選抜高等学校野球大会(せんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、毎年3月下旬から4月にかけて兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる日本の高校野球の大会である。略称はセンバツ。通称は「春の大会」「春の高校野球」「春の甲子園」ともいわれる。英文名称はNational High School Baseball
154キロバイト (18,643 語) - 2020年2月21日 (金) 14:42



(出典 number.ismcdn.jp)


練習をしている学校と、していない学校・・・・。

どう考えてもコンディションに差が出ますよね。。。

厳しい・・・、状況はそうとう厳しいです。。

野球の道は虹色に輝く
管理人:kanpabelle

1 鉄チーズ烏 ★ :2020/02/29(土) 07:13:26

2/29(土) 6:00配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200229-02280260-sph-base

 新型コロナウイルスの感染拡大は、第92回センバツ高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)にも深い影を落としている。政府が大規模イベント自粛の方針を示したため、開催自体が不透明。3月2日から春休みまでの臨時休校要請も加わり、選手の活動にも影響が出てきた。安倍晋三首相の呼びかけから一夜明けた28日、出場する32校の関係者は対応に追われた。なお、この日からセンバツ大会のチケットが発売された。

 甲子園という夢の舞台に向けて、選手にはしっかりと準備をさせてあげたい。一方で、健康を最優先に考えることが求められている。臨時休校の要請を受けての各校の様々な対応に、関係者の苦悩が表れていた。

 休校イコール、基本的には部活動も停止。文部科学省も部活の自粛をこの日、要請した。公立校の県岐阜商は、校長が3月2日からの休校と部活動を禁止することを命じた。「感染の拡大を防ぐための措置として受け止めている。高野連(日本高等学校野球連盟)からの連絡もない段階で、こちらで勝手に判断はできない」と関係者は話す。一方、同じく公立で21世紀枠として初出場を決めた帯広農(北海道)は、同3日から臨時休校とするものの、全国大会を控える野球部は、外部との接触を避けながらの練習を認めた。

 休校しても、全国大会に出場する部は練習OKという形を取るのは、ほかに日本航空石川、明徳義塾(高知)など。白樺学園(北海道)は「集団練習を極力避ける」、東海大相模(神奈川)は「規模を縮小して寮生のみで」という条件のもと活動する。ただ、そのような学校でも、合宿や3月8日に解禁される練習試合の予定はキャンセルになっており、調整に狂いが生じるのは間違いない。

 対照的に「授業、部活ともに通常通り」なのが国士舘(東京)。天理(奈良)も「今のところは予定通り」。21世紀枠で初めて出場する県立校の平田(島根)は「県で休校の決定はなく、15日の練習試合は中止にするも予定通り」としている。

 現時点での大きな流れは活動の規制。しかし、3月4日に開かれるセンバツの運営委員会で示される内容によっては、正常化に向かう可能性もある。「2~4日は練習を休み、その後は運営委員会の判断による」という仙台育英(宮城)など、いくつもの学校が動向に関心を寄せる。

 前出の県岐阜商OBで、就任からわずか2年で母校を5年ぶりのセンバツに導いた鍛治舎巧監督(68)は、現実と向き合いつつ静かに語った。「我々が判断することではなく、冷静に受け止めるしかない。それでも、4日に何らかの方向性が示されれば、再考することになるかもしれない」。出場校の今後を大きく左右するであろう「3・4」。どのような判断が下されるか注目したい。(浜木 俊介)


【【高校野球】センバツ出場32校中7校が練習自体を中止!新型コロナによる部活動自粛要請、ぶっつけ本番で甲子園!?】の続きを読む