野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。


    木村 (きむら はな、1997年〈平成9年〉9月3日 - 2020年〈令和2年〉5月23日)は、日本の女子プロレスラー。スターダム所属、芸能活動においてはWALK所属。母は女子プロレスラーの木村響子。実父はインドネシア人。 プロレスリングA.C.E.(2016年 - 2018年) WRESTLE-1(2018年
    14キロバイト (1,741 語) - 2020年5月24日 (日) 11:58



    (出典 hochi.news)


    痛ましいです。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Time Traveler ★ :2020/05/24(日) 15:55:00.81

    恋愛リアリティショー『テラスハウス』最新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に出演中だったプロレスラー・木村花さん(享年22)が、23日に亡くなったことがわかった。ネット上で木村さんへ心ないコメントを寄せていた人たちが次々とアカウントを削除している。

    木村花さん、誹謗中傷に苦悩

    同日のInstagramのストーリーズで木村さんは「さようなら。」という言葉を投稿。ネット上には心配する声が多数書き込まれていた。

    木村さんは「テラスハウス」にて、自身のプロレスの衣装を誤って洗濯されてしまったことでメンバーと衝突。この“コスチューム事件”をきかっけに批判の声が増加し、SNSなどでは誹謗中傷に苦しむ胸の内を発信していた。木村さんの死去後、こうした“アンチ”アカウントは次々と削除されている。

    木村花さんが死去

    木村さんが所属するプロレス団体・スターダムは、公式サイトにて「当社所属選手木村花選手が本日5月23日逝去いたしました」と報告。「突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません。詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」と伝えた。

    木村さんはテラスハウスに2019年9月より入居していた。神奈川県横浜市出身。1997年9月3日生まれ。インドネシア人の父と日本人の母を持つ。(modelpress編集部)



    【【訃報】「テラスハウス」出演中の女子プロレスラー木村花さん死去 誹謗中傷していたアンチがアカウントを次々と削除】の続きを読む


    東京ドーム(とうきょうドーム)は、東京都文京区後楽1-3-61にあるドーム型野球場。プロ野球・セントラル・リーグ(セ・リーグ)の読売ジャイアンツ(読売巨人軍)が専用球場(本拠地)としている。 1988年(昭和63年)3月18日に開場した日本初の屋根付き球場であり、株式会社東京ドーム
    141キロバイト (18,751 語) - 2020年5月14日 (木) 15:04



    (出典 travel.willer.co.jp)


    「ビッグエッグ」と言われていたころが懐かしいですね!

    今ではホームランの出やすい球場の代表みたいになってますからね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 れいおφ ★ :2020/05/24(日) 00:44:06.49

    1リーグ時代も含め昨年までの対戦成績は、1074勝823敗71分と巨人が優勢だ。しかし試合の結果以上に大きな差があるのは両球団の本拠地、東京ドームと甲子園。
    多くの名勝負や名選手を生み出してきた2つの球場には、大きな違いがある。

    (中略)

    「全米中継されるMLB開幕戦やWBCなどは東京ドームで開催される。本国の野球ファンは、東京ドームが日本で1番良い球場だと思うはず。
    しかし映像に映る薄汚れたドームの天井を見ると情けなくなる。日本の球場はこんなものだ、と思われたくない」

     国際試合開催に関わっている大手広告代理店関係者は、東京ドームについて語ってくれた。

    「野球場としての魅力は甲子園や神宮の方が上なのは、巨人ファンも認めている。
    東京ドームは天候面に左右されないメリットはあるが、長所はそこしかない。多目的ドームのためインフィールドとの距離もあり試合も見にくい」

     日本は四季があり梅雨も存在する。近年はゲリラ雷雨もあって、試合日程消化の観点からみればドーム球場は最適。
    実際に米国でも高温多湿で雨が多いテキサスやフロリダ、積雪の多い寒冷地のミネソタ、シアトルなどドーム球場建設が相次いだ。
    しかしそれも1周回り本来の魅力『野球は空の下でやるもの』という概念から、開閉屋根採用の新球場などにシフトチェンジした。

    東京ドームは1988年開場、今年で32年目を迎える。それまで使用されていた後楽園球場の老巧化に伴い、隣接地である競輪場跡地に建設された。
    当時、後楽園球場で様々なイベントを継続開催しながら、隣では日本初のドームが建設中ということで大きな話題となった。
    モデルとなったのは、米国ミネソタ州にあった1982年開場のメトロドーム。MLBツインズやNFLバイキングスが本拠地としたドームで、
    空気圧で屋根を押し上げる方式など細部まで参考にされた。しかし野球の本場でもメトロドームは不人気で、2013年に閉場し31年間の役割を終えた。

     開場当時は巨人と日本ハムのダブルフランチャイズ。それまで空席が当たり前だった日本ハム戦も連日、超満員に膨れ上がりチケット入手も困難を極めた。
    しかしその状況はバブルでしかなかった。年数が経つにつれ目新しさもなくなり、日本ハムは以前の不人気球団に逆戻り。2004年には本拠地を北海道・札幌ドームへ移転した。
    その後の巨人戦も数年はお客さんが入る状況だったが、近年はかつてような絶対的な球団人気はなくなり、チームが不調に陥ると試合によっては空席も見られるようになった。

    「問題はやはり東京ドームの深刻な老朽化。座席やビジョンを最新式のものに変えたりしているが、根本的には開場時と変わらない球場。
    小手先の改修をしてもどうしようもない。東京五輪というタイミングで新球場建設という噂もあったのですが……」

     巨人担当記者は、東京ドームについてそろそろ限界が来ているのではと言う。
    築地市場跡地などに巨人新球場建設か、という話が願望も込めてあがったこともあったが、それも叶いそうにない。

    「30年以上経過した球場というのは古い。MLBでも東京ドーム以前にできた球場は5カ所しかない。
    それらは毎年のようにファンのニーズに応え改修している。中にはアナハイムのように球場半分を破壊、立て替えたものもある。
    時代のニーズに合わせた空間を提供するのはエンターテインメント(エンタメ)の基本。
    コンサートなど他のイベントは別としても、野球としては東京ドームは時代錯誤と言わざるを得ない」(MLB事情に詳しいスポーツライター)

    (以下ソース)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ecfa89cd0ce864fc77d22c43fe39529f26d526b0


    【【野球】東京ドームそろそろ限界!「深刻な老朽化」「時代錯誤」「甲子園や神宮の方が上」巨人に必要なのは魅力的な球場】の続きを読む


    今岡 真訪(いまおか まこと、本名:今岡 誠(読み同じ)、1974年9月11日 - )は、兵庫県宝塚市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ、野球解説者。妻は、ネイリストやタレントとして活動する今岡梨惠。 阪神タイガースの現役選手時代から、野球解説者として活動した時期をはさんで、阪神
    35キロバイト (4,109 語) - 2020年3月11日 (水) 03:42



    (出典 yuunews.net)


    2003年から2005年あたりの今岡は神がかっていましたね。

    チャンスで回ってきたら必ず打つという感じでした!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/23(土) 18:38:16.16

    <THE GAME(24)>05年10月5日 阪神VS.横浜

    <阪神3-2横浜>◇2005年(平17)10月5日◇甲子園

    【写真】アトランタ五輪決勝 日本対キューバ 満塁本塁打の松中信彦をベンチ前で迎える福留孝介や今岡誠

    阪神は長く優勝から遠ざかる。05年、岡田彰布監督が宙を舞った記憶はいまも鮮明だが、シーズン最終戦を細かく覚えている人はどれほどいるだろう。小雨が降る甲子園のナイターで球団史は塗り替えられた。

    2点を追う4回1死三塁。今岡誠(現・今岡真訪、ロッテ2軍監督)は門倉の浮いたフォークに詰まりながらも右前へ。試合後「優勝が決まってからは記録を意識してやっていたのでうれしい」と笑う。シーズン147打点目は、50年藤村富美男を抜く球団新記録だった。

    充実した表情だったが、そこに至る道のりには迷いもあった。10月2日ヤクルト戦(神宮)のソロ本塁打で藤村と並ぶ146打点。その夜、都内の宿舎に戻って遅い夕食に出かけると複雑な思いを吐露した。「146が記録だから、そこを目指すのは当たり前。でも偉大な大先輩やろ。抜いていいのか、このままタイの方がいいのか…」。優勝に突き進むなか、球団の草創期に活躍した先人の足跡をたどる、驚異的なペースで打点を稼ぐ今岡の記録もまた、注目されていた。

    今も「147」が輝くが、実は「今岡誠」であることを捨てた1年だった。

    4番金本に続く5番打者として腹をくくる。「打率がどうでもいい選手なんていない。でも、野球人生で初めて、打率はいらないという思いでやる。チームのために、本塁打と打点だけを意識する」。3年連続で3割台だった打率は2割7分9厘にとどまったが長打を狙って29本塁打。走者がいないときは打率2割2分5厘だったが、得点圏で3割7分1厘に跳ね上がる。「ランナーいないときは常に本塁打狙い」と話すほど打点に執着。抜群のバットさばきで、03年に3割4分で首位打者に輝いた好打者が打率を犠牲にした。

    「よく3割30本塁打100打点、と言う。80打点と100打点は感覚的に(打率も)そう変わらない。でも、それ以上を求めると全然違う。走者が得点圏にいる、いないときで打撃スタイルを変えた。調子が悪いときは内野ゴロでも1点入ればいいからね。打率が高ければ打点も多いわけじゃない。6月くらいかな。シーズン途中で気づいた」

    勝負事に「もしも…」は禁句だ。でも、もしも、今岡があの年、いままでのスタイルのままなら、あるいは147打点に達しなかったかもしれないし、その後の軌跡も違ったのかもしれない。ただ言えるのはチームが勝つために必要な道を自ら進んだということだ。

    あの夜、藤村と球団記録で肩を並べた今岡は悩んでいた。葛藤が消えたのは岡田のひと言だ。翌3日は東京から帰阪。スポーツ紙で前夜の試合後の談話を知った。「甲子園で新記録を作るのがいいと思って途中で代えた」。本拠地で残り2戦。ラストゲームで新記録を樹立した。「岡田監督に配慮していただいて、すごくうれしかった」とも話していた。NPBでも歴代3位の好記録。初めて明*当時の胸中は、異次元の領域で戦った男の実像だった

    5/23(土) 11:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-25220166-nksports-base


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】阪神・今岡誠 神がかった2005年、球団新の147打点!!146試合 279 29本 147打点】の続きを読む

    このページのトップヘ