野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。


    ^ ここからサンケイスワローズ ^ ここからサンケイアトムズ ^ 1967年は5月23日から7月4日まで中原宏が代行。 ^ ここからアトムズ ^ ここからヤクルトアトムズ ^ 1970年は8月18日まで指揮。残り試合は小川善治が代行。 ^ ここからヤクルトスワローズ ^ 1976年は5月12日まで指揮、残り試合は広岡達朗が代行。
    202キロバイト (30,895 語) - 2019年10月7日 (月) 08:12



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    今季1勝10敗とはいえ、
    36戦登板しているバリバリのメジャーリーガーですからね!

    ヤクルトの投手陣の力になっていただきたいですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2019/12/05(木) 17:31:13.14

    ヤクルトは5日、新外国人として前オリオールズのガブリエル・イノーア投手(26)を獲得することが決まったと発表した。単年契約で年俸は60万ドル(約6600万円、金額は推定)。背番号は25。

    イノーアは今季メジャーで36試合に登板した右腕。うち13試合が先発で1勝10敗、防御率5・61の成績だった。制球力があり、シンカーやスライダーで内野ゴロに打ち取るタイプ。球団は先発の1人として考えている。


    【【野球】ヤクルト・今季メジャーで36戦、1勝10敗のイノーア投手を獲得!!150キロ台の直球とシンカー、スライダーなどが武器】の続きを読む


    立浪 和義(たつなみ かずよし、1969年8月19日 - )は、大阪府吹田市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投左打)・コーチ。 愛称は「タツ」。現在は日本テレビ所属の野球解説者、および中日スポーツ・東京中日スポーツの野球評論家。通算二塁打数(487本)のNPB記録保持者。血液型A型。
    58キロバイト (8,316 語) - 2019年11月10日 (日) 09:51



    (出典 number.ismcdn.jp)


    でも、ちゃんと一番勉強になったと感謝の意を述べていますねw

    でも、同じ超一流の選手でも合う合わないはあるでしょうね。

    むしろ超一流同士だからこそ考え方がぶつかるのではないでしょうか。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 牛丼 ★ :2019/12/05(Thu) 20:21:33

    今年1月に野球殿堂入りした立浪和義氏(50)を祝う会が5日、名古屋市内のホテルで行われた。

     立浪氏は「皆様の支援があってこのような名誉をいただきました」と感謝。その上で、恩師たちの存在が現役生活に大きな影響を与えたことを告白した。

     立浪氏が入団時の監督は故・星野仙一氏。「大変厳しく、人間がこれほど怒れるのかなというくらい、プロの厳しさ、勝ちに対する執念を植え付けてもらった」と振り返った。

     そして続けて口にした指揮官の名が落合博満氏。「プロ野球生活22年で一番勉強させてもらった」と切り出し「最後の3年半は代打生活。当たり前に試合に出て控え選手の気持ちが分からなかった。若い選手たちと一緒にバットを振って出番を待った。そういった経験すべてが財産」と晩年の現役生活を回顧。

     さらに、「最後の3年半、落合監督とはあまり関係が良くなかった」と衝撃の事実を暴露。その上で「日にちを重ねるごとに落合監督の考え方が分かり、一番野球を勉強した。一番、人間的に成長させてもらった」と感謝の言葉を述べた。

     現在は野球評論家として活動する立浪氏。「これからも野球界に協力させてもらいたい」と力強く語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000204-spnannex-base


    【【野球】衝撃発言!立浪和義、落合監督との不仲を語る!殿堂入りを祝う会で「最後の3年半、あまり関係が良くなかった」】の続きを読む


    鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2011年(株式会社ハゴロモ):2010年12月 鳥谷敬 BASEBALL LOG BOOK 1981-2011(株式会社パムズ):2011年8月 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー 2012年(株式会社ハゴロモ):2011年12月 鳥谷 敬(阪神タイガース)カレンダー
    105キロバイト (14,605 語) - 2019年12月3日 (火) 23:12



    (出典 dot.asahi.com)


    移籍先が簡単に決まらないことは、本人も承知の上だったと思います。

    それでも現役の可能性に賭けてタイガースを出たのだろうから、鳥谷選手の判断に後悔は無いと思います。

    個人的には、NPBでなくても、
    選手としてプレーをする姿が観たいですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 風吹けば名無し :2019/12/05(Thu) 16:59:45

     阪神を今季限りで退団した鳥谷敬内野手(38)の進退に古巣がヤキモキしている。
    球団から引退勧告を受けながらも、現役続行を希望し自由契約の身となった。
    しかし、保留者名簿が公開され、松坂大輔投手(39)の西武入りが決まるなどオフの移籍市場も最終局面を迎えるなか、依然として音沙汰なしの状況だ。

     ある球団OBは
    「現状、獲得に向けて積極的に動いている球団はないようだ。どこの球団も若返りを図りたいところで手を出しにくいのかもしれない。
    移籍先探しは代理人に任せているようだが、自分で探したほうがよかったのではないか…」という。
    退団が決定した直後、井口監督と親交があることからロッテへの入団が決定的と見られていた。
    ただ「井口監督はプッシュしているが、ロッテの球団フロントが首を縦に振らないらしい」(球界関係者)と入団には至らず。
    ヤクルトやDeNAも獲得を検討していたものの、代理人の年俸設定が予想以上に高額のため、どの球団も二の足を踏む事態となっているというのだ。

     球団内では「このままでは所属先がないまま2月を迎えるのでは…」とかつて巨人を自由契約となり、他球団への移籍を目指した村田修一氏(現巨人二軍野手総合コーチ)のように“野球浪人”となることを心配する声も上がっている。
    「この先どうなるかは分からないですが、これまでやってきたことを信じて頑張りたい」と言って縦じまに別れを告げた鳥谷。来季はどこのユニホームに袖を通しているのか…。


    【【野球】元阪神・鳥谷敬、移籍先決まらず年越しへ、高年俸がネック?】の続きを読む

    このページのトップヘ