野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ: プロ野球


    DeNA逆転負け「プランBで2位を」ラミレス監督 - 日刊スポーツ
    DeNAがまさかの逆転負けで、目前Vを決められた。乙坂の2号2ランで先制し、上茶谷は6回1/3を1失点と好投。1点リードで9回を迎えたが、守護神山崎が2死無走…
    (出典:日刊スポーツ)


    http://full-count.jp/2015/06/02/post12057/  ^ ラミDeNA、2年連続ファイナルS進出!梶谷が3試合通算打率・538と躍動 ^ DeNA 山崎康、新たな武器スライダーなどで3者三振締め ^ “DeNAドラ1山崎康は“ナックル王子” 本田のブレ球FKも分析”. スポニチ. (2015年1月19日)
    33キロバイト (4,288 語) - 2019年9月3日 (火) 13:08



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    長く野球ファンをやっていたら、ひいきチームが優勝胴上げをされる時というのがきます。

    それは仕方がないのだけど、、、
    9回までリードをしていて、頼みの守護神が打たれての逆転胴上げはね。。。

    こたえるわな。
    普段の試合でもすごく暗い気分になるのに、相手の優勝が決まる試合となると・・・
    本当に悔しいだろうね。

    ちょっと相手の健闘を讃えるような気分にはなれないでしょうね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     DeNAは首位・巨人と延長にもつれ込む死闘の末逆転負け。14年に続きまたしても目の前で巨人に優勝を決められ、わずかながら残っていた21年ぶり優勝の可能性が消えた。

     19日に右手小指付近に死球を受けたDeNAの主砲・筒香は2試合連続欠場。だが3回、2死から戸柱がこの日両チーム初安打となる右中間への二塁打で出塁。続く乙坂がカウント2ボールからの3球目、150キロのストレートを右翼席へ叩き込む2号2ランで先制した。

     しかし、その後は追加点が奪えず。5回の2死一、二塁、7回の1死一、二塁、8回の2死一、三塁など好機に得点できなかったのが響いた。

     7回には先発の上茶谷が岡本に二塁打を打たれ、大城に四球を与えるなど1死一、三塁で降板。2番手エスコバーの時に捕逸で1点を失った。9回には守護神・山崎が2死から2四球でピンチを迎え、小林に右前適時打されて追いつかれた。最後は延長10回、4番手の三嶋が2四球などで2死一、三塁とされ、増田大に中前へ勝ち越しのタイムリーを打たれた。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/09/21(土) 20:47:16.14

    巨人 0 0 0  0 0 0  1 0 1  1  3
    DeNA 0 0 2  0 0 0  0 0 0  0  2

    バッテリー
    DeNA :上茶谷、エスコバー、山崎、三嶋- 戸柱
    巨人 :戸郷、高木、マシソン、中川、澤村、大竹、デラロサ- 炭谷、小林

    本塁打
    巨人 :
    DeNA :乙坂 3回裏 2号2ラン

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019092102.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019092102/score

    明日の予告先発:
       阪神 - DeNA
    望月惇志   バリオス
     ヤクルト - 巨人
    石川雅規   桜井俊貴
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【野球】DeNA・ハマスタ騒然、悲鳴、9回に守護神山崎が打ち込まれ逆転負け 巨人の5年ぶり胴上げを見守る屈辱!】の続きを読む


    西武・平井、79試合登板でリーグ新 稲尾抜く - 日本経済新聞
    西武の平井克典投手が21日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天22回戦で八回に今季79試合目の登板を果たし、1961年の稲尾和久(西鉄=現西武)の78試合を抜いて ...
    (出典:日本経済新聞)


    平井 克典(ひらい かつのり、1991年12月20日 - )は、愛知県一宮市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。埼玉西武ライオンズ所属。 小学校時代は一宮市立浅野小学校に通っていた。一宮市立南部中学校に進学し、愛知江南ボーイズに第18期生として所属した。 飛龍高等学校では、1年夏からベンチ入りし
    12キロバイト (1,217 語) - 2019年9月20日 (金) 14:32



    (出典 portal.st-img.jp)


    パ・リーグ登板新記録の試合でこの大炎上・・・ちょっと悲痛感がただよっています。

    さすがに今シーズンフル回転してくれている平井を責めることは出来ないですね。

    勝っていても負けていても、毎試合のように投げてくれました。

    平井が頑張ってくれたので今首位にいてるといっても過言ではないからね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    西武は21日、楽天戦(楽天生命)に1―6と逆転負け。ソフトバンクも敗れたため優勝マジックは1つ減って3となったが、自慢の攻撃陣が散発3安打でスクイズによる1点止まり。この日がパ・リーグのシーズン記録を更新する79試合目の登板となったセットアッパー・平井が、5失点で4敗目(5勝)を喫するなど優勝を目前にして主力の疲労が目立ち始めている。

     木村のスクイズで挙げた虎の子の1点を守るため8回に投入された平井が、先頭の代打・藤田に同点弾を浴びるなど、3安打2四死球5失点で降板。西鉄・稲尾和久を超えた偉業は苦い記憶となって鉄腕から笑顔を奪った。試合後は「言うことはないです。(負けは)オレのせいです」と立ち止まることなくチームバスへ。小野投手コーチは「平井で打たれたら仕方がない。また少し休ませる機会をつくってカバーできれば」と話した。

     辻監督は「(藤田に)ホームラン打たれたのはしょうがない。あそこで切り替えないとね。少し平井が引いちゃうんだよね。しょうがないと割り切れればね…。でも、まあ、そんなもんよ」と久々の投壊劇を振り返った。

     8月以降、29勝14敗(勝率6割7分4厘)の末脚で連覇へ向け猛然と駆け上がってきた西武。最後の最後に、投打を支えてきた主力の足が止まりかけているのが気がかりだ。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/09/21(土) 21:23:47.65

    西武 0 0 0  0 0 0  1 0 0  1
    楽天 0 0 0  0 0 0  0 6 x  6

    バッテリー
    楽天:福井、辛島、ブセニッツ、宋家豪、森原、青山- 太田、堀内
    西武:今井、平井、野田、國場- 森

    本塁打
    西武:
    楽天:藤田 8回裏 2号ソロ

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/pl2019092104.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019092104/score

    明日の予告先発:
       楽天 - 西武
    石橋良太   榎田大樹
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【野球】西武・パ・リーグ登板新記録の平井がまさかの5失点の大炎上!! 勝っていても負けていても、さすがに投げすぎ!!】の続きを読む


    辰徳(はら たつのり、1958年7月22日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)。プロ野球監督。解説者。WBC第2回大会(2009)日本代表監督を務めた。福岡県大牟田市生まれ、神奈川県厚木市、相模原市育ち。2019年より3度目の読売ジャイアンツの監督を務める。
    95キロバイト (12,804 語) - 2019年9月21日 (土) 12:59



    (出典 i.daily.jp)


    原監督!
    やっぱり持っている男、仕事の出来る男ですよね☆

    優勝から遠ざかっていたジャイアンツを1年目で優勝に導くとはね!

    さすがです!!

    広島が突っ走って「やはり今年も広島か・・・」という時期もありました。
    首位になってからも連敗すると叩かれたりしたし、決して簡単なシーズンではなかったですよね。

    今日の試合だって、9回まで負けていた訳ですから、、、
    それを逆転勝ちで優勝しちゃうんだから・・・・

    凄いよ!!
    もう、誰が何と言おうと「名将 原監督!」です☆

    あらためて、5年ぶりのリーグ優勝おめでとう!!

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 ひかり ★ :2019/09/21(土) 21:04:23.88

     (セ・リーグ、DeNA2-3巨人=延長十回、24回戦、巨人13勝11敗、21日、横浜)優勝へのマジックナンバーを「2」としていた
    プロ野球セ・リーグの巨人は、21日のDeNA戦に勝ち、2014年以来5年ぶり37度目の優勝を果たした。今季復帰した原辰徳監督(61)にとっても
    5年ぶりのVで、監督として8度の優勝は故西本幸雄(大毎、阪急、近鉄)、森祇晶(西武)両氏に並ぶ史上5位タイ(1リーグ時代を含む)の記録となった。
    原監督との一問一答は以下の通り。

     --胴上げで8回宙を舞った

     「新鮮ですね。年を取ると涙腺が弱くなる。非常に長いシーズンだった」

     --今季を振り返って

     「固定観念を捨てて、どうすれば強くなるか。昨秋からやってきた。不慣れなポジションでやってきた人もいる。このチームはまだまだ強くなる。
    最後に決戦を制することができた」

     --4年間、優勝から遠ざかった

     「私も休息に入っていて、(復帰は)頭の片隅にもなかった。私の中に情熱が残っていたようだ。レフトスタンドのファンのみなさま、本当にありがとう
    ございました。おめでとうございます」

     --チーム一丸で戦った

     「誰にでもチャンスがある。ベテランも中堅も懸命に戦った。感謝する」

     --終盤はDeNAに猛追された

     「あまり動揺はしなかった」

     --坂本勇主将は

     「入団1年目から見ている。頼もしく成長している。チームをまとめる力は阿部に負けないぐらいの強いリーダーシップがある。ぶっちぎりのMVP」

     --クライマックスシリーズへ

     「道は険しいが、大きな目標を持っている。目標を達成したい」

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190921-00000555-sanspo-base

    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】巨人・ミラクル逆転劇での優勝!涙の原監督 復帰1年目で「最高!!」 また強いジャイアンツの歴史がまた始まった☆】の続きを読む


    ヤクルト高津新監督内定 既に来季組閣準備 - 日刊スポーツ
    ヤクルト次期監督の最有力候補だった高津臣吾2軍監督(50)の監督就任が内定し、来季の組閣に向けた準備に着手していることが明らかになった。20日、取材に応じた衣 ...
    (出典:日刊スポーツ)


    高津 臣吾(たかつ しんご、1968年11月25日 - )は、元プロ野球選手(投手)・監督・野球解説者・評論家。広島県広島市南区段原中町出身。現在は東京ヤクルトスワローズ二軍監督を務める。 主に抑え投手としてメジャーリーグベースボール(以下:MLB)・日本プロ野球(以下:NPB)・韓国プロ野球(以下
    32キロバイト (3,558 語) - 2019年9月19日 (木) 17:49



    (出典 photohito.k-img.com)


    投手監督は関根潤三さん以来で、かなり久しぶりですよね。

    やはりヤクルトの課題は投手力。
    打線はいうまでもなく素晴らしいですからね!!

    来季、必ず巻き返しを☆

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    ----------------------------------
    ヤクルト次期監督の最有力候補だった高津臣吾2軍監督(50)の監督就任が内定し、来季の組閣に向けた準備に着手していることが明らかになった。20日、取材に応じた衣笠剛球団社長兼オーナー代行(70)は「正式な就任要請は、まだしていない」と前置きをした上で「コーチは、新監督がスムーズに(指揮が)できるようにと思っている。新監督を中心に、組閣に動いています」と明かした。

    すでに、高津2軍監督と伊東編成部長ら首脳陣の間で組閣案はできている模様。衣笠社長は「もう他の球団の人事も動いている時期なので」と話し、再起をはかる来季に向けてのコーチ人事を迅速に進める姿勢を示した。チームは最下位が確定。低迷の責任を取り、小川監督と宮本ヘッドコーチの辞任は決定している。

    2 風吹けば名無し :2019/09/21(土) 05:54:36.00

    まーた黄金期の選手風よけにすんのかよ衣笠辞めろや


    【【野球】ヤクルト・高津監督が誕生!!投手陣を整備し現存の強力打線とコラボで優勝目指す☆】の続きを読む


    【中日】松坂に台湾球界から熱烈オファー…現地メディア報じる - スポーツ報知
    来季去就が白紙となっている中日・松坂大輔投手(39)が、台湾球界から熱烈オファーを送られていることが20日、分かった。19日の台湾現地メディアによると、台湾プロ ...
    (出典:スポーツ報知)


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、WBC優勝を経験し
    123キロバイト (16,266 語) - 2019年8月29日 (木) 02:10



    (出典 www.nikkansports.com)


    今後、指導者や解説など野球に関わっていくのであれば、日本、アメリカ以外の場所で野球をやるのは松坂にとってもいいかもしれませんね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/21(土) 06:09:24.97

    松坂大輔

    来季去就が白紙となっている中日・松坂大輔投手(39)が、台湾球界から熱烈オファーを送られていることが20日、分かった。
    19日の台湾現地メディアによると、台湾プロ野球リーグ(CPBL)の味全ドラゴンズの呉徳威GMが「彼が来ることを願っている」と、日米通算170勝右腕にラブコールを送っていると報じた。

    味全は1999年にCPBLを脱退したが、今年6月に復帰。
    7月には元ソフトバンク・川崎宗則氏(38)を選手兼コーチとして迎え入れるなど日本球界に熱視線を注いでいる。
    松坂が17年にソフトバンクを退団した際、代理人を通じて台湾球界と接触したこともあり、もし中日退団となれば、獲得の意思を示すことになりそうだ。

    ただ、松坂本人は来季も中日での現役続行を熱望。
    今月1日に球団と話し合いを行った後は回答を待っている状況だ。この日はナゴヤ球場で右肘痛を発症して以降、
    初めて50~60メートルの距離で遠投を行い、「日に日に良くなっている。距離を伸ばしていきたい」と良化をアピールした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000311-sph-base
    9/21(土) 6:05配信


    【【野球】松坂の次のステージは台湾球界!?熱烈オファーと現地メディアが報じる】の続きを読む

    このページのトップヘ