野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。


    清宮 幸太郎(きよみや こうたろう、1999年5月25日 - )は、東京都新宿区出身のプロ野球選手(内野手)。北海道日本ハムファイターズ所属。父は清宮克幸。 早稲田実業初等部1年生で軟式チームの「オール麻布」に入団して野球を始める。野球を始めたきっかけとして、小学1年生の時に見た第88回全国高等学
    20キロバイト (2,313 語) - 2019年8月12日 (月) 14:22



    (出典 portal.st-img.jp)


    清宮の清宮らしいホームラン!!
    やっぱりこの人もホームランが本当に似合います☆

    これで第5号!
    負傷で出遅れたとはいえ、もっと早くクリアして欲しい数字ではあったけどね。。

    来季の為にも、起用してくれている栗山さんの為にも、
    ここからでも打ちまくらなきゃね!!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ---------------------
    この男のホームランを打つ姿は何と絵になることか。日本ハムの4番・清宮が六回に2試合連続となる5号2ラン。打った瞬間、それと分かる強烈なライナーで右翼席に運び、球場を沸き立たせた。

     1点リードの六回1死一塁。直前に左腕の佐野に代わった。「球種や軌道を整理して打席に入れた」と清宮。3球目の真ん中高めの直球を完璧に捉えた。相手の昨季の本塁打王・山川が「かっこいい」と思わずみとれるフォロースルー。確信したようにバットを放り投げ、ボールの行き先を見届けた。

     右手痛で戦列を離れた中田に代わり、13日から4番に起用された。しかし、打率1割台で、終盤の好機では左投手の場面で代打を出されることもあった。それでも栗山監督は起用を続けた。清宮の持つ能力を強く信じていたからだ。「(就任)1年目の時も(中田)翔を4番で使い続けて周りから言われた。でも必要な時がある。能力がある人は打つ」。前日は左腕・榎田から4番で初本塁打。2試合続けての左腕からの一発で、苦手の印象もぬぐい去った。

     けが人続出のチームは試合前の時点で8月はいまだ2勝と苦しんでいる。チームの起爆剤となるためにも、自らの大器の証明のためにもさらなるアーチを見せたいはずだ。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/22(木) 23:44:54.38

    6回1死一塁、2ランを放った清宮
    ◆西武―日本ハム(22日・メットライフドーム)

    日本ハムの清宮幸太郎内野手(20)が22日、西武戦に「4番・一塁」で先発出場。
    2試合連発となる5号2ランを放った。

    1点リードの6回1死一塁で、西武・佐野の真ん中高めの142キロを強振。
    強烈な打球音を残して、白球はライナーで右翼席中段に着弾した。
    前日21日には4番に座って7試合目で初本塁打を放ったが、チームは勝ちきれず連敗。連敗ストップへ向けてリードを広げる貴重な一発となった。

    2試合連発は昨年8月21、22日のソフトバンク戦(静岡、東京D)で放って以来、2度目でちょうど1年ぶり。
    清宮は「(西武・佐野とは)今まで何回か対戦したことがあったので、球種や球の軌道をしっかり整理して打席に入れたと思います」と振り返った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190822-00000212-sph-base
    8/22(木) 20:38配信



    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1854785/
    8/22 ライオンズ対ファイターズ ダイジェスト


    【【野球】日本ハム・清宮 勝負を決める5号2ラン!!連夜のアーチ☆ ようやく「らしく」なってきた☆】の続きを読む


    望月 惇志(もちづき あつし、1997年8月2日 - )は、阪神タイガースに所属する神奈川県横浜市港南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。 5歳で野球を始めると、横浜市立芹が谷小学校時代は「東芹が谷ジュニアフェニックス」に、横浜市立芹が谷中学校時代は「横浜南ボーイズ」にそれぞれ所属。
    15キロバイト (1,852 語) - 2019年8月22日 (木) 14:02



    (出典 baseballgate.jp)


    チャンスでこんなに打てるなら、もっと早く打ってよ・・・
    いや、DeNA以外からも打ってよ・・・

    と快勝なのに、つい苦言をいいたくなっちゃいましたw

    プロ初勝利の望月くん!

    本当に凄い球を投げるんだけど、
    勝負所でいろいろ甘くなってしまっていたんだけど、今日は大切な場面で外角低めに素晴らしい球を投げ込んでくれましたね!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ---------------------
    阪神の高卒4年目右腕・望月惇志投手(22)が22日、プロ3度目の先発となったDeNA戦(京セラドーム大阪)で6回3安打無失点と好投し、プロ初勝利をマークした。

    「配球通りに投げることができず、(捕手の)梅野さんに迷惑をかけてしまいましたが、とにかく一人ひとり、目の前の打者を抑えることに集中して投げた。素直にうれしいです」

     昨年まで大きな期待をかけられながらも二軍暮らしが大半。2017年オフには腰部ヘルニア手術を受け、苦しい時期が続いた。これまでの一軍在籍時は中継ぎ起用だったが、今季から就任した矢野燿大監督(50)は望月を7月17日の中日戦(豊橋)から先発として抜てき。不振で抹消となったランディ・メッセンジャー投手(37)を引き合いに出し「(メッセンジャーが)帰ってきてくれたらという前提はあるけど、望月もランディに帰ってくる場所を与えないくらいのことができれば、チームとしてもマイナスにはならない」と猛ハッパを掛けていたが、見事その期待に応えた。

     チームは8―0の快勝で今季7度目の同一カード3連勝。3位のDeNAとの差を3・5に縮めただけでなく、6年連続のカード勝ち越しを決めた。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/08/22(木) 21:20:53.63

    DeNA 0 0 0  0 0 0  0 0 0  0
    阪神 0 0 3  0 0 0  0 5 x  8

    バッテリー
    阪神 :望月、能見、ジョンソン、守屋- 梅野
    DeNA :平良、笠井、武藤、齋藤- 嶺井、戸柱

    本塁打
    DeNA :
    阪神 :福留 3回裏 7号2ラン

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019082202.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019082202/score

    明日の予告先発:
     ヤクルト - 阪神
    山田大樹   髙橋遥人
       巨人 - DeNA
    桜井俊貴    東克樹
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【野球】阪神・ベイに3連勝!!望月、熱投のプロ初勝利!!!勝負所で 最高の速球がズドン!!】の続きを読む


    柳田 悠岐(やなぎた ゆうき、1988年10月9日 - )は、広島県広島市安佐南区出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。ポジションは主に中堅手。愛称は「ギータ」。 2015年度パ・リーグMVP。NPB史上初のトリプルスリーと首位打者の同時達成者。2015年度ユーキャ
    91キロバイト (12,172 語) - 2019年8月21日 (水) 11:39



    (出典 i.daily.jp)


    昨日三遊間にゴロヒットはあったけど、

    やっぱりギータの本当の打球を観るまではファンも不安だったのではないでしょうかね!!

    ダイヤモンドを1周する姿がよく似合うよ☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ---------------------
    ソフトバンク柳田悠岐外野手(30)が左膝裏肉離れからの復帰後8打席目で本塁打を放った。

    4月7日ロッテ戦以来、137日ぶりの今季5号がダメ押しとなり、復帰2戦目で待望の勝利をつかんだ。

    苦しんだ分だけ喜びは何倍にもなった。2点リードの7回1死。柳田らしい大飛球が左翼席まで届いた。「気持ちいい。やばい」。久々の感触、久々のハイタッチ、久々の「最高!」ポーズに表情が緩んだ。プロ入り後初めて2番に座った前日に続き、この日も同じ打順で先発したが、指名打者ではなく中堅の守備にも就いた。「昨日ボロ負けだったでしょ。助かりました」。涙した2軍復帰戦とは違い、これでもかというほど笑みがはじけた。

    4カ月半に及ぶ長い時間。積極的には野球を見なかった。無理もない。朝からリハビリに励み、3歳の娘と夜9時には布団に入る生活だ。もちろん、悪いことばかりではなかった。「子どもと遊んだり、映画やドラマもいっぱい見た。人間の感情を取り戻しました」。野球ができなくても、普段どおりに過ごしてくれる家族が支えになった。

    「脂肪っすよ」。本人はケラケラ笑うが、故障前より大きくなった体に工藤監督も目を見張った。バットやボールを触れなかった頃は、ひたすら上半身を鍛えた。「しんどい練習もしてきたんで、自信を持っていきたい」。前に進めない時期もあったが、ただ立ち止まっていたわけではなかった。

    2位西武が敗れ、23日にも優勝マジック21が点灯する可能性がある。柳田は休んだ分も打って、もっと笑うつもりだ。

    【【野球】ソフトバンク・柳田 4ヶ月ぶりの一撃! みんな待ってたギータの復活弾!!!「おかえり☆」】の続きを読む

    このページのトップヘ