野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:笠原将生


    を受けた。オフの11月7日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出されたことが発表された。 2015年はリリーフで20試合に登板。10月5日、球団が福田聡志が野球賭博に関与していた事を発表。その時点で笠原は、福田を賭博常習者と疑われている知人に紹介したものの直接賭博には関わ
    24キロバイト (3,008 語) - 2020年2月5日 (水) 00:46



    (出典 portal.st-img.jp)


    さて、どうなんでしょうかね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2020/03/17(火) 06:32:00

    元巨人・笠原将生氏が15日、自身のツイッターに投稿。プロ野球ファンに波紋を広げている広島・菊池涼介の女性トラブルについて言及した。

     今月3日に結婚が明らかになった菊池は14日、交際時期は明らかにされていないが、以前交際していた女性から8000万円の慰謝料を請求されたことを不服として、東京簡易裁判所に調停申立書を提出したことが、『AERAdot.』(朝日新聞社)の報道により発覚。

    記事によると、交際女性は「菊池氏から恋愛感情を述べられた」、「好きでなければホテルに呼ばないと告げられた」、「都合よくホテルに呼ばれ、弄ばれた」などと主張しているという。

     また、記事内には同誌の取材に対し、「今シーズンの開幕も目前ですし、妻の出産も近い。コロナ問題がありますが、侍ジャパン、東京五輪もある重要な時期です。法廷で争うことで名前も公になり、恥ずかしい思いもしますが、逃げ隠れせず、裁判所の常識ある判断で解決をしてもらおうとの考えに至りました」と菊池本人が語ったコメントも掲載されている。

     この一件について笠原氏は、「女性本人が付き合っているのか疑問に思うくらいならわざわざ毎回ホテルに行かず、付き合ってるかちゃんと確認できたんやないかな?」と指摘。また、「この女性は割り切った関係で菊池選手と会っていたはず」と推測してもいる。

     笠原氏の投稿を受け、ネット上のファンからは「絶対金目当てな気がする、仮に菊池が悪いとしても8000万はふっかけすぎ」、「身から出た錆だろ、知名度ある立場のくせに脇が甘すぎるわ」、「不倫か浮気か知らんが、軽率に関係持つこと自体がダメだろ」、「笠原の考えはおかしい、割り切った関係なら不貞行為も許されると思ってるの?」、「まあ不倫をネタにされて1億払った奴も過去にはいるからなあ」といった反応が多数寄せられている。

     球界では2012年、巨人・原監督が現役時代の女性トラブルをネタにゆすってきた元暴力団員の要求に応じ、2006年に1億円を払っていたことが発覚し、騒動になったことがある。今回菊池が請求された額は、原監督の一件に匹敵する額だが、果たして今後の展開はどうなるのだろうか。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17972509/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【野球】暴露!元巨人・笠原、広島菊池の女性トラブル「女性は割り切った関係」】の続きを読む


    侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表 (2016年2月15日). 2016年2月17日閲覧。 ^ “【DeNA】筒香、史上初の3戦連続2発!「ポケモンGO」よりすごいモンスター「GO」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月23日). http://www.hochi.co
    46キロバイト (5,761 語) - 2020年2月2日 (日) 04:45



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    まぁ日本人の野手がメジャーで大活躍するのはそうとう難しいのは事実ですからね。

    どのくらい出来れば成功と考えるか、というのもあります。

    酷評を跳ね返すように、筒香選手には頑張ってもらいたいですけどね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/11(火) 08:06:15.28

    2015年に起こした野球賭博事件での解雇・無期限失格処分を経て、現在はユーチューバーとして活動する元巨人(2009-2015)の笠原将生氏。
    その笠原氏が9日にアップしたユーチューブ動画が、ネット上のプロ野球ファンの間で物議を醸している。

    笠原氏は同日の動画内で、今オフメジャーに移籍した3名の日本人選手が移籍初年度に残す成績を予想。

    このうち、元横浜(2006-2016)・巨人(2017-2019)の32歳・山口俊(現トロント・ブルージェイズ)に対しては「10勝8敗・防御率3.70」、
    元西武(2011-2019)の31歳・秋山翔吾(現シンシナティ・レッズ)に対しても「打率.300・10本・180安打・20盗塁」と、それぞれ期待を込めて予想をしていた。

    問題となっているのは、残る1名である元DeNA(2010-2019)の28歳・筒香嘉智(現タンパベイ・レイズ)についての予想。

    笠原氏は3名の中では最年少である筒香に対し「正直、メジャーで活躍できないと思う」とした上で、「ホームランが15本ぐらい、打率は.250もいけないと思うな」と予想。

    続けて、「ひょっとしたらレギュラーも獲れないと思うんですよ、筒香選手に限っては」と、山口、秋山とは違いレギュラーの座も危ういのではと危惧した。

    筒香を酷評する理由について、笠原氏は「自分と対戦(して)した時と比べて、筒香選手は体のキレがすごくなくなった」と、
    同じセ・リーグに身を置いた2010~2015年と比べ、現在の筒香は打撃面での瞬発力、対応力が衰えていると指摘。

    その上で、「メジャーのボールって手元で動くってよく言われてますけど、それに対応できるかなっていう(ところが不安)。
    ボールを引き付けて、体をくるっと回すことができれば打てるとは思うんですけど、2017年から見てて(昨年は特に)体のキレがすごく悪くなった」と、
    メジャーで主流となっているツーシームやムービングファストといった動く直球には対応できないのではと述べた。

    今回の動画を受け、ネット上のプロ野球ファンは「まだ始まってもない段階で何決めつけてるんだ」、
    「メジャー経験の無い笠原に言われても説得力が無い」、「球界から追放された奴が偉そうに語るな」と反発。

    一方、「自分も筒香が一番厳しいと思う」、「日本でもストレートに苦戦してる筒香が、メジャーで打てるとは到底思えない」、
    「ホームランに関しては15本もいかないんじゃないか?」と笠原氏に同調する声も少なからず見受けられた。

    「メジャーの投手は日本と比べて平均球速が早く、2017年には150キロ台に突入してもいます。そのため速い球、とりわけ動く直球への対応は必要不可欠と言えますが、
    昨年の筒香の球種別打率を見ると直球の打率は『.238』。2度の死球や首の張りなどといった故障もあったとはいえ、日本でもこれだけ直球に苦戦していることを考えると、メジャーでも対応に苦慮する可能性は高いと言わざるを得ません」(野球ライター)

    動画内では筒香の成績を「ホームラン15本、打率は.250いくかいかないか」と予想している笠原氏。果たして、実際の筒香の成績はどのような数字となるのだろうか。

    文 / 柴田雅人

    記事内の引用について
    笠原将生氏の公式ユーチューブチャンネルより
    https://www.youtube.com/channel/UCGOKBW_5opgTMC1mJR_fERQ


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    http://dailynewsonline.jp/article/2188581/
    2020.02.10 19:00 リアルライブ


    【【野球】酷評!元巨人・笠原、レイズ筒香は「活躍できない」「レギュラーも獲れない」メジャーに挑む大砲に厳しい意見】の続きを読む

    このページのトップヘ