野球の道は虹色に輝く@野球まとめ

『野球の道は虹色に輝く』は
主に2ch、ニュースなどのまとめブログです。
プロ野球、高校野球、大学野球、侍ジャパン、女子野球、独立リーグなどの
野球スレ・野球ネタ・野球ニュースをお届けします。

    カテゴリ:高校野球 > 高校野球全般


    阪神甲子園球場(はんしんこうしえんきゅうじょう)は、兵庫県西宮市甲子園町にある野球場。通称「甲子園球場」または「甲子園」(以下、原則として甲子園球場に統一)。阪神電気鉄道が所有している。 西宮市に全国中等学校優勝野球大会の開催を主目的として建設された、日本で最初に誕生した大規模多目的野球場
    190キロバイト (28,998 語) - 2020年4月17日 (金) 14:21



    (出典 baseball-baka.com)


    甲子園球場は素晴らしい舞台だけど、、
    ぶっちゃけ、出来るのであれば今年に関してはどこの球場でも良いのでは?と思ってしまいます。

    いや、もちろん甲子園球場で出来るのがベストだけど、、
    甲子園が使えないからという理由で中止にするのは無しでしょう。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/12(火) 02:08:28.07

    5月5日に韓国でプロ野球が開幕。すでに4月12日から公式戦を開催している台湾プロ野球では、5月8日に約1000人の観客を入れた。

    海の向こうでメジャー・リーグも夏場の開幕を模索する中、プロ野球とJリーグによる新型コロナウイルス対策連絡会議が5月11日に実施。緊急事態宣言が5月31日まで延長されているという現状も考慮され、開幕日の確定は見送りとなった。
    今後、一部の県で規制の緩和や解除が行なわれた結果も踏まえ、設定を検討するという方向性のようだ。

    プロ野球の開幕時期がいつになるかは、高校野球にも大きく影響するだろう。第92回選抜高校野球大会の中止は、出場が決まっていた32校はもちろん、ファンや報道を含めた関係者にも計り知れないショックを与えた。
    「野球バカ」と言われても、夏は何とか開催に漕ぎ着けてほしいというのが、野球に関わる人間の偽らざる心情だろう。

    ただ、都道府県大会で代表校を決めた上で夏の甲子園が開催されるというプロセスを考えれば、8月10日から16日間という日程は、すでに時間的猶予がない。
    まずは、9月から10月になっても開催できるのか、という点がカギを握っていると思う。

    もし、時期を後ろ倒ししてでも第102回全国高校野球選手権大会を開催しようとすれば、次に課題となってくるのは“甲子園球場”である。
    プロが開幕していれば阪神タイガースの本拠地であり、そう簡単に16日間プラスアルファの日程を動*ことはできない。

    こうして、第102回全国高校野球選手権大会を現実的に考えていくと、9月より先に甲子園以外の球場でも開催するのかという点がポイントになる。
    メジャー・リーグのスカウトでも、日本の高校野球大会と言えば「コーシエン」と呼ぶように、春と夏の甲子園は、野球に関わる者にとって特別な存在だ。

    甲子園のみで開催し、それをNHKが全国に完全生中継する特別感が、日本に野球という競技を根づかせ、世界に誇る競技力の土台となってきたことは疑いようがない。
    ゆえに、「甲子園でやるからこそ意義がある」という意見を否定するつもりもない。

    今回のような不測の事態を乗り切る際のプライオリティは何か

    一方で、1995年に野茂英雄がロサンゼルス・ドジャースに入団したのをきっかけに、25年間で多くの日本人選手が海を渡り、野球の本場から技術、トレーニング、指導法、コンディショニングなど、あらゆる情報や考え方が入ってきた。

    それにより、高校時代の厳しい練習を乗り越えてこそ、という日本古来の考え方には、いかに将来の可能性を潰さないかという合理性が採り入れられるようになる。
    甲子園のマウンドは背番号1がひとりで守り切るものではなくなり、休養日が設けられ、投球数や登板間隔などを制限する必要性も議論されている。

    そうやって選手の健康を第一に考えれば、まず見直されるべきは単一会場での開催だろう。他の競技のように全国大会を複数の会場で開催すれば、16日間という長期の日程も連戦もなくすことができる。

    いや、それは随分前からわかり切ったことなのだが、野球界では高校球児の健康について議論が交わされても、単一会場開催の是非を問う声は聞かれない。先も書いたが、「甲子園だからこそ」を否定するつもりはない。

    けれど、今回のような不測の事態で高校球児の夢が奪われ、将来への影響も避けられない事態に直面した時、何とかプレーする舞台を整えようとする中でのプラリオリティは何なのか。

    例えば、ほっともっとフィールド神戸、明石トーカロ球場など甲子園の近隣にある複数の野球場を使用すれば、大会日程は短縮できる。あるいは、今回の場合は感染者数が少ない地域で開催するほうがリスクは少ないと思える。
    しかし、それでは第102回全国高校野球選手権大会として意味がないものになってしまうのか。

    日本の高校野球の歴史も伝統も、甲子園という存在も素晴らしいものだ。それでも、教育の一環たる高校野球で最も大切なのが、選手たちが思い切りプレーすることならば、この苦難の機会に議論すべきことはいくつかあると考えている

    https://news.yahoo.co.jp/byline/yokoohirokazu/20200512-00178009/
    5/12(火) 0:30


    【【野球】高校野球は甲子園球場で開催しなければ意味がないか?他球場での開催は可能か】の続きを読む


    甲子園球場にて毎年8月に主催している日本高校野球大会。40回大会以来、下1桁が0と5回は記念大会として実施されている。大会旗および優勝旗色は赤。優勝旗は深紅色ため「深紅大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」または「甲子園」 「
    99キロバイト (13,581 語) - 2020年4月26日 (日) 09:46



    (出典 sportie.com)


    コロナの感染人数は減ってきています。
    この状況でどのような判断をするかですね。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/08(金) 06:56:44.96

    第102回全国高校野球選手権(8月10日開幕予定、甲子園)の各地方大会について、日本高野連と主催者が全国一律で無観客開催を要望する方針であることが7日、分かった。
    各県で地方大会開催の運営方法にバラつきが出ており、大会の安全な運営と感染拡大防止の徹底へ足並みをそろえるよう呼びかける。

    一定の基準を設けて感染予防を徹底し、選手の安全を守る。日本高野連の小倉好正事務局長はこの日、文書で取材対応。
    政府が感染症対策を十分にすれば開催可能と示した「小規模イベント」に無観客試合が該当するかとの質問に
    「多数の高校が参加する地方大会は小規模イベントとはいえないという見方もある。あらゆる状況を想定して、検討をしていく」とした。

    全国一律の無観客開催方針を固めた背景には、緊急事態宣言が今月末まで延長されたことも影響している。新型コロナウイルス感染リスクの削減へ向けた対策が不可欠であることに加え、地方大会運営の足並みをそろえることで公平性を保ちたい考えだ。
    夏の甲子園大会は20日に開催可否が協議され、6月第1週までに最終判断される見通し。一方で各都道府県高野連はすでに地方大会開催方法について検討を始めており、一定の方針設定を求める声が出ていた。

    「無観客」の定義も統一する。控え部員や保護者、スカウトの扱いを独自で検討に乗り出した県もあったが、これもルールを設ける考えだ。関係者の話を総合すると、3年生の控え部員のみを入場させる案などが出ているもようだ。
    この他にも密集をつくらないため開会式を取りやめるなど、感染予防策や安全策も含めた指針が示される見通し。無観客開催とは別に感染防止策をまとめたガイドラインは全国の高野連へ配布が開始され、大会運営についての注意点などが共有されている。

    ある県の高野連幹部は「球場を貸してもらえるか、教育委員会の許可が下りるかなどハードルはまだ高い」としながらも「甲子園の有無にかかわらず3年生に最後の舞台を用意してあげたい」と話す。
    夏の甲子園開催の可否に大きな注目が集まる中、地方大会開催へ向けたルール作りを急ピッチで進める。

    《甲子園大会の延期「難しい問題」》小倉事務局長は夏の甲子園大会の開催を延期する選択肢があるかとの質問には「学校が再開しても各地域で夏休みをどれだけ取ることができるかや、
    学業の遅れによる授業日確保の影響、それにプロ野球の日程が決まらないこともあり、難しい問題です」と見解を示した。また、20日の運営委員会は「オンライン会議」とする見通しを示した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2da2806585b3ff35ebe80462713b1ebad22d6fcd
    5/8(金) 5:30配信


    【【高校野球】高野連、全国一律で地方大会「無観客開催」要望へ 足並みそろえ球児守る!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 少考さん ★ :2020/04/29(水) 09:19:36.41

    「サイン盗み」は対岸の火事ではない! 高校野球で見え隠れする“勝利至上主義”の害悪
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200427-00010004-thedigest-base

    4/27(月) 16:41配信

    アマチュア野球にも“疑惑”は存在
    海の向こうで、「サイン伝達」がまた騒ぎ始めている。

    先日、MLB機構は2018年の世界一チーム、ボストン・レッドソックスの
    サイン盗みについて処分を発表。
    彼らが行っていたとされるのは、特定の選手が二塁到達時に相手バッテリーのサインを
    打者に伝えていたというものだった。しかし、その前に処罰が下されたヒューストン・アストロズに比べて
    量刑は“緩く”、その刑の重さに対しての意見が分かれているのだ。

    どこまでが許されて、どこまでが許されないのか。

    セカンドランナーがキャッチャーのサインを見ることは避けられない。
    しかし、それを伝えるという行為がスポーツマンシップとして正しいかどうかは論じるべきでろう。

    件のニュースを眺めていると昨年、日本の高校野球でも話題になった「サイン伝達騒動」を思い出した。
    昨春のセンバツ、星稜高(石川県)と習志野高(千葉県)の試合後のインタビューで、
    星稜の林和成監督が習志野のサイン盗みを指摘。その後、相手校の控え室に怒鳴り込んで抗議したという騒動があった。

    (略)

    高校野球でも、やはりサイン伝達が行われている可能性は高い。ただ、この問題が難しいのは、
    サイン伝達の証拠は、同じチーム内から告発でもない限り、発覚することはない。疑惑はあっても、それを事実と特定することが難しいのである。

    ■サイン盗みはスポーツの「本質」から離れる
    問題点ははっきりしている。お節介ついでに言わせてもらうと、なぜサイン伝達をしようと考えるのか、である。
    答えは簡単だ。「勝つための方法論」だからである。

    しかし、こと高校野球の舞台でそれを黙認できないのは、彼らが「育成年代」であるということである。
    サイン伝達により球種を知っていても、必ず打てるとは限らない。しかし、有意な立場に立てることは間違いない。
    高校球児は技術習得をしている発展途上の時期にある。短期的な“アドバンテージ”を得ても、
    将来的にはプラスとならいはずだ。結局のところ、サイン盗み・伝達を「勝つための戦術」と語るのは指導者のエゴであって、選手のことを考えたものではないのである。

    また、指導者が意図していなくても、選手たちにそうしむける環境を作っているケースも存在している。

    例えば、ある練習試合で「この試合に勝たなければ、帰って練習だ」などとノルマを設定する場合だ。
    指揮官は選手にハッパをかけるつもりで出した指示だが、
    そのプレッシャーを背追い込んだ選手たちは、「負けてはいけない」「負けると罰が待っている」などと“悪い”発想が派生していくことがある。

    「負けられない戦い」と謳うことがかえって選手を追い詰め、
    「勝つために何をしてもいい」という思考にまでつながってしまう。そこにはびこるのはやはり、「勝利至上主義」だ。

    ■スポーツは何のためにやるのか。

    そもそも、スポーツは、元々の語源からして「気晴らし」、「楽しいからやる」という意味合いが根本にあったはずだ。
    しかし、それがいつしか間違った方向へと舵を切り始めた。
    こうしてサイン盗みが話題になった今だからこそ、スポーツの素晴らしさをもう一度、再考すべき時ではないだろうか。

    スポーツの素晴らしさ――それは人類の挑戦だと思う。
    サインが分かっていても、有意な立場で結果を残すことに醜さが垣間見えても、人類の限界を超えた可能性は見えてこない。
    どちらがすごいのか、どちらがスポーツの真の素晴らしさを伝えてくれるのか。

    答えは簡単ではないだろうか。

    一部省略してますので、全文はソースで


    【【野球】「サイン盗み」は対岸の火事ではない! 高校野球で見え隠れする“勝利至上主義”の害悪】の続きを読む


    東進ハイスクールや地元の予備校と提携し、普通科に特別進学クラスを設置。 1993年 - 夏の甲子園に島根県代表として初出場(松江第一高校名)。 1994年 - 開星中学校を開校、高校開星高等学校と改称。 2001年 - 校名変更後、初の夏の甲子園出場。翌年も出場。 2006年 -
    6キロバイト (672 語) - 2020年4月14日 (火) 09:34



    (出典 nishinomiya.goguynet.jp)


    こんなニュース、悲しくなるね。。

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 少考さん ★ :2020/04/13(月) 21:46:36.47

    強豪・開星高の前監督らが部費を300万円以上流用
    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202004130000661.html

    [2020年4月13日20時57分]

    高校野球の強豪・私立開星高校(松江市)の前監督(44)ら指導者の男性教職員3人が部費を私的に流用していたことが
    13日、関係者への取材で分かった。3人は保護者の求めに応じて約300万円を返済し、
    前監督は3月末で退職。現在も同校で教員の前部長と前副部長が関与していたとみられる。

    同校は甲子園に2017年夏まで春夏合わせて計13回出場。プロも輩出している。

    関係者によると、流用があったのは18年8月~20年3月で、前監督ら3人が私的な飲食や交遊費などに使っていたとみられる。
    部費は部員の保護者から月1万円徴収。
    前監督らは保管口座から下ろした現金3万円を常時、部室に置いておき、自由に使えるようにしていたという。

    以下ソース


    【【高校野球】不祥事!強豪・開星高の前監督らが部費を300万円以上流用】の続きを読む


    H2』(エイチツー)は、あだち充による日本の少年漫画作品。週刊少年漫画雑誌『週刊少年サンデー』(小学館)に、1992年32号から1999年50号まで連載された。 高校野球をテーマとした長編野球漫画。2人の野球少年であるヒーローと2人のヒロインの、野球にかける青春と恋を描く。
    31キロバイト (3,570 語) - 2020年4月12日 (日) 07:50



    (出典 baseball.miyazaki.jp)


    H2、好きですね。
    タッチの方がが有名だし人気ありますが、野球の要素が強いのはH2だと思います。

    主人公以外のストーリーがしっかり描かれているので、感情移入出来るんですよね。

    チームメイトの木根、柳、野田、佐川、
    そして対戦相手のキャラも良かったな。

    野球漫画の中では一番好きかも・・・・w

    野球の道は虹色に輝く
    管理人:kanpabelle

    1 牛丼 ★ :2020/04/12(日) 11:44:41

    あだち漫画の集大成との評判も高い『H2』。ヒー ロー二人とヒロイン二人が織りなす青春を描いたラブコメ野球漫画である。あだち漫画には、今もなお漫画史上最強のヒロインとして君臨する浅倉南をはじめ、魅力的なヒロインが登場するが、今作のヒロイン、雨宮ひかりと古賀春華もまた然り。リアルタイムで読んでいた読者、そしてあとから単行本で読んだ読者は最終的にこの二人の恋の行方がどうなるのか、ヤキモキしながら見ていたことだろう。ちなみに筆者は昔も今も古賀春華推しである。いま改めて読み返してみると、これがもうどうしようもないくらいカワイイ! 社長令嬢でルックスも良くて頭もいい。性格もオープンで裏表もない。そして好きな人にはとことん尽くすタイプだけど、男をみる目がなくてドジっ子と、たぶん六本木あたりのキャバクラで働いたら、おっさんたちの心を鷲掴みにして嬢王になれること間違いなしだろう。

     そんな春華は高校で出会った主人公・国見比呂に恋をして、一緒に甲子園への夢を追って走っていくわけだが、比呂に対する真っ直ぐな思いはなかなか身を結ばず、距離感が縮んではまた離れを繰り返していくことになる。物語の後半で起こった事件を機に、ついに比呂の口から「I love you」と告げられ(ここはH2屈指の名シーンの1つ)、ついに春華の思いも成就したかと思いきや、なぜかここから話はひかりを巡る比呂と橘英雄の三角関係が本格化。春華は一気に蚊帳の外になり、展開からも完全に置いてきぼり。すべての決着がついた瞬間、比呂の姿を見て呟いた春華のひと言があまりにも的外れすぎて、見ているこっちが切なくなったものだ。

    ■春華はなぜ物語の中心から外れていったのか?

     春華はなぜ最後に物語の中心から外されていったのか? どうしてほかの三人の”H”と差がついてしまったのか。そこには”本気の恋”をしていたのかどうかが、大きく影響しているように思える。主人公の比呂は中2のときに幼なじみのひかりに恋心を抱いていた。ひかりも同じタイミングで比呂を異性として意識していたが、もうそれ以前に英雄に対して恋をしていた。英雄も含めた三人はそれぞれと向き合い、その人間自体に恋をしていた。それぞれの気持ちが痛いほど理解できるからこそ、それぞれ悩み、苦しみ、それぞれの恋に決着をつけようとしていた。それに対して春華は比呂自身というより「野球選手の国見比呂」に恋している部分が大きいのではないだろうか? 


    (出典 realsound.jp)


    (出典 realsound.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f9065480ef64ba4b136379b580d897916a16805b


    【【野球漫画】あだち充『H2』キャリア集大成的作品!ヒロインの1人古賀春華が物語の中心から外れていった理由】の続きを読む

    このページのトップヘ