野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:プロ野球 > プロ野球全般


    プロにユースを!鈴木大地長官 高校野球改革案1 - 日刊スポーツ
    鈴木大地スポーツ庁長官(52)が高校野球を語った。猛暑、球数制限、野球人口減少など、アマチュア球界が直面する問題を受け、具体的に提言。各都道府県で第101回全 ...
    (出典:日刊スポーツ)


    鈴木 大地(すずき だいち、1967年3月10日 - )は、千葉県習志野市出身の元水泳選手、体育学者、スポーツ庁初代長官、国際水泳連盟理事(2017年 -)、アジア水泳連盟副会長(2016年 -)。1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダリスト。バサロ泳法で有名な選手である。順天堂大学客員
    19キロバイト (2,509 語) - 2019年6月21日 (金) 07:25



    (出典 p.npb.jp)


    また鈴木大地長官が独特な提案をされたようですね。

    賛否両論はあるでしょうが、野球少年・青年の選択肢は増えることにはなるでしょうね。

    ただ、学生野球のファンも多いからね。
    今、高校野球はプロ野球よりも人気がある勢いなので、
    ちょっと、まぁ・・・なんともいえませんが。

    我々野球ファンとしては、
    野球の人口が増える提案はぜひこれからも積極的に行っていただきたいとは思いますが。

    (歯切れの悪い文章でごめんなさい・・・w)

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 Egg ★ :2019/06/25(火) 10:16:59.07

    鈴木大地スポーツ庁長官(52)が高校野球を語った。猛暑、球数制限、野球人口減少など、アマチュア球界が直面する問題を受け、具体的に提言。

    各都道府県で第101回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)が本格化するのを前に、スポーツ施策をつかさどる行政機関のトップとして「選手ファースト」の視点を示した。全3回でお届けする。【取材・構成=荻島弘一、古川真弥】

       ◇   ◇   ◇

    バサロ泳法で世界を制した鈴木長官は、野球どころ千葉・習志野出身。8歳だった75年夏、エース小川淳司(現ヤクルト監督)を擁し甲子園で優勝した習志野を夢中になって応援し、凱旋(がいせん)パレードに手を振った。「高校野球、大好きです」と自覚するからこそ、個人的な考え方を交えながら、高校野球のあり方に一石を投じる。

    鈴木長官(以下、鈴) 若い人たちの将来を考えると、高校野球は変わらないといけない。高校野球を終えた時、「肩が痛い」「肘が痛い」「金輪際、投げられません」という部活のあり方。まず、これにもの申さないといけない。

    根底には「子どもは宝」という信念がある。少子化が進み、野球人口の減少は深刻化している。「40度近いところで何時間もプレーして、事故が起きたら」と猛暑への不安も募る。高校で野球を終わらせていいのかという強い危機感が、大胆なアイデアを生んだ。「私が今、提唱しているのは…言っていいのかな?」。一瞬、言いよどんだ後、口を開いた。

    提言(1)プロ野球の球団にユースチームをつくろう

    鈴 プロの球団に「ユースチームを持って下さい」と言っている。個人的に話しているが(プロも)ちょっと乗り気になっている。

    球団が自前で高校世代のチームを持つというもの。具体的な球団名こそ伏せたが、反応は悪くないという。構想の意図を、サッカーとの比較で説明した。

    鈴 サッカーは高校レベルでも、いろんな選択肢がある。Jリーグのユースに行こうか、高校のサッカー部に行こうかと。ユースと高校によるリーグ戦もあり、うまく機能している。ところが、野球は、中学まではボーイズだ、シニアだ、軟式だと、いろいろ選択肢があるのに、高校レベルになった途端、高校でしか出来なくなってしまう。だから、甲子園で燃え尽きてもいいというマインドに、みんな染まってしまう。

    甲子園を目指すこと自体が悪いわけではない。問題は、甲子園で燃え尽きてもというマインドが、子どもたちに「無理をさせてしまうこと」だと断言した。

    鈴 生徒も監督も甲子園をゴールと思うから燃え尽きるような発想に陥りやすいが、プロのユースなら、将来は自分のチームの主力になる可能性がある選手たち。当然、そんな無理をさせることはなくなる。

    プロ側の視点に立ってみると、有望な中学生にアクセスできるメリットは大きい。12球団が団結すれば、全くの絵空事とも思えない。しかし、人材が流出するアマ側の激しい反発は確実。その指摘を、一蹴した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-06240579-nksports-base


    【【野球】プロ野球☆ユースチームをつくる! 鈴木大地長官がアマチュア野球界に激震の提案!!】の続きを読む


    フレッシュ球宴の推薦選手90人発表 吉田輝、藤原、根尾、小園ら注目選手揃う | Full-count - Full-Count
    日本野球機構(NPB)は13日、7月11日に楽天生命パーク宮城で開催される「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019」の開催要項を発表した。イースタン選抜51人、 ...
    (出典:Full-Count)


    フレッシュオールスターゲームとは日本プロ野球のファーム(二軍)リーグ(イースタン・リーグ、ウエスタン・リーグ)のオールスターゲームである。 開始されたのは1963年。当初は「ジュニアオールスターゲーム」と称し、一軍のオールスターゲームの前座試合として開催されていた。1978年、資生堂の協賛を得て独立
    21キロバイト (2,175 語) - 2019年5月13日 (月) 12:22



    (出典 portal.st-img.jp)


    若手選手の登竜門的なフレッシュオールスター☆
    本来なら名誉なことなんだけど、

    今年に限っていえば、すでにレギュラーで大活躍している近本や、高橋優、辰巳、アドゥワなど、1軍でおなじみになっている選手も多いんだよね。

    推薦メンバーでいえば、
    吉田、根尾、藤原、小園らの躍動が観たいよね☆

    -------------------------------

     日本野球機構(NPB)は13日、7月11日に開催される「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019」(楽天生命パーク宮城、18時開始)の推薦選手を発表した。

    昨季のフレッシュオールスターでは、清宮幸太郎(日本ハム)をはじめ、村上宗隆(ヤクルト)、安田尚憲(ロッテ)、中村奨成(広島)ら高卒ルーキーが名を連ねた。また、育成出身の松原聖弥(巨人)や、周東佑京(ソフトバンク)ら話題の選手らも揃って出場している。

     今季推薦された選手たちも、人気・実力ともに昨年に引けを取らない。巨人はドラフト1位左腕の高橋優貴や、阪神の“キナチカ”コンビこと木浪聖也と近本光司、昨年甲子園を沸かせた根尾昂(中日)、吉田輝星(日本ハム)、藤原恭大(ロッテ)、小園海斗(広島)らが順当に名を連ねた。

     出場選手は6月26日に発表される。未来のスター候補生たちによる球宴は、今年も目が離せない。

    1 風吹けば名無し :2019/05/13(月) 15:57:20.18

    ▽巨人 高橋優、坂本工宜

    ▽ヤクルト 清水昇、中山翔太

    ▽ロッテ 藤原恭大、松田進

    ▽DeNA 桜井周斗、伊藤裕季也

    ▽楽天 辰巳涼介、太田光

    ▽西武 松本航、本田圭佑

    ▽日本ハム 吉田輝星、宮台康平


    【【野球】NPB☆フレッシュオールスター推薦選手! 吉田輝星、藤原恭、近本、辰己ら】の続きを読む

    このページのトップヘ