(金) 06:28:18


    (出典 image.news.livedoor.com)


    桑田真澄と息子のMattが、1月14日放送の『ノンストップ』(フジテレビ系)で親子の関係を語った。

    桑田はMattのメイクについて「今はきれい。でも俺の歳になったらどうする? 不安に思うときもあるのでうまく進化してほしい」とエール。

    Mattは桑田に「もっとテレビに出てほしい」とコメント。桑田は「野球は自信があるけどそれ以外はない。Mattが言うなら、今年は増やしたい」と語っていた。

    桑田がMattを怒ったことは1回だけだという。

    小学5、6年生の頃、なにかで怒られたMattはトイレに入り、「出たら怒るから出ない」と鍵をかけてこもってしまった。桑田が「怒らないから出ておいで」と声をかけると、ようやく出てきたという。

    2人は1月13日におこなわれたコカ・コーラの「オリンピック観戦チケットキャンペーンボトル」のイベントで共演。桑田は「僕は非常に楽しかったですし、一緒にできてうれしいなと思います」と感謝していた。

    その際、Mattへのアドバイスとして「トークを磨くには大阪のノリが必要ですので、少しずつ大阪弁も教えたい」と話して、笑いを誘っていた。

    昨年末の『紅白歌合戦』で天童よしみのバックでピアノを披露するなど、多方面で活躍するMatt。再びの親子共演に期待したい。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17675627/
    2020年1月17日 6時0分 Smart FLASH


    (出典 Youtube)

    ジャイアンツ 桑田選手 応援歌


    【【野球】桑田真澄、息子のMattに「今はきれい!でも俺の歳になったら……」】の続きを読む

    このページのトップヘ