【野球】PL学園☆桑田真澄 4番投手で出場! 現役時代と変わらぬ体型とフォームで登板!

桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 – )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、野球指導者。プロゴルファーの桑田泉は実弟。独立リーグ選手の桑田真樹、ブライダルモデルのMattは実子。血液型はAB型。 PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビで一世を風靡し、
107キロバイト (16,020 語) – 2019年5月11日 (土) 06:18

(出典 prt.iza.ne.jp)
まず体型がほとんど現役から変わらないし、フォームもとてもキレイです。おそらくトレーニングや健康にも気を使っているのでしょう。母校のためにもまだまだ精力的に頑張っていただきたいですね!ーーーーーーーーーーー「緊張もしました。でも昔の仲間や先輩、後輩と一緒にPLのユニホームを着て戦えた、野球ができたというのは非常にうれしかったです」 一回はいきなり先頭打者に四球で出塁を許したが、「勝手に反応した」とすぐさまけん制で刺すさすがのプレーで魅せた。プロのように完ぺきに整備されているわけではないマウンドには苦しみながらも、得意のカーブやスライダーも駆使して先発の役目を全う。二回からは遊撃も守るなどして集まった数百人のファンを沸かせた。

1 名無しさん@実況は実況板で :2019/05/09(木) 18:17:16.81 .net

“PLの桑田”が帰ってきた。
マスターズ甲子園2019大阪府予選に出場するPL学園高OBチームが13日、
大阪・大東市で関西*高と練習試合を行い、
OB会長の桑田真澄氏(51)が「PL GAKUEN」のユニホーム姿で登板した。
1回を1点に抑え、打っても適時打をマーク。高校時代を彷彿させるはつらつとしたプレーで、
23-10の勝利に貢献した。

この男には、やはり胸に「PL GAKUEN」の文字のユニホームがよく似合う。
かつて清原和博氏との「KKコンビ」で甲子園を沸かせた桑田が、
グラウンドに帰ってきた。
https://www.sanspo.com/baseball/news/20190414/ama19041405040001-n1.html VIPQ2_EXTDAT: none:default:1000:512:—-: EXT was configured

2 名無しさん@実況は実況板で :2019/05/10(金) 10:44:08.07 .net

ウォーキングに励む清原和博 執拗な職質にぶんむくれ〈週刊朝日〉

3 名無しさん@実況は実況板で :2019/05/13(月) 22:53:15.57 .net

「第1回選択希望選手、読売、桑田真澄、読売、桑田真澄、
 17歳、投手、PL学園高校」

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です