^ “ロッテ1位佐々木朗希、活躍する姿で被災者に元気を”. 日刊スポーツ (2019年10月17日). 2019年10月18日閲覧。 ^ “163キロ右腕・佐々木朗希にドラ1の価値はあるか”. 日刊スポーツ (2019年10月16日). 2019年11月24日閲覧。 ^ ロッテ佐々木朗
20キロバイト (2,633 語) - 2020年4月24日 (金) 03:13



(出典 www.sankei.com)


すごいね、本当に。
あっさり160キロ出すんだもんな・・・・。

万全の状態で投げたら、近いうちに日本記録を更新してしまいそうだね!

野球の道は虹色に輝く
管理人:kanpabelle

1 ニーニーφ ★ :2020/05/26(火) 18:44:54.01

ロッテのドラフト1位、佐々木朗希投手(18)が26日、プロ入り後初めて160キロの直球を投げた。

この日はZOZOマリンでシート打撃に登板。左打者3人と対戦した。藤岡裕大内野手(26)への初球と、空振り三振を奪った3球目で160キロをマークした。
ドラフト5位、福田光輝内野手(22)からも、155キロ直球で空振り三振を奪った。菅野剛士外野手(27)には、157キロ直球を右中間スタンドに本塁打された。

大船渡(岩手)時代は、ピンチの場面などで160キロ近い直球を投げてきた。
シート打撃後、オンライン取材に応じた佐々木朗は「今まで過去に対戦した打者の中で、おそらく一番レベルが高かったので、そういった面で気持ちが入りましたし、本塁打を打たれて、そこからさらに集中力が増したと思います」と、この日の160キロを振り返った。

佐々木朗が160キロをマークしたのは、昨年7月21日の高校野球岩手大会4回戦・盛岡四戦の9回に投じて以来、310日ぶり。
自己最速の163キロは、昨年4月6日に行われた高校日本代表候補1次合宿の紅白戦でマークしている。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202005260000283.html


【【野球】ロッテ・ドラ1、佐々木朗希、シート打撃に登場しあっさりと160キロをマーク!!】の続きを読む