石川 (いしかわ しょう、1999年12月14日 - )は、東京都板橋区出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。 小学2年生の時に東板橋リトルで外野手として野球を始め、中学生時代は板橋シニアで投手兼外野手としてプレーした。当時、投手としてはチームでも2、3番手と言うレベルだった。
13キロバイト (1,766 語) - 2020年2月1日 (土) 05:30



(出典 dot.asahi.com)


プロなので、、
野球に対して、努力したり頑張ったりするのは当然の義務。

それは当たり前なんだけど、逆に「いかにサボるか」

すごく誤解されるかもしれないけど、長く野球を続けるにあたって、上手にサボって身体をケアすることは必要なことなのかもしれませんね。

野球の道は虹色に輝く
管理人:kanpabelle

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/08(金) 21:37:21.15

中日・石川翔投手(20)は、けがをしないことを最優先に自主練習に取り組んでいる。

入団後も右肘のけがなどに泣かされてきただけに、投球練習も少しセーブして投げている。

昨年まで在籍した松坂(西武)から「いかにサボるか」と助言されたこともあり、
8日の代表取材では「小笠原さんとかそういうのがうまいと思うので、観察するようにしている」と先輩左腕をお手本にしていることを明かした。

入団3年目。同じ高卒の同期、清水と山本は昨年プロ初勝利を挙げている。

「あの2人よりは自分が1軍に上がったときは、大きなインパクトを与えられると思う」と言葉に力を込めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/afca5d9abd79d4ab595d85460033c8e513b13f2e
5/8(金) 21:21配信


(出典 kyun2-girls.com)



(出典 kyun2-girls.com)


【【野球】松坂大輔から「いかにサボるか」の助言、けがに泣かされてきた中日・石川翔の胸に響く言葉】の続きを読む