【野球】躍動!ロッテ・鳥谷敬、初タイムリー&マルチで躍動「3番・二塁」で4打数2安打1打点

鳥谷 敬(とりたに たかし、1981年6月26日 – )は、東京都東村山市出身のプロ野球選手(内野手・右投左打)。千葉ロッテマリーンズ所属。 ロッテ移籍前は2004年 – 2019年にかけて阪神タイガースで16年間プレーし、日本野球機構(NPB)の一軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試
107キロバイト (14,829 語) – 2020年3月12日 (木) 22:47

(出典 pbs.twimg.com)
あと何年出来るかわからない。
であれば、出番をもらっているこの機会に、思いっきり暴れまわって欲しい!

ロッテファンはもちろん、阪神ファンも応援しているでしょう。

野球の道は虹色に輝く
管理人:kanpabelle

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/22(日) 14:54:03

初回の第1打席で一塁強襲適時打を放ち移籍後初タイムリー、第2打席は中前打
昨年限りで阪神を退団し、ロッテに入団した鳥谷敬内野手が22日、楽天2軍との練習試合(ロッテ浦和)に「3番・二塁」でスタメン出場。移籍後初タイムリー&マルチを記録し4打数2安打1打点の活躍を見せた。

鳥谷は初回1死二塁で迎えた第1打席で楽天先発・福井がフルカウントから投じた直球を強振し一塁手のグラブを弾く移籍後初タイムリーを記録。

さらに同点で迎えた3回無死一塁の第2打席でも福井の初球を捉え中前打。これで鳥谷は移籍後初マルチとなった。先頭で迎えた4回の第3打席は外角に落ちる変化球にバットを合わせ二ゴロ失策で出塁。
これで3打席連続出塁。その後、柿沼に満塁ホームランが飛び出しこの回一挙、4点を奪った。

7点リードの5回1死一塁で迎えた第4打席は中飛に倒れた。鳥谷はここでお役御免となり6回の守備からベンチに下がった。

初回の同点劇は2年目の藤原が二塁打を放ち17年目の鳥谷がタイムリー。そして3回も藤原、鳥谷の連打でチャンスを作り一挙4得点のビッグイニングを作るなど若手とベテランが躍動した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00729297-fullcount-base
3/22(日) 14:35配信

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です