野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:田淵幸一


    田淵 幸一(たぶち こういち、1946年9月24日 - )は、東京都豊島区出身の元プロ野球選手(捕手、内野手)・指導者(監督、コーチ)、野球解説者、野球評論家、タレント。阪神タイガースOB会会長(第6代)。 株式会社タブチエンタープライズ所属(生島企画室にも業務提携で在籍)。ニックネームは「ブチ」
    59キロバイト (8,077 語) - 2020年2月21日 (金) 12:08



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    花粉・・・・・本当に苦しい。

    花粉症が日本に存在しなければ、あらゆる仕事の効率がアップするでしょう。

    多くの野球選手も苦しんでいますからね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/05(木) 15:22:49.16

     プロ野球オープン戦たけなわの今日この頃だが、ご存じの通り3月15日までの残り全試合が無観客で行われるなど、新型コロナウイルス感染拡大の影響は球界にも広がっている。
    いったいシーズンはどうなるのか……とファンにしたら気が気ではないが、ここにもひとり、新型コロナウイルスが及ぼしたある事態に気を揉む偉大な球人がいる。
    1月にエキスパート表彰で野球殿堂入りを果たした、通算474本塁打の田淵幸一さんである。

    「何せマスクが見つからないんだよ。どこの薬局に行っても全然売っていない。新型コロナも大変だけどさ、この時期(2月半ば)にマスクがないのは花粉症の身にとっては本当に辛いのよ」

     実は田淵さんは約40年来の花粉症患者である。
    筆者が子供の頃の昭和50年代末期、西武の主砲だった田淵さんが春先になると花粉症に悩まされるという話を知り、
    子供ながらに「そんな不思議な病気があるのか!」と驚いた。
    同じように田淵さんがきっかけで「花粉症」のワードが脳裏に刻み込まれた人は結構多いはずだ。
    今や日本人の4人に1人が患っていると言われる国民病で、毎年2月から4月までテレビの天気予報と共に花粉情報が流れるほど春先の風物詩となった花粉症だけど、その当時患っていた人は少なかった。その一人が田淵さんだったのだ。

    田淵さんの花粉症発症の瞬間

    「あれは忘れもしない昭和57年2月の高知・春野のキャンプ。
    ある時、熱はないのに鼻水が止まらなくて、頭がやたらとボーッとする日が何日も続いたわけ。
    変な風邪だなあ、おかしいなあと思っていたんだけど、その年は新しく広岡(達朗)監督になったばかりで、練習を休むと1日1万円の罰金を払わないといけない。
    だから無理して練習に出ていたんだけど、もう限界ってことで3日くらい休ませてもらったんだ。
    宿舎で横になっている時はいいけど、立ち上がると鼻水がダーッと垂れてくる。
    もう1日中その繰り返しで、今でも2月になると当時のイヤな思い出が蘇ってくるよ。広岡さんは広岡さんで“自己管理がなっとらん!”的なことを新聞記者に話す*(笑)」

     前年まで指名打者専門だった田淵さんはその年、広岡新監督の「田淵も一塁を守るように」との命により張り切っていた。
    2月6日のスポーツニッポン一面には【ホント!? 「名一塁田淵」広岡監督絶賛】の見出しとともに、プロ入り14年目にして初めて一塁手として特守を受けた旨の記事が載っている。
    前年のキャンプでは練習時間1日2時間半、食事は焼肉モリモリ、体重は96キロ。
    休日はゴロ寝か外出、グローブは1個だけ持参していた。
    ところがその年は心機一転、毎日4時間半の猛練習、食事は玄米を中心とした自然食。体重は88キロまで絞り、休日はビデオで相手投手の研究。ファーストミットは実に4個も用意する気合いの入れようだったのだ。

     しかしスポニチによると21日の練習で前日からの風邪が悪化し、翌22日から3日間完全休養。
    25日の同紙には
    “熱はないし鼻カゼ程度。
    疲れのためか回復力が弱っているので休ませた方が――と報告した”(辻野トレーナー)
    “ヤル気になったらやれないことはないが大事を取って休ませてもらった。明日は何が何でも出ます”(田淵さん)というコメントが載っている。これが田淵さんの花粉症発症の瞬間である。

    3/5(木) 11:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00036443-bunshun-spo

    http://npb.jp/bis/players/71773828.html
    成績

    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】悲痛!田淵幸一は花粉症で引退した男だった!“鼻水との長い戦い”】の続きを読む


    田淵 幸一(たぶち こういち、1946年9月24日 - )は、東京都豊島区出身の元プロ野球選手(捕手、内野手)・指導者(監督、コーチ)、野球解説者、野球評論家、タレント。阪神タイガースOB会会長(第6代)。 株式会社タブチエンタープライズ所属(生島企画室にも業務提携で在籍)。ニックネームは「ブチ」
    59キロバイト (8,023 語) - 2020年2月3日 (月) 15:09



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    盟友である星野仙一さんと山本浩二さん。
    星野さんを亡くし、山本さんには長生きしてもらいたいという思いなんでしょうが。。

    いつもメディアの前では明るく振る舞われている田淵さんですが、
    つらい1年になったんでしょうね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/09(日) 14:14:27

    野球解説者の田淵幸一氏(73)が9日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に生出演。
    7日に約10カ月ぶりに公の場に姿を見せ、がんで闘病していたことを告白した法大時代の同期・山本浩二氏(73)についてコメントした。

    山本氏は肺がんと膀胱がんを患い、昨年だけで計4度の全身麻酔を伴う大手術。
    田淵氏は18年に亡くなった盟友・星野仙一氏の名前も挙げ「昔からタバコやめろと言ってきたけど、星野と山本は絶対にやめなかった。
    (山本氏から)連絡ないなと思ったら肺がん。次は膀胱がん。
    昨年はひどい年だった」と話した。

    田淵氏によると、山本氏は闘病で20キロやせたという。
    番組MCの関口宏(76)が「これからいろんなことをやって元気になってもらえれば」とコメントすると、
    田淵氏も「これからは大丈夫だと思う」と“ミスター赤ヘル”の完全復活を願っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00000134-spnannex-base
    2/9(日) 9:51配信


    (出典 Youtube)

    広島.山本浩二2000本安打達成.巨人-広島


    (出典 Youtube)

    広島東洋カープ!工藤公康VS山本浩二 現役最終打席!!


    【【野球】悲痛!田淵幸一、がん告白の盟友・山本浩二に「昔からタバコやめろと、昨年はひどい年だった」】の続きを読む


    田淵 幸一(たぶち こういち、1946年9月24日 - )は、東京都豊島区出身の元プロ野球選手(捕手、内野手)・指導者(ホークス元監督、コーチ)、野球解説者、野球評論家、タレント、阪神タイガースOB会会長(第6代)。 株式会社タブチエンタープライズ所属(生島企画室にも業務提携で在籍)。ニックネーム
    58キロバイト (7,908 語) - 2020年1月14日 (火) 12:25



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    虎と獅子の打線で4番を任され、『うねり打法』で本塁打を量産した田淵幸一が殿堂入りです。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 すらいむ ★ :2020/01/14(火) 15:07:19

    田淵氏ら3人が野球殿堂入り

     今年の野球殿堂入りが14日発表され、阪神、西武で通算474本塁打を放った田淵幸一氏(73)、東京六大学リーグで慶応大、早稲田大の監督としてライバル対決を盛り上げた故前田祐吉氏、故石井連蔵氏が選ばれた。

    共同通信 2020/1/14 15:03
    https://this.kiji.is/589696714266068065

    関連
    【】“最強助っ人”元阪神のランディ・バースは今度こそ14日発表の野球殿堂入りを果たせるのか?614試合 .337 202本 486打点 
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578717152/


    【【野球】祝!元阪神・西武の田淵幸一が殿堂入り!!通算474本塁打の「虎獅子の打てるキャッチャー」】の続きを読む

    このページのトップヘ