野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:長嶋一茂


    長嶋 一茂(ながしま かずしげ、1966年(昭和41年)1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)、元読売ジャイアンツ野球振興アドバイザー。引退後はタレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優、空手家として活動している。血液型はB型。カトリック教徒で、洗礼名は「パウロ」。
    42キロバイト (5,965 語) - 2020年5月26日 (火) 13:37



    (出典 img.sirabee.com)


    まぁ・・・
    プロ野球は始まるからな。。

    ただ、学生は授業をする必要がありますからね。。

    厳しいところです。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/06/01(月) 19:18:29.64

    2020年06月01日 13:54芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/01/kiji/20200601s00041000215000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)が5月31日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。プロ野球の開幕日が6月19日に決まったことを受け、「あんなに早く決断しなくても」と夏の甲子園大会が中止決定のタイミングに不満を述べた。

     プロ野球の開幕が決まる一方、甲子園大会が中止となったことには「整合性はないと思いますよ。同じ野球だし」とバッサリ。そのうえで「甲子園の中止の決定は絶対に早すぎたと思う、決断が」と日本高等学校野球連盟の大会中止判断のタイミングに触れた

     「インターハイの予選とか、いろいろな種目があって、アマチュアスポーツなので、公平性が保てなくなるので、高体連のインターハイできないという判断は正しかったと思う。物理的にできないです」と全国高等学校体育連盟が決定したインターハイの中止には理解を示しつつ、「甲子園は高野連が決める。夏の予選で一番最初にやるのが沖縄。沖縄の予選も甲子園に合わせて7月にやろうかって各都道府県で進んでいたわけ。(甲子園は)紫外線もあり、屋外、高温多湿という環境もある。チームで動く3密が避けられない、同道府県の往来がどうなるかわからないというリスクはわかるが、あんなに早く決断しなくても。都道府県の勝者は決めておいてから、そこから甲子園をやるか、やらないかという判断でも遅くなかったと思う」と訴えた。

     「甲子園ができないと、他の競技、インドアのスポーツはできなくなっちゃう。甲子園はコロナ対策としては一番リスクが少ない競技。甲子園がダメだと、全部ダメになっちゃう」と他のスポーツのへの影響も考えて、やるべきだったと主張。「甲子園って2020年の夏の1ページの思い出じゃなくて、彼らは4歳、5歳から甲子園を夢見てずっとやってきているので、そこへの判断が高野連が早かったのが高体連が先にインターハイをやめようと言っちゃったから、右へならえでやめちゃった」と判断への不満をもらした。

     インターハイが中止になった状況で、野球部だけやるとなると、不公平との声もある。これに対しても「そうだんだけど…他の部活もこれからのなるべくやってほしいと思う。甲子園っていうのはコロナ禍の中、好条件がそろっているにもかかわらず、(中止にするのは)他のスポーツへの影響、波及はひどいんじゃないかと申し上げたい」と熱弁を振るった。


    【【野球/コロナ】怒り!長嶋一茂、甲子園中止の判断に不満「甲子園は好条件がそろっている」】の続きを読む


    長嶋 一茂(ながしま かずしげ、1966年1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)、元読売ジャイアンツ野球振興アドバイザー。引退後はタレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優、空手家として活動している。血液型はB型。カトリック教徒で、洗礼名は「パウロ」。
    42キロバイト (5,960 語) - 2020年3月28日 (土) 06:07



    (出典 mynews23.com)


    一茂さんの発言が世間の声かもしれませんね・・・。

    マスクもこんな状況でなければ、
    深刻な状態で無ければ、
    ちょっと面白になってのかもしれませんが。。。

    今は笑うに笑えませんからね。。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 牛丼 ★ :2020/04/03(金) 14:20:39

    元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)が3日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。安倍晋三首相が1日の新型コロナウイルス特措法に基づく政府対策本部で、緊急経済対策の一環として、再利用が可能な布マスクを1住所当たり2枚ずつ配布すると表明したことについてコメントした。

     番組では、経済産業省出身の官邸官僚が首相に布マスク2枚配布を提案したという新聞記事を紹介。これに、一茂は「俺もばかだけど、コイツはもっとばか。笑いを過ぎるとあきれるってよく言うけど、あきれも通り過ぎてるっていうレベルですよね。WHOだって布マスクの配布は推奨しないって言ってる訳ですし、そこを追及している野党の方たちもいるわけですし、なのに1カ月前にこの提案がなされて最近やろうと。1カ月間何をやってたんですかね」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-00000096-spnannex-ent


    【爆弾発言!長嶋一茂「俺もばかだけど、コイツは…」首相に布マスク2枚配布を勧めたとされる官僚に】の続きを読む


    長嶋 一茂(ながしま かずしげ、1966年1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)、元読売ジャイアンツ野球振興アドバイザー。引退後はタレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優、空手家として活動している。血液型はB型。カトリック教徒で、洗礼名は「パウロ」。
    42キロバイト (6,105 語) - 2020年2月6日 (木) 13:48



    (出典 baseballgate.jp)


    一茂さんらしいエピソードですね!

    野村さんの追悼で、さみしい思いはすごくあるのですが、
    野村さんとのやり取りで、少し笑顔になれるような話も、思い出話のひとつとして聞きたいですよね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/17(月) 09:39:04

    タレントの長嶋一茂(54)が17日、TBS系情報番組「あさチャン!」(月~金曜・前6時)に生出演。
    11日に死去した野村克也さんをしのび、思い出のエピソードを語った。

    長嶋は突然の訃報に「本当にビックリだし、早すぎる」とし、野村さんの野球にたいする姿勢に「熟知や理解、愛着、執念がすごい方で、誰にもマネできない事なんだなって」と語った。

    1987年にヤクルトにドラフト1位で入団し、その後、野村さんからID野球を学んだはずだったが「野村監督の教えがたくさんあったと思うんですけれども」とした上で、
    「残念ながら僕はあまり聞いてなくて。全くそれを後世に伝える事はできないんだけど、4年間同じユニホームを着て貴重な体験ができたと思いますね」と告白。

    野村さんの印象に残ってる言葉には「一生懸命と一所懸命の違いを2時間かけて説明させましたね」と明かし、「瞬発的な懸命さと継続的な懸命さと『お前どう考えてる?』と。

    どう考えてるって言われても、考えてなかったんで、何も答えられなかったんですけど」と話した。

    自身なりの解釈として「常に継続的に、その時々で懸命に生きろということを言っていたわけですよ。

    一生懸命だけでもダメだし、一所懸命だけでもダメなんだと、野村監督はおっしゃったと思います」とコメントした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-02170037-sph-base
    2/17(月) 8:34配信


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 rubese.net)


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    (出典 Youtube)

    長嶋一茂…拙守でヤクルトが窮地に追い込まれ…


    (出典 Youtube)

    長嶋一茂 初打席・初安打・初ポカ


    (出典 Youtube)

    長嶋一茂 プロ初ホームラン  落合博満が真面目に練習していれば親父を超えたと言った逸材


    【【野球】ヤクルト時代・長嶋一茂、野村監督の「どう考えてる?」に「考えてなかったんで、何も答えられなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ