野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:藤浪晋太郎


    江本 孟紀(えもと たけのり、1947年7月22日 - )は、高知県香美郡土佐山田町(現:香美市)出身で、高知県高知市育ちの元プロ野球選手(投手)、元政治家、野球解説者。 愛称は「エモやん」。現役時代の通算24ボークは日本記録。 現役引退後は野球解説者、野球評論家、政治家、タレント、俳優、実業家として活動している。
    73キロバイト (10,533 語) - 2020年5月27日 (水) 06:59



    (出典 wpb.shueisha.co.jp)


    野球人生を変えた移籍

    (出典 Youtube)


    2軍降格は時代錯誤。
    罰金処分かトレード!

    なるほど、江本さんらしい考え方ですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ニーニーφ ★ :2020/05/30(土) 17:22:18.89

     阪神の藤浪晋太郎投手(26)が5月29日、遅刻を理由に2軍降格となった。
    3月26日に、“球界第1号”という嬉しくない形で新型コロナウイルス感染が判明。
    決して褒められない会食に参加したうえでの感染だけに「軽率だった」と反省の弁を述べていた。
    野球で失地回復を期していたところに再びの“ガッカリ”事案。昨年未勝利の右腕の無期限2軍行きが決まったが、評論家からは、「その処分は間違い」といった指摘の声があがっている。

     ***

     阪神の矢野監督は今回の処分について、こう明かしたという。

    「練習に遅刻してきたんで、昨日。新たにみんな頑張ろうという中で練習に遅れてくるというのはこっちとしてもすごく残念やし、全体の信頼を失うようなことだった。
    ここ(1軍)にいてみんな同じ気持ちでやっていくのが難しいという判断。人なんでミスもあるけど、これが初めてじゃないので」

    「初めてじゃないので」の言葉がなんとも痛く響くのだ。
     藤浪はコロナ禍の3月14日、大阪市内の知人宅での会食に参加。21日に「匂いを感じにくい」と自覚症状を訴え出た。そして26日、PCR検査を受けた結果、陽性判定。
    入院→自宅待機を経て4月24日に2軍自主練習に合流し、再起を誓っていた矢先だった。

     そもそも、7年目だった2019年シーズンは初の勝利ゼロ。それだけに期するものが大きかったはずだが、遅刻は空回りというよりは自己管理の甘さそのもの。矢野監督も堪忍袋の緒が切れた格好のようだ。

     これについて、阪神OBで評論家の江本孟紀氏はこんな評価をする。
    「練習に遅れるとか門限に間に合わないとか無断外泊とか、そういった違反にたいするペナルティは、我々の時代、罰金でした。
    2軍に行かせるっていうのは正直どうなの? って感じがしますね。教育的指導の観点からそうするわけですが、果たして今どきその効果があるのか、疑問を感じますね」

    「プロはカネを稼いでなんぼという*べてはカネで評価される世界ですから、罰も罰金が適当だと思うんです。僕らの頃はたとえば1度やると3万円、2度目は6万円、さらに重なると10万円とどんどんあがっていって、これは結構キツいんですよ(笑)」
     
     真綿で首を締めるような苦しさに耐えかねて、自己管理を徹底することになるのだという。

     また、あるプロ野球関係者によると、
    「藤浪はイップス、つまり精神的な原因により平常の動作に支障を来たす症状に罹患しているのではという指摘もあります。実はイチローも高校時代にイップスに苦しんだと明かしているんです。
    仮にイップスが事実だとして、この2軍落ちでさらにプレッシャーを感じるようなことになれば、見せしめ効果と本人の猛省を促そうという球団の狙いがお門違いということになりかねないですね」

     「確かにミスというかチョンボというか、ホメられないことが続いているけれど、あんまり感情的になるのはよくないですよ」
     と、再び江本氏。

    「あれだけの素質があって、素晴らしいボールを放れるピッチャーです。それを阪神は生かし切れていないように映りますね。ケチをつけすぎるというのかなぁ。
    そろそろ環境を変えるタイミングが来たのかもしれません。水が合う合わないというのはどうしてもあります。僕の場合はすぐにどんどんトレードに出されましたからね、よくわかるんです(笑)」

     確かに江本氏は、東映フライヤーズ(1971)→南海ホークス(1972~1975)→阪神タイガース(1976~1981)といった具合だ。加えて、“再生工場”にふさわしい移籍先について聞くと、

    「パ・リーグで言うと、日ハムはいいかもしれません。栗山監督は人の使い方がうまいですよね。彼なら例えばですが、藤浪をリリーフに回すとかそういう発想をするかも。
    ソフトバンクも選手層が充実していますから、毎年働き続けてほしいというよりは、“この期間だけでも力を発揮してくれれば”というような余裕がある。選手としてはのびのびできますよ」

    「セ・リーグだと巨人はやめといた方がいいです。阪神と同じくベンチからの圧(力)が結構強いですから(笑)。それとは対照的にヤクルトはゆるい感じでね、牧歌的ですから、あんまり細かいことにはくよくよするなよって空気があって、それまでの緊張感から解き放たれて大活躍につながる可能性もありますよ」

     トレードは球団同士が勝手にまとめるもので、藤浪の希望が通るわけではないが、これだけ評価される選手が2軍で油を売り続けるのも芳しくないだろう。
    コミッショナー自身、シーズン再開を宣言した折に、「プロ野球は夢を売る商売」と語っていたのだから。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/05301101/


    【【野球】エモやん江本孟紀・阪神、藤浪晋太郎の「遅刻で無期限2軍降格」は時代遅れで意味なし! 罰金処分とトレードを提案!】の続きを読む


    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。主に投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた
    86キロバイト (12,326 語) - 2020年5月29日 (金) 13:08



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    矢野監督をはじめ、首脳陣のがっかり感はすごいだろうな。。

    這い上がって欲しいけどね・・・。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2020/05/29(金) 16:18:51.06

     阪神は29日、藤浪晋太郎投手(26)が遅刻により、2軍再調整になったことを発表した。矢野監督は藤浪に関して「チームとしてひとつになろうとしているときにね。自分を見つめ直してほしい」とコメント。
    前日28日10時半からの練習に遅れ、グラウンドに出ることを許可されなかったという。

     矢野監督は「人なんでミスもあるし、失敗というか何かよくないこともあると思うんだけど、時間というのはみんなの信頼を失うことになってしまう」と説明。続けて「これが初めてじゃないんで。そういうところの
    野球人の前にやはり、社会人として、人とのつながりということを考えるとそういう判断をした」と語った。

     藤浪は3月26日にPCR検査で陽性と判定され、新型コロナウイルス感染が判明。入院、自宅待機を経て以降は、2軍施設の鳴尾浜で調整していた。今月19日から甲子園球場での全体練習に合流。24日には
    シート打撃に登板すると、4者連続三振を奪うなど好調をアピールしていた。

     指揮官は本人とも話をしたという。「本人ももちろん反省している。だけど、これが初めてじゃないという部分で。あいつ自身が変わらないとダメな部分もある」と猛省を促し、再合流などの時期を含めた今後については
    「晋太郎が戻ってきてもひとつになれるであろうとなるんであれば戻るだろうし。時間がどれくらいというのは俺にも分からない」と語った。

    デイリースポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1fd7fb091d1cbf739573e49febdc7d730849098c


    【【野球】激怒!阪神・矢野監督 遅刻で2軍降格の藤浪は「これが初めてじゃない」「社会人としての判断」】の続きを読む


    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。主に投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた
    86キロバイト (12,221 語) - 2020年5月29日 (金) 09:15



    (出典 portal.st-img.jp)


    非常に残念です。

    「人間だからミスはある。
    でも、初めてじゃないしね。」

    矢野さんのこの発言。
    藤浪にどのように届くのでしょうか。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人∶kanpabelle

    1 ひかり ★ :2020/05/29(金) 15:38:32.64

     阪神は29日、藤浪晋太郎投手(26)が遅刻により、2軍再調整になったことを発表した。矢野監督は藤浪に関して「チームとしてひとつになろうとしているときにね。
    自分を見つめ直してほしい」とコメント。前日28日の練習に遅れたという。

     同時に、高橋遥人投手(24)についてはコンディション不良で2軍再調整中と発表した。矢野監督は高橋について、開幕は「厳しい」との見方を示した。

     藤浪は3月26日にPCR検査で陽性と判定され、新型コロナウイルス感染が判明。入院、自宅待機を経て以降は、2軍施設の鳴尾浜で調整していた。今月19日から
    甲子園球場での全体練習に合流。24日にはシート打撃に登板すると、4者連続三振を奪うなど好調をアピールしていた。

     一方、高橋遥は自主練習という形でチーム活動が再開した4月15日から、甲子園ではなく鳴尾浜でトレーニング。合同練習再開後も1軍本隊には合流していなかった。
    春のキャンプ中から開幕投手候補に挙がるなど、西と2人でローテの柱として期待された存在だった。

     6月19日のシーズン開幕が決まった直後。ローテーションの有力候補だった2人が離脱する緊急事態だ。中継ぎに転向していた岩貞祐太投手(28)を、再び先発に
    配置転換するなど再編を急ぐが、開幕ダッシュを狙う矢野阪神にとって大きな不安材料になりそうだ。

    デイリースポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d358df25662a075e9eb1fdcceedc59d1ff30af7


    【【野球】怒り!阪神・藤浪が練習遅刻で無期限2軍行き!矢野監督「初めてじゃない」】の続きを読む


    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。主に投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた
    85キロバイト (12,211 語) - 2020年5月23日 (土) 15:05



    (出典 www.chunichi.co.jp)


    人間何がきっかけでダメになり、何かのきっかけで復活することもある。

    コロナは本当に厳しい現実でしたが、藤浪は復活に向けて頑張るしかないですね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 jinjin ★ :2020/05/25(月) 06:47:01.00

    【阪神】藤浪晋太郎、コロナから復活…5人相手に4K完全「思ったよりしっかり投げれました」


    阪神・藤浪晋太郎投手(26)が24日、甲子園でシート打撃に登板し、打者5人相手に4奪三振の完全投球を見せた。

    実戦形式のマウンドは3月18日の2軍練習試合・オリックス戦(オセアンBS)以来67日ぶり。
    球団を通じて「久しぶりだったのでもう少し投げにくさとかはあるかなと思ってましたけど、思ったよりしっかり投げれました」と充実感をにじませた。


    2か月あまりのブランクを感じさせなかった。先頭の福留を二ゴロに仕留めると、続く上本から北條、植田、江越と4者連続三振。
    直球主体の投球で「腕も振れていますし、真っすぐも走っている」との言葉通り、全て空振りで奪った。

    抜け球が原因で課題としていた右打者3人を苦にしなかった点も評価に値する。
    3月26日に球界初の新型コロナウイルス感染が判明。4月7日に退院し、自宅待機を経て2軍の自主練習に合流したのが同24日だった。
    調整遅れが心配されたが、現状に問題がないことを証明した。


    見守った矢野監督は「躍動感ある投球だった。三振も取れたというところで本人も手応えのあった登板になったと思う。もっと長いイニングで投げるためにどうするのか、次のステップが見えたと思います」と評価した。

    前日には「競争からはい上がってきたやつを使う」と、藤浪が開幕ローテ候補の1人であることを認めた指揮官。
    今後の練習試合の結果などにもよるが、その座は決して遠くない。

    6月19日の開幕まで1か月を切った。
    昨季、7年目で初の0勝に終わった右腕は「もう少し変化球で簡単にカウントを取ったり、自分の意図を持って投球ができるように、開幕に向けてやっていければと思います」と決意をにじませた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-05240279-sph-base


    【【野球】阪神・藤浪晋太郎、コロナから復活!5人相手に4奪三振!「思ったよりしっかり投げれました」】の続きを読む


    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。主に投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた
    85キロバイト (12,211 語) - 2020年4月20日 (月) 23:45



    (出典 img.neirong.plus)


    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 少考さん ★ :2020/04/28(火) 18:59:13.18

    藤浪晋太郎「誰に」「何を」謝罪したのか? 新型コロナ感染者を袋叩きにする理不尽
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200428-00010000-realspo-base

    4/28(火) 7:10配信 リアルスポーツ (文=広尾晃)

    4月23日、プロ野球阪神タイガースの藤浪晋太郎投手、伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手が
    兵庫県西宮市の球団施設で記者会見を行った。3選手は、
    3月14日に大阪市内で行われた食事会に参加したことで
    新型コロナウイルス感染し入院、3月下旬に退院していた。
    中でも騒動の矢面に立っていた藤浪は、プロ野球開幕延期という異例の事態にも関わらず
    食事会に参加したことを「かなり軽率だった」と反省の弁を口にした。
    スポーツライターの広尾晃氏は、この「謝罪」に違和感を覚えたという。

    ■藤浪晋太郎は「誰に、何を」謝罪したのか?
     マスクで顔の大部分を覆った藤浪の姿を見て、最初に思ったのは、
    「これはどうしても今、しなければならない会見だったのか」ということだ。
    「緊急事態宣言」が発出されてから、人々の行動変容が強く求められている。
    メディアは取材人数を絞り込んでいた。会見をした藤浪ら3選手はもちろん、
    取材したメディアもマスクをしていただろうし、検温や消毒は徹底していただろうが、わざわざこの非常時に行うべきものだったのかどうか。

    阪神球団と藤浪ら選手にとって、これは「禊」のようなものだったのだとは思う。
    こうして社会に謝罪しなければ、世間に顔向けできない。大っぴらに練習や野球選手としての活動ができない、という思いがあったのだろう。
    だとしても、今のご時世、オンラインでの会見、YouTubeでメッセージを発信するなどの手段もある。
    「それでは失礼に当たる」という感覚があったとすれば、それはあまりにも「昭和」だったように思う。

    筆者は思う。そもそも藤浪晋太郎は「誰に、何を」謝罪したのか。

    感染したこと自体は不幸であっても罪ではない
    会見で、藤浪は切り出した。
     「まずファンの方々、プロ野球関係者の方々、
    そしてチームの方々に大変なご迷惑をおかけして、非常に深く反省しております」
    日本社会には、病気にかかるのは、「心身を鍛えていないからだ」「気が緩んでいるからだ」
    「生活が乱れているからだ」という論法で人を責める人が、いまだに少なからずいる。
    藤浪が「深く反省」したのは、そういう「昭和のおじさん」に対してだったのかもしれない。

    しかし、新型コロナウイルスの日本国内の感染者は、4月27日の時点で1万3000人を超えている。
    当たり前の話だが「鍛錬の有無」「気の緩み」「生活」に関わりなく、誰でも罹患する可能性がある。

    「やはり自分の認識が甘くて、自分がなるなんて思わないで行動していた。そのあたりが軽率だったと思います」

    藤浪はこう続けたが、感染した若者は、誰しもがそう思ったことだろう。
    病気になったことで、一番不幸になったのは本人だ。
    なのに世間様に「反省しています」と頭を下げるのは、理不尽としか言いようがない。筆者は「嫌な社会に住んでいる」と思ってしまった。
    (略)

    ■味覚・嗅覚障害を「症状」として周知させた功績も
    もう一つ、今回の報道では「阪神球団の管理責任」を問うものもあった。
    プロ野球選手は学校の生徒ではないし、会社の社員でもない。阪神球団と選手は契約で結びついているだけだ。
    個人事業主である選手のプライベートにまで、球団が責任を負う筋合いは全くない。

     メディアはしばしば「水に落ちた犬を叩く」。「トレード」「放出」などの報道も出ているが、どういう理屈によるものなのか、理解に苦しむ。
    球団が所属する選手の行動に問題があると判断し、それが許容の範囲を超えていると考えるならば契約を解除し、放出すればよいだけのことだ。
    あたかも保護者のように、選手のプライベートの問題にまで、球団が謝罪をするのは、日本スポーツ界独特の「甘えの構造」だと思う。
    スポーツ選手が、新型コロナウイルスに感染し、それがプライベートに起因することが発覚すれば、
    藤浪のように叩かれるということになれば、感染を隠蔽する選手も出てくるのではないか。

    全文はソースで


    【【野球/コロナ】阪神・藤浪は「誰に」「何を」謝罪したのか?新型コロナ感染者を袋叩きにする理不尽】の続きを読む

    このページのトップヘ