野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    タグ:長嶋茂雄


    長嶋 茂雄(長島 茂雄、ながしま しげお、1936年2月20日 - ) は、千葉県印旛郡臼井町 (現:千葉県佐倉市)出身の元男性プロ野球選手 (内野手)・プロ野球監督。読売ジャイアンツ終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。血液型はB型。愛称は「ミスタージャイアンツ」「ミスタープロ野球」「ミスター」「チョーさん」「燃える男」他。
    158キロバイト (22,949 語) - 2020年2月1日 (土) 04:52



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    「長嶋がヒマワリなら俺は月見草」
    野村さんの明言ですね。

    まさにライバルであった、二人。
    その関係性だからこそわかっていることなどもあるのでしょうね。。

    さびしいでしょうね、長嶋さん。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/02/11(火) 17:49:41

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202002110000681_m.html
    巨人長嶋茂雄終身名誉監督が11日、急逝した野村克也氏について、球団を通じてコメントした。

    「驚いた。テレビのニュース速報で、訃報を知ったが、一瞬、言葉を失った。なぜならノムさんとは、3週間前に行われた『金田さんのお別れの会』で顔を合わせたばかりだったから。
    久しぶりに二人で2、3分間ぐらい会話しただろうか。その時のノムさんの言葉が忘れられない。『おい、頑張ってるか。オレはまだ生きてるぞ。まだまだ頑張るぞ』。
    だから私も『お互い頑張ろう』と話したばかりだった。まだ現役だった1963年、ノムさん、稲尾、王の4人でイタリア、フランスなどを巡るヨーロッパ旅行に出掛けたことがある。
    観光地を回りながら、いろいろな話をして、とても楽しかったことを昨日のことのように覚えている。また大切な野球人を失ってしまった。
    しかし、ノムさんが残した偉大な功績と野球への底知れぬ愛は、これからも永遠に生き続けるはずだ。今後は天国からしっかりと、野球界を見守って欲しい。心よりお悔やみ申し上げます。合掌」


    【【野球】悲痛!長嶋茂雄、好敵手であり友、野村克也さん死去に言葉を失う「お互い頑張ろう」と言っていたばかり】の続きを読む


    金田 正一(かねだ まさいち、1933年8月1日 - 2019年10月6日)は、愛知県中島郡平和村(現・稲沢市)出身のプロ野球選手(投手)・監督、解説者・評論家、実業家・タレント。 国鉄スワローズと読売ジャイアンツで活躍し、日本プロ野球史上唯一の通算400勝達成投手にして、同時に298敗の最多敗戦
    118キロバイト (18,056 語) - 2020年1月21日 (火) 06:30



    (出典 amd.c.yimg.jp)




    そうそうたるメンバーが集まりました。

    そうですよね、カネヤンのお別れ会ですからね。

    あらためて偉大さを感じ、そして淋しさを実感します。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2020/01/21(火) 18:49:36

     ◇主な参列者

     長嶋茂雄、王貞治、野村克也、杉下茂、土井正博、原辰徳、江川卓、堀内恒夫、桑田真澄、Matt桑田、青木功、テリー伊藤、福本豊、小早川毅彦、高橋由伸、井端弘和、佐々岡真司、井口資仁、仁志敏久、佐々木主浩、川口和久、
    吉田孝司、小宮山悟、篠塚和典、中畑清、川相昌弘、谷沢健一、古田敦也、大島康徳、赤星憲広、若松勉、駒田徳広、石井琢朗、古城茂幸、野村謙二郎、張本勲、谷繁元信、福浦和也、堀幸一、小林雅英、小川淳司、徳武定祐、西村徳文、石原慎太郎、平沢勝栄(順不同、敬称略)


    【【野球】カネヤン金田正一さんのお別れ会の主な参列者、王、長嶋、野村を始め日本野球界のOBが勢ぞろい】の続きを読む

    このページのトップヘ