ヤクルト・村上宗隆、令和初の三冠王達成なるか!?最後の達成者は?

2022年のプロ野球で大記録が達成されそうだと、話題となっています。話題の中心にいるのはヤクルトスワローズの「村神様」こと、村上宗隆選手です。試合以外ではお茶目でかわいいイメージもありますが、試合となると村神様、村上監督と言われるほど素晴らしい成績、リーダーシップをとってチームを引っ張っています。

9月10日終了時点で打率、本塁打、打点の他、出塁率、長打率、四死球数などで1位となっており、令和初の三冠王が誕生と期待されている村上選手ですが、みなさんはこれまでに三冠王を達成した選手をご存知ですか?

今回は、三冠王達成者、特に最近達成をした松中信彦選手についてご紹介していきます。

歴代の三冠王達成者は「7名」だけ

野球が日本に伝来してから、今年で150年。その間に「三冠王」を達成したのは、7名のみです。本塁打と打点は連動して上がっていきますが、打率を共に残すというのは非常に難しいのですね。

戦後初の三冠王に輝き、監督としても多くの結果を残した野村克也さんでさえも、打率が大きな壁となり、三冠王の達成には時間を要しました。その他、世界の本塁打王・王貞治さんや落合博満さんが、日本人として複数回三冠王に輝いています。

ここでは、これまでに三冠王に輝いた7選手を、当時の結果も含めて一覧で紹介します。

選手名球団年度打率本塁打打点備考
中島治康巨人1938秋.3611038 
野村克也南海1965.32042110 
王 貞治巨人1973.35551114 
王 貞治巨人1974.33249107 
落合博満ロッテ1982.3253299 
落合博満ロッテ1985.36752146 
落合博満ロッテ1986.36050116 
ブーマー阪急1984.35537130 
バース阪神1985.35054134 
バース阪神1986.38947109 
松中信彦ダイエー2004.35844120本塁打は1位タイ

平成唯一の三冠王!松中信彦について

松中信彦(まつなかのぶひこ)さんは、1973年12月26日生まれ、熊本県八代市出身の左投左打のスラッガーです。内外野手、DHとして活躍し、2004年に平成唯一の三冠王に輝きました。

八代一高校から新日鐵君津に進むと、1996年逆指名制度を利用し、ドラフト2位で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団します。

即戦力として入団しましたが、1年目、2年目は一軍での出場機会に恵まれず、3年目にチャンスを掴みます。

2000年には打率.312(リーグ6位)、33本塁打(リーグ3位)、106打点(リーグ2位)を記録し、ベストナイン、MVPに輝く大活躍でチームをパ・リーグに連覇に大きく貢献しました!

その年を契機にレギュラーとして活躍、2003年-2005年の3年連続、通算4回目で120打点を記録します。この記録は、プロ野球で唯一、松中さんのみが達成しており、アンタッチャブルレコードの一つと言っていい記録です。

2006年1月に開催されたWBC(ワールドベースボールクラシック)には日本代表として出場し、打率.433を記録。日本代表の世界一に大きく貢献しました。

その後は、度重なる怪我とも戦いながら、2009年に通算1,500安打、1,000打点、100死球を記録します。そして、2015年ホークスから戦力外宣告を受け、2016年に引退を発表しました。

通算成績(1997年-2015年)

  • 出場試合数:1780試合
  • 安打数:1767本
  • 本塁打数:352本
  • 打点:1168
  • 四死球:975(四球:857、死球:118)
  • 打率:.296
  • OPS:.926(長打率:.534、出塁率:.392)

三冠王は年俸が桁違い!来季の村上宗隆 年俸は爆上がり!?

落合博満の年俸変遷

プロ野球選手として、初めて1億円プレーヤーとなった落合博満選手は、次のような年俸の推移を見せました。

  • 1982年:1,600万円 *初の三冠王
  • 1983年:5,400万円
  • 1985年:5,940万円 *2度目の三冠王
  • 1986年:9,700万円 *3度目の三冠王
  • 1987年:1億3,000万円 *球界初の1億円プレーヤーに!

やはり、三冠王に輝くと年俸も大きく上がっていく傾向が見られますね。

村上宗隆も超大型契約を獲得するか!?

今シーズン、村上宗隆選手が三冠王に輝いた場合には、来季の年俸はものすごい額になるのではないかと言われています。ちなみに、村上選手の年俸推移は次の通りです。

  • 2018年:700万円
  • 2019年:800万円 *新人王獲得
  • 2020年:4,500万円
  • 2021年:1億円 *本塁打王獲得
  • 2022年:2億2,000万円

この結果から「10年100億円」という、夢のような話が単なる夢物語では終わらなさそうです。

ダイエー(現・ソフトバンクホークス)で平成唯一の三冠王に輝いた松中信彦選手は、それから2年後に2006~2012年までの7年最大45億円の超大型契約を交わしています。

現在、日本球界での年俸の最高額は田中将大選手の9億円ですので、もしかしたら23歳の村上宗隆選手が史上最高額を記録するかもしれませんね!つば九郎のやっかみの声が聞こえそうです(笑)

最後に

村上宗隆選手は、今年18年ぶり、令和初の三冠王に輝くのがほぼ間違いなしの状況となっています。チームも連覇に向けてひた走っていますし、今年の契約更新では、村上宗隆 年俸がいくらになるのか、それも楽しみですね。

プロ野球もシーズンが佳境に入ってきており、セ・リーグはCS争いが、パ・リーグは優勝争いが激化しています。村上選手の三冠王も含めて最後まで目が離せないシーズン、最後まで楽しみましょう!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。